ロリー・ギャラガーの個人的なファンサイトです。
レコードや雑誌などプライベート・コレクションの写真展示と、ライブ映像のレビュー、コレクターCD/DVDやレアな音源のトラックリストを載せています。英語/日本語バイリンガルサイトです。英語の記述しか、逆に日本語の記述しかない箇所もありますが、おゆるしを。
English/Japanese bilingual site

cover story + side story __

第3回ロリー・ギャラガー トリビュートフェスティバル(2014/10/18 東京)公式サイト:動画&フォトアルバム

1969年テイストの発掘お宝フィルム:Taste Live at the Pop & Blues Festival -- I Feel So Good(YouTubeへの外部リンク)

MegumiがiPhoneで作ったロリーのアートワーク(2014/03/03 アートワーク追加)

私の好きなロリー・ギャラガーの写真(ブログへの外部リンク)

2012photo-4bands
第2回ロリー・ギャラガー トリビュートフェスティバル(2012/11/04 東京)公式サイト:動画&フォトアルバム

東京・新宿 まだレコードを売ってる店 - 2012年6月スナップショット(昔ここらへんでロリーのレコードを買ったとかで、懐かしがってメールをくれた、今はアリゾナ州ツーソンに住むアメリカ人のために、iphoneで写メ撮りおろし。)

Irish Rock Special Tribute Night(2012/04/28 東京)ビデオ&写真付きレポート

ロリー・ギャラガーによるおそらく最初の録音が発見された…というニュース

こんなカタチのトリビュートもあり。アイルランドの彫刻家によるユーチューブ動画の紹介

The First Irish Rock Star - アイルランド関係団体会報に掲載されたMegumiの原稿

テレキャスター/エスクワイヤー/ミュージックマスター・・・トモダチ・サイト掲載トピックの紹介

Rory Gallagher tribute live(2011/06/13 東京)ビデオ&写真付きレポート

ジョニー・ウィンター遂に来日(2011/04/14 東京)会場外で撮ったたった1枚の写真と文章 - フリッカー(ロリーネタはほんのちょっとだけ)

ロリーもエアギター?ベルファストのオールドパブ「Duke Of York」に出現した新しい壁画

プロの写真家Zoran Veselinovic氏が撮ったロリーの1985年セルビアツアーのライブ写真 - フリッカー/ 他にもすごいミュージシャンのライブ写真多数 / PhotoZoran

第1回ロリー・ギャラガー トリビュート・フェスティバル・イン・ジャパン(2010/09/19 東京)公式サイト、写真や動画もあり

1987年マンチェスター、1988年ハンレー、最後のロンドン公演となった1992年10月29日の写真

最初のロンドン・コンベンション、ボツになったアルバムジャケットの下書きなども展示(2003年)

改装されたアルスターホール(ベルファスト)などの写真

ロリーの街コークを訪ねて 2009年1月スナップショット part 1

ロリーの墓を訪ねて 2009年1月スナップショット part 2

1987年マンチェスターのステージ写真

1988年マンチェスターのステージ写真

東京・お茶の水 楽器屋街&レコードショップ 2009年正月スナップショット

東京・秋葉原 コミックタウン 2009年正月スナップショット

1988年英国ツアーのステージ写真、ロリーの母とボブ・ゲルドフが握手している写真

フォトギャラリー:アイルランド1994-2004

チケット半券など、青春の記念品:北米1969-1978

東京・秋葉原ガード下のロック酒場

テイスト最終ギグの貴重な写真(1970年ベルファスト)

ロリーの1985年ユーゴスラヴィアツアー

コーク市立図書館The Rory Gallagher Music LibraryへのCD寄贈(2007年)

ロリーのギター展示(RockChic、2007年ダブリン)

