• トップページ
  • ゴルフのお勉強
  • 一般論
  • ダウンスイング
  • ダウンスイング

    アマチュアのアマチュアによるアマチュアのためのスイング理論をご紹介

    ダウンスイング

    もくじ

    1. 切返しでは、グリップエンドを目標の反対側に動かす
    2. トップはない
    3. 左サイドを浮かさず手をしっかり下ろす
    4. 骨盤の左への並進運動
    5. インパクト直前の左腰の回転(後に引く)
    6. 前傾姿勢を保つ

    ダウンスイングで最も重要な切返し

    ダウンスイングで最も重要なのは、切返しがうまく行くかどうかである。

    切返しでは、グリップエンドを右(反目標方向)に動かせるかどうかが、 ヘボゴルファーとシングルさんの境目になるらしい。

    なぜ、グリップエンドを右(反目標方向)に動かすといいのかを研究して見よう。


    今田竜二プロのスイング(3)

    切返しでは、グリップエンドを目標の反対側に動かす

    切返しでは、グリップエンドをボール方向に動かしては駄目

    切返しでは、腰を左にグリップエンドを右(反目標方向)に動かす。 つまり、左腰とグリップエンドを逆に動かし、引っ張り合うようにする訳だ。

    切返しでは、決してグリップエンドをボール方向に動かしては(引っ張っては)いけない。

    切返しで、いきなりグリップエンドをボール方向に動かす(引っ張る)と、 典型的なアウトサイドインのスイング起動になってしまう。

    グリップエンドをボール方向に動かすとコックがほどける

    切返しで、グリップエンドをボール方向に動かす(引っ張る)と、 コックがほどけてしまうのも大問題だ。

    コックがほどけてしまうと、ヘッドが右側(反目標方向)に動いてしまい、 クラブの右側へのもの凄い慣性モーメントが発生する。

    この慣性モーメントは、あなたを右側に引っ張ろうとするので、 あなたが左側に体重移動しようとするのを妨げる。

    そうすると、右足体重のままインパクトを迎え、 カッコ悪い明治の大砲スタイルでフィニッシュを迎えるハメになる。

    クラブを持たないシャドースイングでは体重移動できるのに・・・・

    クラブを持たないシャドースイングでは左への体重移動できるのに、 実際にクラブを持つと思うように左への体重移動ができない と言う経験はないだろうか。

    ダウンスイングで早くコックがほどけてしまうと、 ヘッドが右側(反目標方向)に動いてしまい、 クラブの右側へのもの凄い慣性モーメントが発生して、 あなたを右側へ引っ張るために左への体重移動ができないのだ。

    この問題を解決するためには、切返しでは、グリップ(手首)を中心にヘッドを廻すのではなく、 ヘッドを中心にをグリップ(手首)廻す意識を持つ必要がある。

    つまり、グリップ(手首)が腰の高さまで降りて来た時には、 クラブシャフトを垂直に立っている状態にしなければならない。 いわゆる「タメ」と呼ばれるものである。

    決して、コックを解こうとする自然なヘッドの動きに任せてはならない。

    自然なヘッドの動きに先回りして、グリップ(手首)をコックを保ちながら 素早く腰の高さまで降ろすのである。

    クラブシャフトを立てながらダウンスイングをする

    以上のようにダウンスイングでコックがほどけることによる クラブの右側への慣性モーメントを防ぐには、なるべく クラブヘッドを動かさないようにするしかない。

    切返しで、グリップエンドを目標の反対側に動かすことで、 クラブヘッドを動かさないで、クラブシャフトを立てることができる。

    これが、いわゆる切返しでの「自然落下」とも呼ばれるものである。

    「自然落下」と言う言葉は不正確で、ヘッドが自然落下するように聞こえるが、 「ヘッド」ではなく「グリップエンド」が自然落下するのである。

    切返しでは、「ヘッド」は落下させるのではなく、停止させるのである。

    クラブの右側への慣性モーメントが発生しないと体重移動ができる

    クラブの右側への慣性モーメントが発生しないと、 当然ながら楽に左への体重移動ができるようになる。

    あなたの体は、クラブヘッドの慣性モーメントで右に引っ張られることがなくなるので、 右足の蹴りや左足への踏み込みなどの適切なキッカケで、簡単に左への体重移動ができるようになるのだ。

    切返しで、腰を左にグリップエンドを右側(反目標方向)に動かすことで、 グリップエンドの方向は、右側(反目標方向)から、 段々と右足の右前方あたりを向くようになる。

