________________

 ウェブページ作成ソフトの比較

                 (97年8月22日新設、11月27日追加、98年1月28日追加)

 このホームページを作るにあったって、実はかなりいろいろなソフトに投資をしました。買ったソフトのリストは次の通りです。いずれも、ホームページを作ることができるソフトです。

(1)ホームページビルダーVer.2  IBM→ Ver.3(11/27)

(2)WebPublisher  Assymetrix

(3)Hotall Ver.4  デービーソフト

(4)クラリスホームページ Ver.2  クラリス

(5)こざいくパーソナル ビジョンコーポレーション

(6)NavigatorGold Ver.3 

(7)NetscapeCommunicator Ver.4

(8)MSFrontPage(旧)  マイクロソフト


(9)PageMill Ver.2J  アドビ  New 1.28.98

 これ以外にも、ホームページを作れるソフトは有ります。最近では、ほとんどのワープロや表計算ソフトでも可能になってます。

ソフト短評(暫定版)

 それぞれのソフトの短評です。完全に使いこなした訳では有りません。感覚的なものですので、余り真剣に考えないで下さい。


(9) PageMill Ver.2J アドビ 新規登場 1.28.98追加

 ある雑誌のお勧めだったもので期待していたのですが、なんとなく、変です。テーブルを使った文章を作っていると、その枠をクリックすると、全く予想外の動きをするのです。また、このソフトで作ったものを他のソフトに移行したときに、妙なことが起きます。ただし、私の作っているホームの形式には向かないだけかも知れません。


(1)ホームページビルダーVer.3  IBM
 revised 11.27

version2の問題点:
 なんとなく洗練された感じが無いです。私は見かけを良くするために、テーブルを多用するのですが、テーブル内にテキストを別のソフトからペーストすると、改行が無くなってしまって、ベタテキストになってしまうのはなんとかなりませんでしょうかね。改行を入れ直す必要がありますが、このソフトの処理速度が遅くてイライラします。
(ver.3になって、以上のすべての点で改善されました。処理速度も速くなりました。)

 とはいっても、現状では、比較的問題点が少ないソフトで、HTML仕様にも広く対応しているようでして、常用ソフトの一つです。ただし、一部の文字列の色を変える方法とか、分かり難いところがまだまだ有ります(簡単になりました)。また、テーブルのボーダーをゼロにして使いますと、エディット画面では、境目が表現されません。これは困ります。ボーダーを1にして表の構造を変えて、後でまたゼロに戻すことで対応してますが、これは素人向きでは有りませんよね。なにせ、HTMLファイルを直接書き換える必要がありますので、HTMLの文法が分かっている人でないとこの方法は無理ではないでしょうか。

(以上指摘した点は、すべて改善されています。標準的に使える、ご推薦できるソフトになりました。)

 付属のFTPソフトは、結構感覚的に会うこともあって愛用してます。


Ver.3の問題点 追加 1.28.98

(1) テキストなどの選択が上手く行かないこと。いらいらします。
(2) このホームページの家庭内塩化ビニル調査の元のファイルは、MS−Word95で作成し、HTML形式でセーブしたものです。ところが、Ver.3はこのファイルを開くことができません。

 

(2)WebPublisher  Assymetrix

 特殊なソフトです。ユーザの自由度は全くないのですが、簡単にページができます。とは言っても、全くの初心者には難しいかも知れません。最大の美点はできるページの美しいことでして、デザイナーの美的感覚には感心します。ただし、どちらかと言えば、グラフィック多用の重いページになる傾向が強いですね。この私のホームページも実は基本デザインはWebPublisherのものを使ってます。しかし、テーブルの構造が余りにも複雑なので、かなり単純化しました。

 

(3)Hotall Ver.4  デービーソフト

 上のWebPublisherで作ったファイルが読めません。どうも、HTML文法の解釈が厳密すぎるのかも知れないですね。これを回避するためには、一度ホームページビルダーで読ませて再保存すると読めるようになります。また、テーブルの中にまたテーブルというように複雑に使ってあると一つのファイルを開くだけで、数分かかることもあります。