ロリー・ギャラガー アイリッシュ・ツアー1974
---アイルランド人であることについて
公式発売されたライブ映像・ドキュメンタリー
オフィシャルDVD: 1970-94
コレクターズDVD: 1970年代1980年代1990年代
テイストのライブCD: 1967-70
ロリーのライブCD: 1971, 1972, 1973, 1974,
1975, 1976, 1977, 1978, 1979, 1980,
1981, 1982, 1983, 1984, 1985, 1986,
1987, 1988, 1989, 1990-91, 1992-95
セッション・トリビュートなどのコレクターズCD
1967-1995全ライブCD一括索引ページ
各国LP・シングル盤コレクション
アルバムLPコレクション
オフィシャルCD・紙ジャケ
ロリー・ギャラガー掲載誌コレクション-1-2
ロリー・ギャラガーのギター特集号コレクション
ロリー直筆サイン、公演パンフ、楽譜、写真集、ポスター他
参考図書、ロリー・ギャラガーについての本
メール&リンク

Rory Gallagher Live in Japan

74/01/23 東京 2CD
74/01/25 東京 2CD 2CD
74/01/26 東京 1CD 2CD 2CD 2CD
74/01/27 名古屋 2CD DVD
74/01/28 大阪

写真:ミュージック・ライフ(74年3月号)
75/01/26 東京 2CD 2CD
75/01/27 東京 2CD
75/01/28 大阪
75/01/29 名古屋
75/01/31 大阪

写真:音楽専科(75年3月号)
77/10/25 名古屋 2CD
77/10/27 広島 2CD
77/10/31 大阪 2CD 2CD
77/11/01 大阪
77/11/03 東京(午後の部) 2CD
77/11/03 東京(夜の部) 2CD
77/11/04 東京 2CD
77/11/05 東京(午後の部)
77/11/05 東京(夜の部) 2CD

写真:音楽専科(77年12月号)
91/02/19 川崎 2CD
91/02/20 川崎 2CD
91/02/22 大阪
91/02/23 名古屋
91/02/24 東京 2CD

写真:ヤング・ギター(91年5月号)

ロリー・ギャラガー来日公演の貴重な8ミリフィルム
1974年1月27日 名古屋市公会堂

with audio "Too Much Alcohol"

with audio "A Million Miles Away"

この8ミリと2本のカセットテープが2008年に発掘され、その後、2011年オフィシャルリリースの『ロリー・ギャラガー アイリッシュ・ツアー1974 スペシャルエディション』の特典映像の中で「In Your Town」の音源とともに使用された。 LIVE in JAPAN 2CD

ロリー・ギャラガー(Rory Gallagher, 1948-1995)の個人的なファンサイトです。

私はロリー・ギャラガーが大好きです。友だちが貸してくれたレコードで「いれずみの女」を最初に聴いたのが、たぶん1975年ごろ。来日やローリング・ストーンズ加入のうわさなんかで、首が太くて男らしいロリーの写真が日本の雑誌にも時々載ったので知りました。70年代も終わりごろから自分でもチョコチョコとレコードを買ったりしていましたが、好きなロックミュージシャンは他にもいたし、ロリーのライブを見に行ったことは一度もない半端なファンでした。1991年の来日は知っていたけれど、「太っちゃったロリーなんてあんまり見たくないな~」などとためらってパスしたために(「女のファンはこれだからダメなんだ」と、昔ギター小僧のオジサンたちには苦い顔されそうですね)、1995年に新聞の片隅に彼の死亡記事を見つけた時は、もの凄く後悔しました。

それからは、「ロリーにもうしわけなかった。」という贖罪の気持ちもあって、夢中で彼の音楽を聴くようになり、普通のレコード店で買えるCDはLP音源からの旧バージョン、現行のデジタルリマスター/リミックスバージョンとも聴き尽くすと、西新宿通いを始めていつの間にかコレクターCDもたまりました。ライブ映像については、日本に輸入されていないヨーロッパ盤(PAL盤)のVHSやDVDを海外通販やオークションサイトで買ったりするうちに、ロリー没後10周年の2005年にオークションサイトで出会ったオランダ人のコレクターと友だちになり、日本の雑誌などを送って物々交換していたら、たちまちヨーロッパ盤のコレクター映像が集まってしまいました。

