TOEICへの道 | 対策と英語勉強法
TOEICへの道 Topページ > 日本人の英語発音ここが通じない

日本人の英語発音ここが通じない


英語学習者の多くがNHKテレビの英語番組(特にビジネスもの)にでてくる日本人の英語発音がヘタで勉強にならないと言われます。果たしてそうでしょ
うか。私も昔(レベルが低い時)はそう感じましたが、各国のクライアントを持つようになった今、そうは思いません。実際の経験から日本人の発音でも完
璧に通じる人、通じない人、また、一見アメリカンイングリッシュのような発音でも通じる人と通じない人がいます。 
つまり、訛りと発音は別物なのです。日本語訛りがあるが、通じる発音の持ち主のよい例は、元国連の明石代表だと思います。アメリカン発音でなく、バ
リバリの日本語訛りのため、英語学習初心者が聞くとヘタな英語だと感じるでしょう。単に舌をまるめてアメリカン発音っぽい人がうまいと感じるかもしれ
ませんが、通じないケースが多いのです。何がポイント(日本語発音では絶対に通じない部分)かは、実践の中で見つけていくしか方法はありません。最
近各国のクライアントと話しているため、米英豪加仏独中シンガポール人の話すそれぞれ訛りのある英語が理解できるようになったことと、この人はどこ
の国の人なのか区別がつくようになりました。一番わかりにくいのはアメリカ発音を真似た日本人かもしれません。 

日本人はLとR、あるいはSとTHの発音にナーバスですが、実はネイティブスピーカーにとってはその状況からだいたい何を言おうとしているか判断でき
ますし、日本人に慣れている人にとっては日本人が必ず間違える部分として捉えているため、私たちが気にするほどの大きな問題ではありません。それ
よりも意外なノーマークな単語が致命的になる場合があります。 

バドワイザー
これは私がまだ英語力0の時に海外旅行に行った先でのこと。店に入って日本語発音で「バド イザー」と言ったところ、何それ?ていう感じで何度繰り
返しても通じないのです。しかたなしに「コーク」と。何でビールを飲むつもりがコーラになるんじゃ。
後でわかったのですが、それは「ドワイザー」と発音し、あるいは「ド」だけでも通じます。発音よりもアクセントが大事という良い例でした。

WHITE
これは私の友人の奥様の話。友人は海外駐在員なのですが、奥様が3才の子供を連れてパン屋さんに行った時の出来事。英語の不得意な奥様は日
本語発音で「ホワイト・ブレッド」と言うのですが、店員は????。そのうち、3才の子供が「ママ、それってホイト・ブレッドじゃないの?」と。それを
聞いていた店員がすかさず白パンを用意したそうです。

2013
これもまだ英語力0の時に海外旅行に行った先でのこと。実は私が英語を勉強するトリガーになった出来事です。友人たちがちょっと買い物をしてくるか
ら先に部屋に帰っててと言われて不安だらけでフロントへ恐る恐る行きました。May I help you? と言われたかどうかわかりませんが、何かペラペラと言
われてホテルの部屋番号を日本語発音で「トゥエンティ・サーティーン」と。??????。「トゥ・ゼロ・ワン・スリー」。???????。今となっては何で
通じなかったか判りませんが、100%日本語発音が原因としか考えられません。結局部屋の鍵がもらえずロビーで友人たちを待っていると、どうしたの
かと聞かれ、いやあここで待ってたんだと強がってみたもののショックが大きくて旅行期間中一言も英語をしゃべらなかったのは言うまでもありません。

