Diary  Wild Orchids in Japan  Links  Profile  Top

 Diary2006-5

 


 


Milvus migrans Black Kite トビ
Dec.31.2006

 

 初めての北陸の冬、こんな天気でいいのかとおもうような晴天、日も落ちるころトビが舞い始めました。

Mar.22.2007 Rev.43.53


 


Falco tinnunculus Common Kestrel チョウゲンボウ
Dec.31.2006

 

 人工物以外にはなかなかとまってくれないチョウゲンボウだが、この日は木の枝にとまってくれた。遠くに夕日の当たる金沢市街を望んで。

Mar.21.2007 Rev.43.52


 


Cygnus bewickii Bewick's Swan コハクチョウ
Dec.31.2006

 

 初めて見たコハクチョウの群れ、湖の河口よりで見渡せる位置でした。この後、何度かここで見ることができました。

Mar.20.2007 Rev.43.51


 


Emberiza rustica Rustic Bunting カシラダカ
Dec.31.2006

 

 すっきりとしたカシラダカ、普段はなかなか藪から出てこないのですが、この日はどうしたのでしょう。表情もすっきりしています。

Mar.19.2007 Rev.43.50


 


Emberiza spodocephala Black-faced Bunting アオジ
Dec.31.2006

 

 今から思うと、年末に降った雪がもっとも多く、残雪も長く残りました。長靴でも足から冷えてきます。雪上のアオジ、雪で黄色がきれいに見えます。

Mar.18.2007 Rev.43.49


 


Fringilla montifringilla Brambling アトリ
Dec.31.2006

 

 聞きなれない声がするので振り返って見ると、アトリがいました。空抜けですが、雪レフ効果できれいな色が出ました。

Mar.17.2007 Rev.43.48


 


Anas poecilorhyncha Spot-billed Duck カルガモ
Dec.31.2006

 

 晴れて上がって冷え込んだ朝、並んで進むカルガモに朝日があたり、温かみを感じさせてくれます。よく見ると、後ろの子はまだ班がはっきりしてませんね。

Mar.16.2007 Rev.43.47


 


Falco tinnunculus Common Kestrel チョウゲンボウ
Dec.30.2006

 

 この日は目の前にオスのチョウゲンボウがやってきた。しかし、ホバリングを披露してくれたのははるか遠く。それでも、はじめてみるホバリングは興奮モノでした。

Mar.15.2007 Rev.43.46


 


Fulica atra Common Coot オオバン
Dec.30.2006

 

 つがいのオオバン、一方が大きな水草をくわえていましたが、それを他方に与えていました。この後、首を大きく傾け、いい雰囲気になってゆきました。求愛給餌?

Mar.14.2007 Rev.43.45


 


Milvus migrans Black Kite トビ
Dec.30.2006

 

 もう少し背中も見えれば図鑑写真としてバッチリだったのですが。その分、胸の羽がきれいに出ました。

Mar.13.2007 Rev.43.44


 


Passer montanus Tree Sparrow スズメ
Dec.30.2006

 

 川に中流域、初めて歩いてみました。身近にこんないい場所があったとは。ありきたりのスズメですが、流れの傍だと絵になるような。

Mar.12.2007 Rev.43.43


 


Corvus frugilegus Rook ミヤマガラス
Dec .24.2006

 

 ミヤマガラスが木に群れていました。電線より様になります。初めてじっくり見たのですが、おでこやくちばしなど異様な感じがします。

Mar.11.2007 Rev.43.42



 


Falco tinnunculus Common Kestrel チョウゲンボウ
Dec .24.2006

 


 カラスに追われている鳥がいたので追いかけてゆくと、このチョウゲンボウとミヤマガラスでした。ミヤマガラスは気を引こうと付きまとっていましたが、そのうち去ってゆきました。
 このチョウゲンボウはサービスよく、近くで見させてくれました。嘴には血がついており、獲物を食べた後だったのでしょうか。


Mar.10.2007 Rev.43.41


 


Cinclus pallasii Brown Dipper カワガラス
Dec .24.2006

 

 カワガラスの採餌、寒い中水にもぐっては川虫をゲットしてゆきます。そのうち朝日が差して、羽色が茶色味を帯びて見えました。白目、ちょっと怖い感じです。

Mar.09.2007 Rev.43.40





 


