top | news | webショップ | ギャラリー展示 | ギャラリーレンタル | カフェ | Caloについて | 地図 | メルマガ | 店主日記 | ハナヲ | カレンダー |
[2005年12月]

2005/12/31
2005年の売上冊数ランキングです。
【1位】谷川俊太郎「質問集」472円
【2位】トノイケミキ「カナリヤ手帖」1365円
【3位】京阪神エルマガジン04/11月号 390円
【4位】寺門孝之「桃太郎」2100円
【5位】「いろは3号」850円
【6位】「CUKR第2号」600円
【7位】南陀楼綾繁「チェコのマッチラベル」2310円・colobockle「はだかの王様きせかえセット」1050円
【9位】「CUKR創刊号」600円
【10位】「いろは創刊号」850円
【11位】吉田稔美「つづきのねこ」1050円
【12位】「ビリーのグッド・アドヴァイス」アセテート 693円・「すいとう帖」パークエディティング 800円・「いろは2号」850円
【15位】矢部智子他「ブックカフェものがたり」1995円・tupera tupera「魚がすいすい」1680円・「a long life design 001」ドローイングアンドマニュアル 580円
【18位】「ボブ」貸本喫茶ちょうちょぼっこ 500円・渡邉良重・内田也哉子「BROOCH」1800円
【20位】「写場写場3号」1000円・「写場写場2号」800円・中ザワヒデキ「近代美術史テキスト」525円・「sano100 佐野繁次郎とその装釘」840円・tupera tupera「MUSHI HOTEL」850円・「a long life design 002」580円

ランクインは逃したものの注目の本は、津田直「近づく」1200円、tupera tupera「木がずらり」1680円(自費出版分とPIE分をあわせればランクインしたんですが…)、コクヨAnノートムラタ有子「Nowhere to be found」1600円。売上金額でのランキングを取ると、1万円以上の写真集が入ってきますが、今年はこのあたりで。皆さまよいお年を!

2005/12/30
今週は、営業中はお客さまが少ないため年末事務作業をがしがしと進行、夜は怒涛の宴会週間。火曜は出版関係飲んだくれおじさまチーム、水曜は女子書店員チーム、木曜は元同僚チームでもうふらふらです。
女子書店員デーは、現Jと元Fの大手書店員さんとご一緒させていただいたんですが、知らない事だらけでたいへん勉強になりました。カロとは流通経路も違うわけですが、扱う数がここまで違うともう完全に違う仕事だもの。大まかな業界の問題点は私が関わり出した5年前からあまり変わっていなくて(しかし5年も変われない業界ってどうよ、と思うんですが…)みんないつもいつも同じ文句を言っているなあという感じなのですが、現場の細かい仕事について具体的な話をいっぱい聞けたのでより理解が深まった一夜でした。やる気のある若者と話すのは楽しいなあ。
今年は仕事相手として興味をひかれる人が、ついに自分より年下の人に移った感じがあります。

2005/12/25
Caloで今年3月展覧会をされたみやけみゆさんがカフェをオープンされたので行ってきました。京阪電車千林駅からすぐ、商店街からぎょうさの王将のある路地に入ってすぐ左手の2階です。コーヒーもお菓子もおいしかったです。ランチもありますよ。落ち着ける和風の空間です。桟敷席がおすすめ。
御茶日和「由芽茶」
大阪市旭区千林2-18-22 TEL06-4254-2024
そしてここの1階にはすぐに使える貸しスペースが3部屋あります。6畳ほどの広さですが、雑貨作家さんのアトリエ兼ショップなど「作業場を兼ねたお店」によさそうなスペースです。興味のある方は由芽茶さんにお問い合わせください。見学に行かれたときはぜひカフェでお茶をどうぞ。

2005/12/24
またもや新着本更新しました。
やれば出来るというか、お客さんが少ないのでデスクワークをする時間があるんですよ…。寒さはすでに2月並ですが人出も2月並なので。ここ3日はお一人で万単位でお買い上げくださる方が毎日1人ずついらっしゃったのでずいぶんと助かりました。これはクリスマスプレゼントかしら。

京都新聞のコラムに橋爪紳也さんがブックカフェについて書いてくださいました。うれしいやら恥ずかしいやら。書きましたーというのは橋爪先生からお知らせいただいてたのですが、掲載日は知らなくて、たまたま納品があったAPIEDさんが切抜きを同封してくださったのでした。ありがとうございました。

2005/12/22
13年ほどの大阪生活で初めて?の雪、しかも積もってる!