ヒルトン
これは昨年の出来事。発音では日本人としてはまずまずの域に成長したものの、この「ヒルトン」だけは今でも通じません。Lの発音も完璧なはずなのに
理由がさっぱりわかりません。察するに「TON」の部分が微妙に違うのだと思います。ヒルトン・ホテルと続けて何度も言い直すと通じるのですが。これに
似たこととして、ヒースロー空港ででLONDONが通じなかったのです。これもHILTONの部類で「DON」の部分が「ドン」ではないのはわかるのですが、う
まく発音できません。誰か良い発音方法があれば教えてください。
その後・・・カナダ人の友人に発音テストをしてもらいました。私のヒルトンの発音はプロパー発音と言われたのですが、アメリカの方言ではやはり”トン”
の部分が違うということでした。文字にすると、HILTENのような発音らしいです。何もアメリカ方言をしゃべることはないなと悟りました。 


アボガド
辻口 様より 
ハワイでネイティブの話を聞いていて、日本語発音のア・ボ・ガ・ドはアパードと発音しなければおそらく通用しないと思われたとのことです。

マクドナルド
これは通じませんよね。アメリカの民謡?で「マクドナルドじいさんが農場を持っていた」という歌がありますが、その歌詞は Old Mcdonald had a farm E-I
-E-I-O と、始まります。私が小学校の時に音楽の教科書にでていた曲ですが、日本語の歌詞は「一郎さんのお庭でイーアイ・イーアイオー!」だったと
思います。この曲をマクドナルドと発音していたら字あまりで歌えません。
マクドナルドと言えば・・・・、
マクドナルドの英会話は海外一人旅の時には必須中の必須でしたが、 To go or eat here? は完璧にマスターしていたのですが、サァス?と聞かれ
て??????状態におちいった経験があります。マクドナルドでサァスと聞かれて、サウス???南向きの席がいいと言っているのかなぁ、いやいや
そんなはずはない。と、いろいろ考えているうちに、店員がイライラしてバーベキューソースをトレイに載せたので、何のことはない、ソースの種類を聞い
ていたのです。しばらくショックで3時間くらいは「英語しゃべりたくない病」にかかっていました。

イギリスのマクドナルドの店員は私の顔を見て外国人として扱いますので、わりとゆっくりしゃべってくれるのですが、アメリカでは顔を見ただけでは外国
人とは認めてくれませんので、ファーストフードの店員はめちゃくちゃ早くしゃべります。
NYのピア17のカフェテリアでサンドイッチを買おうとしたところ、そもそもサンドイッチの作り方など日本ではいちいち注文をつけないため、そのシステム
がよくわからない上にめちゃくちゃ早い英語と、イタリアなまりでさっぱりわかりませんでした。後ろには何人も並んでいるし、冷や汗だらけの最悪の状況
です。結局ホットミールがよかったのにコールドミールを食べるはめに。後で連れのアメリカ人がイタリアなまりだったからしょうがないと慰めてくれました
が、情けない経験です。でも標準日本語を学んだ外国人が大阪の電車に乗ってバリバリの関西弁でスラングと機関銃のように早くしゃべりまくる女子中
学生の会話が理解できるはずがないと後で自分にいいきかせました。 

その後・・・カナダ人の友人に発音テストをしてもらいました。私のソースの発音はプロパー発音と言われたのですが、サァスというのはどこかのアメリカ
の方言で、BAD発音ということでした。何もアメリカ方言をしゃべることはないなと悟りました。 


地名シリーズ
ルクソール
エジプトのルクソールではありません。ラスベガスにあるピラミッドの形をしたルクソールホテルです。最近では日本人が相当数訪問するため、ラスベガ
スのタクシーの運転手もある程度日本人の発音に慣れてきたそうですが、このホテル名だけは通じません。スペルは確かLUXORだったと思いますが、
発音はクソー。ルクソールでもクソールと最初にアクセントを置けばまだいいのですが、ルクールではホテルにたどり着けませんので念のため。