私は他に趣味の映画データサイトを、1997年からずっと続けてきたのですが、門外不出と言われていた(けれど私はブートのVHSで持っていた)『ロリー・ギャラガー アイリッシュ・ツアー1974』が2000年にDVD化され正規のレコード店に出てきた時、これはライブ映像というよりドキュメンタリーフィルム(映画)なので掲載に踏み切りました。アイルランド生まれのロリーについて私が知るところを、そしてついでに、私が見たロリーの他のライブ映像の紹介を、せっかくだからとその下に追加してゆくうちに、映画データサイトの中でロリー・ギャラガーの項目だけが突出したボリュームになってしまったので、いずれは別サイトに独立させなければならないという必要が生じ、ようやく2007年1月に当サイトの公開に至りました。

私は自分のことをコレクターだとはあまり思っていません。世の中には私の何倍も何十倍ものコレクションを持っていたり、ロリーのどんなに細かい情報でも探求したり、ロリーの曲を歌ったりギターで弾いたりできる人や、ロリーのトリビュートに心血を注いでいる尊敬すべき人々が何人もいることを知っています。私はただ、ロリーのライブの録音をもっともっと聴きたくて集めているだけです。
また私は、もしポスターが手に入れば、大切に保管するよりは、壁に飾って毎日ニヤニヤ眺めちゃいます。もしオートグラフが手に入れば、「ああロリーの手がここに触れたんだなー」などと感慨にふけりながら指先で撫で回しちゃいます。(舐め回しちゃいますではありませんよ。)
ほとばしるようなギターと懸命な歌声・・・。ロリーは、どの一曲も決して手を抜かなかった、一度として同じ演奏をしなかった、時には歌い出しでいきなり声が裏返っちゃったり、聴衆が首をかしげたくなるような迷走ぎみの演奏もありはしたが、次にどんな音を聴かせてくれるかわからない、じつにスリリングなギタリストだったのです。
70年代に来日した時のロリー、ステージでカッコよくジャンプしたはいいけれど、着地に失敗、転んでもまだギターを弾いてたなんてさ!見に行けばよかったなぁ!





正規品で買えるものをただ値段が安いから、または一般発売より早いからという理由で非正規品が売買されるのだったら、確かにそれはアーティストの利益を損ない、文化の損壊、違法行為だと思います。でも今やロリーは死んでしまい、録音されたはずの数多くのライブ音源が、発売されないままどこかに眠っている。それなら私は、普通に買うことができるCDより多くのロリーのライブを探し出し、ブートで聴いて楽しむことに遠慮はしません。その一方で、正規販売のCDやDVDが出たと知れば、何はさておいても購入しています。日本限定発売の紙ジャケやスペシャルエディションが出れば、ヨーロッパの同好諸君のためにひとりで5セットも10セットも購入し、売上げに貢献してるつもりです。ブートを探し回るほどのロリーファンなら、普通の店にロリーのものが出てくれば、結局ちゃんと買わずにいられないんです。(そうでしょ?)
「ご家庭で個人的に楽しむ目的」で、ブーティの私はいろんな人々と接触してきたし、もっと世界中の仲間と踏み込んだ情報をやりとりできないかなぁ。英語/日本語バイリンガルのサイトを作ったらどうだろう?とは思っていましたが、そういった具体的な情報をインターネットでおおっぴらに公開することには、かなりの不安と後ろめたさがあって、ずっと躊躇してたのです。
でも、オランダに行って友だちとこの問題で議論になり、その時友だちが言った言葉が、私の考えを変えました。

もしブートレッグが出なくなり、画像の利用も禁止されてファンサイトが消え去ったら
ロリー・ギャラガーなんて、10年後には誰も憶えちゃいないんだ!



Melody Maker 29-Nov-1975 issue.


