top | news | webショップ | ギャラリー展示 | ギャラリーレンタル | カフェ | Caloについて | 地図 | メルマガ | 店主日記 | ハナヲ | カレンダー |
[2005年6・7月]

2005/07/26
東京の業界情報通のH氏からメタローグさん倒産の情報が…。こういうこともなきにしもあらずと心のどこかで思っていたのか、それほどの衝撃はないのですが、お手伝いして書き終わっていた本があったので、残念というか、もう出来ていたのだから世に出すことができればなあという気持ちはあります。編集担当のNさん、私はぜんぜん怒ったり泣き喚いたりしていないので、これをご覧になったらぜひ連絡ください。お手伝いできることがあればやりまっす。こういうことはもう結構慣れてるので。

2005/07/25
また日記を長く休んでしまいました。この間、ちょうちょぼっこの皆さんと南陀楼綾繁・内澤旬子夫妻とご飯を食べたり、「チェコのマッチラベル展」の準備をいろいろしたりしていました。デザイン業務は得意じゃないし、ただでさえ仕事がたまりがちで、泣きながらマッチラベル展「ひみつの限定グッズ」の入稿を今日すませたのでちょっと一息。でももう月末だ!支払いだ!寺門さんの展示の準備もしないといけないし。
昨日今日は天神祭でお祭り気分。家から近いのはいいことですね。今夜は外がすぐ静かになったなあと思っていたら、雨でした。お祭り危機一髪。
カナリヤ手帖展も折り返し地点。トノイケさんの本は、お店やさんオーナーにとっては涙なしには読めません!! 私が書いたお店やさんマニュアルと押さえているポイントは近いのですが、トノイケさんのはまるまる1冊全部でエッセイ的な要素もあるので、とにかく史上最高に詳しい開業本になっています。

2005/07/16
今、店頭では、「アンリミテッド:コム デ ギャルソン」と「particle of mina perhonen 粒子<普及版>」が並んでいます。どちらも私のかなり好きなファッションデザイナー(実際に服を買ったことはないけれど)の仕事についての本です。二人の作る服はかなり違っていると思いますが、この2冊はスモールビジネスの指南書としてほとんど同じことを述べているように思えます。もちろん川久保さんも皆川さんも十分に成功していて、そんなにスモールではないのかもしれない。でも彼らは大きくしないことで自分の才能を十分に発揮できる環境をキープできるビジネスセンスを持っている人たち。自分の力で何か新しい価値観を生み出すような仕事をしたいと思っている人はジャンルに関わらず読んでおいて損はないと思います。

2005/07/15
メルマガ発行しました。

お店の地元、御霊神社の夏祭り。昨日は店の下の交差点を行列が通ったのでお客さんと一緒に見物。今日は夜店を見に行ってみるけれど、自転車では近づきにくくてそのままスルー。自宅地元の天神祭ももうすぐ、準備が着々と進んでいくのを横目で見ながら毎日出勤しています。
さて。
業界紙新文化の14日付けニュースフラッシュによると丸善大阪心斎橋店は、自社物件である土地・建物を売却にともない7月末で閉店するとのこと、ずいぶん急ですね…。心斎橋店は今となっては微妙な立地だったので(もちろん戦前はモダン大阪のどまんなか!)、京都河原町店(同様にビル売却で9月末に閉店)ほどのインパクトはないにしても…。うむむ。とうとう今日、以前からウラゲツさんが指摘されていた丸善の新中期事業計画を見にいってしまった。丸善は経験豊富な店員さんが多いので、皆さんが今後どうされるのか注目です。ちなみに、新生そごう心斎橋店内に丸善が入るそうですが、京都に関しては新店舗はまだ決まっていないみたい。

FUDGE8月号に掲載されました。

2005/07/14
EUの国々を日本の写真家が撮る全12巻の写真集シリーズ「In Between」の第二回配本が届き、5タイトルが揃いました。
1:ホンマタカシ デンマーク・ポーランド
2:港千尋 フランス・ギリシャ
3:尾仲 浩二 ラトヴィア、スペイン
4:小野博 オーストリア、スロベニア
5:本山周平 ルクセンブルク、オランダ
それぞれの写真家が2カ国ずつ担当しているのでもちろん被写体も違うのですが、そんなことよりも写真家ごとのスタイルの違いを見ていくのがなかなか面白い。同じ版形の本にまとめてありますから、比べやすいのです。国ごとの特有の景色やカルチャーよりも、写真家の個性の方が圧倒的に際立っているものになっています、当然ですが。矢野顕子さんが他の人の曲をカヴァーするときに「やのが歌えばやのの曲」とよく言っていますが、まったくそれと同じことがここでも。