オーランド
ご存知フロリダのディズニーワールド、ユニバーサルスタジオがあるところです。 ーランドではアメリカ人は????です。正しくはオンドー。 

トロント
これは例外的にそのままトロントでいいです。スペルはTORONTOですが、このようなスペルは英語にはめずらしいのではないでしょうか。フランス語で
はと思うのですが。普通英語の場合、末語のTの後には母音がつくケースはあまりなく、私もスペルがわからなかったので、推測でTRONT−トゥロントゥ
とカナダの人に発音すると、日本人は皆トロントと発音するのに何故お前はトゥロントゥと発音するのかと逆に質問されてしまいました。単語の末語が”T”
の場合、発音のヘタな日本人は”TO” と発音してしまうのですが、トロントだけは日本人の発音は合っていると彼は思っていたところ、私がキッチリ”T”と
意識して発音したものだから逆に驚いてしまったのです。トロントウと発音しましょう。 

ロス
発音以前の問題。略すならエルエー。LA。 

マンハッタン
日本語発音のマンッタンではJFケネディ空港からイエローキャブでマンハッタンへは行けません。マヌトゥンとでも書けば良いのでしょうか。 

シアトル
これもアトルでは。(-_-;) スィトゥー。 
--------------------------------------------------------------------------------


バナナ ・ バニラ ・ ミルク
バナナとバニラがうまく通じなかったというお便りをいただきました。確かにアイスクリームを頼む時などは重要なポイントでしょう。日本語英語では
ナ ・ ニラですからそもそも何のことかわからないかもしれません。正しくは BAネァナ ・ VALA  で、ポイントはやはりVAとLA(not RA)でしょ
うか。
知人が機内でUAのアテンダントについうっかり日本語発音で子供にミルクを頼んでしまい、子供のトレイに置かれたものは何とビール。(常識で考えた
ら・・)ただでさえ機内がエンジン音でうるさいのと、忙しいためよくわからなかったのでしょうが、ミルクとビア、何となく似てますかね。アテンダントも自分
の間違いに笑っていたとのこと。 

ビリージョエル・ロバート・デニーロ
Judyさんより、ビリー・ジョエルが誰だか分かってもらえなかったというお話をいただきましたが、確かに人の名前というのは難しいですね。歌手ならその
人の歌を歌うか、映画俳優なら作品名をしかも英語のタイトルで説明しなければなりませんね。マイケルならマィクゥーとでもなるのでしょうか。固有名詞
でなければ、ヘタな発音でも文の流れからネイティブには想像がつきますが、人の名前はそういう意味で難しいと言えます。トニーやスティーブという名前
なら日本語発音でもOKなのですが。かつて私は外人と話をしていて非常に難しい単語に接したことがありますが、何かの専門用語かと思いきや、実は
私自身の名前でした。 

ジャン・レノ、レオン
masaeさまより、レオンの映画に出ていた「ジャン・レノ」の名前を言ったのですが通じず、「レオン」とタイトルを言ったけど全く通じませんでした。 

ゴーグル
あこさまより、私がアメリカに行った時のことです。ネイティブとPCのゲームをしていて、ガー゙ーというアイテムを取ったのですが、何のことだか分かりま
せんでした。アイテムが大きく写って、ゴーグルだと分かりました。 

ハンバーガー
ueshigeさまより、バにアクセントではマクドナルドに行っても通じません。ハにアクセントをつけましょう。 
アメリカではハの音がヘァンバーグァーだったと思いますが、私はいくらハにアクセントを置いても、通じないおそれがあるため、あえてチーズバーガーを
たのんでいました。ハンバーガー屋でハンバーガーが通じない恥ずかしさを回避するためでしたが、少し、ネガティブですね。

