ピルQ&A


ピルって何?

ピルとは、排卵や月経を調節するための女性ホルモン(卵巣ホルモン)である、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の両者が入っ ている錠剤のことを、通称「ピル」と呼びます。これまで日本では月経異常の治療用のピル(いわゆる中用量〜高用量ピル)のみが使用されており、避妊用ピル はまだ未認可でした。しかし平成11年6月厚生省が避妊用ピルとして低用量ピル(OC)を 承認、9月2日発売されました。したがってここでは、中用量ピルを「従来のピル」という言葉で表現し、避妊用の「低用量ピル(OC)」 とは区別します。つまり含まれるホルモン量の少ない順に、低用量、中用量、高用量という言い方になり、量が少なくなる程新しいピルであり、副作用も少ない のです。


従来のピルの使い方を教えてください。

ピ ルを服用するメリットはたくさんあります。(1)排卵時に経験する 中間期痛をなくす、(2)月経時の痛みや量の多い月経出血の減少、(3)月経周期を順調にさせる、(4)月経血が少なくなるため貧血が減少する、などの医 学上のメリットがあります。具体的には


従来のピルで副作用はでますか。


「避妊のためのピル」を入手したいのですが。

ピ ルには世代の古い高用量ピル(含まれるホルモン量が最も多いピル)から、比較的新しい中用量ピル、そして最新の低用量ピル(OC)(つまり副作用が最も少ないピル)があり、避妊のためのピルとは低 用量ピル(OC)のことを言います。日本ではようやく、平成11年6月、厚生省から低用量ピル(OC)の認可がおり、同年9月より 発売されています。

低用量ピル(避妊ピル)を貰うためには医師の処方せんが必要で、また避妊目的 での薬ですから、治療用の薬とは違い保険適応がありません。さらに避妊目的では長期間服用することになりますから、安全に服用するための様々な条件(服用 してはいけない場合や効果に影響を与える場合についての注意点、服用する事で得られるメリットとデメリットなど)がありますから、必ず主治医から説明を受 けて、正しく服用して下さい。また性感染症(STD)の予防にはなりませんから、必ずSTDに対する正しい知識を持って、STDにはきちんとした予防を 行って下さい。

アーカイブス「低用量ピル講座」のページへ

最新の低用量ピル(OC)のページへ