◆ 国道464号線・北千葉道路は平成25年度完成目指す       <2009年9月23日更新>
国道464号線・北千葉道路とは
 国道464号線は松戸市・市川市から千葉ニュータウンを経て、成田市に通じる道路です。
将来は西は外環道、東は空港道へつながる計画があります。
 実は外環道から、成田空港へ高速道路もできる計画があります。これが仮称で北千葉道路と言われていますが、現在高速道路の整備については未定なので、総称して呼ばれていると思えばわかりやすいかも知れませんね。
 「湾岸道路」のようなイメージでしょうか。

 実は北総線も成田空港までは、いくつもの会社が関わっているのですが、高砂よりも東は一般に「北総線」と言われていますよね。
今後どうなるの?
 現在は、印旛日本医大駅付近〜成田空港までが整備中です。
 成田新高速鉄道が先に開通した後、道路はおよそ平成25年度あたりに完成する予定だそうです。(開通は厳密には未定だそうですよ。)

 なお、千葉ニュータウン地域内の国道464号線は、混雑緩和のため6車線化整備が進められているようですよ。
 今年度、工事がはじまるのは「千葉ニュータウン中央駅」付近〜「印西牧の原駅付近」。
空いている時と、混んでいるときの差が激しいですよね
 空港まで完成予定:
 平成25年度

 6車線化工事:
 中央〜牧の原
 平成21年度開始

 ◆ 印西市内・周辺の道路整備                            <2009年5月18日更新>
国道356号線(手賀沼バイパス)開通
 木下地区を通る国道356号線バイパスの我孫子市布佐地区が開通しました。これにより、木下から我孫子(市役所付近)〜柏(日立スタジアム付近)まで1本で行けるようになりました。
地図
千葉龍ヶ崎線〜国道464号線北側付近工事
 千葉龍ヶ崎線と国道464号線北側付近の交差部の工事が始まりました。
地図
千葉ニュータウン中央地区大塚〜千葉龍ヶ崎線付近
 大塚付近からニュータウン北環状線〜千葉龍ヶ崎線付近の道路や造成工事が大規模に進められています。
地図
牧の原地区周辺
牧の原地区周辺の道路整備はこちらで紹介しています。
牧の原周辺の街づくり

国道356新道路は4車線分のスペースが準備されています

 ◆ 印西牧の原駅付近〜小林牧場付近の道路が開通                <2009年4月11日更新>
広い道路が完成
牧の原から小林牧場方面へ一気に
 印西牧の原駅・牧の原公園脇を通る道路が、小林牧場付近の県道64号線まで開通しました!
 小林地区から印西牧の原駅へ送り迎えの車も多く、特に小林方面へは、視界の非常に悪い急カーブのところを右折して、狭い通りに入っていく車が多いです。
 これが牧の原駅からまっすぐ県道64号線に来れば、「視界の開けた右折」⇒「急カーブで左折」という具合になります。
 この道路は、小林駅方面へ抜ける計画のようですね。

 ◆ ふれあいバス・ちばレインボーバスICカード利用可能に               <2009年3月20日更新>
 2009年3月21(土)から、IC乗車券「PASMO(パスモ)」と「Suica(スイカ)」が、市内循環「ふれあいバス」や路線バス「ちばレインボーバス」で利用可能となりました。
 バスを乗るときの小銭を両替するなどのわずらわしさもなくなり、1枚のカードで電車もバスも乗り降りできます。
 なお、全国バス共通カードも引き続き利用できます。

 ◆ 印西市の課税対象所得が千葉県内2位に                       <2009年2月7日更新>
千葉県課税対象所得 人口(約)
1位 浦安市 16万5千人
2位 印西市 6万4千人
3位 白井市 5万9千人
4位 佐倉市 17万1千人
5位 市川市 47万3千人
6位 我孫子市 13万6千人
7位 柏市 39万3千人
8位 流山市 15万9千人
※資料によって多少前後します。

