• トップページ
  • ニュース
  • 日本の黒い霧
  • 日本の黒い霧(工事中)

    犯罪の歴史は、しっかり記録しておこう

    日本の黒い霧

    もくじ

    1. 松川事件

    松本清張が書いた「日本の黒い霧」を研究しよう

    松本清張が書いた「日本の黒い霧」を読むと、アメリカに叩かれる小沢一郎や鳩山首相の問題や、 アメリカに迎合する管、前原、岡田、仙石、枝野らの魂胆が理解できる。

    松本清張が書いた「日本の黒い霧」を読むと、日本の暗黒部分は全てアメリカの謀略だったことが良く理解できる。 アメリカの手先になった日本人はエリートと呼ばれ、日本の財産や税金を横領することで、アメリカと共に巨額な利益を得ている。

    松本清張の主張は、アメリカの手先になった官僚機構やマスゴミの人間ではないから信用できる。 現在も松本清張が生きていた時代から何も変っていないことが分かる。

    アメリカがいなかった江戸時代には、謀略と言う言葉はなった。 ペリーによりアメリカが日本に来航してから日本の謀略の歴史が始まったと言える。

    怖い横田基地の米軍のMP

    海の上から吊るされた竹下首相

    鳩山首相は、横田基地の米軍のMPにヘリコプターで海の上から吊るされて、 何度も海に入れられ、怖くなって辞任した可能性がある。

    昔の竹下首相も横田基地の米軍のMPにヘリコプターで海の上から吊るされたそうだ。

    小沢一郎氏を浮上させるしかない 」や 「泥棒国家日本と闇の権力構造 」を参照。

    横田基地の米軍のMPは、何かあると15分以内にヘリコプターで飛んで行けるらしい。 だから、横田幕府と呼ばれているそうだ。

    JALの御巣鷹山墜落事故の時も、墜落後、15分で横田基地の米軍のMPがヘリコプターで現場に到着したそうだし、 昔のJALのもく星号の三原山墜落の時もそうだった。

    小渕首相も海の上から吊るされたか

    小渕首相も、横田基地の米軍のMPにヘリコプターで海の上から吊るされて、 何度も海に入れられ、病院に担ぎ込まれた可能性があると言う。

    小渕元首相を殺した犯人は誰か 」を参照。

    となると、松本清張が書いた「日本の黒い霧」の謀略より、現在の方がもっとヒドイ状況にある訳だ。

    小渕首相が病院に担ぎ込まれたときは、明らかに小渕さんの意識はなかったのに、 翌日、官房長官の青木幹雄が記者会見を開いて、「万事頼むと口頭で言われました。首相を臨時に代行いたします」と、 まんまと青木幹雄は臨時の首相代理にインチキ就任することになった。

    後に医師団は、小渕首相は青木幹雄に意思を伝えるのは医学的に不可能な状態だったと証言しているから、 青木幹雄はアメリカの手先になって「クーデター」を起した訳だ。

    昔は、小渕首相を米軍のMPがヘリコプターで吊し、青木幹雄(および後ろにいた森喜朗など)のクーデターが成功し、 最近では、鳩山首相を米軍のMPがヘリコプターで吊し、平野博文(および後ろにいた前原誠司など)のクーデターが成功したと言う図式だ。

    以上