________________

第2回安田講堂シンポジウムのお知らせ
「これからの環境と人間・技術・社会(2)」
  

無事終了いたしました。多数のご参加誠にありがとうございました。


当日いただきましたご質問には、回答を順次掲載いたします。







第2回安田講堂シンポジウムのお知らせ
「これからの環境と人間・技術・社会(2)」

文部省科学研究費重点領域研究「人間地球系」は、平成5年度から9年度の5ヶ年計画として研究が行なわれ、去る3月に終結いたしました。その成果を一般社会に還元すべく、若手研究者を中心とした講演会を行ないます。環境の全分野をバランス良く見据えて、環境の総体を理解することが、環境問題の解決にとって必要な事柄だと考えており、通常の環境問題のスタンスをやや広げた講演会にする予定であります。

       記


     日 時: 平成10年6月11日(木)
     場 所: 東京大学安田講堂 (東京都文京区本郷7-3-1)
     聴講料: 無料です
     プログラム:

      ●10:00〜10:05   
        開会のご挨拶    安井 至  東京大学国際・産学共同研究センター
  
    
      ●10:05〜10:50 
        講演「地球環境変動と食糧供給危機」
                  川島博之  農水省農業環境研究所

      ●10:55〜11:40
        講演「土中微生物からみた環境・農業」
                  片山葉子  東京農工大農学部

      ●11:45〜12:30
        講演「廃棄物・リサイクルとダイオキシン類そして残留性有機汚染物質」
                  酒井伸一  京都大学環境保全センター
 
      ●13:30〜14:15
        講演「ストレス危機の予防と環境問題」
                  森本兼曩  大阪大学医学部

      ●14:20〜15:05
        講演「身の回りのヒ素とアンチモンの化合物の環境影響」
                  前田 滋  鹿児島大学工学部

      ●15:10〜15:55
        講演「化学物質の生物・環境への負荷を評価する」
                  内海英雄  九州大学薬学部

      ●16:00〜16:45
        講演「技術による環境問題解決と市民の役割」
                  安井 至  東京大学国際・産学共同研究センター

      閉会

参加ご希望の場合には、東京大学国際・産学共同研究センター安井研究室宛に、 氏名、〒番号  (7桁新郵便番号)、住所、所属、電話、FAXをご記入の上、FAX03−3479−5042にて、申し込み下さい。先着順にて、聴講票を郵送いたします。
お問い合わせは、TEL03−3402−6231内線2421 東大生産技術研究所 安井研究室 鵜澤まで。
(E-mail secyasui@iis.u-tokyo.ac.jp)