top | news | webショップ | ギャラリー展示 | ギャラリーレンタル | カフェ | Caloについて | 地図 | メルマガ | 店主日記 | ハナヲ | カレンダー |
[2008年1月]

2008/1/31
掛舞さんの展覧会が始まっています。このまま春になってほしい!という感じの元気な展示です。

さて、上の写真は、私がぐっときた一角。店内のどこの部分か分かりますか?こんな感じでちょっとした隙間にも飾りつけがされています。勢いのある線、鮮やかな色、そしてこまごまと集められた小さなものたち。難しいことはなしで、楽しんでいただきたい展示です。そして、掛さんの作る人形がまたいいんです。絶妙にアバウトな形と表情、そして触ったときのふにゃふわ感!やみつきになります。ぜひお立ち寄りくださいませー。

2008/1/23
黒猫堂の高橋さんが亡くなった。昨日の時点では、皆さんに連絡を取りながらも、どこかでウソかもしれないという希望を捨てていなかった。でも、もうどうしようもなく本当なのだ。だけど、まだ信じられない。悲しいというより、死なせてしまったという悔しさの方が大きいのかもしれない。いったい本屋の仕事とはなんなのだ、死んじゃうなんて。また一緒に飲みに行きたかったよ、高橋さん。でも天国では階段落ちはないと思うし、明日のお店番もないと思うから、安心して飲んでください。
高橋さんがアルバイトをされていた関係で、24日以降になるようですが出版社のコトコトさん(河原町五条南西角昭栄ビル4F)で遺影を置いて、お焼香できるようにされるそうです。
お葬式はご家族のみですまされ、後日「偲ぶ会」が京都の版元の皆さんにより開かれる予定です。分かりましたら、ここでもお知らせします。

2008/1/17
去年の春からずーっと続いていた久しぶりの本を作るほうのお仕事にようやくゴールが見えてきましたので発表。畠山直哉さんの「LIME WORKS」2度目の復活、今度は青幻舎さんから。まー大げさでなく奇跡でしょう! 写真集が2回も再版されるなんて。これは前職の時に再版をさせていただいていて、前回に引き続き作るというのはおこがましい、私は皆さんに電話掛けてただけです。再版なのにいろいろな紆余曲折があり、遅れに遅れてとっても時間がかかってしまいましたが、初版から12年、先日の色校正で、三度集まった、初版からの大日本印刷の担当者の皆さんとデザイナーの小中さん、畠山さんが、作業を進めていく様子は、なんとも感慨深いものがありました。
あとがきは新しく書いていただきましたし、レイアウトは変わっていませんが、版を作り直し最新技術で生まれ変わった「LIME WORKS」、どうぞお楽しみに!
あ、でもまだ印刷は終わっていませんので、気を引き締めて頑張ります。

2008/1/7
あけましたね。年賀状、メール、たくさんの方からいただきましてありがとうございます。Caloの年賀状はないので…ごめんなさい。この場で新年のお慶びを申し上げます。みなさまにとって、よい年になりますように。今年もCaloをよろしくお願いいたします。
この年末は食料の備蓄に励みDVDを5枚も借りて準備万端で篭城生活を送りました。おかげで、年末に自宅の大掃除も頑張って大満足していたのに、家にいた時間が長かったせいですっかり家の中が汚く…。この間仕事もちゃんとやって挽回するぞ(何を?)と思って自宅のノートブックをコタツの上に移動してこちらも準備万端だったのですが、なぜかあっという間にお休みが終わっていて…あまりできませんでした。新年早々くじけています。お待たせしている方すみませぬ。
明日からは福重明子さんの病院でのワークショップで生まれたモチーフを使った作品展が始まります。とてもかわいい空間ができあがっていますよ。お楽しみにー。

2014 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2013 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2012 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2011 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2010 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2009 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2008 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2007 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2006 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2005 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2004 12 11 10 9 8 7 6 5 4 開業日記