「ロリー・ギャラガーのライブは当たりはずれがない」?
それだったらいくら私がブーティでも、ライブの録音を100も聴く前に飽きちゃってるはずです。たくさん聴けば、時には失敗したり、調子が悪かったり、空回りだったり、ひどい野次を浴びたり、いろんなライブがあったことがわかってきます。
ロリーはギターマシンではなかったし、“神様”でもなかった。三度のメシよりギターが大好きで、礼儀正しく親切な人柄で、ファンを裏切ることは決してしなかったが、どこまでもインデペンデントでセルフマネジメントの人だったとも伝わります。人間だったから、ほんとはもっと人の助けが必要だったのだと思う。彼のトップ・プライオリティーはファンを楽しませることだった反面、自分を裏切った人間をどうしてもゆるすことができなかったり、健康を損ねてからは、薬と酒がやめられなかったという。得意だったはずのリフがうまく弾けなくなって、リハーサル中ステージの縁にしゃがみ込んでボロボロ涙を流したり、開演前にアルコールを口にしないよう、楽屋に閉じ込められて外から鍵をかけられたり、ひとり暮らしのアパートの窓から飛び降りてしまいたい・・・と思ったこともあったらしい。ロリー・ギャラガーにはどうやらそんな暗黒面もあったみたいです。そう、光と影の両面あるのが人間です。人間だから老いて、衰えて、死んでいったのです。(老いるのも死ぬのも、彼は急ぎすぎたけど。)
だからこそ私は、彼と彼の音楽をさらにもっと知りたいと、思い続けるのだと思います。

・・・「今弾いておかないともう死んでしまう」かのように一瞬たりとも無駄にしない、切羽詰まって弾きまくったようなプレイなのだ。だから「今聴いておかないとロリーにすまない」と思っていつも僕は彼のプレイを聴いている。・・・
『Beatleg』2005年2月号で読んだ福井章彦さんという人のこの記述が、今のところ最も私の心情に近いものがあるようです。


ミュージシャンとコレクターの間には
深くて昏い川がある~?

また私は、2010年ごろからロリーのトリビュートをするバンドの人たちとも知り合いになり、何人かとお話ししてみて、演奏する人とただ聴くだけのファンとでは、ロリーの同じ曲の同じ録音を聴くのでも、聴き方---というか「聴きどころ」に違いがあることを知りました。けっこう大きな差で、ロリーのコンサートの出来やアルバムの評価の良し悪しまで、意見がまるで反対になることもあるのだと知ったのですが、どちらが正しくどちらが間違っているわけではなく、ロリーが大好きという気持ちに違いがないことは確かです。
プレイヤー/ミュージシャンの皆様は、私のこのサイトを読んで「おかしいぞ」と思うヘンテコな箇所があるかもしれませんが、そういう箇所があればぜひ、演奏者・表現者の立場からのご意見やご教示をお願いします。私もロリーの楽曲や奏法の秘密を勉強したい、でも音楽ライターの解説やロリー自身のインタビュー記事などを読むだけでは理解できないんです。どうぞよろしく!



オフィシャルリリースCD/DVDの詳細、来日記事、その他ロリー・ギャラガー全般については
maybe i will...(by nero. 日本語サイト)をどうぞ。

善意のトリビュートサイトやファンサイトから無断でダウンロードしたロリーの画像を加工し、オークションサイトなどで販売して金儲けする人間も実際にいるということを知りました。そんな人間に使わせたくはないので、このサイトに掲載するレコードジャケットや雑誌類の紙面は、スキャンではなく、デジカメで普通に撮ったスナップ写真で、GIF画像にしてあります。ご理解ください。



「ギャラガー」か「ギャラハー」か? BBCライブ番組の録音などを聴いても統一されておらず、ロリー自身も自分の名前の発音が時と場所により違ったので、こだわってもしょうがないみたいです。ゲール語(アイルランド語)の「ガルホール」から転じた名前なので「ギャラハー」が正しいと言う人もいるようですし、近年のBBCやRTE(アイルランドを代表するラジオテレビ局)の番組内では「ギャラハー」が一般的なようですが、アメリカや、ヨーロッパでも英愛以外の国々では、昔も今も「ギャラガー」で通っているようですし、英国でも、たとえば1970年のBBCラジオ番組で、「テイストのローリー・ギャラハーさん・・・どう発音するの?gは発音する?」「ギャラガー?・・・オーケー、ギャラガーさんです。」といったアナウンサーとのやりとりの録音が、ブートで残っていたりします。



Please contact
megumimanzaki@gmail.com

スパムメールと区別できるように、メールの件名欄の頭に Rory Gallagher
または「ロリー・ギャラガー」と付けて送信してください。
ご協力よろしくお願い申し上げます。
megumi (m.m)