参考:リクルートの住宅情報ナビ
 住環境で少しずつ紹介されてきている印西市の課税対象所得が、千葉県では浦安市に次いで2番目、白井市が3番目に高い水準となっています。
 また、リクルートの住宅情報ナビでは印西牧の原地区にクローズアップした記事もあり、若干ですが名前も載るようになってきましたね。

 たまたま名前が載った分野が課税対象所得だっただけです。その街の魅力はこれだけでは全く決まりませんので、左の順位はあくまで参考のためのものとして受け止めてくださいね。

 ◆ 木下駅周辺整備計画                          <2008年9月4日更新>
詳細
計画 木下駅舎・自由通路 2009年3月
完工予定
木下駅南口
自転車駐車場
2009年
整備予定
木下駅北口
駅前広場
ロータリー
〜2010年
基本設計中
木下駅周辺
案内板
2009年〜
 2010年
整備予定
その他 多目的広場
整備事業
2009年
整備予定
木下竹袋水生公園(仮) 整備中

※木下駅周辺整備及び計画イメージは、
あくまで検討段階です。
イメージ図
     <木下駅北口イメージ>

千葉ニュータウンの変貌だけが目立つ印西市内ですが、木下地区も着々と整備計画が進められています。

具体的な整備計画で一番大きなものは、北口の駅前広場でしょう。
すでに何年か前から話はでていたものの、古くからの街ならではの問題もあるようですね。
木下駅北口は、江戸期から栄えていた歴史ある街です。家屋は密集し、歴史を感じさせる建物も多い地区です。
その趣が失われないよう、それでも人をひきつける魅力ある街として生まれ変わると良いですね!

 ◆ 松崎地区に新住所 松崎台1丁目・2丁目                   <2008年4月14日更新>
詳細
開始  2008年3月1日
場所  松崎地区
 八千代市境
 松崎工業団地
新住所  松崎1丁目・松崎2丁目
 松崎工業団地周辺の一帯が「松崎台」という新住所として表記されるようになりました。工業団地地区とあって、面積が広いですね。
 場所は、牧の原の南方から千葉竜ヶ崎線・国道16号線方面に抜ける道路の中間にあります。

 ◆ 牧の原クルバスの運行を6月末まで延長              <2008年4月1日更新>
詳細
ルート 牧の原駅南口〜カワチ薬局〜サンキ〜スポーツデポ〜ケーズデンキ〜メガマックス〜ジョイフル本田〜牧の原モア
運賃 無料
時刻表 牧の原クルバス時刻表
 当初は2008年3月で終了の予定でした、印西牧の原駅周辺のショッピング施設を巡回する無料バスの運行が6月末まで延長されました。

この近辺の交通渋滞緩和の検証のために、実験的に行っているものです。

 ◆ ふれあいバス増便・時刻表改訂                   <2008年4月1日更新>
詳細
東ルート  ■朝便を増便
  木下東⇒木下駅方面へ
 ■9便の時刻変更
中ルート  ■朝便を増便
  高花⇒牧の原駅⇒木下駅方面へ
 ■9便の時刻変更
 電車のダイヤ改正や市役所の開庁時間変更にともない、ふれあいバスの運行時間が変更となりました。
 また、「1便」よりも早い時間帯に新しく「朝便」が増便されて、通勤や通学にさらに便利になりました!
ふれあいバス時刻表改訂

 ◆ 中央地区・牧の原地区道路開通                   <2008年3月3日更新>
詳細
中央地区 千葉ニュータウン中央地区
印西郵便局先交差点
現地地図
印西郵便局先の交差点に、信号が新設され、戸神台の住宅街区とつながりました。
牧の原地区 牧の原地区
ジョイフル本田裏道路と牧の原モア横の交差点
現地地図
牧の原モア横の交差点付近をはじめ、ジョイフル本田の出入り口もいつもと違います。
新旧道路は、ずいぶんと広い空き地を挟んでいます

