top | news | webショップ | ギャラリー展示 | ギャラリーレンタル | カフェ | Caloについて | 地図 | メルマガ | 店主日記 | ハナヲ | カレンダー |
[2010年7月]

2010/7/29
井村一巴展もあと2日。30・31と作家在廊を予定しておりましたが、都合により31日の夕方頃のみとなってしまいました。楽しみにしてくださっていた皆さま申し訳ございません。
ピンスクラッチの作品をもう少しご紹介したいなあと思っていたのですが、小さな写真ではなかなかうまくご紹介できなくて、こちらで井村さんが送ってくださった画像をのせていますので、ご覧いただければと思います。ご紹介している作品はどれもCaloで展示していますので、やっぱり現物をご覧いただければうれしいです。お待ちしています。

それから来週からの西村さんの展示が京阪神エルマガジン社のWEBマガジン「Lmaga.jp」のイベントカレンダーで掲載中です。こちらから。楳図かずお先生と並んでます!

2010/7/27
メルマガ発行しました。最近のバックナンバーはメルマガ登録ページでご覧いただけます。

2010/7/21
井村一巴展からカラーの作品をご紹介。

一番奥の壁面の様子ですが、上のほうにバラバラと鳥の群れのように留めてある一群のスナップが「ヒノマル」です。
この画面では小さくなりすぎて見えませんが、飛んでいく飛行機が一機ずつ写っています。全部、井村さんの部屋から見えた飛行機だそう。クリップつきのピンで留めてありますが、それが標本のような感じでもあります。風で少しひらひらしたりもして。こちら全部セットで販売もしているのですが、ご購入の方にはプリントしなおしますので、ご安心ください。下のほうの作品はまた別のスナップでこちらは1枚ずつの作品になっています。ピンスクラッチの作品とは別人のようですが、井村さんのスナップ、すごく面白いのです。Caloにお越しの際にはスナップと冊子「wonderland」もぜひねちねちとご覧くださいね。

2010/7/16
井村一巴展から作品をひとつご紹介します。

「mask」
この神棚みたいなセット、ギャラリーに入ってすぐのところにあります。みなさんご覧になってしばし??と固まられる作品です。ビンの中にはそれぞれ小さなピンスクラッチをしたプリントが1枚ずつと砂が入っています。左のビンは砂が多くて写真が見えにくいですが、ビンをあちこち傾けるとなんとか見えてきます。右のビンの中の写真と比べてみてください。ビンを並べて置くと写真の中の人物が向かい合うようになっているのが分かります。ネガを裏焼きして作った左右が対になるイメージが入っているのです。ビンの上のカラーのスナップでは、右はCalo店内が写っています。左は真っ暗ですが実は右の写真と同じ位置から撮っていて、でもレンズの前を覆ってシャッターを切っています。もうお分かりでしょうか? 右/左、見えている/見えていない、のふたつの対がひとつの作品の中に入っている面白くてちょっと切ない作品なのです。

2010/7/14
メルマガ発行しました。最近のバックナンバーはメルマガ登録ページでご覧いただけます。

2010/7/13
アート関係者大忙しの怒涛の週末が過ぎて、静かめの週明けになりました。ART OSAKAに出展された東京のギャラリー「ときの忘れもの」さんのブログで、井村さんの搬入風景が紹介されています。こちら。堂島ホテルの搬入が終わった後にCaloに寄ってくださったのです。井村さんのことを男性と思われる方がけっこうおられるのですが(今日も!)女性ですよ。実は、男と女と大人と子どもの中間にいるようなふうで、ピンスクラッチの作品の中に収まっている人、でもあります。

2010/7/10
まずは、明日の選挙。みなさん投票に行きましょう。正直今回ほどどこに投票すればいいのか悩む選挙もない気がしますが、比例は候補者個人名でも投票できることですし。少しずつでも自分がいいと思うほうに変えていくしかないですヨ。
さて、井村一巴さんの展示が始まりました。昨日今日は、井村さんの営業努力とART OSAKAの余波でてんてこ舞い。展示の様子はこんな具合。

カラーのスナップとゼラチンシルバープリントのピンスクラッチ作品が混在しています。本やカフェが一緒になっているCaloの空間に、井村さんがこれまで作ってきたカラーコピー冊子のイメージも重なる、というのが、なるほど!と納得の構成。ぜひ店内にてお楽しみください。1つずつの井村作品も手元に置きたくなるような魅力が詰まっています。88部限定のピンスクラッチ作品2点つきのスペシャル版カラーコピー冊子「wonderland」8800円も好評。

2010/7/5
今週末はいよいよART OSAKAですね。Caloでは木曜日までは展示はお休み(営業はしています)、ART OSAKAにあわせて、9日の金曜日から井村一巴さんの展示を開催します。井村さんが今回展示される作品が、彼女のブログでチラッと紹介されています。こちら。現物を見せてもらいましたが、写真の面白さとオブジェの魅力を兼ね備えた素敵な作品です。9・10日は井村さんも在廊の予定。
ART OSAKA会場の堂島ホテルからも地下鉄一駅、歩いても15分ほどですし、Caloと同じビルの2階サードギャラリーアヤでもART OSAKAと連動した展示をされていますので、ぜひあわせてお立ち寄りいただければと思います。

2010/7/1
キタミノルさんの展示、あと2日になりました。最終日土曜日の1時ごろからご本人在廊されます。ぜひいらしてください。今日もキタさんの作品からひとつご紹介。

「いつかきっと帰ってくる時がある」お手製の変形パネルを組み合わせたこれまでのスタイルの作品。たまたまこの形になっていた板を使ったものだそう。緑色がぴりっと効いています。近づくと表面の様子が面白いですし、上から覗き込んだりすると立体的に不規則な形のパネルを組み合わせているつなぎ目の部分など、楽しいカタチが見つかります。会場にいらっしゃったら、どの作品もちょっと角度を変えて見てみてください。

2014 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2013 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2012 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2011 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2010 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2009 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2008 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2007 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2006 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2005 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2004 12 11 10 9 8 7 6 5 4 開業日記