負担が少ない排卵(自己)注射

 新しい排卵誘発剤が開発されました。


従来の排卵誘発剤としてのFSHやHMGの注射薬は、女性の尿から抽出・精製されて作られていましたので、多少不純物もあり、量も多くなりました。

遺伝子組換え技術による新しい製造方法で、リコンビナントFSH製剤の注射薬が開発ざれました。