top | news | webショップ | ギャラリー展示 | ギャラリーレンタル | カフェ | Caloについて | 地図 | メルマガ | 店主日記 | ハナヲ | カレンダー |
[2005年4・5月]

2005/05/28
ちょうちょぼっこさんの「ボブ」、かなり見ごたえあり。あれだけのミニコミがひとつのお店で買える機会は関西では(というかタコシェさん以外では)そうないですよ。これからも時々やってほしいです。ひとつひとつは300円ぐらいなんですがついついあれもこれもと手を出すとあっという間に結構なお支払いになっていたりして。イベントは終わりましたが、販売は6/19までやってます。

2005/05/27
さわやかなお天気が続く今日この頃、お客さまはそこそこ多いのですが本が売れない! 日も長くなって明るくて風が吹き抜ける店内は午後から夜にかけて異常な気持ちよさ。これがいけないのかも。店番しながらうっとりしてしまうぐらいですから…。ああビール飲みたい。
さて明日5/28の夜は、ちょうちょぼっこさんで、そんな5月のさわやかさとは無縁な中央線系イベント「ボブ」の「電気菩薩ナイト」があります。ぴんときた人は今すぐ予約!私も行きます。

男の隠れ家7月号に掲載されました。

2005/05/23
やっと新着・おすすめ更新しました。
milbooksさんの古書、新着が入荷しました。今回は第一期の暮しの手帖や森田たまなど、くらし系のものもありますよ。
土曜日の写場写場3号のパーティーはとても楽しかった。作家さんたちはみんなおしゃれでかわいいし、来ている人たちはみんな楽しそうだし、カナッペはおいしかったしお酒は冷蔵庫から出し放題だし

なによりスライドショーがすばらしかった、特に近藤舞さんの。見ていた人たちに確かに伝わっていた。ライブのような一体感がありました。写真集と写真展とスライドショーとについていろいろ考えてさせられました。
というわけでやっと出来あがった写場写場3号も入荷しています。

2005/05/20
メルマガ発行しました。
明日21日、とうとう1月に展覧会を先に終わらせてしまった「写場写場」の3号発売記念パーティーとスライドショーがあります。くわしくはこちら。いやーよく頑張ったみんな。私も行く予定です。

2005/05/19
ひろすけ童話絵本原画展始まりました。画家の創作の秘密が詰まった原画と、絵本を見比べることのできる貴重な機会です。お見逃しなく!
細江英公「鎌鼬 KAMAITACHI」が入荷しました。店頭在庫は1部のみ、どうぞお早めに。また探しておられた方も多い「いろは創刊号」が増刷されました。本日より発売です。

2005/05/14
来週からのひろすけ童話原画展に向けて、集英社のMさん、ユトレヒトのEさんとnakabanが来てくださって展示作業をしました。結局全部の原画を掛けてしまいましたので、会期中の展示替えはありません。たっぷり見ごたえのある展示になりましたので、どうぞお楽しみに!
この日、nakabanは東京の自宅からなんとメダカの卵を持ってきていて、大阪の里親を見つけようとしていましたが、その場にいた人たちは皆拒否。結局どこへもらわれていったんでしょう…。
↑この中にメダカが!

2005/05/09
連休中の人出はいまひとつ。いらっしゃった方には相談モードの方が多かったですね。ギャラリーをやりたい、本屋さんをオープンしたばかり、関西でメディアを立ち上げたい、等々。そして家では原稿書き。こちらも店を持ちたいと思っている人向けの本。自分でもどうしたらいいかは常に模索しているので、話したり書いたりすることで整理しているのかも。ま、でも、どう頑張っても儲かる仕事じゃないのでおススメするのも気がひけて。今日は、夕方以降、ちょうちょぼっこさん、箱庭さん、内装担当氏、最近近所の会社に移った知人など、次から次へと知り合いがやってくる。その中の一人、講師をしている大学時代からの知人とも、もう学生の頃から10年ぐらい(アートで食べていくのに)なにかいい方法はないか、と考えてるけど、やっぱりダメなのかなって思っちゃうよね、っていう話。でもそうこう言いながらも10年なんとかこの世界で乗り切ったことも事実。この先の10年はどうなるのか!?

