top | news | webショップ | ギャラリー展示 | ギャラリーレンタル | カフェ | Caloについて | 地図 | メルマガ | 店主日記 | ハナヲ | カレンダー |
[2009年11月]

2009/11/25
あっという間に展示最終日まであと3日!最終日28日は松本さんが在廊します。「野兎の眼」はCalo以降は今のところ展示の予定がありません。ぜひこの機会にご覧ください。今週に入ってからいらしてくださる方もぐんと増えて、東京からの方や「お山」からの方も。じわじわと反響を感じています。

ところで、みなさん関西アートストリームというサイトはご存知でしょうか? エルマガが休刊し、KANSAI ARTBEATもストップしてしまっている状況を動かすべく、コモンカフェの、というか、大阪21世紀協会の山納さんが中心になって猛スピードで作ってくださったサイトです。関西地区のイベント情報を投稿・検索・共有できるサイトで、簡単な登録で、誰でも情報をアップすることができます。イベントの関係者でなくてもおすすめ情報を投稿できますし(投稿する情報の確認は念入りに!)、すでにアップされている情報にコメントをつけたりもできます。Caloでも遅ればせながら情報の投稿を始めました。今ならまだ情報量が少ないので、比較的簡単に上位に表示されますよ!イベント主催者の皆さんはぜひご活用ください!

2009/11/16
「野兎の眼」展も折り返し地点を過ぎました。私自身の時間との重なりもあってなかなか客観的に説明するのが難しかったりしているのですが、いらしてくださった皆さんの感想をお伺いしていると、時間が長い/短い、距離が近い/遠い(一定の距離をおいている)、と正反対のことが混在していて、中にはお一人で両方おっしゃる方まで。なかなか面白いことになっています。とてもプライベートな写真ですが、ストーリーはシンプルかつ普遍的で、そのあたりも、見てくださる方それぞれのこれまでの経験を引き寄せるような力があるのでしょうね。展示全体から、紀伊半島の聖地の女性的な部分、みずみずしい生命力も感じ取っていただければ。

先週は合間を縫ってちょこちょこと出かけた展示がどれもよくて、全部終わってしまってるんですが(遅くてすみません)、ご紹介しておきます。Port Gallery Tの上野王香さん「ソマチット」、胸がときめきました。BEATS GALLERYの杉あつよさん「ありがとう」、ほんと杉さんらしいあったかい展示でした。そして主水書房の久住さんと片桐さんのコラボ。今回も素晴らしかった。おもてなししてくださる木村さんもいつもとても素敵で。あの場所へ行くと、私もがんばらねば、と思います。

それから告知も。年末に、神戸の海文堂書店での南陀楼綾繁さんの新刊「一箱古本市の歩きかた」の刊行記念イベントにちょうちょぼっこのみなさんと一緒に出ます。詳しくはこちら

2009/11/12
メルマガ発行しました。

2009/11/5
松本典子さんの展示、小さいスペースの中に長い時間をぎゅっと詰め込んで、無事に始まりました。私が言うのもなんですが、いい展示になったなあ〜と思っています。

左下のお花は「野兎の母」より!
小吹隆文さんのアートのこぶ〆にもレビューを載せていただき、作家ともども感謝感激しています。
今回、販売用のプリントには、特別に小さいサイズ(額付15000円)も用意していただいていますので、初めて写真を買われるという方にもおすすめです。みずみずしいお山の風景2〜3点組み合わせてというのもよさそうです。新作のうさぎのプリントも2点だけ販売中。ぜひご覧になってみてください。

2014 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2013 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2012 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2011 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2010 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2009 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2008 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2007 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2006 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2005 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2004 12 11 10 9 8 7 6 5 4 開業日記