納得いかないWATER, WOMAN
これらの単語は十分日本人が発音しても通じる単語です。私は多少発音には自信があるのですが、この2つについては未だに納得がいきません。ウォ
ーター、ウーマンでも通じます。でも、ネイティブの発音は明らかに違うのが皆さまにもおわかりかと思います。特にウーマンのウーはウーではないので
す。WOの発音はどうすれば良いのですか???。 
その後・・・カナダ人の友人に発音テストをしてもらいました。私のウォーター、ウーマンの発音は、まったくの日本語発音だったのですが、プロパー発音と
言われました。ウォーターについてはアメリカ方言では異なり、すなわち私たちがよく耳にするワーラーのような発音になるということでした。何もアメリカ
方言をしゃべることはないなと悟りました。もし、皆さんがウォーターと発音して通じない相手はアメリカ人と特定できますね。 


カプチィーノ
アクビちゃんさまより、おたよりです。
こんにちは、はじめてお便りします。いやーおもしろかったです。そして、私も同じ経験がある、ある、と思いました。そこで、私の経験を紹介します。(?)
オーストラリアでのことです。メルボルンでは、ホットコーヒーより、カプチィーノを飲みます。私と、友人、二人で、店に入りカプチィーノを頼んだとき、私
は、トウ カプチィーノ (友人と私の分です。)と発音したところ、店の人が持ってきたのは、紅茶2つでした。がっくり、two cups of tea に聞こえたようで
す。ガックリ来ました。 


ライス
ベイビートミさまより、おたよりです。
こんにちは、いろいろとありますが、これを一つ。外国に住むとはいえ口は日本人ですから、毎日ご飯を食べていました。その当時子供達の間ではしら
みが流行っており、RとLの発音をまだ出来なかった頃、今日は何を食べるの?と聞かれ、簡単な発音の方でライス!と答え相手の度胆を抜きました。
ご存知でしょうか。ご飯はゥラァイス(Rだからこんな感じか)しらみはLの方でライスなのです。わたしゃ今日しらみを食べます、と言ったのですよ。わはは
はは! RとLの発音を馬鹿にしてはいけませんね。 


ボランティア
かしさまより、おたよりです。
アメリカで、語学研修をしていたときに、ボランティア活動に参加するというプログラムがありました。それを、ホストファミリーに説明しようとしたのですが、
ボランティアという単語が、何回言ってもつうじませんでした。 


ブザー
剛大好き♪さまより、おたよりです。
母とハワイ旅行に行きウキウキで毎日過ごしていました。そんなある日母がシャワーを浴びていたら部屋の警告ブザーが鳴ったので驚いて母にフロント
に電話をしてもらえるよう頼みました。母は「部屋のブザーが鳴っているがどういうことか?」と聞いていたのですが向こうは「What?] としか言わず母はず
っとききつずけていましたがそのときフロントが「オォ!バザー!!!」と言ったのです。母はかなり英会話の出来オバサンだけにショックを隠し切れず服
をいっぱい買っていました 


オレンジジュース
YUKIさまより、おたよりです。
今現在、私は米国に駐在しています。こちらに来て約半年になりますが、私の英語をアメリカ人は理解してくれません。私もアイスクリーム屋でバニラが
通じませんでした。 

その他、私の通じなかった英語
・オレンジジュース:機内でオレンジジュースを注文したらトマトジュースがきた。
・ALBANY(ニューヨーク州都):アルバニーではなくオールバニー
・リカー(酒類)
簡単な英語が通じないと、"英語話したくない病"にかかり、英語上達の妨げをします。 


Really
りこさまより、おたよりです。
別に、通じない訳ではないけど、 reallyは、難しいと、思います。 rの後にすぐllなので... 日本人のreallyは、よく笑われがちですね。 


WU
ゴンザレスさまより、おたよりです。
wの発音の次に発音記号、uが出てくると難しいらしいです。 wの発音は思い切り口を尖らせておいて,次にuの発音に戻すのです。非常に難しいですね。 


アップルジュース
とよとよさまより、おたよりです。
シンガポール航空の機内で、アップルジュースが欲しかったので、 Appleと発音したつもりが、どーも通じない。のでオレンジにしてもらった覚えがありま
す。なんでかなーと思ってシンガポールに降りてやっとわかった。 Singlishと呼ばれるだけあって、発音が違うんですね。アメリカでは問題無く通じるのに、
なぜ?って思いました。もちろん、アクセントはAppleですよね。 

