子宮内膜症の新治療

 子宮内膜症は骨盤内で進む病気


子宮内膜症はお腹の中(骨盤内)に「子宮内膜と同じ組織」が散らばり、月経のたびにその部位で出血を繰り返す病気です。


さらには、骨盤内の出血で子宮や卵巣や腸などがお互いに癒着します。 卵巣に血液が溜まると、卵巣が腫れます(卵巣チョコレートのう腫)。


さらに、骨盤以外の部位(陰部、へそ、腸、肺など)にも散らばる特殊な子宮内膜症もあります。「希少部位子宮内膜症」と呼ばれ、そこの部位で出血を起こしたり、特に肺では月経の度に気胸を繰り返す など、不自由な生活を強いられる例も少なくありません。