Rory Gallagher independent tribute site by Japanese Rory fan

home

This is bilingual page. Navy encoded lines are for Japanese description.
official DVD list
collectors DVD list
live CD list: 1967-70, 1971, 1972, 1973, 1974, 1975, 1976, 1977, 1978, 1979, 1980, 1981, 1982, 1983, 1984, 1985, 1986, 1987, 1988, 1989, 1990-91, 1992-95,
session/guest/tribute CD list
collection: vinyl (LP/single)
album LP, album CD
paper/magazine/tourbook/etc
bibliography
contact & link

visiting Rory's grave
Cork, 17-Jan-2009 [Part 2]

Part 1

All those photos are set linked to each Flickr photo pages.
それぞれの写真はFlickrの該当ページへのリンクが設定されています。



St. Patrick's Street, Cork, Jan 2009 Now this building is a shopping centre on St. Patrick's Street. But in Ireland, Savoy has been originally a brand name of big entertainment centre, mostly cinema on the main street. Rory performed here several times in his early career. Moreover, he would come to see movies a lot of times here.

コーク市一番の繁華街セント・パトリックス・ストリートに面するサヴォイ。今はショッピングセンターだが、かつては劇場やコンサートホールも兼ねる映画館で、ロリーもテイスト時代にここで何度かライブをやった。だがそれ以上に、映画好きだった彼は弟を連れて、ほんの子供だった頃から何度となくここに足を運んで映画を見たことだろう。元来アイルランドでサヴォイといえば映画館だ。(ダブリンのサヴォイは今も映画館として健在。)

St. Patrick's Street, Cork, Jan 2009 "His Master's Voice" on St. Patrick's Street.

中は普通の今どきのHMVだが、建物の外観は古色蒼然。青いネオン管のトレードマークの犬のメタボぶりが、いかにもアイリッシュ…なんて英語で書くわけにはゆかないけれど。

Cork, Jan 2009 _

Cork, Jan 2009 _

English Market, Cork, Jan 2009 English Market eastern entrance. Butchers and fishmongers are in morning business hour.

有名なイングリッシュ・マーケット。中は肉屋や魚屋、食料品店が多く、早朝から商売で活気がある。

English Market, Cork, Jan 2009 English Market western entrance. The other side of the wide street Grand Parade, there is Cork City Libraries Central Library.

イングリッシュ・マーケットの西側はグランド・パレードという幅広の通りに面している。通りを渡った所にコーク市立図書館中央図書館がある。

Rory Gallagher Music Library, Cork, Jan 2009 Going ahead through reference hall, you will find Rory Gallagher Music Library...

中央図書館1階の閲覧室を通り抜けた奥に「ロリー・ギャラガー・ミュージック・ライブラリー」の看板がある。

Rory Gallagher Music Library, Cork, Jan 2009 ...which was established in 1978 as a music section of the city libraries, officially renamed in 2004.

これは市立図書館の一部門として1978年に開設されたミュージックライブラリーが、コーク育ちのロリーの功績を称えて2004年に正式に改称されたものだ。

Rory Gallagher Music Library, Cork, Jan 2009 Donations from Rory's family and world-wide fans are displayed on the walls.

ロリーの弟や世界中のファンからの寄贈品が壁に飾られている。

Rory Gallagher Music Library, Cork, Jan 2009 Here are your donations, Bert.

Rory Gallagher Music Library, Cork, Jan 2009 Beautiful collage by Ollie Stack.

Rory Gallagher Music Library, Cork, Jan 2009 _

Cork, Jan 2009 _

Cork, Jan 2009 Beamish and Miller Brewery is in operation at South Channel reverside.

ビールの世界ブランド、ミラーは、ビーミッシュというご当地スタウトの工場で醸造されている。今もコーク市街の南部で操業中。

Rory Gallagher's grave - St. OIiver's Cemetery, Ballincollig, Jan 2009 20-30 minute drive westbound from Cork city centre along River Lee, turning to left farm road before Ballincollig (Baile an Chollaigh) village, you will find St. Oliver's Cemetery in a peaceful countryside.

コーク市中心部から車で西へ20~30分、リー河沿いの道を走り、バリンコリグという村の手前で左の農道に入ると、静かな田園地帯の中にセント・オリヴァー墓地がある。

Rory Gallagher's grave, Jan 2009 _

Rory Gallagher's grave, Jan 2009 Sleeping beside his mom.