ほ〜う。シンガポールの発音は違うのですか。でも標準語発音なら通じるはずですよね。つまり日本語なまりではかなりの単語が通じないということです
ね。 

マドンナ
Espressoさまより、おたよりです。
私は去年まで8年間、在米していました。渡米したばかりの頃に通じなかった&理解できなかった英語は歌手の"Madonna"(マドンナ)です。その当時は
彼女が結構人気があってCDを買いに行ったときに日本語発音でマドンナと言ったら全く通じませんでした。Nativeではマッダーナといった所でしょうか 

そう言えば、ラジオのDJがマダーナといっていたのを思い出しました。 

rulerとgallary
えみさまより、おたよりです。
「 exitの複数形を言ってごらん。」とオーストラリア人の友達に言われ、そのあとにじゃあ「存在する(exist)は?」と聞かれ混乱しました。あとrulerとgallaryの
発音もよく外国人に笑われます。オーストラリアの高校に留学中取っていたクラス、Exploring Childhood というのも一回でうまく通じたことがあまりありま
せん。これは単にこの教科名が珍しいから?! 


UCLA
糸こんにゃくさまより、おたよりです。
昨夏、アメリカはUCLAの近くへホームステイした時の事。ホストマザーのいう「ユースィー・アレイ」が何の事か判明するまでに結構かかりましたね。「アレ
イとは何じゃ?」と思っていましたが、「エル・エー」が「アレイ」に。ちなみに、マザーはルイジアナ出身です。ちょっとばかし南部方言が入っていたのかも。
でも、ネイティブの人は「エル・エー」とは発音しませんよね。「アレイ」までは行かずとも、それに近い発音でしたよ。マザーはいつもとってもゆっくり話して
くれる方で、ほんと聞き取りやすかったです。 


wood
ゆきさまより、おたよりです。
アメリカの大学生です。アメリカ人の婚約者がいるのですが、よく発音を注意されます。woodの発音が、私にとって一番苦痛で、 ”Cute!”とかいってバ
カにされます。(彼だけでなく大抵のアメリカ人の友達にも笑われますが、住んでいるアパートの名前なので、言う機会が多いのです。) 


Clay
けいこさまより、おたよりです。
Clayがなかなかネイティブに通じませんでした。lの発音が悪いわけではなくて、cの発音がいけなかったのです。日本語のクの発音の時の口の形とは全
く違う形になります。口の回りに力を入れず、口を半開きにしている状態でクと発音します。舌は上の歯の両端(奥の方)に押し当てます。これで通じるよ
うになりました。 


Anything else?
yayoi higashiさまより、おたよりです。
オーストラリアでバイトしていてAnything else?が最初通じなかった。 perdon?とか、いきなりtakeawayとかわけのわからない返事をされたりした・・・ 


mayonnaise
Tohkoさまより、おたよりです。
こんにちは。初めまして。実に為になる&笑える企画ですね!仕事中、笑いを堪えるのに必死でした。(笑)私も、数年前アメリカに行ったときに体験しま
した。それは・・・・・。 mayonnaiseです。(フランス語ですが、アメリカでも通用するとガイドさんに聞かされて使用)メイヤネィズ とでも書きましょうか?(笑)
結構、頑張って発音したつもりですが、全く駄目。仕方なく、塩で我慢しました。(-_- ) 「あ〜、情けない」と最初に思った瞬間でした。 

実は私も同じ経験があります。メヨネーズに聞こえましたが。メヨネーズもマヨネーズも似ているのだから、ネイティブだったらわからんかい!と思いました
が。日本人だったら、外人が食卓でメヨネーズない?って聞けば、普通わかりますよね。 

