低用量ピルについて勉強しましょう


低用量ピルにもいくつかの種類があります。

ピル(経口避妊薬)はエストロゲンとプロゲステロンの両者が入った混合型ピルです。通常21日間または28日間(最後の7日間は服用忘れを防止する目的でのホルモンが入っていない偽薬)毎日服用しますが、服用する薬の順番によってエストロゲンとプロゲステロンの配合の仕方を順次変えているタイプ(二相性や三相性)と、そうでないタイプ(一相性)があります。前者は服用する順番が決まっていますので、必ず番号順に薬を服用しなければいけません。後者はとくに服用の順番はありません。

 

順次型ピルやミニピルは現在経口避妊薬としてはあまり使用されません。 


ピルの避妊作用を説明します。

ピルに含まれるエストロゲンとプロゲステロンが、卵巣からの排卵を起こらなくします。そのことが避妊効果となります。さらに卵管の動きや子宮内膜への受精卵の着床、精子の侵入を抑制する効果もあるようです。これらは服用し始めた時から21日間服用した後、または最後の7日間の偽薬服用中に起こる月経までの期間、ずっと有効です。


低用量ピルの避妊効果はどのくらい高いのでしょう。

服用忘れがない限りほぼ100%の避妊効果があります。しかし服用を忘れたり、服用中に吐いたり、下痢のために薬の吸収が悪いと効果が薄くなります。

他の避妊方法と比較します。IUD(子宮内避妊具)とはいわゆる避妊リングのことです。腟内避妊薬とはいわゆる避妊ゼリーのことで、最近はフィルム状の製品もあります。なお腟外射精は正しい避妊法ではありません。


低用量ピルによって得られるメリットとデメリットは何でしょう。

ピルの服用によって、月経痛や月経量が軽くなり、月経周期も順調になります。また卵巣癌や子宮体癌のリスクが減ったり、骨盤内感染症や子宮外妊娠などが減るという良いメリットも報告されています。

しかし35才以上で1日15本以上の喫煙女性では高い血栓症のリスクを指摘されているので、このような女性には服用は勧められず、またピル服用者の乳癌や子宮頚癌発生についての多少のリスクが欧米で指摘されており、服用する場合はこれらについての検診が必要とされています。


目次へ戻る