 もっとも困るのは、このソフトはパス名やファイル名を勝手に変えてしまうことです。この私のホームページにはカウンターが入ってますが、これは、プロバイダイーのcgiソフトを呼び出して使ってます。ところが、そのファイル名がCounter.cgiで、先頭の一文字が大文字なのですが、それをすべて小文字に変えてくれるのです。プロバイダーのサーバはUNIXですから、大文字、小文字の区別がありまして、これを変えられると動かなくなります。デービーソフトの開発環境は、UNIXではなくてWinNTなのかも知れないとかんぐりたくなります。さらに、cgiソフトのパスに/../../といったものを勝手に付け加えることも大問題。

 それ以外のところはまずまずの使い勝手です。さすがにVer.4まで行ったソフトです。

 まあ、上の欠点を我慢しても、なにせ何でもできますから、使う価値は有ります。

 

(4)クラリスホームページ Ver.2  クラリス

 まだ使い始めたばかりのソフトです。感じとしては、まずまずかもしれない、もう少々使いこなしてみようか、と思ってます。表のエディットもまずまずです。ただし、<TD>タグに関しては、widthを記述しないときには均等の幅を設定するタイプのソフトです。Navigator3とかIE3などの出回っているブラウザでは、そのセルに何も入っていないときには、幅を最小にするようですので、この差が気になります。表の幅をこのソフトで一度直してしまえば、後は全く問題ないです。

 速度については、特に、テーブルの中味のエディットが多いもので、この反応速度が問題なのですが、このリストの中のソフトとしては、最も速いようです。後は安定性ですが、これはしばらく使い込まないと分かりません。最終評価はもう少々後で。

 結局使ってません。 1.28.97 


(5)こざいくパーソナル ビジョンコーポレーション

 このHTMLエディターは変わってます。HTMLのソース表示ができない見たいですね。それ無しでも完全にできるのなら良いのですが、表の取り扱いがどうなっているのか、非常に概念が把握しにくいソフトです。少なくとも個人的な趣味には合いません。それに、一度ドジをやりますと、undoが利かないのかも知れません。そんなはずはないと思って色々とやったのですが、一度間違って消したものの復活ができませんでした。結論として、これ以上このソフトと付合うのは止めておきます。やはり、最後には、HTMLタグを直接いじることになりますから、HTMLレベルでエディットができないものは困ります。

 

(6)NavigatorGold Ver.3 

 これはブラウザとしては極めて標準的なものですが、HTMLエディターとしての機能も有ります。しかし、「そのエディターの機能はおまけだな」という感じ。これでも確かにホームページは出来ますが、複雑なことはできません。

 

(7)NetscapeCommunicator Ver.4

 次世代ブラウザだと言われています。しかし、Ver.3とこんなにも見え方が違ってしまうのは大問題ではないでしょうか。Ver.4に対応させるために、現在、自分のホームページの改良作業をやってます。問題は、<TD>タグにwidthを明示的に書かないときに処理でして、これまでの、Ver.3では、何も入っていないセルは最小幅で表現されたのですが。Ver.4では、セル幅を均等に取るようです。そこで、今、すべてのセルの<TD>タグにwidth=を入れてます。面倒だ。

 エディター機能は、Ver.3と同じように、「おまけ」でした。

 

(8)MSFrontPage マイクロソフト

 このソフトをインストールしたら、なんだか研究室のLANに悪影響が出たような気がしましたので、アンインストールしてしまいました。従って、使用感を書けません。うわさでは、いろいろとできるけれど、外部プロバイダー上のウェブページ作成用として使うことよりも、イントラ系を考えているのではないかとの評判を聞きました。たしかに、簡易型WWWサーバにもなるようです。

 新しいバージョンが出ているようです。その内試みたいと思うのですが、マイクロソフトの製品は、Win95そのものをかなりいじるので、インストールするのが怖いです。 

(9)MSWordなど一般的ワープロの能力

 これでもホームページはできるという程度の能力ですね。

 

 それでは個人的お勧めソフトは何か。現在のところ結論はなし。無難は、ホームページビルダーですが、これだけではこのページのようにテーブルを多用したものは作りにくいです。

 フレームを含むページを作るとなると、また別の評価になる可能性が強いです。フレームは個人的に余り好きでないので、今のところ、評価対象になっていません。

 

 他にご推薦のソフトがありましたら、皆様からのご意見ご連絡をお待ちします。

 

以上です。