2005/05/03
「ネオ・ファンタジア」パネル展はじまっています。「イタリアアニメーションの世界」の著者、路川さんのコレクションをパネルにしたものを展示しています。ネオ・ファンタジアのマグカップやTシャツなど、通常は劇場だけで扱いのグッズも販売。映画はもちろんディズニーの「ファンタジア」に対するアンチがこめられた抱腹絶倒のもの。色使いや動きの軽やかさは必見。第七藝術劇場さんで上映中です。ナナゲイの半券をお持ちの方にはCaloにてドリンク100円引きの特典もあり。

2005/05/01
先週は作家さんのおかげでいろんな方にお会いできて楽しかったのですが、疲れすぎ。土曜はせっかくのお誘いも途中で帰宅。重力が5倍ぐらいに感じて座布団にめり込んでいたものの、同居人が「ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ」のビデオを見始めて、あまりにもすばらしいのでぼんやりしながらもついつい見てしまう。ミュージシャンたちのとびきりの演奏姿を素直に焼き付けた感じが「ヴェンダースじゃないみたい」と言ったら、同居人がさらっと「ヴェンダースも大人になったんでしょ」と。そっかー。もちろん、キューバの老ミュージシャンたちが過去を語るシーン、ニューヨークを観光するシーンなど、「ヴェンダースらしさ」も満載です!一応フォロー。

2005/04/28
1週間ぐらいのことを振り返って書きます。
ブライスの展示を取り仕切ってくださったmakiさん、お疲れ様でした。鳥取で専業主婦を隠れ蓑に、きっと今後何かみんなをびっくりさせることをやってくれるのでは?と期待しています。絶対に才能あるんだから!
今週の展示の作家さんは、某版元の営業さん。毎日、書店員さんや出版関係者が会場に現れ、夜は宴会に。こんなにみんな集まってくれるなんて本当に愛されてますよ!
そして、岡本敏子さんが亡くなった。あんなに元気だった人がなぜ? デマと思ったぐらい。岡本太郎が呼んだのだろうか。

2005/04/27
ようやくメルマガ発行しました。質より量で新着本のご紹介をしてみましたが、どうでしょうか? WEBへのUPはもうちょっとお待ちください。

身近で大きな事故が起こってたくさんの方がなくなられたので、気持ちがどこかでふさいでいる感じがします。震災のときと同じ感覚です。お客様とそのことを話したりはしないし、私が何かをできるわけでもなく淡々と過ごすだけですが、なにか関西人の間に共有するものがあるように思います。東京の報道関係の人たちにこの感覚を理解して欲しいと思っても難しいと思います、体験しないと分からない感覚だと思いますから。経験しないで済むに越したことはないとは思うけれど、首都で報道の権力(あるいは暴力?)を握っている(あるいは握っている気になっている?)人たちのほとんどは体験をしていない、ということが、気持ちをさらに滅入らせます。

2005/04/22
このところ忙しすぎて、まったく新着本が更新できていませんが、雑誌以外にも写真集が新着ラッシュです。ナザレリプレスの新刊がまとめて入荷していますし、荒木経惟のオランダで発売された写真集も到着しました。川田喜久治「地図」も入荷済みです。来週は吉川藤園さんの写真展で夕方からハッピーアワーも予定、ぜひ合わせて足をお運びください。
それから、名古屋に明日4/23オープンするアートブックの本屋さんをご紹介。Teasured Books(トレジャード・ブックス)さんです。Caloにいらっしゃったときの様子ではかなりのアート好き店主と見た!レディメイドシールも取り扱ってくださいます。名古屋市東区泉1-1-7 1F、営業時間は15時〜20時。とても小さいお店だそうです、お見逃しなく。