 ニュータウンは新道路の開通が著しいですね。慣れていた道も思わず「おっ!」となりますが、落ち着いて、事故にはくれぐれも気をつけましょうね。

 ◆ 中央地区木刈に新住所                          <2008年2月4日更新>
詳細
開始  2007年12月26日
場所  千葉ニュータウン中央地区
 北環状線沿い、白井市に面した区域
新住所  木刈7丁目
 千葉ニュータウン事業もいよいよ大詰め。中央地区木刈に7丁目が誕生しました。この地域は、印西市と白井市の境に面した場所です。周辺は、もともとの宅地が成熟していますし、イオンなどのショッピングモールへも近いので便利ですね。
 また、反対側には農地や梨園などもあり、極端な街並みですが、環境はとても良い場所ですね。

 ◆ 市内 ポイ捨て・歩行喫煙などの禁止条例                <2008年1月10日更新>
詳細
開始  2008年1月15日
場所  市内全体
 ※重点地区
 ・・・中央北1丁目・中央南1丁目
条例内容  @歩行喫煙の禁止
  (中央駅周辺は喫煙の禁止)
 Aごみのポイ捨て禁止
 B犬などのフン放置の禁止
違反過料  重点地区においては過料2,000円
 4月1日から
 印西市は、千葉ニュータウン中央駅周辺を重点地区に指定し、
  @歩行喫煙禁止(中央駅周辺は喫煙の禁止)
  Aごみのポイ捨て禁止
  B犬などのフン放置の禁止
  の条例を制定しました。
 重点地区において違反者には、命令に従わない場合、2,000円の過料を徴収します。(4月1日から)

 これは多くの市民からの意見によって定められたことですね。
 ポイ捨てのほとんどがタバコの吸殻です。「たばこを吸う人」に対する世間の目・反応はますます厳しくなり、時代は急激に変わっています。健康上だけでなく、子どもの目線・安全上・衛生面なども。
 もともと、マナーを守れていればこのような意見はないはずなので、いつかこのような条例がなくなり、ひとりひとりが気持ちよく生活できる街になるといいですね。もちろん喫煙だけでなく、自転車や車のマナーも同じですね。
 自分も気をつけます・・・

 ◆ 牧の原に新住所「東の原」                          <2007年12月3日更新>
詳細
開始  10月12日
場所  印西牧の原駅南東部の区域
新住所  東の原1〜3丁目
公式サイト  
 牧の原地区、南側に新住所が誕生しました。
 千葉ニュータウン事業もそろそろ大詰め。長い間、原っぱだった印西牧の原駅周辺の道路整備も進められています。
 今回新住所誕生となるのは、印西牧の原駅南東の印旛村境となる区域です。今年、駅南口から東方面に新道路が開通、だいたいそれを境に国道464号線までが「東の原1丁目」、南環状線までが「2丁目」、そして南環状線以南が「3丁目」となります。
 「東の原1丁目」の一部は、BIGHOPの第2期建設予定地ですね。

 ◆ イオンモール エンジョイライフ棟がオープン                <2007年11月26日更新>
詳細
オープン  11月23日(金)10:00
店舗  ドン・キホーテ
 ダイソー
 コジマ電気
 N-STAGE
 カーテン・じゅうたん王国
場所  北総線千葉ニュータウン中央駅北口
 国道464号下り線沿い
公式サイト  イオンモール千葉ニュータウン




外観はとてもシンプルですが、ニュータウン中央地区の景観に合っていますね。





 千葉ニュータウン中央駅前、イオンモールのエンジョイライフ棟がオープンしました!
 ここでは、新興住宅街の駅前立地のテナント入りとしてはめずらしい「ドン・キホーテ」をはじめ、市内第3番目となる大型電気量販店「コジマ」の出店、市内ではすでに大型店舗を構える「ダイソー」、メンズ・レディスのスーツを取り揃える「N-STAGE」、よりインテリアに密着した「カーテン・じゅうたん王国」が広い売り場を展開しています。