    左への体重移動のあと、腰でクラブを水平に振る

    この間に左への体重移動を完了しておけば、 グリップ(手首)の高さが腰の付近に来たあたりでクラブヘッドは、 完全に垂直に立った状態になる。

    その後は、グリップエンドが段々とお腹を向く(刺す)形になってくるので、 あとは、お腹とクラブシャフトが同調するように腰を回転させてクラブを水平に振り、 自然とインパクトを迎えればいい訳だ。

    ここで、決して手首を左右にこねて、打球を調整しようとしてはならない。

    手首は上下にしかこねてはいけない。コックとアンコック(ミルキング)である。

    なお、お腹とクラブシャフトが同調するようにして振るには、 インパクト直前で、右肘をお腹にくっ付けるタックイン動作が有効だろう。

    トップはない

    左足のふんばりが、下半身を左に戻そうとする

    肩甲骨ユニットを左回転させることで、上半身の捻転は深くなるが、 一方で、左足のふんばりが、下半身を左に戻そうとしている。

    つまり、上半身は右へ、下半身は左へと、作用・反作用の法則が働いて、 上半身と下半身との相対的な捻りの差が最大になってゆく。

    一方、右足の内側のふんばりが、上体を右にスウェーするのを防いでいる。

    上半身(右回転)と下半身(左回転)との相対的な捻りの差が最大になった時点が、 トップということになるのかも知れないが、静止している訳でないので、 いわゆるトップの位置はない。

