top | news | webショップ | ギャラリー展示 | ギャラリーレンタル | カフェ | Caloについて | 地図 | メルマガ | 店主日記 | ハナヲ | カレンダー |
[2004年11月]

2004/11/30
肩こりと腰痛がひどくて整体へ。先生に全く歯が立たないと困った顔をされる。腰痛の方はこの週末、長時間立っていたからなのですが、肩こりは慢性的な原因があって、コタツでパソコンを使うから。しかも今週になってから何度目かの「ループ」というゲームのブームがきているから、さらにそれをマウスじゃなくてThinkPadのトラックポイントでやるから(高得点は無理だけどマウスが故障しているから)。このゲーム、ナボコフの小説から拝借したちょっとした設定とエリック・カールを東欧風にしたような画面で、マウスの動きで蝶を捕まえる単純なもの。もちろんゲーム自体が中毒性があるのですが、ときどきでてくる夢のシーンのランダムな文句が、へんてこで気に入っているのです。

2004/11/27
3時過ぎ、突然停電。初めは店のブレーカーが落ちたと思ったのですが、ビル全体の電気が消えていることに気が付き、しばらくたってから近所一体が停電していることが分かりました。5〜6分で復旧したのですが、かなりドキドキ。停電したときにする、そこかしこに入っている小さなモーターが一斉に速度を落とす音、あと、建物の中にいる人が道に出てきて右往左往する様子は、まるでアニメのよう。恐いよー。
夜は来週からのグループ展で大人数で大騒ぎの展示替え終了後、grafでのトウヤマタケオさんの新しいCD「green」発売ライブへ。今回は最大10人の大編成でのライブでとても楽しかったのですが、もうほとんど職業病というか、あーこんなプレイヤーの人数多くてPA大変そう…とか裏方方面もけっこう気になってしまうのであった。
今夜もnakabanのタペストリーがステージを飾っていましたが、新しいnakabanお仕事本が出ました。「梅谷かおるほんとにおいしい白いごはん」おしょうゆ味のnakabanの表紙画と挿絵が楽しめます。レシピもおいしそう。

2004/11/26
メルマガ発行しました。

anan1440号(11/24発売)に紹介されました。

最近、出版社の方に新規の取引をお願いすることが続いたのですが、前職場の時のことを覚えていてくださって、お電話すると快くお引き受けくださるのはもちろん、喜んでくださったり、「新文化」みましたよ、といってくださったり、うれしいやら恥ずかしいやら恐縮するやらでした。いくら頑張っても、そういった出版社の方に売上でお礼をできるほどには、なかなかなれないのが悩みの種ですが、いつかはなれるように努力しつつ、丁寧に販売していきたいと思います。

2004/11/25
news更新しました。

京阪神エルマガジン1月号にブックフェアについて寄稿しました。アートページをご覧ください。

昨夜は閉店間際に来られた元カリスマ書店員K氏とそのまま飲みに行ってしまった。話題はいろいろだったけれど、印象に残ったのは、やっぱり学生運動の話。私の周りに当時の話をするおじさま方は多く、皆お酒が入ってくると繰り返し同じ話をされるので、相当楽しかったのだろうなあ、などとのんきに考える。初期のリブロのことなど興味深いお話も聞けて、やっぱりおじさまと話すのは楽しいなあ、と思ったわけですが、学生運動の話は今聞いてもあまり役にはたたないような気がします…

2004/11/23
昨日の夜、とても熱いお豆腐を食べた後遺症で、食道のあたりがなんとなく痛いような…。しかも今日は晩ご飯を食べている間に5回も口の中の同じところを噛んでしまった…。

2004/11/22
19日はnakabanのイベントで、トオヤマタケオさんとのギター2本だけのライブのあと、アニメーション「ほうき星」の上映ともようのお話(ここでもうひとつの今回のためのアニメを披露)。とても素敵でした。nakabanすばらしい!
20日は夕方nakabanの搬出と「箱庭リレー」の搬入。昨日から頑張りつづけてくれたnakabanを送り出した後、昼間寄ってくださった装丁家の間村俊一さんが誘ってくださったので、法善寺へ。
21日は写真家の畠山直哉さんが店を見に来てくれた。気の置けない人が何人かあつまってゆっくり過ごす。国立国際美術館へ行く畠山さんたちと別れて、初めてハービス・エントへ。もちろんアンジェさんを見に行くため。品揃えもさることながら、本のための什器がとってもよく考えてあって使い勝手がよさそうで感心。高そうだけど。
今日は、グッズ用のデュシャンの作品の使用許可がでた。思いつきとノリで申請してみたものの、どうせダメだろうと思っていたので、まったく何の手配もしていない。慌てて印刷屋さんに電話したり等々。始まったばかりの「箱庭リレー」の作品のゆるゆる感を横目に、ばたつく。