 ◆ BIGHOP ガーデンモールINZAIがオープン                  <2007年9月25日更新>
詳細
プレオープン  9月26日(水)
 11:00〜18:00
 9月27日(木)
 10:00〜18:00
ファースト
オープン
 2007年9月28日(金)
公式サイト  ミキシング公式サイト
 BIGHOPサイト
 ついにエンターテインメント溢れるBIGHOPガーデンモールが印西牧の原南口にオープンします!
 9月28日の正式オープンに先駆けて、市民のみなさんには既にプレオープンのお知らせが届いているでしょうか!?
 BIGHOPは、今後も牧の原東側にホテルなどの建設を計画し、海外観光客を視野に入れた、全国屈指のエンターテインメント施設を展開していくそうです。

 ◆ 印西牧の原駅自由通路が完成                         <2007年9月23日更新>
詳細
場所  印西牧の原駅前
概要  国道464号線をまたぐ、
 駅南北の自由通路
開通  2007年9月26日
 式典は午前10:00〜
規模  延長 約120m
 幅員 約10m

駅と調和した作り
全体の外観
 BIGHOPのオープンに先立ち、牧の原駅の自由通路が完成しました。
意外と工事期間は短かった感がありますが、広々とした立派な通路ができあがりました。

新(左)と旧(右)
駅南側から

 アーチ上のデザインのせいか、スッキリとして明るく、開放感があります。
 屋根部分は自然光が入るようにできていますね。






光が差し込みます
通路内

 屋根のない部分ももちろん通行できます。
 写真ではわかりにくいですが、幅はゆったりとしています。 

 ◆ 小林駅の新駅舎 設計図案の閲覧ができます              <2007年8月31日更新>
 木下駅の駅舎工事が進むなか、ついに小林駅も新駅舎のおおまかな設計図案が公表されました。
 詳細は市内の各図書館で閲覧できますよ。印西市資料関係の所蔵されている棚にあります。

 小林駅も、周辺の整備を視野に入れた設計で、3通りの仮案が掲載されています。また、南側駅前整備案も若干含まれているので、興味のある方はぜひ見てみてくださいね。

 案の大まかな内容は、
 1.南北をつなぐ既存の橋をそのまま利用した橋上化、駅西側に駅舎
 2.新設の駅舎を現在の駅の東側・または現駅舎を囲うような形にする

 こじんまりしたかわいらしい小林駅も、とうとう姿を変えてしまうのですね。

 工事着工は、木下駅舎ができあがった後の予定ですので、まだ先ですね。

 ◆ 中央駅前有料老人ホーム                         <2007年8月3日更新>
詳細
経営  オリックスリビング
建物用途  1階 :店舗・銀行など
 2階 :塾・店舗など
 3階〜7階 :老人ホーム
着工予定  2008年
竣工予定  2011年
 「有料老人ホーム」が、千葉ニュータウン中央駅前、高層タワーマンションの別棟として建設されるようです。駅前の大通りに面する場所で、7階建て。低層階は主に店舗が入り、3階以上が有料老人ホーム。
 ニュータウンとは言えど、人は今もこれからも年齢に関わらず同じように暮らせるのが一番。そういった面の充実も必要ですね。しかしながら、ハードの面だけでなく、そのもののソフト面こそ「良い」ものになってほしいですね。

 ◆ 木下駅 南北連絡地下道の南口側階段部及び西側駐輪場の閉鎖    <2007年6月9日更新>
詳細
閉鎖  木下駅地下道南側階段部分
 木下駅南口駐輪場西側部分
木下駅工事 工事の進行状況をピックアップ
 木下駅舎工事に伴い、6月9日をもって地下道の南口側「階段部」と「駐輪場西側部分」が閉鎖となります。
 スロープ部分は利用可能です。

長らく利用されてきたこの階段も今月でおしまいです。 なお、北口は工事に伴う囲いで、かなりスペースが狭くなっていますので、車での送迎を行っている方は、歩行者にご注意ください。または、南口ロータリーへの迂回をおすすめします(渋滞緩和)。

