top | news | webショップ | ギャラリー展示 | ギャラリーレンタル | カフェ | Caloについて | 地図 | メルマガ | 店主日記 | ハナヲ | カレンダー |
[2008年4月]

2008/4/14

搬入の様子。作品と並んだ、作家さんとお手伝いに来てくださった方までリズミカルな感じ。展示は明日から、楽しい小さな作品がいっぱいです。

2008/4/12
長尾さんの展示も終わってしまいました。来週からは寺田眞理子さんの展示です。企画2連続。ご期待くださいませー。

それにしても、先週までも十分忙しかったのに、今週に入ってから異様な忙しさで、もはや罰ゲームの域に達していると思われます。20日ごろまでは改善の見込みがありません。店の営業はちゃんとやっておりますが、ご注文以外のメールのお返事、通常の本の発注などがかなり厳しい状況。先に謝っておきます、ごめんなさーい!

2008/4/4
このところ忙しくて花見に行くどころではなく(でも片桐さんのとこに行ってきたから満足。同行者のレポートはこちら)、4周年もこっそり過ぎてしまいました。遅ればせながらやはり年に1度は文字に書いておきたく、お客さま、お取引先の皆さま、ギャラリーで展示してくださる皆さま、スタッフのみんな、友人知人、そして家族、私の気持ちを支えてくださる全ての皆さんに感謝。

さて、今日はやっと長尾さんの作品をちょこっとご紹介します。

糸を使った作品に近寄ってみました。小さいのですが繊細な作業がされていて、そっと寄り添ってくるような、でもちょっとぶっきらぼうな、複雑な心境、というのを表現したらこんな感じなのかな、という気がする作品。個人的にこのシリーズかなり好き。

長尾ファンにはおなじみの動物たち。いろんな子達がいて、どんどん売れてます。
そうそう、長尾さんのことを女性だと思われている方が多いのですが、男の方です。

2008/4/1
桜は咲いているのに寒い日が続きますね。日曜日は雨の中、黒猫堂へたくさんのみなさまがいらしてくださいました。きっと店主も喜んでくれていると思います。夜になってからはもうお店ではなくなってしまって、冷蔵庫のお酒解禁で、いらしてくださった方から持ち込まれたおつまみは食べきれないくらいで、高橋さんのこと、本のことをわいわいしゃべりながら過ごした時間は、普段はなかなか体験できないものだったと思います。もちろん生前の高橋さんの人柄があってこその時間でした。
あの部屋を高橋さんと不動産屋のお兄さんと見に行ったのが、ちょうど一年前くらい(開業日記がまだ残っています)。最後にあの場所でみなさんによい時間を過ごしていただくことができればと思っていました。営業をさせてくださったご遺族の皆さま、いらしてくださった皆さま、バーおもかげのSさんほか一緒にやってくださった皆さま、本当に本当にありがとうございました。そして高橋さんのご冥福をお祈りいたします。

2014 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2013 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2012 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2011 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2010 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2009 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2008 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2007 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2006 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2005 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2004 12 11 10 9 8 7 6 5 4 開業日記