ロリーのお墓。隣には2005年に亡くなった彼のママのお墓が。---なんかちょっと“困った”墓標なんですけど、誰の趣味でこうなっちゃったの?(日本語だけの内緒話ね。)

Rory Gallagher's grave, Jan 2009 I left my red Fender pick with picks which had been already left. I felt people who visited and left those memorabilia - including coins, dolls and leprechaun, picks, slide bar, harmonica, maybe their own sunglasses and accessories, notes, photos - they are all my friends at heart.

コイン、小さなテディベアやレプラコーン(アイルランドの妖精)、ピック、スライドバー、ハーモニカ、サングラス、アクセサリー…、その他いろんな記念品が置いてあった。私も自分の赤いフェンダーピックを置いてきた。ここに来て何か置いてった人々はみんな、私の友だちのような気がした。

Ballincollig, Co. Cork, Jan 2009 Ballincollig village. Entrance to beautiful valley scenery and river leisure site. Actually it was terrible stormy weather on Saturday when I visited Cork. As it always happens in Ireland, it rained on and off all day, so I could take photographs catching the occasions. Even the sun began to shine for an hour during I was visiting Rory's grave. Right after the moment I took this photo of village view, weather turned rainy and hailstormy again.

ロリーのお墓から少し先に、バリンコリグという村がある。リー河上流の景勝地、釣りやボート遊びのサイトへの入り口だ。じつは私が訪れた2009年1月17日、コーク地方はものすごい暴風雨に見舞われたのだが、一日のうちに天気がくるくる変わるのがアイルランドの常で、私は雨が降り止んだチャンスを捉えては写真を撮っていたわけだ。ロリーのお墓を訪ねた時には1時間ほど青空が見えて陽すら射した。だがこの村の写真を撮った後には再び天候が悪化し、雨と雹(ひょう)で観光どころではなくなった。

Dripsey, Co. Cork, Jan 2009 Dripsey in wet and windy shade of winter. One of typical crossroads scenery in Irish countryside.

バリンコリグから更に先のドリプシーという村。辻の周りにパブとガソリンスタンドと、なぜか開いていないことが多いアンティーク屋が1~2軒。アイルランドの田舎にありがちな光景だ。

Dripsey, Co. Cork, Jan 2009 _

Dripsey, Co. Cork, Jan 2009 _

dinner at hotel bar, Victoria Hotel, Cork, Jan 2009 Back in Cork city centre. Typical Irish pub dinner with a glass of Murphy's. At Victoria Hotel bar on St. Patrick's Street. Time is passing slowly here. Try to choose Murphy's for your stout, which is brewed in County Cork - Guinness is product from Dublin as you know.

再びコーク市内。セント・パトリックス・ストリートに面した古いホテル、ヴィクトリア・ホテルのバーでの食事。グレービーソースのたっぷりかかったラム肉のローストに、マッシュポテトとベイクドポテト、味付けもなく茹でただけのニンジンとグリンピース、という典型的なパブディナー。それにスタウトは敢えてギネスではなく、ここはご当地ブランドのマーフィーズといこう。時間がゆるゆると流れる---つまり初老のバーマンがひとりでやっていて、注文を取りにくるのも何をするのも待たされる。コーク市内で今どきアイリッシュ・トラッドをBGMに流している店はここぐらいかもしれない。

Cork, Jan 2009 Time has passed by and everything looks changing - still remains its beauties. Still shining on, because this is Rory's hometown!

時は流れすべてが変わりゆくように見えても、なおこの街は輝いている。なぜって、ここはロリーが育った町だから!

somewhere in Co. Tipperary, 18 Jan 2009 A tourist rather rarely see such snow covered landscape in Ireland. Local drivers who always dash at 100 k.p.h. or over, slow down to 30 k.p.h. safety speed and in a moment they stack up traffic on highway. Somewhere inland in County Tipperary, morning 18-Jan-2009.

アイルランドでこんな雪景色を見ることはむしろ珍しい。普段車を100キロ台ですっ飛ばしている連中が途端に時速30キロの超安全運転になり、ハイウェイはたちまち渋滞する。内陸ティペラリーのどこかで翌18日の午前中に撮影。



photo & text by Megumi
All photo copyright © 2009 Megumi Manzaki.

Click and see also part 1: "HE LIVED ON THIS STREET."

Part 1:ロリーの街コークを訪ねて

English TOP | 日本語トップ