Vanellus vanellus Lapwing タゲリ
Dec .23.2006

 

 以前から会いたいと思っていたタゲリ、意外な場所で出いました。いきなり飛翔ですが、集団での急降下、急旋回に圧倒されてしまいました。

Mar.08.2007 Rev.43.39





 


Anas formosa Baikal Teal トモエガモ
Dec .23.2006

 

 トモエガモを取り囲んで進むコガモ、偶然でしょうが親分も守る子分たちのようです。不思議なマスクのカモさんです。

Mar.07.2007 Rev.43.38





 


Aegithalos caudatus Long-tailed Tit エナガ
Dec .16.2006

 

 懸垂姿のエナガ、軽々とぶら下がっています。よく、片手で餌をつかんでいる写真も見かけます。それが撮りたかったのですが。

Mar.06.2007 Rev.43.37





 


Troglodytes troglodytes Wren ミソサザイ
Dec .16.2006

 

 季節はずれの囀りがしたので、近くを探してみると茂みの間で採餌していました。そして、めったにないことですが見通せる場所に出てきてくれました。

Mar.05.2007 Rev.43.36





 


Lanius bucephalus Bull-headed SHrike モズ
Dec .16.2006

 

 小さな猛禽モズ、その精悍な目がいいですね。冬場は昆虫がいなくなるのですが、何を食べてしのいでいるのでしょうか。はや煮えだけでは足らないはずです。

Mar.04.2007 Rev.43.35





 


Emberiza elegans Yellow-headed Bunting ミヤマホオジロ
Dec .16.2006

 

 日本に戻るとまた冬に逆戻り、いつもの鳥たちが迎えてくれました。
  いきなり出くわしたミヤマホオジロ、いいところにとまってくれましたが、じっくり撮らしてはくれません。おまけに空抜けで厳しい条件でした。

Mar.03.2007 Rev.43.34





 


Pelecanus occidentalis Brown Pelican
Dec .11.2006

 

 夕日に染まるサンディエゴ湾、釣り人が糸をたれる桟橋の脇にペリカンが浮いていました。欄干にも止まったりしてあまり釣り人を気にする様子もありません。しかし、カメラを持ってよって行くと、さすがに飛び立たれてしまいました。オーストラリアで見たペリカンとはまた違ったおもむきです。

Mar.02.2007 Rev.43.33





 


Dendroica townsendi Townsend's Warbler
Dec .11.2006

 

 鳴き声の方を見ると、小鳥が木にとまっていました。なかなかはっきり見えなかったのですが、やっと確認できる位置にとまってくれました。Warblerのようですが、San Diegoの鳥という本から、この種としておきます。

Mar.01.2007 Rev.43.32





 


Lomosa lapponica Bar-tailed Godwit
Dec .11.2006

 

 公園の芝生では、くちばしの長いシギが地面をつついていました。日本でもあまり見ていないだけに、ちょっと喜んでしまいました。マラソンする人、釣りする人はいますが、鳥を気にする人はいませんでした。

Feb.28.2007 Rev.43.31





 


Larus delawarensis Ring-billed Gull
Dec .11.2006

 

 湾内ではいろんな鳥が飛び交っていました。これは先のカモメとは異なるようです。

Feb.27.2007 Rev.43.30





 


Larus occidentalis Western Gull
Dec .11.2006

 

 湾に臨む公園を歩いてみると、いくつか鳥がいました。近づいても変に刺激しなければ逃げません。まず端正なカモメです。

Feb.26.2007 Rev.43.29





 


San Diego
Dec .11.2006

 

 鼻毛の凍るOttawaから汗ばむSanDiegoへ、ほっとする気候です。早朝のビル街、カモメが行き交っていました。

Feb.25.2007 Rev.43.28





 


Ottawa
Dec .07.2006

 

 カナダ最終日、この日は放射冷却で冷え込んで氷点下26度、自己経験で最低温度でした。鳥はこのオタワ運河の終端で水鳥を見たぐらい、寒いし餌はないし、渡ってゆくのも身をもって理解できました。商談先にもバーダーの方がいましたが、この季節には鳥はいないので中南米に行くのだそうです。

Feb.24.2007 Rev.43.27



 