Jean Reno
KASSAI, Takahiroさまより、おたよりです。
Hi, I would lilke to give you a commend about Leon and Jean Reno. First of all, the movie, Leon is called The Professional in the U.S.. Jean Reno is 
the correct spelling of his name in the U.S.. I am not sure about it in France. 「ジェーアン・ウリーノ」みたいに発音してみてください。 


battery
zuwoxさまより、おたよりです。
  私の体験では,battery(電池)という発音が伝わらず困った記憶があります. たぶん"a"の発音が日本人的で,”a+e”の合体したような発音が出来
ていなかった のでしょう.その都度小型懐中ライトを見せて,理解してもらいました.ただ, 他の人によると,私の英語(発音)はUNDERSTANDABLEだ
そうです. 

閑話休題:トロントの話をしていた方へ.トロントは現地人(ネイティブアメリカン)の 言葉で,「人の集まる場所」という意味だそうです.(ガイドブックによ
る). また,ケベックも現地の人たちの言葉で,「川の狭くなるところ」という意味です. ちなみに,モントリオールはフランス語由来の mont royal (王
様の山)から 来ています.仏語系の人は Montreal をモンレアルのように発音していました. 尚,オタワは O-ttawa のように,Oを強く発音しないとわ
かってもらえません ので気をつけて下さい.  以上,思いついたことを書いてみました. 


Hi-C & Iced Tea
KASSAIさまより、おたよりです。
Hi, I have a funny experience. When I ordered Hi-C in a restaurant, serve gave me Iced Tea. When I ordered Iced Tea, I got Hi-C. According to my 
English teacher, they have quite similar pronaunciation. Also, I would like to point out that empoyees in McDonalds ask me "For here or To go?" I 
have never heard like "To go or eat here?" 


グラマン戦闘機
これは皆さんはおそらく絶対に使うことの無い言葉ですが参考のため。先日、若い米国人とワシントンのスミソニアン博物館について話しをしていた時、
本物のゼロ戦があるという話をしたところ、何それ?って言われたので、第二次世界大戦の日本の戦闘機だよって言いました。戦闘機のことをFire 
Fighterと言ってしまったので、 Fire Engine(消防車)か?と余計に勘違いされました。そこで戦闘機の例をあげたはいいのですが、若い人なので、ミグと
かF−15イーグルあたりを例に出せばよかったのですが、ゼロ戦の延長で、前にイギリスの戦争博物館で見たドイツのメッサーシュミットやイギリスのス
ピットファイアーを例に出したところ、またまた何それ?て言われたので、アメリカの戦闘機なら知らないはずはない、と思い「グラマン戦闘機は知ってい
るでしょ?」応えは?????でした(−_−;)。えっー!!!!!と思い、何度もグラマン、グラマン、最後にグラマン・ファイターと言ったところ、ようや
くわかったみたいでした。ただし、しっかりと発音の矯正を受けることに・・・・。正しくは、「グランマン」。スペルはGRUMMAN。ちなみに戦闘機は単にファ
イターもしくはファイター・プレインとのことでした。そう言えば、イギリスのテニスプレーヤーにヘンマンっていましたよね。えっ、関係ない? 

girl
Sumittyさまより、おたよりです。
私が小学校低学年のころ、アメリカ人の先生に英語を習っていました。先生は girlを「グロ−」と発音していました。私はその当時、”「少女」を英語で言う
と「ガ−ル」いうのだ”と得意げに思っていたので「グロ−」というのは同意語なのだとばかり思ってました。つまり、そういう別のスペルの単語があるのだ
とばかり思っていたのです。その時は少女の絵を見せて「グロ−」といっていたのですが、それから数年が経ち、「girl」と黒板に書いて「グロ−」と先生が
発音したので、そうなのか!!!!これは、「グロ−」と発音するのか!!!とはじめて気がつきました。(でも今考えると、もしかしたら先生に多少の訛り
があったのかもしれません)このペ−ジでレオンの事が話題になっていたので一言申し上げます。たしかに、アメリカではレオン(LEON)というのは「The 
Professional」という題名になってるんですがイギリスやオ−ストラリアでは、やはり「LEON」なんだそうですよ。 


city
Osokoさまより、おたよりです。
Be careful with the pronunciation of "city"! Don't say "Yamagata is a little shitty." My foreign friends thought I was being very vulgar. 


