Wellcome to Osaka Cornett & Sackbut Ensemble Homepage

16〜17世紀の金管楽器には、まだピストンやロータリーが付いていませんでしたが、コルネットやサクバットがアンサンブルで活躍していました。当時の楽譜や作曲者等の資料も残っています。しかし現在では、このコルネットやサクバットは使われることがなく、博物館でしか見ることが出来ません。「大阪コルネット&サクバットアンサンブル」は、これら幻の金管楽器の正確なレプリカで響きを再現し、当時の音楽を研究しているグループです。

Menber

Cornett

Sackbut

Photo

NextConcert
SoundSamples