MBL
Dec .04.2006

 

 憧れのMBL、海洋調査船も泊まっていました。これはギフトショップですが立ち寄る時間はありませんでした。じっくり歩き回ってみたいエリアです。

Feb.23.2007 Rev.43.26





 


Brante canadensis Canada Goose カナダガン
Dec .03.2006

 

 カナダガン、日本でこれが出たら一騒ぎだったのでしょうが、ここはボストンチャールズリバーです。餌付けしているわけでもないでしょうが、触れるほど近づいても平気でした。出張の合間にコンパクトデジカメで撮りました。

Feb.22.2007 Rev.43.25



 


Podiceps nigricollis Black-necked Grebe ハジロ カイツブリ
Dec .02.2006

 

 ハジロカイツブリ、始めて見ました。しかも集団で。その後たびたび見る機会はあるのですが、大きな群れには出会っていません。

Feb.21.2007 Rev.43.24





 


Tachybaptus ruficollis Little Grebw カイツブリ
Nov.26.2006

 

 エビ?を捕まえたカイツブリ、さすが潜水の名手です。水中での様子を見てみたいものです。

Feb.20.2007 Rev.43.23





 


Ficedula parva Red-breasted Flycatcher オジロビタキ
Nov.26.2006

 

 すぐに抜けてしまうのかと不安でしたが、しばらくいてくれました。結局2羽いました。なかなかかわいいしぐさです。

Feb.19.2007 Rev.43.22





 


Aegithalos caudatus Long-tailed Tit エナガ
Nov.22.2006

 

 エナガの動きは速くてなかなかついていけないのですが、動き自体は面白くて見ていてあきません。面白いシーンをゲットしたいものです。

Feb.17.2007 Rev.43.21





 


Picoides kizuki Japanese Pygmy Woodpecker コゲラ
Nov.19.2006

 

 ルリビタキを狙っていると、代わりにコゲラがハゼの木にとまりました。つついても虫は出てきそうにありませんが、木の実狙いだったのでしょうか。

Feb.14.2007 Rev.43.20



 


Turdus naumanni Dusky Thrush ツグミ
Nov.19.2006

 

 ツグミが地面に降りて採餌しているのはよく目にします。時々顔を上げては周りを見渡し、数歩進んで採餌。そのしぐさ、こういった枯れ草が残ったところでは、プレーリードッグのようにも見えてきます。

Feb.13.2007 Rev.43.19



 


Erithacus cyanurus Red-franked Bluetail ルリビタキ
Nov.19.2006

 

 まだそんなに寒いわけでもないのに、まん丸になったルリビタキ、視線も気にせずサービス満点でした。しかし、青い子にはまともに会えていません。

Feb.12.2007 Rev.43.18



 


Sitta europaraea European Nuthatch ゴジュウカラ
Nov.19.2006

 

 今年はゴジュウカラが山から下りて平地の森に住みついたことが話題になっています。この日もカラ群に混じって出てきました。結局越冬しました。

Feb.11.2007 Rev.43.17



 


Ficedula parva Red-breasted Flycatcher オジロビタキ
Nov.18.2006

 

 渡りのシーズンも終わりかなと思ったら、オジロビタキが入ったという情報、数人のカメラマンが待ち受ける中、出てくれました。地味ですがかわいい子です。
  何十人にもならないところが金沢のいいところです。

Feb.10.2007 Rev.43.16



 


Fringilla montifringilla Brambling アトリ
Nov.17.2006

 

 群れが林の上を越えていきました。回り込んでみるとアトリでした。よく大群の写真は見るのですが、小規模ながら自分で見たのは初めてでした。

Feb.09.2007 Rev.43.15





 


Parus montanus Willow Tit コガラ
Nov.16.2006

 

 虫を捕まえたコガラ、幼虫でしょうか。動きが速いのですが、同じ場所に滞在している時間が割とあり、シジュウカラより撮りやすい気がします。

Feb.08.2007 Rev.43.14





 


Emberiza spodocephala Black-faced Bunting アオジ
Nov.16.2006

 

 アオジもよく見かけるようになりました。相変わらず用心深いのですが、ふと出てきているのに出会います。

Feb.07.2007 Rev.43.13





 


