top | news | webショップ | ギャラリー展示 | ギャラリーレンタル | カフェ | Caloについて | 地図 | メルマガ | 店主日記 | ハナヲ | カレンダー |

9月22日(火)~10月3日(土)
※最終日は15時まで

IDEABOOKS ARTBOOK EXHIBITION


アムステルダムのインディー系アートブックディストリビューターが取り扱う、欧州を中心に中東やアジアなど世界中の、美術、建築、デザイン、写真などのビジュアルブックを手にとってご覧いただき、ご注文いただけます。

10月6日(日)~17日(土)
※最終日は17時まで

刑部富美「アルファベットのZINE」



アルファベットの文字から連想するイメージを本の型の版画で表現するシリーズの2回目。N〜Tを展示します。この本の型を”ZINE”と呼ぶことを最近知りました。またCalo店主石川さんの、インドネシアのお話しから刺激を受け、ZINEのカジュアルな展示も試みます。

刑部 富美 (GYOBU Fumi)
版画工房アトリエ凹凸(西宮)、ザボハウス(東京)を経て、2000〜2002ウッドストック・スクール・オブ・アート、2001ニューヨーク州立大学ニューパルツ校版画専攻卒業。
エッチングを主とする版画、版画を使ったアーティストブック、版画とエンコースティックのコラボレーション作品を制作している。
1997,’01,’03,’12,’13,’19 CWAJ現代版画展(東京)
2007 プレミオ・アクイ国際版画ビエンナーレ(イタリア)
2008 ソウル国際ブックアートフェア(韓国)
2018 第6回東京国際ミニプリントトリエンナーレ(東京)


10月20日(火)~24日(土) 展示はありません
10月27日(火)~11月14日(土)
※最終日は17時まで。

中嶋 佑一「タッチ」



「見ること」と「見られること」、この二つの感受性は一人の人間が生きるあらゆる瞬間において、いつもその意識の中を往復しているように思います。
人と人を繋ぐメディアとしての衣服の存在に焦点をあて、「感触・痕跡・転移」というテーマをもとに制作した作品を展示いたします。
「自分が着ている衣服がどのようにしてここに来たかを知らない私は自分が生まれた瞬間を覚えていない」ことをモチーフとした作品《痕跡のバトン》、消失した者の痕跡に繰り返し向き合うことによって自らの内に流れを見出す《夕暮れ》、「私」という姿・形を変節させる《タイルとしての》など。
他に過去の展示をまとめた作品集も刊行します。

中嶋 佑一 / Yuichi Nakashima
衣裳家として活動を始め、指揮者・小澤征爾によるオペラ、Noism、維新派、Contact Gonzo、ヨーロッパ企画、BABY-Q、子供鉅人などの舞台作品に関わる。
2011年より美術における作品作りを始める。
主な展覧会に
2020 Teenage Psychodrama
2015 To Here Knows When
2014 404
2012 イテ、イナイモノ。

http://yuichinakashima.com/


11月17日(火)~12月5日(土)
※最終日は17時まで。

上野王香展

12月8日(火)~26日(土)
※最終日は17時まで。

尾柳佳枝展

ギャラリーは展示以外にも店内のスペースと組み合わせて、いろいろにお使いいただけます。詳細はこちらをご覧ください。お問い合わせはinfo@calobookshop.comまで。

→カレンダーのページをみる

終了した展示
2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011
2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004