 ◆ ふれあいバス利用者数 約3倍増                        <2007年6月9日更新>
詳細
ふれあいバス ルート・時刻表
ふれあいバス時刻表ページ解説
 料金・ルート・時刻表を見ることができます。
 各ルートのボタン(右下)を押すとルートごとに表示されます。
 右クリックでメニューを開き、拡大することができます。
 昨年2006年12月、運行ルートや停留所の改訂・増便を行った市内を循環する「ふれあいバス」の利用者数が、改訂前と比べ約3倍増となるペースです。
 料金もワンコインの100円・・・
 利用しやすい100円均一となります。小学生でも利用しやすいかと思いきや、小学生以下は無料でしたね。
 頻繁に利用する人は、バス共通カードも便利ですよ。

 ◆ JRも私鉄もバスも1枚のカードで乗れます 2007年3月18日から    <2007年3月23日更新>
詳細
開始  2007年3月18日
種類  Suica 
 PASMO
バス特典  バスポイント(バス利用時)
 
市内の
使用可能路線
 3月18日現在
  JR線・北総線のみ
 ※バスは今後導入予定
 3月18日から、JR線と各私鉄、地下鉄、バスが1枚のICカードで乗り降りできるようになりました。

 JR⇒私鉄⇒地下鉄の乗換え時も1枚のカードをかざすだけで通れます。カードに入金されている残金は自動的に計算されて引かれます。

 ICカードは電子マネーとして使え、残金がなくなったらチャージ(カードに入金)すればよいわけです。
 例えばJR駅構内や周辺のお店、自動販売機では、そのままお買物もできるので、コーヒーを買うときも小銭を出す必要はありません。

 ただし、一部の経由区間ではきっぷで買ったほうが安い場合がありますよ。

 ◆ 成田線木下駅バリアフリー化・自由通路新設・駅舎橋上化     <2007年4月21日更新>
詳細



JR東日本・印西市より発表

新駅舎  既存駅舎東寄りに新設
 延床面積 約354u
 高さ 地上12m
設備  南北自由連絡通路・階段
 エレベーター・エスカレーター
 ホームに100m上屋・トイレ
 展示スペース・店舗
総工事費  14億1282万円
着工予定  2007年5月
JR東日本より、木下駅の改修工事に関する詳細の発表がありました。
木下駅の歴史は、1901年(明治34年)4月1日開業からはじまります。当時、駅設置には現在の木下東あたりにも候補がありました。あの東京駅よりも歴史が古く、その姿は今も昔もほとんど変わりません。

橋上化・改修にあってはいくつかの理由があります。
 ・ 法律により、一定数以上の乗客を有する駅にはエレベーター設置
   など、バリアフリー化義務
 ・ 南側の開発が進んでいるにも関わらず、南口には改札から離れた
   地下通路を通らねばならず不便、かなり以前から南口改札新設の
   要望があった
 などです。大きなものとしては以上の2つでしょうか。

新駅舎は「木下」の文化にふさわしく、木材の素材を生かしたデザインになるそうです。

2008年度末の完成を目指して、今春本格工事に着手する予定。


 ◆ ふれあいバス 12月から 増便 増ルート 値下げ バリアフリー  <2006年11月3日更新>
詳細
開始  12月1日
料金  一律100円
 小学生・ハンディキャップパーソン(障害者手帳掲示)は無料

 バス共通カード利用可

ルート  4ルート
 @平岡・小林循環(約60分)
 A別所・牧の原・高花循環(約60分)
 B永治・木刈循環(60分)
 C千葉ニュータウン循環(約60分)
新車両  バリアフリー対応ノンステップバス
増設バス停  33ヶ所
廃止バス停  9ヶ所(位置調整によるものがメイン)
運休  日曜日・祝日・振替休日・年末年始
マスコット  スタンプポン太
 ウエストコン助
ふれあいバスの運行が大幅に改良されることとなりました☆

パルケアンケートでも要望の多かった
「子どもやお年寄りも安心して乗れる新交通システム」に一歩前進。
まずは今あるシステムから!思い切った改善に感謝ですね!