世界のファンサイト
RoryON!!
John Boyle's home page(スコットランド)
You can find everything about Rory(オランダ)
Rory Gallagher and Taste(オランダ)
TOP-PRIORITY(ドイツ)
www.rorysfriends.de(ドイツ)
Rory Gallagher Home Page(フィンランド)
They Don't Make 'em Like You Anymore(ギリシャ)
Rory Gallagher Ukraine(ウクライナ)
Rory Gallagher's Forum(フランス)
Shadowplays(アメリカ)
A Tribute to Rory Gallagher(アメリカ)
muew's Rory Gallagher Web Site(日本)
Japanese Rory Gallagher tribute site "maybe i will..."(日本)

ギタリストのサイト
Daniel Wherrett Guitar Tuition(イギリス)
ロリーの1972年マーキーのビデオ、客席2列めにダニエルが映っているそうです。

画家のサイト
Theo Reijnders(オランダ)

写真家のサイト
fin Costello(アイルランド)
Pat Comer(アイルランド)
PhotoZoran (イギリス)

ロリー・ギャラガー公式ウェブサイト
Rory Gallagher The Official Website(イギリス)

ロリー・ギャラガー・インターナショナル・トリビュート・フェスティバル
Rory Gallagher International Tribute Festival(アイルランド)

ロリー・ギャラガー・ミュージック・ライブラリー
Rory Gallagher Music Library, Cork City Libraries(アイルランド)

日本語ファンサイト
Rory Gallagher Live in JAPAN
Japanese Rory Gallagher tribute site "maybe i will..."
my tribute to Rory Gallagher
muew's Rory Gallagher Web Site
shinolez's blog "ロリーな毎日"

ロリーに関する記事のリンク集
Rory Gallagher news & articles by nerory

ロリー・ギャラガー トリビュート・フェスティバル(日本)公式サイト
Facebookに専用ページもあります。




Rory Gallagher relic guitar (private custom made) courtesy of h.h. Photo copyright © 2007 Megumi Manzaki.




ロリー・ギャラガー トリビュート・フェスティバル in JAPAN
2016年10月22日開催迫る。(Facebookで情報更新中。)

ライブハウスに行こう!
ロリー・ギャラガー・トリビュートバンドのライブ情報

鈴木Johnny隆バンド
_ Sat. 24 Sep 2016
_ at Golden Egg, Shinjuku Tokyo
_ 東京都新宿区歌舞伎町1-16-10地下2階
_ http://www.g-egg.info/">

O.E. Gallagher (acoustic)
_ Sun. 25 Sep 2016
_ at Club Missions, Koenji Tokyo
_ 詳細下欄

鈴木Johnny隆バンド
Little Wing
O.E. Gallagher
Takuro Tanaka
& jam session
_ ロリー・ギャラガー トリビュート・フェスティバル
_ Sat. 22 Oct 2016, open17:30/start18:00
_ at Crawdaddy Club, Shinjuku Tokyo
_ 東京都新宿区歌舞伎町2-28-15
_ http://sound.jp/crawdaddy/
_ 詳細はロリーフェス公式サイトFacebookページ

O.E. Gallagher
_ Wed. 23 Nov 2016
_ at Club Mission's, Koenji Tokyo
_詳細下欄

O.E. Gallagher
_ Fri. 23 Dec 2016
_ at Outbreak, Yotsuya Tokyo
_ 詳細下欄

情報がMegumiが住む東京あたりに偏ってすみません。
他に日本国内でロリーをやるバンドのライブ情報をご存じでしたら
Megumiに教えてね。
予約したい方はMegumiに連絡下さればバンドに伝えます。
予約すればチャージが500円ぐらい安くなる店もあります。
megumimanzaki@gmail.com

LIVEDATE

O.E. Gallagher (acoustic)
_ Sun. 25 Sep 2016, open17:30/start18:00
_ at Club Mission's, Koenji Tokyo
_ 東京都杉並区高円寺南4-52-1
_ http://www.live-missions.com

TONS OF SOBS
_ Sat. 09 Oct 2016, open17:00/start17:30
_ at The Bottom Line, Imaike Nagoya
_ 名古屋市千種区今池4-7-11
_ http://www.bottomline.co.jp

