________________

年賀状2001 01.04.2001

謹賀新年&謹賀新世紀 

 21世紀は、誠に残念ながら、ここ当分の間、余りのんびりとした世の中にはならないだろうと思います。自由主義経済、グローバル化した経済が幅を利かせるからです。しかし、ユニクロのような商売のやり方は、ねずみ講と同じで、日本国内ではすぐに飽和してしまうでしょう。やはり、ルイビトンの商売のやり方にはかなわないのです。持続可能な経済に価値観を移すこと、これがやはり世界にとって、特に日米にとって、共通の目標のように思えます。
 となると、何歳になっても、新しいことへチャレンジし続ける種類の人間だけが生き延びることができるような世界が、好き嫌いに拘わらず、今後少なくとも15年程度は続くだろうと思われます。個人的にも、やはり「新しいことへのチャレンジ」を標語に掲げなければならないと思いつつ、すでに、1月4日になってしまいました。
 本年もよろしく。

 この絵は、毎年作っているガラス製干支置物の図。今年は蛇ですが、個人的には嫌いな動物なもので、リアルになるのを極力避けました。新しいソフトにチャレンジすることなく、相変わらずすでに販売されているかどうかも分からないRayDreamStudioで作りました。