2005/04/20
怒涛の日々で、長く日記を休んでしまいました。オープンから頑張ってくれた店員Fこと福本嬢が新たなチャレンジをすることになり、あわただしく新スタッフ(若い!)がやってきました。新店員F(イニシャルが同じなのです)どうぞよろしく。
今週の展示の主役は個性的なお人形ブライス。オリジナルのお洋服などが飛ぶように売れ、本もこのぐらい売れればみんな楽できるのに!(絶対無理)と圧倒された初日でしたが、今日は落ち着いた1日で、ゆっくりブライス話に花を咲かせる出展者さん。
新着も更新できていませんが、四月と十月、ART iT、hinism、coyote、young tree pressと個性派雑誌を中心に新着の嵐。中でも注目は「CUKR(ツックル)」というチェコ専門ミニコミ。チェコの話題だけで80ページを埋めるどこまでも我が道を行く勢い。そうそう「ミカン・ア・ラ・モード4」もでました。ずっとご案内している川田喜久治「地図」も週末には入荷予定です。

2005/04/12
待ちかねておられた方も多い?吉祥寺の絵本専門店トムズボックスさんのピンバッジ・フリップブックが再入荷しました。目玉は100%オレンジさんの新作です。目が回りそうなフリップブックが楽しい。ピンバッジもいまならよりどりみどりです!

2005/04/10
昨夜は閉店後、三冊目の写真集が発売されたスーパーネットアイドル猫はっちゃんの(飼い主の八二一さんの)展覧会を見に中津のカンテ・グランデまで行く。はっちゃんのお出まし時にはファンが周囲に人垣を作って大変な混雑。カメラを向けるとカメラ目線を送るはっちゃん。いやーアイドルも大変です。写真集「はっちゃんだらけ」は一般書店に先駆けてCaloでも発売中です。その後自宅に戻り、近所の雑貨屋さん勤務の知人と一緒に、家の前の公園で花見。本当に満開の桜をほとんど貸しきりで堪能。

2005/04/08
古本フリマは、workroomさんとgrafさんから追加商品がありました。まだまだよい本がありますよ〜。お花見がてらぜひお立ち寄りください。お酒も飲めますし。
昨夜は、先日密着取材中に来店されたメビック扇町の山納さんがフィーチャーされた教育テレビの新番組が放送されましたが、私も5秒ほど映っていました。これで山納さんの仕事がもっとうまくいくようになるといいのですが!

2005/04/07
おとといの夜はあの!カリスマ書店員Eさん来店。実は寂しがりやなのか、本題の展示の打ち合わせもそこそこに、ご飯を食べに行く。結構遅くまで飲んでしまって、頼まれている長ーい原稿に手がつけられず。昨日の夜は、柳々堂Calo合同花見inうつぼ公園、夜桜はほどほどで切り上げてさっさとすぐ脇の柳々堂さん所有のマンションでごはん会。ということでまたもや原稿が書けなかった。

2005/04/06
新着・おすすめ更新しました。メルマガ発行しました。

古本フリマ始まっています。ギャラリー欄写真はエルマガジンさんの棚。近さを武器に大量の雑誌が運び込まれました。まだ良い本がありますよ。ご近所の事務所の方が多いので途中で補充もあります。最後までお楽しみに!

そうそうmilbooksさんの古書も新しい本が入りました。

2005/04/01
メルマガ発行しました。
学習研究社「PureDays Vol.2」に掲載されました。

1周年を迎えました(正確には4/2で丸1年)。お客さま、出版社のみなさん、卸会社のみなさん、ご近所さん、応援してくださったすべてのみなさんに感謝です。

2014 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2013 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2012 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2011 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2010 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2009 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2008 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2007 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2006 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2005 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2004 12 11 10 9 8 7 6 5 4 開業日記