2005/07/13
立花文穂さんから展覧会の案内状が届いた。なんと先日東京に行ったときにもう始まっていたんじゃないか〜。知らなくて見逃したので大ショック。
表参道のギャラリー360°で23日まで。

2005/07/12
いま開催中の展覧会は、現役大学生のグループ展。みんな若い!若いよ! 荒削りではあるが面白いというのはまさにこのことです。展示だけではなく世界に1冊の手作り写真集も全員が置いているのですが、これがまた面白い。新店員Fも出展中。彼女の感想ノートと写真集がこれまたすごいのです、必見。

今回は「べつのはなを」更新しています。

2005/07/08
昨夜の「書店員ナイト」人数は50人強で、ほどよい感じでした。
↑笹の前で歓談する参加者のみなさん。
出場者少なめのPOP対決では、元ジュンクの店員さんでイラストレーターを目指しているNさんがぶっちぎりのトップで初回王者に輝きました。次回も店主の気合がまとまったら開催しますのでよろしくお願いします。

2005/07/07
バリ島ウブドから東京への旅も終わって、本日から営業再開です。そして、今夜は「書店員ナイト」です。笹と短冊もあります!お待ちしています。

2005/06/25
26日から7月6日までお休みさせていただきます。メールオーダーもお休みです。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。お休み明け、7月7日(七夕)には「書店員ナイト」があります。笹も手配済み!遊びにきてくださいね。

「たまのハナヲ」更新してます! 25日発売の京阪神エルマガジン8月号で、ハナヲもエルマガデビューしています。こちらも見てね!

2005/06/22
ひさびさに「たまのハナヲ」更新されました! 店主日記の下を見てね。これから土曜日まで突然の毎日更新です!

最近、レイ・ハラカミの新しいアルバムlustをよくかけています。4年前のred curbは衝撃的でしたが、少しやわらかくなったけど全然変わらずに帰ってきた。適度な緊張感が呼穹さんの展示にも意外にフィットしているような気がします。

2005/06/21
先日nakaban氏から送られてきたもの、それは、メダカ!
エルマガ編集部のIさんが里親になることになっていたのですが…。
お店に来るとポストにメダカの絵が書いてある小包が!大変!

通報で駆けつけたIさんが慎重に包みを開ける。

けっこう厳重な包み。

はたして生きているのか!?
nakabanは卵を水草ごと送った、と言っていたのですが、どうやら送られてくる途中で孵化して気絶した状態で届いたらしく、小さなメダカが漂っている状態。でもご安心下さい、Iさん宅の水槽で今は元気に泳いでいるそうです!

2005/06/18
国立国際美術館へ納品ついでに、開催中のシュテファン・バルケンホール展を大急ぎで見てきました。B3Fではゴッホ展開催中ということで平日にもかかわらず結構な人出。バルケンホール展は見に行ってきた人が皆「面白かった」と言うのと、前から気になっていた作家ということで期待して見に行ってきたのですが、やっぱり、よかったですね。 最初は一見ナイーブそうに見える形を楽しみながら奥へ。戻りながらこれが確かに現代美術であることを考えながらもう一度眺める。もう一回ゆっくり行きたい、おススメの展覧会です。

2005/06/16
呼穹さんの個展始まっています。
ダンスをしているような楽しい文字が並びます。小さい頃に習った習字と違って、こんなに自由に書けるなんて、大人になるってすばらしい、と思える展覧会です。ぜひお立ちよりください。

お待ちかね書店員ナイトのご案内をUPしました。newsをご覧下さい。
そして…今日はnakaban氏からびっくりなモノが届きました。続報を待て。

2005/06/08
初日の「蘊蓄斎ナイト」こんな感じでした。
sumus同人の皆さんお話し上手でした。さすが!

翌日の夕方、お友達とのおしゃべりに花を咲かせるナベツマさんの後ろで読書に励む蘊蓄斎さん。
でも、ナベツマさんが時折投げる質問に即座に答える蘊蓄斎氏にウンチクたる所以を見た!林さんの日記はこちら

LEE7月号に掲載されました。

2005/06/05
明日からいよいよ林哲夫「読む人」展です。展示された「読む人」は100人以上。1点3000円ですぐにお持ち帰りいただけますよ。自分の読む姿を描いてもらうこともできます。初日夜は「蘊蓄斎ナイト」。当日参加もOKです。ちょこっとおつまみもご用意してお待ちしています。

2005/06/03
あっという間にもう6月。ひろすけ童話絵本原画展、いよいよ明日までです! どうぞお見逃しなく。
minibook hana6号が届きました、切手の特集です。森山大道さんの幼少期にすごした島根の小さな村を撮影した新写真集が届きました、サイン本が入荷しています。

2014 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2013 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2012 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2011 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2010 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2009 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2008 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2007 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2006 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2005 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2004 12 11 10 9 8 7 6 5 4 開業日記