    左足のふんばりが、左腕を真っ直ぐにする

    左足のふんばりは、下半身を左に戻そうとするだけでなく、 左腕を真っ直ぐにする働きもあるのだ。

    腕の力で左腕を真っ直ぐにすると、体の回転が止まってしまう。

    左足が蟹股状態でふんばることで、右肘がたたまれるが、 逆に左腕は伸ばされる。

    左足がふんばっているので、ひっぱられて左腕は伸びざるを得ないのだ。

    また、左足のふんばりは、下半身を左に戻そうとする訳だから、 ダウンスイング後の左への体重移動を簡単にさせる。

    右の股関節上にあった体重は、ダウンスイング後には、 左の股関節上に移るのだ。

    トップの代わりにあるオーバーラッピング

    トップの代わりにあるのは、オーバーラッピングと呼ばれる動作である。 上記の上半身が右回転しながら、下半身が左回転することをオーバーラッピングと呼ぶ。

    オーバーラッピングが、過度なオーバースイングを防ぎ、 所謂タメのあるダウンスイングを作るとも言えよう。

    感覚的には、上半身(右回転)と下半身(左回転)が、 バイバイと離れ離れになる感じであるが、一面では安定している形である。

    左サイドを浮かさず手をしっかり下ろす

    左サイドが開くと、手が遅れる

    ダウンで体を廻そうとすると、左サイドが開いてしまい、 手が、なかなか下りて来ないという悪い現象が起きる。

    手が、なかなか下りて来ないと、パワーが溜まらないので、 腰を切る動きか腰の回転スピードだけで飛ばそうとする。

    左膝は、できるだけ柔らかく曲げ体重が乗れるようにするが、 右膝は、左膝にくっつけるように更に曲げて左膝より低くする。

    左肩を低い位置に保つ

    左肩を低い位置に保ち、トップの左のふところの位置に右サイドが入るような イメージで切返しを行う。

    右膝を左膝にくっつけるように更に曲げて左膝より高さを低くすることで、 左への体重移動が速やかになり、スイングに粘りが出る。

    左への体重移動の結果、ボールの位置が相対的に体の右に来るので、 ヘッドはボールのインサイドから当たるようになる。

    つまり、左への体重移動の結果、ボールは右に飛ぶようになる。 これで安心してクラブのヘッドを立てて打てるようになる。

    左への体重移動をしないで、クラブのヘッドを立ててダウンブローに打とうとすると、 ヘッド面が閉じるためヒッカケが生じる。

    ダウンブローに打とうとする場合は、右膝を左膝にくっつけるようにして左膝より高さを低くすることで、 左への体重移動を行わないとヒッカケばかり出ることになる。

    骨盤の左への並進運動

    右足で地面を蹴ることで、腰が左へスライドさせる

    上半身(右回転)と下半身(左回転)との相対的な捻りの差が最大になった時点で、 右足で地面を蹴ることで、腰が左へスライドさせるのだ。

    骨盤を瞬時に左へ並進運動させるために、 体重の乗った右足を蹴ることで、地面から力をもらう訳だ。

    クラシカルスイングのように腰の回転で、左への体重移動を行うこともできるが、 腰の回転よりも腰をスライドする方が素早くできる。

    訓練を積んだプロは、腰の回転だろうが腰のスライドだろうが、 どちらも出来るだろうが、アマチュアには腰のスライドの方が簡単なのだ。

    右肩が落ちる

    上半身を右側に残したまま、腰を左にスライドさせる訳だから、 体の形は後から見て右打ちの人はC型になる。

    つまり、右肩が若干、下がるような形になるのだ。

    更にこの時、今まで左回転をしていた例の肩甲骨ユニットを 右回転させることで、右肩の落下は促進される。

    クラブシャフトは、このためバックスイングの軌道よりは、 もっと後ろ側を通る形でクラブヘッドがループを描く。

    このループは、インサイドアウトな軌道を作るために必要なものであり、 ヘッドが頭の後ろを通るような形になる。

    つまり、右側に残したままの上体の右肩の前で、クラブシャフトが立ちながら、 落下して行くことで所謂「ドロー打ち」の形になる準備をしているのだ。

    フェースが開く

    肩甲骨ユニットが右回転することで、フェースは開く。

    つまり、地面を蹴った右足のエッジング→腿→尻→肩甲骨→腕という形で、 外向きの捻りが働くために、肩甲骨ユニットは深い外向きの右回転になり、 フェースが大きく開く訳だ。

    これは、フェースを閉じながら強いインパクトを行うための準備なのだ。

    開いたフェースを閉じながら打つのがドロー打ちであり、 インパクト直前に左腰の回転(後に引く)させることにより、 どんなに強くフェースを閉じても引っ掛けることはない。

    右膝が自然に左膝の方に送り込まれる

    地面を蹴った右足は、エッジングのために右膝が自然に左膝の方に 送り込まれる形になる。

    右膝が左膝の方に送り込まれることで、腰の左への並進運動を促進する。

    右足で地面を蹴ることの重要性を知らない人が多いけれど、 右膝が左膝の方に送り込まないことには、左への体重移動はむずかくなる。

    そうすると、右足体重のままインパクトを迎えることになる。

    ドライバーの場合は、アッパーブローの軌道なので、 それほど大きな影響はないかも知れないが、 アイアンにとって右足体重のままインパクトを迎えることは、 致命的な欠陥になる。

    インパクト直前の左腰の回転(後に引く)

    左尻のラインを左踵の後ろにズラす

    左への腰のスライドができたら、次に左尻のラインを左踵の後ろにズラすことで、 インパクト直前に腰の強烈なスピンを起こさせる。

    この結果、肩が腰に引っ張れるように回転を始める。

    つまり、腰の線分より遅れて肩の線分が回転を始める。 所謂、タメというヤツだ。

    左腰の回転(後に引く)なくして、タメはできない。 腰の回転と肩の回転が同時に起きると、 インパクトで右肩が突っ込み、ダフリになったり、 アイアンの場合、インパクト前にクラブヘッドが上昇し、 すくい打ちになる。

    腰が悪い人のミスは、プッシュアウトと引っ掛け

    逆に、インパクト直前に左腰を回転(後に引く)することができない人は、 フェースガ急激に閉じることで、ボールが地面を這うことになる。

    ボールが地面を這うことを嫌がって、インパクト直前の左腰の回転(後に引く)を 止めるとボールは右にプッシュアウトする。

    腰の悪い人の代表的なミスは、右へのプッシュアウトと左への引っ掛けである。 これを交互に繰り返す訳だ。

    腰の悪い人は、硬いクラブシャフトの利用は止めて、 ジイサン仕様の柔らかいクラブシャフトを使うしかないだろう。

    逆に腰がクルクル回転する人が、柔らかいクラブシャフトを使うと、 とんでもないことになることは、容易に予想できるであろう。

    前傾姿勢を保つ

    肩甲骨ユニットを左回転させる

    今まで右回転をしていた例の肩甲骨ユニットを インパクト直前で、今度は左回転させることで、 前傾姿勢を保つことができる。

    ポーラクリーマのように、右肩でボールをすくうように 右肩が下がり、アップライトなフォローを誘導する。

    肩甲骨ユニットを左回転させないと、上半身が起き上がる。

    インパクト前に上半身が起き上がると、 ボールがいきなり左に飛んで行くミスがでる。

    引っ掛けとも違う低レベルなミスである。

    顎を右に回転させておく

    バックスイングで腰を右にスライドさせるきっかけとして、 頸反射と呼ばれる「顎を右に回転させる」ことが有効であった。

    インパクト前後でも、この頸反射が有効である。 ただし、バックスイングで顎は右を向いたままである筈だから、 インパクト前後では、顎は右を向けたままにすると言うことになる。

    顎を右に回転させておくことで、インパクトの瞬間のボールを見ることができるから、 インパクト前に上半身が起き上がることを防ぐことにもなる。

    上手な人のインパクトは、例えアプローチであっても、 左の首の青筋が立っているものだ。

    ソレンタムのように、顔がすぐボールを追うのは、 アマチュアには危険である。 つられて、上半身が起き上がるからである。

    以上