田中康夫・長野県知事・政治資金収支報告書、献金リスト
柳沢京子切り絵
50

武井秀夫医師・下諏訪
150
根津八紘医師・下諏訪
150

礼子
60
由美
50

仁科恵敏マルイチ産商
150
塩沢鴻一SBC信越放送
10

良子
150
茅野 實八十二会長
150

山根敏郎守谷商会
130
篠原淑生八十二OB
100

穂刈甲子男林友
64
塚田国之八十二OB
140

塩沢荘吉穀物
100
成沢一之八十二頭取

北野次登北野建設
150
石井和男八十二専務

田中博正実父
100
山浦愛幸八十二

若林邦彦丸子
100
吉沢直享八十二

矢ヶ崎康歯科大・松本
100
割田 満八十二

小林誠一クリエイト
120
太田英行八十二

水野正幸ホクト産業
100
保科正明八十二OB

仁科良幸ホンダ
30
藤沢 博八十二OB
10

水口米雄白百合
50
小林義正長野銀行
30

塚田芳樹蔦友
50
塚越 寛カンテン
70

樫山高士カシヤマ
50
平野 稔平安堂
50

竹村猛志竹風堂
60
笠原甲一長電
30

冨山 格製薬
10
宇都宮元トヨタ販売
50

久保正直アスザック
平山祐次信大
30

百瀬孝夫おむすびころ
岡 正子デザイナー
30

向山信二KOA
30
鈴木宗太郎営繕
10

戸田敏行綿半
内坂 徹医師・小布施
50

林兼道医療タイム
30
井出孫六作家

小林幹夫医師・厚生連
10
岩野宏商会

有賀裕旅館
桜井佐七甘精堂
30

樋口達男タクシー
20
藤森照尚日新

澤田壮一三協
小松敬男ヤマト

矢ケ崎敬一郎アルプス
10
小林隆企画

一由邦保アドワン
林 善八郎味噌
30

天野力夫精工
15
深井利春ワールド
10

唐木忠重アルピコ
関口誠一しな測
50

平野英児平安堂
30
宮島仁一ズー
30

小河寛大東
30
花岡久二一休
20

太田和実ヤマト
10
大蔦広道ツタヤ

塩入 勉日拓
30
西沢光雄産業
30

久世良三農場
30
宮野尾武山二
10

岡留安則噂の真相
10
小林正樹長野
50

宇都宮英遠中央タクシー
30
井上憲昭医師・富士見

溝上長男医師・松本
10
大久保仁司ヤマサ

吉越明人商事
中田真佐雄医師・穂高

赤田佐久雄信光
上野紘志会計
10

井口佳澄デザイン
神林章テクノ

笠原忠夫岡谷
30
戸井田学久ホテル

三沢正医師・下諏訪
村上唯三郎辰野

松井豊岡谷
保科久夫書店
10

近藤まり子新潟
20
片岡ハルコ松本
10

中田弥広長野
近藤洋一医師・栃木

原昭二鉄工
波多腰俊興業
10

小笠原和夫長野市
佐藤源承埼玉
100

林 茂味噌
中沢宗幸東京
30

五明紀春埼玉
寺嶋重信信濃町

松平邦夫医師・東京
10
三村昭平医師・松本

原田美登長野
金久保一菱信

竹花強東部
畑山邦彦梓川村
15

牧禎男東京
斉藤光豊神戸

飯沼幸雄松本
10
伊勢丈人軽井沢
10

葛西康人大阪
20
荒木誠東京

小出久鎌倉
堀田大作飯田市
10

丸山和子長野市
堀田勝文 〃
10

小出待子 〃
小笠原みすず松本




田中康夫応援団県民ネットワーク 資金管理団体の届出をした者の氏名・田中康夫   会計責任者・神田稲 事務担当・宮沢裕司 しなやかな長野県をはぐくむ会   代表者の氏名・柳沢京子   会計責任者の氏名・篠原淑生   事務担当者・神田稲見            (単位万円)      収入     支出 田中康夫応援団県民ネットワーク(資金管理) 4936   4668 しなやかな長野県をはぐくむ会        2910   2906 田中康夫ネット               1153   1164  計                    8999   8739

