top | news | webショップ | ギャラリー展示 | ギャラリーレンタル | カフェ | Caloについて | 地図 | メルマガ | 店主日記 | ハナヲ | カレンダー |
[2005年2月]

2005/02/27
昨夜はみやけみゆさんの搬入でした。初めての個展ということでちょっと心配もしていたのですが、そんなこと吹っ飛ぶぐらい、大きく出力したものの迫力は違います。ちょっと驚きの視覚体験なのでぜひ見に来てください。不思議な春が壁面に広がります。

2005/02/23
東京では、3日間人に会いまくりおしゃべりしまくりで、帰ってきたらもうくたくた。大阪生活ではありえない刺激がいっぱいの3日。楽しかった。しかし、予定を詰めすぎでほとんど全ての待ち合わせに遅刻した上、普段は地図はばっちり読める女のはずが何度か迷ってしまった。
毎年思うのですが、この時期に東京に行くと大げさなマスクをつけている人が結構多い。大阪ではそんなにつけてないと思うのだけれど。地域性?
今回は仕入が主な目的でしたので、今週から来週にかけて新着本が到着します。運良く今週到着分はもちろんセール対象に。チェックしに来てくださいね。

2005/02/18
祝・青色申告提出。はー、すっきり。
バーゲンの古本コーナーは私の家から出てきた雑誌も結構出しています。装苑はかなりいっぱい、ZOLA(結構探してる人いますよね)、第2期のCOMPOSIT(最初の創刊号ももっているけどこれは売りません)、なぜかブルータスは1冊しかでてこなかったのに、Meetsがいっぱいあったり。オリーブも微妙にあります。100円均一本など、今回は堀りがいありです。
さて、耳寄り情報。大阪梅田のE-ma地下のbibliothequeさんで、19日からエディショントレヴィルのオフィス放出本フェアがあります。旧トレヴィル時代の本も出るそうです。どんな本が出てくるか大注目。
私も行きたいけど明日から東京出張なので、同時開催の東京原宿のCafe&Books issueでチェックしてみようかと。店主出張でもCaloは営業していますので、ぜひセールのはしごをお薦めします!

2005/02/14
新着・おすすめ更新しました。

やっと髪を切りに行く。なんと年末以来行っていなかった!忙しかったといえば聞こえはいいのかもしれないけれど。他にお客さんがいなかったので、切ってもらっている間、スタッフの人が手品をいろいろやってくれた。結構すごかった。やっぱり大好きです。この美容室、だって変だもん。最近やっとホームページができたそう、こちらです。

2005/02/11
メルマガ発行しました。

三連休突入で、オフィス街は人気がなくお店もみんなお休みで、夜になるといつも残業している向かいのビルも真っ暗。窓から外を覗くと、ああ!交差点の向こうのビルの京阪神エルマガジン社の入っているフロアだけが煌々と明かりが付いているのだった…。

2005/02/10
洋書卸やさんの倉庫まで仕入れに行く。夕方遅い時間だったからか、担当の方も少し余裕があったのかいろいろお話しながら本の山を掘る。タイミングがよかったようで、結構欲しい本が見つかりほっと。そうこうするうちに、なんと担当のYさんも愛知県出身だったことが判明、仕事をしていて愛知出身の人にはあまり会わないので(関西では特にかも)、急に親近感がわきました(笑)。へなちょこ本屋ですがこれからもどうか面倒見てやってください、同郷のよしみで…。

2005/02/07
タイポグラフィを研究する人には欠かすことのできない出版社朗文堂の片塩静子さんが亡くなられた。実際にお会いしたのは1度だけでしたが、ご自分のお仕事に対する誠実さと、明るくしゃきしゃきとしたお話しぶりには、こちらも頑張らなくてはといつも元気づけられました。きっと、あのお人柄でたくさんの人たちを支えてきたはずの静子さん。こんなに早くお会いできなくなってしまうなんて、と皆思っているはず。Caloをオープンしたとき、お手紙をいただいていたのにご連絡するのがとても遅くなってしまって、結局お話しないままになってしまったのは本当に悔やまれます。絶対に忘れません。

2005/02/06
Calo内装担当柳原氏がストックホルム国際家具見本市に出展のため、怒涛の準備も息つく間もなく旅立っていかれました、頑張れ。メビック扇町のマネージャーでコモンカフェの山納さんの日記にはフランス見本市視察の旅行記が。

2005/02/05
国立国際美術館で始まったオノデラユキ展のレセプションへ。出品されている作品が多くはないけれど厳選されていて、たくさんのシリーズがある作品を一望できること、展示が作品の意図を最もよく伝えるように考えられていること(特に作品の大きさ)、が美術館に見に行ってよかったという気持ちになれる展覧会。おススメです。

2005/02/04
新着・おすすめ更新しました。
メルマガ発行しました。

1月のランキングです。
【1位】「写場写場2号」800円 展覧会にあわせて、「質問集」472円 定番。
【2位】「エルマガジン04/11月号」390円 本屋特集(残部僅少)
【3位】「いろは3号」850円、「すいとう帖」800円 パークエディティングから、表紙が3色あります。
【4位】「hinism 3」1600円 最新号でました。「エルマガジン05/3月号」390円 紅茶特集。
【5位】「ART IT 第6号」1300円 メディアアート特集。「BOOKLET09ソフィ・カル」700円 慶應義塾大学アート・センターの発行。「美術手帖05年01月号」1600円 ブックガイドです。

2005/02/02
今日も寒かった。昨日よりだいぶましでしたが。そして史上最低の売上げを記録しそうになったものの、なんとか踏みとどまりワースト2。明日は節分、今日よりも少し暖かくなるようです。寒いけれど、toraoさんの展覧会、作品もオリジナルの本も充実の内容ですので、ぜひ足をお運びください。

2005/02/01
今日は本当に寒かった。こんな日はきっとお客さんなんて来ないだろう(台風の日みたいに)と思って諦めていたら、ときどき来てくださるお客さんがいらっしゃって熟考の末、写真集を買ってくださった。こんな寒いのに、ありがとうございます! そして「こんど展覧会をするのでDMを置いてください」とおっしゃったので「はい(もちろんもちろん置きますとも)」とお預かりしました。何度もお見かけしていたのとその様子で、きっと専門にやっておられる方だろうなと思ったのですが、ご自分でも写真を撮っておられる方だったのかと納得。

2014 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2013 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2012 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2011 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2010 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2009 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2008 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2007 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2006 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2005 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2004 12 11 10 9 8 7 6 5 4 開業日記