バスカードを持っているととても便利ですし、割引額もありますからこの際ぜひ利用していきましょう!

後日詳細とページの変更をしますのでお待ちくださいね。


 ◆ 牧の原アウトレットアミューズメント「BIG HOP」           <2006年10月27日更新>
詳細
場所  第1期 印西牧の原南口
開業予定  第1期 2007年秋OPEN予定
規模  2階建て約66000u
 観覧車 高さ50m
店舗数  約140店
内容  ○ フェスティバルモール
  アウトレットショップなど
  ⇒エキサイティングゾーン
  観覧車など
 ○ ビレッジモール
  スーパーやバザール特産品
  飲食店など
 ○ テーマガーデン
  休憩所など、パーク計画
駐車場  約2,800台予定
設計施工  竹中工務店
ホームページ  潟~キシング
 印西牧の原に建設予定のアウトレットショッピングモール「BIGHOP」が、その詳細を発表しました!

 成田新高速鉄道の開通を見越した計画で、なんと海外からの旅行客をも視野に入れているそうです。
まさかの観覧車。関東最大のアウトレットモールとなる予定で、牧の原圏はどうなってしまうのでしょうか。

 さらに、ミキシングは将来、「大型パーク計画」を練っていて、牧の原圏に既に土地を手当てしているそうですよ。


 ◆ 新しい「街の特産」ブルーベリー                     <2006年9月15日更新>
詳細
対象場所 市内
対象広さ 5アール以上
対象本数 苗木50本以上
補助 苗木購入費の半分まで
※苗木は1本500円まで
500円の苗木なら1本250円
上限 100本まで
その他 植樹後5年間は、ほかの土地へ移植しない
問合せ 産業振興課振興班
市では、近年ブルーベリーが新しい特産としてひろがりつつあります。
ブルーベリーはもともと寒い地域の果実ですが、ここ最近では温暖な地域で育つ品種も多く、市内ではどちらも育てることができます。

また、ブルーベリーは1mほどしか成長しないものも多く、庭先やベランダで育てることもでき、土もピートモスのみで充分です。白っぽい花もたくさん咲かせますので観賞用としても良いかもしれませんね。

市では、観光農業の創出のために、ブルーベリーの苗木を購入・植樹した人に援助金を出します。


 ◆ 千葉ニュータウン中央駅 北口 立体駐輪場建設            <2006年9月2日更新>
詳細
場所 千葉ニュータウン中央駅
北口ロータリー付近
概要 3階建て
収容 自転車 2895台
    原動付自転車 126台
開始 平成19年度
千葉ニュータウン中央にも立体駐輪場が作られることになりました。
ロータリーから近く、便利な立地ではないでしょうか?特に原動付自転車利用者にはありがたいですね。
1日○○円で停められるスペースもあったら良いですね。


 ◆ JR我孫子駅から成田線沿線を経由する深夜バス運行 9月1日より     <2006年9月16日更新>
詳細
停車 我孫子⇒天王台⇒東我孫子⇒湖北⇒新木⇒布佐⇒印西市役所⇒木下⇒木下東⇒小林⇒安食⇒竜角台4丁目
料金 印西市役所 1000円
木下駅    1000円
木下東    1100円
小林駅    1200円
我孫子駅南口発(5本)
※土日運休
時刻表
我孫子 木下 小林
0:05 0:59 1:10
0:25 1:19 1:30
0:35 1:29 1:40
1:00 1:54 2:05
1:20 2:14 2:25
常磐線
との接続
常磐線上野からの我孫子駅到着時刻最終は1:08
常磐緩行線(各駅停車)の最終は1:15です
9月1日より、成田線と並行して深夜バスが運行されます!
常磐線の終電と接続されています。また、タクシー深夜料金を考えるとこちらのほうが安いですし、学生でも気軽に利用でき、安心感があるかもしれません。