DOGとDUCK
OZさまより、おたよりです。
DOGとDUCKちょっと力加減を間違えたらどっちがどっちか解らなくなります以前旅行中、土佐犬の闘いのことを説明していたらみんなアヒルの闘いだと
思っていたらしく、私は得意気に勇ましい土佐犬の話をしていたら、なにか違ってました。 


Singlish
Ajaminさまより、おたよりです。
アメリカやイギリスはどうだか知りませんが、アジア大好きな私としては、これからシンガポールに行く方に Singlishや中国英語の発音の特徴をちょっとだ
け。まず、Singlishは、普通の単語に「ラー」というのをくっつけて喋ります。例えば、ただ「OK」というのも、「オーケイラー」と語尾を上げていいます。これに
慣れていないと、この「ラー」にだまされて(まぁ、あまり外国人にこれを使う人は少ないですが、親しくなった友達などは冗談でよく使います)簡単な文章も
聞き取れないことがあります。ラーにだまされず、最初の方にいったことを聞き取るくせをつけましょう。もう一つ、中国英語というのは、単語と単語の間
をくっつけて喋るのが特徴でしょうか。先日、アジア英語で分からないことはないと豪語していた私が、SINのホテルマンから聞いた「トエポ?」という単語
には、「Pardon?」を連発してしまいました。これは、私が早朝にタクシーを捕まえられるかと聞いた時の答えで、「ノプロブレム!」の後に言ったのです。正
解は「To Airport?」でした。実際は、じれた相手が「どこへ行きたいんだ」と聞いたので、「ああ、エアポートと聞いたのか?」と推理した次第。インド人とア
ラブ人の英語で、今まで聞き取れなかったことのない私は少なからずショックをうけたのでした。でも、これをやってると自分の英語もイントネーションがす
っかり中国系になってしまいました。あぶなぁ〜。 

カプチーノ
Yさまより、おたよりです。
私もカプチーノと注文した時に a cup of tea を出されたことがあります。(笑)今の私の課題はRとLがくっついたもの、Lで終るものです pearl,girl,
worlddeal,tail,squirrel,Carol,Laurel等です。中でもgirlはよく発音しなければならないことがあるので、苦戦しています。これらの発音の仕方を誰か詳しく解
説してもらえませんか?みなさんどうやって発音を学んでいるんでしょうか? 

egg
はちさまより、おたよりです。
ニュージーランドでeggが通じなかったことがあります。「イーッグ」 と直されました。 whiteも確かに「ホワイト」では通じませんでした。 何度か話題に上って
いる映画「レオン」を私はニュージーランドで観ましたが、タイトルは「The Professional」でした。イギリスやオーストラリアでは「Leon」なのになんでニュージ
ーランドだけアメリカ式なんでしょうねぇ。 

Perth
pokemon ha kokodemo ninkiさまより、おたよりです。
I live in Perth now. When I said that I would go to Perth in Meroubolne, some people asked me if I would go to Paris in France. When I ordered " 
cappucino" in Mcdonald, they gave me a cup of tea. 