12日の書店員ナイトに参加の方をメーリングリストに登録しました。参加したのに届いていてない!という方がおられましたら、Caloまで登録希望アドレスをお知らせください。
新着本更新しました。

2005/12/20
「ブックカフェものがたり」早くも増刷決まったそうです。うれしーい。
とうとう旅日記UPしました。過去の日記で10/13からを見てください。もう2ヶ月以上経ってますね…。

2005/12/19
メルマガ発行しました。

2005/12/17
今年も立花文穂さんのカレンダーが入荷しました。
とても大きな1枚モノで、かなりの迫力です。12600円也。

今週は他にも和・洋書とも新刊がたくさん到着しています。

2005/12/13
書店員ナイトin東京にご参加くださいました皆さま、お疲れ様でした。 今回の入場者はなんと85人!ありがとうございました。気をよくしたのでまたやりたいなと思っています。
↑この後、さらに酸欠になりそうな満員状態に!
みんなが楽しそうにしているのを見ているのが好きなんですよね、私。

あわせて、encounterやBankArtのアートブックフェアも覗いて、仕入れもしてきましたので、NAZRAELI PRESSの新刊など入荷してます。

2005/12/09
tupera tuperaさんの展覧会、明日・土曜日までです。お見逃しなく!

「ブックカフェものがたり」できました。かわいらしい仕上がりに大満足です。書店発売は来週後半になります。もちろんCaloでも売りますよ。
書店員ナイトin東京はこんどの月曜夜です。参戦表明してくださった約40名の皆さま、会場でお会いしましょう。もちろん予約なしでもOKです。

2005/12/06
今日も異常な寒さ。こんなに寒いのに来てくれるお客さんには感謝の気持ちでいっぱいになる。
先月取材された香港の雑誌「飲食男女」の掲載号が送られてくる。「ぴあ」みたいなのかな?と思っていたんですが、純粋に飲食店と旅行の雑誌でした。週刊で10HK$(約160円)。綴じ込みで大阪の古いビルの中のお店を紹介したページがあって、シェ・ワダとか五感とか大大阪とかと一緒に載っていました。巻頭は飲茶新潮流(みたいなかんじ)でいかにもヘルシーそうな飲茶(矛盾してるけど)の特集、あとやたら日本食屋さんの広告が多いのも気になった。

2005/12/03
新着本、なんと約半年振り!に更新!!カレンダーコーナーもできました。
梱包材も新着!

急に寒くなって、客足もダウン。がしがしと仕事をして、新着本をようやく更新しました。しかし、クロネコヤマトの集荷に何回電話しても混みすぎてて掛からない。締め切り時間直前にやっと掛かる。そこから実際集荷にくるまでまた時間が掛かる。12月になった瞬間にこれかよー。ぶー。

2005/12/02
昨夜の屋台、寒い中来てくださったみなさん、ありがとうございました。一緒に出てもらったmilbooksの福井さんと凍えながらやる気のない店番。来年はもっと盛り上がりますように。黄色のニットキャップに、寒くてひざ掛けを腰から下に巻いていたため、意味不明な遊牧民みたいなかっこうになっていましたが…。ついついそのままトイレに行ったり回りのお店で買い食いしたりしてしまいました。しかし、気温が下がったり上がったりするのって意外に分かるものなのね。

2014 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2013 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2012 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2011 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2010 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2009 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2008 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2007 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2006 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2005 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2004 12 11 10 9 8 7 6 5 4 開業日記