開腹しない子宮筋腫の治療

 子宮筋腫の治療は手術


子宮筋腫は子宮にできる良性腫瘍です。子宮のどの部位にもできます。

ほとんどが無症状ですが、大きさや場所によっては月経過多や貧血、下腹痛等の症状が出現したり、不妊の原因にもなります。症状が強いときは治療が必要です が、これまでの治療法はほとんどは、開腹(腹式)か腟式の子宮全 摘手術でした。


しかし最近は、子宮筋腫が見つかっても未婚であったり、見つかった後に妊娠を希望する女性が増えたため、子宮は取らずに筋腫だけをとる筋腫核出手術が増えています。