下記、脱・田中県政ネットワークにあった説明

 総務省に届け出ている政治団体には田原総一朗、嶋信彦、佐高信、玉村豊男、加藤秀樹らが記載されている。これで「特別顧問」や「指南役」などの指名が「金銭義理」に対する「義理立て」であることが証明される。珍しいところでは、民主党鳩山代表の政治団体から20万円、民主党仙石由人衆議員10万円、連合の政治団体200万円などがある。誰でも鞄且曹オたものは、株が上がることを期待する。寄付は「政治資金規正法」で150万円が上限。なんだかよくわからない世の中だ。

あれやこれやから「なんとなく」感じること。

@ 医師が多い。総統・武井、根津の縁か。 A 八十二銀行の影が強い。
B 意外なゼネコンがいる。 C 勝手連がまるで少ない。
D 神戸ボランティアなど、なきに等しい

※ 補足説明
 見やすくするために、表組みに編集し直しました。全部手作業で90分ほど費やしました。
 誤字脱字・金額等、ひょっとしたら過ちがある可能性もありますので、その点、ご了解下さい。
 でまぁ、ここに再掲することに関しては、だいぶ悩みました。たとえば、銀行の取締役なんてのは、公人ですから、こういう形で名前が出ることを忌避する権利は無い。ただ一方で、市井の市民に過ぎない会社員やOLの実名もここに出てしまう。ひょっとしたら、ここにK嬢の名前もあるかも知れない。
 田中康夫如きに献金したという事実以前に、政治活動に首を突っ込んだということで、会社から目を付けられる心配はあるわけですね。長野県警の警備公安は、当然、ここにある名前を全部チェックして、左翼的傾向を有する要注意人物としてファイリングするでしょう。
 もちろん、公安なんて所は、こういうサイト情報に頼ることなく、一次情報を入手するわけです。ここにある情報は、誰でも正規の手続きを踏めば入手できます。その手間を掛けるか否かの差に過ぎない。従って、私がこうしてここに再掲することに関しては、決して献金者のプライバシーを暴くという行為にはならないことをここに宣言はするけれども、意図せずして、見知った個人の名前を、ここで発見する人間はいるだろうことを考えると、そう奨励できるものでもないなとは自覚しています。
 もっとも、数年も経てば選管自身がサイト上に、この手の情報を公開する時代が来るわけではありますが。
 その辺りをご了解いただいて、この情報は、慎重に扱って欲しいと思います。

※ 9.000千万円に遠く及ばない。
 所で、この表にある10万円単位の献金額を単純に積み上げると、3.470万円になります。つまり、端数を足しても4.000万円行かない。たぶん3.500万を僅かに越える程度でしょう。残りの半分以上は、どこから掻き集めたのか? というのが非常に大きい問題となって来ます。そもそもこのリスト自体が、どういう基準で抜かれたものなのかもちょっと良く解らないのですが。
 それでですね、私は、政治資金収支報告書を管理する総務省に訊きました(^○^)/ 献金者の氏名と金額を全て把握すべきだと思ったので。東京の総務省で全部閲覧できるかどうかをお尋ねしました。
 向こうの説明としては、政治資金団体として、地元での活動が登録された物に関しては、現状、地元でしか閲覧できない。東京での活動ということで届け出されているものに関しては、総務省で閲覧できる。ただし、その場合も、その具体的な名称が解っていることが前提である。一応、こちらで探すお手伝いは出来るし、コピーの郵送も可であるとのことでした。
 もし興味がある方は、まず地元で照会し、総務省にコピーを請求してください。私も、暇があったら、直接総務省へ伺い、康夫ちゃん関係の残りの政治団体を洗ってみたいと思います。