Molten Gold
_ Sat. 15 Oct 2016
_ at Club Mission's, Koenji Tokyo
_ 東京都杉並区高円寺南4-52-1
_ http://www.live-missions.com

O.E. Gallagher
_ Rory Gallagher Tribute Festival in Japan
_ Sat. 22 Oct 2016, open17:30/start18:00
_ at Crawdaddy Club, Shinjuku Tokyo
_ 東京都新宿区歌舞伎町2-28-15
_ http://sound.jp/crawdaddy/

Tangerine
_ Sat. 05 Nov 2016
_ at 獅子王, Sugamo Tokyo
_ 東京都豊島区巣鴨2-3-3
_ http://sugamo-cco.com

O.E. Gallagher
_ Wed. 23 Nov 2016, open17:30/start18:00
_ at Club Mission's, Koenji Tokyo
_ 東京都杉並区高円寺南4-52-1
_ http://www.live-missions.com

TONS OF SOBS
_ Wed. 23 Nov 2016, open17:30/start18:00
_ at Club Mission's, Koenji Tokyo
_ 東京都杉並区高円寺南4-52-1
_ http://www.live-missions.com

O.E. Gallagher
_ Fri. 23 Dec 2016
_ at Outbreak, Yotsuya Tokyo
_ 東京都新宿区四谷2-10
_ http://www.hor-outbreak.com


バンドのFacebook pageを探して「いいね!」
- ROUGH JUSTICE / O.E.Gallagher / 100 FEET
- TONS OF SOBS (FREE tribute band) / Tangerine
予約・質問は megumimanzaki@gmail.com

Photo © Megumi Manzaki. megumimanzaki.blogspot.com

link to Yoshimitsu Kasuga blog 春日善光ライブschedule
=よしみつさんのブログ
returns!
Photo © Megumi Manzaki. megumimanzaki.blogspot.com

ROUGH JUSTICE live at Outbreak, Tokyo, 16 Sep 2016 -1000046 A.T.M live at 獅子王, Tokyo, 15 Sep 2016 -1010430 MARKEY'S BLUES PROJECT live at ZZ, Tokyo, 12 Sep 2016 -00102 TONS OF SOBS live at Crawdaddy Club, Tokyo, 10 Sep 2016 -00114
T.G.I.F. Blues Session at Terraplane, Tokyo, 09 Sep 2016 -00231 FIX live at Club Mission's, Tokyo, 07 Sep 2016 -00191 TOWNZEN live at Club Mission's, Tokyo, 21 Aug 2016 -00269 O.E. Gallagher live (duo) live at Club Mission's, Tokyo, 21 Aug 2016 -00010
フリッカー・ライブ写真集(9/16更新)

link to megumimanzaki.blogspot.com
megumimanzaki.blogspot.com (8/30更新)

link to Theo Reijnders www.theoreijnders.nl
link to Theo Reijnders www.theoreijnders.nl
オランダの肖像画家テオ・ラインダース

Paintings © Theo Reijnders.

link to PhotoZoran www.photozoran.com
PhotoZoran
Photo © Zoran Veselinovic.


アイルランドの彫刻家ジョーイ・バーンズによるトリビュート

fin Costello photograph book

toonpaint: Rory Gallagher 14 toonpaint: Rory Gallagher 13 toonpaint: Rory Gallagher 12
toonpaint: Rory Gallagher 11 (Taste) iphone brushes: Taste iphone brushes: Rory Gallagher
toonpaint: Rory Gallagher 10 toonpaint: Rory Gallagher 09 toonpaint: Rory Gallagher 08
toonpaint: Rory Gallagher 07 toonpaint: Rory Gallagher 06 toonpaint: Rory Gallagher 05
toonpaint: Rory Gallagher 04 toonpaint: Rory Gallagher 03 toonpaint: Rory Gallagher 02
Rory Gallagher iphone artworks サイト内ギャラリー

他にも作ってフリッカーに載せてます。

link to flickr megumi_manzaki's photo setslink to flickr megumi_manzaki's photo sets
Megumi Manzaki's Flickr photo albums

link to megumimanzaki.blogspot.com

link to flickr photo set 'Murphy'