ということで、なかなか原稿が書けません…。まずい…。

2004/11/18
news、新着本ギャラリー更新しました。

日記以外は久々の更新ですが、本の情報は大幅にレイアウトを変更し、ジャンルごとにご覧いただけるようになりました。リニューアルにあわせて商品も大量追加、といいたいところですが、まったく商品のないジャンルもあり、少し追加といったところでしょうか。まだ、手直しが必要なところもあるのですが、今夜はここまで…。先日の買い付け雑貨や東ドイツ古書もアップしていますのでぜひご覧ください。

2004/11/14
実家に泊まり、再び伊達さんにお話を伺うため、蹴上のギャラリーへ向かう。1時間半ほどお話しているうちに、お客さまがいっぱいになったので失礼する。どうやってまとめるか考えながら、神宮道から観光客満載の岩倉行きバスを見送って銀閣寺道までのバスに乗る。銀閣寺道から疎水沿いに歩き京大グラウンド裏の美容室「木」京都店へ。大阪・中崎町のお店でずっと切ってもらっていた人が新店オープンにあわせて移ってしまったので、わざわざ。お店につくと、同じ美容師さん担当だったsoramimibuncoのスミダくんがすでに終わってお店の人の自転車を借りてガケ書房へ行っているとのことで、帰りを楽しみに待ちながら切ってもらう。終わるころにスミダくん帰還。感想を聞く、ふむふむ。

2004/11/13
原稿を頼まれたため、夕方から急遽、三木氏と京都のアートスペース虹まで伊達伸明さんの建築物ウクレレ化保存計画 第5回公開展示を見に行き、その後、お寺でのトークショーも聞く。国立民族学博物館の佐藤先生(「ソウルスタイル」の企画者)とのトークはマニアックな話題連発でとっても面白かった。担当の編集の方は最終の新幹線で帰ってしまったので(面白そうな方だったので残念!)三木氏と二人で京阪三条近くの居酒屋へ。とっても安い店のはずなのに、ここでなぜか活伊勢エビを注文する羽目になり散財(でもたいへんおいしかったです)。土曜日のため周りが全て標準語=観光客で違和感を感じましたが、私も標準語だし観光客と思われただろうなあ。くやしー。むしゃむしゃご飯を食べながら、三木氏お得意の世代論で盛り上がる。話題は、団塊ジュニア(含む自分たち)について。

2004/11/10
4Fの方からいただいたミントの苗、窓際で育てていたのですが、なんと一夜にして葉っぱが半分に! 下にはいっぱい細かいフンが…。そう、はらぺこあおむしに食べられていたのです!一体どこにひそんでいたのか、それにしてもすごい食欲…。
そろそろフランクフルトブックフェアで注文してきた書籍が届き始めました。新着本をご紹介すべく、WEBのプチリニューアルめざして作業中です。

2004/11/08
またしばらく日記をサボってしまいました。ドイツで買ってきた切手をお店に出せるように袋に入れる作業をしているのですが、これが楽しくて。図柄を見てこの切手とこの切手は仲間だなあ、とか、小さい頃にやっていた遊びみたい。一体何の記念切手なんだろうと小さい文字を一生懸命読んだり、東欧の切手はなんといっても時代背景がよくわかるのが面白い。今回販売するのは50〜70年代の使用済切手がほとんど、一体どんな人がどんな手紙に貼ったんだろう?とか、この切手を切り取って集めた人はどんな人なんだろう?とか、いろいろ想像してしまいます。
東ドイツ、ハンガリー、ポーランド、チェコ、フィンランドの切手、やっと販売始めます。気軽に使えるものばかりなので、お手紙やプレゼントに貼ってみたり、楽しい使い方を工夫してみてください。

2004/11/02
明日(11/3)移転オープンの国立国際美術館のレセプションへ行って来ました。ものすごい人。関西アート関係者はすべて集まっているのでは、という勢いでした。美術館にとっては明日からが本当の勝負、ぜひ地の利を生かして刺激的な企画を多くの人に見てもらえる美術館になってください。オープニングのマルセル・デュシャンの企画展は点数も多く見ごたえあり。Caloからも近くなので、ぜひあわせてお立ち寄りくださいね。

2004/11/01
nakaban展はじまりました。楽しい会場になっています。今日は一日nakabanが会場にいてくれて、お客さまと話したり、展示をいじったり。早くも絵も売れました。狙っておられる方はお早めに。

10月のランキングは…
【1位】いろは3号 850円 ダントツの1位。
【2位】エルマガジン04/11月号 390円 本屋特集で引続きランクイン。
【3位】いろは2号 850円 こちらも売れてます。
【4位】質問集 472円 安定した人気。
【5位】coyote NO.2 1000円 星野道夫さんの本棚にスポットをあてて。
次点:日本みやげ話 630円、ROSE vol.4 500円、鴨居羊子のピンクの言葉ミニブック 350円、久坂葉子への手紙ミニブック 300円、ART IT 第5号 1400円、エルマガジン04/12月号 350円

2014 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2013 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2012 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2011 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2010 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2009 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2008 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2007 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2006 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2005 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2004 12 11 10 9 8 7 6 5 4 開業日記