日露関係ゆかりの地

南伊豆 下田



画像をクリックすると拡大します


 1853年8月21日、プチャーチンを乗せた軍艦パラーダ号は、日本との通商を求めて長崎に来航し、ロシア皇帝からの国書を長崎奉行に提出したが、幕府はこれに対する回答を引きのばしする策に出たため、日露交渉が始まったのは、長崎来航5ヵ月後だった。長崎での条約交渉は、互いの主張を述べ合ったのみで合意には至らず、2月5日には長崎を離れた。長崎を離れたプチャーチンは琉球の那覇港に入港、そこで、ペリーが江戸に向かったことを知った。
 1954年10月21日、プチャーチンを乗せた新鋭ロシア艦ディアナ号が箱館に入港、その後、11月9日には大阪沖に停泊し、12月3日に、下田港に入港した。12月20には、筒井・川路両日本全権との間で会見の儀式があり、22日には下田・玉泉寺で第一回の交渉が行われた。12月23日、安政の大地震(安政東海地震)が発生、ディアナ号は損傷、その後、修理のため、1月19日戸田湾に曳航を開始したが、翌日にディアナ号は駿河湾に沈没した。
 日露条約交渉は下田で行われ、1855年2月7日に締結された。


日露和親条約(別名:下田条約、日露通好条約など)


 日露和親条約は旧暦で、1854年12月21日(新暦2月7日)に、日本とロシアの間で最初に結ばれた条約。条約には正式なタイトルはないので、下田条約、日露和親条約、日露通好条約などと呼ばれる。

 日露和親条約では、千島列島における国境を、択捉島とウルップ島の間に引いた。樺太は、国境画定ができず、これまで通りとされた。
 その後、1857年10月に追加条約が、1858年8月には日露修好通商条約がそれぞれ調印された。日露修好通商条約では、領事裁判権に加えて最恵国条項が双務的となった。
 1875年5月7日、サンクト・ペテルブルクで樺太千島交換条約が締結され、樺太はロシアの領土、千島は日本の領土となった。
 1895年6月8日、日露通商航海条約が締結され、日露和親条約はすべて無効となった。さらに、日露通商航海条約は日露戦争によって廃止されたことが、ポーツマス条約で確認された。

 一旦、条約が結ばれても、その後に結ばれる条約で、前の条約が無効となることは、珍しいことではない。日露和親条約も締結後40年で無効となっており、現在、外交を含む一切の政治に援用することはできないので、北方領土問題の根拠とすることは全く不可能であり、そのような試みは、国際的にも理解されていない。しかし、日本政府は日本国民に政治宣伝を行うにあたって、北方領土返還の根拠に日露和親条約を使用しており、このため、条約締結の2月7日を北方領土の日としている。


長楽寺

 日露和親条約締結場所
 第四回・第五回の日露会談も、ここで行われた。

 

 2月7日の北方領土の日には、長楽寺をスタート・ゴール地点として玉泉寺折り返しコースで、マラソン大会が開かれる。(曜日の都合で、日にちがずれることもあります。)




玉泉寺

玉泉寺にて、1854年12月22日 第二回・第三回、日露会談が再開された。
(タウンゼント・ハリスが、最初のアメリカ総領事館を開設したことで有名)



玉泉寺には死亡したロシア人船員の墓がある



福泉寺

 1854年12月20日、儀礼交換が行われ、12月22日には第一回会談が開かれた。しかし、安政の大地震により会談は中止、再開後は場所を玉泉寺に移した。





了仙寺と泰平寺


了仙寺
ロシア人休息所が置かれた
泰平寺
地震発生以前、応接係の川路聖謨の宿舎が置かれた





稲田寺

応接係の川路聖謨の宿舎が置かれた。また、地震後には、ここが仮奉行所にもなった。

   稲田寺には「つなみ塚」が建てられている



下田 開国博物館(豆州下田 郷土資料館)



ここにはモジャイスキーのカメラが展示されています。

入館料1000円は、展示内容に比べて高い感じがしました。



欠乏所跡
かつて、ここが下田に寄航した外国船に物資を供給(販売)する場所でした。今はステーキ屋になっています。
ペリー上陸の碑
ペリー上陸の碑があります。でも、本当に上陸した位置とは少し違うのだとか。プチャーチンもこのあたりから上陸したのでしょう。



宝福寺
1854年、日米和親交渉にあたり、日本全権の本陣となり、
下田奉行所が置かれていた
吉田松陰拘禁の跡
吉田松陰はペリー艦隊に乗って米国密出国を試みたが拒否されここで拘禁されました。
一方、橘耕済はプチャーチン一行に願い、ロシアに密出国を果たしました。




日露・日ソ関係 ゆかりの地 へ

詳しい北方領土問題の話の先頭ページへ       北方領土問題の先頭ページへ