Cyanopica cyana Azure-winged Magpie オナガ
Nov.14.2006

 

 用心深いオナガ、なかなかまともに撮らせてもらえません。時に餌採りに夢中になって、注意が散漫に生る時があるようです。松の芽の部分をつついていました。

Feb.05.2007 Rev.43.12





 


Turdus pallidus Pale Thrush シロハラ
Nov.13.2006

 

 大きくて、色の濃いシロハラです。いきなり歩道に出てきたので驚いてしまいました。なんか貫禄がありますね。

Feb.04.2007 Rev.43.11





 


Cettia diphone Japanese Bush Warbler ウグイス
Nov.12.2006

 

 ウグイスが松の枝先の葉の付け根あたりをつついていました。写真を撮ってみると何かくわえています。これはなんでしょうか。

Feb.02.2007 Rev.43.10





 


Turdus chrysolaus Brown Thrush アカハラ
Nov.12.2006

 

 この日スキー場方面に足を伸ばしたら雪が降り出しました。暖冬といわれていますが、降り出しは早かったのです。引き返す途中柿ノ木が目に付いたので、とまってみるとアカハラが来ていました。たまには違うところに足を伸ばしてみるものです。
  今日、久しぶりに本格的雪になりました。


Feb.01.2007 Rev.43.09


 


Buteo buteo Common Buzzard ノスリ
Nov.11.2006

 

 雨の中、電柱にノスリを見つけました。愛想がいいので近づくとさすがに飛び去ってしまいました。しかし、今度は地面に降りて楽しませてくれました。



 


Zosterops japonicus Japanese White-eye メジロ
Nov.11.2006

 

 コマユミに来たメジロ、アクロバットさながらのポーズで採餌します。軽いほど重力の影響から逃れられるわけですね。

Jan.30.2007 Rev.43.07


 


Sturnus cineraceus Grey Starling ムクドリ
Nov.09.2006

 

 この日は満月、早朝まだ月が残っていました。ここに鳥がいればなと思っていたら、ムクドリがいい場所でじっとしていてくれました。いつもは無視している鳥なのですが、この日ばかりはスターでした。 
 
Jan.29.2007 Rev.43.06


 


Cygnus bewickii Bewick's Swan コハクチョウ
Nov.05.2006

 

 見ると犀川にハクチョウが浮かんでいました。まだ幼鳥なので識別が難しいのですが、コハクチョウとしておきます。ここにくるのはあまりないことだそうです。

Jan.28.2007 Rev.43.05


 


Tringa ochropus Green Sandpiper クサシギ
Nov.05.2006

 

 池の向こう岸にはクサシギが、これは教えていただいたものです。ちょうどいる時でラッキーでした。

Jan.27.2007 Rev.43.04


 


Turdus obscurus Eye-browned Thrush マミチャジナイ Nov.05.2006

 

 池の傍の水溜り、周囲の藪からぱらぱら出てきていつも間にか3羽になっていました。沢の水場とは違った雰囲気もいいものです。

Jan.26.2007 Rev.43.03


 


Turdus obscurus Eye-browned Thrush マミチャジナイ
Nov.05.2006

 

 クロツグミが食べていた柿の実をマミチャジナイが横取り、あきらめきれないクロツグミが傍で見ています。ケンカにはならないようですが、マミチャジナイの方が強いのでしょうか。

Jan.25.2007 Rev.43.02


 


Emberiza variabilis Japanese Grey Bunting クロジ♂
Oct.29.2006

 

 普段はあまり姿を見せてくれないクロジも悠々と水浴び、じっくり楽しませてくれました。

Jan.24.2007 Rev.43.01


 


Erithacus akahige Japanese robin コマドリ♂
Oct.29.2006

 

 じっとしているのはあまり好きではないのですが、次から次に現れるタレントには勝てませんでした。サービス満点のコマドリは、長玉をもてあますまで近づいてくれました。

Jan.23.2007 Rev.43.00


 


Phoenicurus auroreus Daurian Redstart ジョウビタキ♂
Oct.29.2006

 

 ジョウビタキ、あちこちで見かけました。これから縄張り決めで散っていくのでしょうか。かわいい顔をして気が強い?

Jan.22.2007 Rev.42.43



Diary  Wild Orchids in Japan  Links  Profile  Top