成田線の不便さをこうした形で補っていけることはとてもすばらしいですね。



 ◆ 牧の原地区 またまた新店舗ぞくぞく   
                      <2006年7月14日>
 ◆ 平岡自然公園(仮称)     <2006年6月3日>

また牧の原地区に新店舗ができます。このうちK'Sデンキとしまむらは既にニュータウン内にあるので、既存店舗がどうするのか気になります。
詳細
タマホーム
住宅展示場
国道464号沿い メガマックス隣
2006年6月着工予定
K’Sデンキ Sports DEPOの隣
2006年10月着工予定
ファッションセンターしまむら タマホームの隣
2007年3月着工予定
ビッグホップ
アウトレットモール
牧の原駅南口
2006年9月着工予定
 火葬場と公園の一体型自然公園が、平岡(木下地区と牧の原地区を結んだ、中間あたり)に建設中です。
2006年6月1日時点では、すでに道路の舗装工事に入っており、ちょうど木下ゴルフセンターの周辺は、新しい道路を使用することになっています。道路は、牧の原のジョイフル本田周辺〜平岡公園へ直行する予定です。
 この工事状況を見ると、周辺の交通事情が変わるのも時間の問題でしょう。

 ◆ 公立小中学校耐震化率 印西市は100%!                    <2006年6月3日>
文部科学省の調べ
 公立の小中学校の耐震化率が全国では、平均54.7%だったのに対し、
千葉県は平均50.7%(27位)と全国平均を下回ってしまいました。

 ところが、千葉県内を見ると
印西市は文句なしの100%!市によると「児童の安全を重点的に考えて、最優先した」とのこと。安心して子どもを学校に行かせることができるというわけです。100年以上の歴史がある木下小学校も、しっかり対策されていたのも驚きです(実際、築100年以上ある校舎のわけないのですが・・・)。

 ちなみに、千葉県以外をみると「神奈川県」が1位。「東京都」は9位だそうです。「埼玉県」は30位です。


 ◆ 県立印旛高校移設 H18年度事業開始
詳細
移設場所 国道464沿い
印西消防署牧の原分署横
印西牧の原駅より徒歩20分〜
校舎 4階建て(一部6階建て)
体育館 2階建て
着工 H20年度〜21年度予定
開校 H22年度予定
特性 進学を重視し、国際化に対応した高校など
千葉県より、印旛高校の移設・方針の指示が発表されました

 
現在、印旛高校は木下駅付近(木下公園隣接)にあります。
ニュータウン地区、特に北総線沿線にはいくつか高校設置計画があったにもかかわらず、人口伸び悩みや少子化の影響などで、一時足踏み状態でした。
 ニュータウン住民の足となる北総線は運賃も高いため、付近の高校設置を待ち望む声は多かったのです。
 そして今年、印西市内にある印旛高校を移設するという計画案が本格化し、発表されました。
 成田線沿線(JR沿線)には数多くの高校が既存しますので、ニュータウンを抱える印西市内の印旛高校が移設検討対象になったのでしょうか?
 これにはいろいろ賛否両論あるようですね。でも、周辺地域全体の将来を考えて、前向きに進められるといいですね。

 ◆ JR東日本ダイヤ改正 成田線増発 木下駅・小林駅の時刻表が大幅に変わります
詳細
対象 木下駅
小林駅
内容 朝の時間帯の時刻変更
昼間、定時刻に変更
昼間、夜間、上野行き直通増発
常磐線
との比較
常磐線(青の電車)はグリーン車を新設
常磐快速線、天王台・取手からの上野行き(緑の電車)を減らし、成田線からの上野行きを増発
3月18日、列車ダイヤ改正(JR東日本)

これにより成田線は全体的に大幅に変更されています。
今までの感覚で乗ると、かなり時間差があるので注意してくださいね。
我孫子での常磐緩行線への乗り継ぎも、今までとズレが生じそうです。
天王台〜取手からの上野行きが減ったため、沿線住民の成田線への多少のシフトがあるでしょうか。


Copyright(C) 2005-2010 INZAI-PARQUE. Attendance