クロワッサン
トスウィーさまより、おたよりです。
現在アメリカの学生ですが、確実に通じないだろうと思われる、日本語発音があります。 それはcroissantです。日本語だと、“クロワッサン”ですよね。 
英語だと、“クレソン”って感じでしょうか。クロワッサンでは確実に通じません。 

serious
kaeruさまより、おたよりです。
アメリカの高校生言葉(?)なので、社会人の方にはあまり関係ないかもしれませんが、私がついにうまく発音できなかったのが、日本語のマジ?"are 
you serious?"の、 "serious"という単語です。「せぁりあす?」というような発音になるのですが、どうも"se"の部分が間延びしてしまって駄目でした。皆が
serious!?を連発する中、微妙にニュアンスが違うが発音しやすいreally?を使っていた私です。 これに限らず、私のいわゆる日本語発音が通じない時と
いうのは、音自体を真似できない時よりむしろ、単語の持つリズムのようなものをうまく再現できないときのような気がします。 ところで、reallyは難しい、
との書きこみもありましたが、ポイントはおそらく「全部をはっきり発音しない(アメリカ英語の場合)」ということです。 "Really?"ならば、"lly"を、 "Really."と
いう肯定ならば、"Rea"を口の先の方ではっきり発音し、後はのどの奥の方で発音する感じだと思います。 まぁ私も完璧に発音できる、という訳ではない
のですが(涙) 

Emiko
buddyさまより、おたよりです。
私の名前はエミコですが、自己紹介するとアメリカ人は大抵Amikoと綴ったり、アミコと呼ばれたり、挙句、アミーゴ、と言われます。 Emikoと綴ってもらうに
はイミーコと名乗るようにしています。ちなみに友達のリエは英語で名前を書くと(Rie)リーと呼ばれます。ハツキはつをtsuと綴るとハチュウキとなるの
で、Hatzkiとしています。みんな結構苦労してます。 

embarrssed
buddyさまより、おたよりです。
あるある、って思わずにんまりする話ばかりですね。そこで私もひとつ。 embarrssedって雰囲気でEにアクセントをおいたら、全然通じなかった。 bなんで
すよね。あとでその話をした友人も同じ失敗をしたらしく、二人でアクセントひとつでこんなに通じないなんて、と感心することしきり。あと、前出のwomanで
すが、私はネイティブに矯正されました。ウーマンじゃなくて、ゥオマン、ってとこでしょうか。あと、ベジタリアンではなく、ヴェジェテーリエンとか。カタカナで
なじんだ言葉ってついついそのまま読んでしまいがちですが、やはり構成されているアルファベットに忠実に発音しなければいけないんだ、スペルを覚え
るのも大事だと実感した出来事です。そこで子供が言ってることは、ときどきアルファベットごとに発音してるので参考になります。3歳の少年がピエンダ
ー!と連発。何のことか、と思えば、テレビにパンダが。なるほど、最初はPだもんね。でも大人がいうとちゃんとパンダに近く聞こえます。 

London
Lieselさまより、おたよりです。
ロンドンの発音が通じなかったとのことですが、あれは実は「ランドン」と発音するのです。最初の母音は but などと同じく、軽い「ア」の音なのです。私は
現在英語圏に滞在しており、日本にいる時からかなりの「英語おたく」で発音にはかなり注意して勉強していましたが、このことは最近発音を教わってい
る native speaker から教わり、びっくりしました。「ランドン」なんて考えたこともありませんでしたので。カタカナの「ロンドン」が頭にしみついてしまっている
ため、「ランドン」とわかっている今でもつい「ロンドン」と言いそうになります。そこで提案です。日本語でも「ランドン」と綴るようにしましょう! これこそカ
タカナ英語(ローマ字英語)の弊害です。似たような事は「NATO」にもいえます。日本語では「ナトー」といいますが、英語では「ネイトー」です。教科書でも
「ネイトー」と書くべきだと思うのですが。いかが思われますか? 


今後エピソードを思い出すたびにアップデートしていきたいと思いますので、 皆さんも何か「通じない日本語発音」がございましたら、お互いのスキルアップのために 教えてください。

Please send me your mail.

  • 名前(ペンネームOK)
  • お便り
  • Eメールアドレス(オプション)


TOEICへの道 Topページへもどる