top | news | webショップ | ギャラリー展示 | ギャラリーレンタル | カフェ | Caloについて | 地図 | メルマガ | 店主日記 | ハナヲ | カレンダー | Osaka Art&Design Bookstore Map |
Calo Bookshop & Cafe / Calo Gallery    tel 06-6447-4777(営業のお電話は固くお断りいたします)
550-0002大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル5階  12:00~19:00(土曜は~18:00) 毎週日・月曜休

※表示が乱れるときは互換表示でご覧ください。
   news

■hortaの焼き菓子

月に一度のお楽しみ、広島hortaからのおいしい焼き菓子、4月の入荷は4/22(土)です。どうぞお楽しみに!

■ゴールデンウィーク中の営業について
通常通り日・月定休で営業いたします(4/30・5/1が休)。連休中もぜひお立ち寄りください。カフェも通常どおり営業いたします。

■臨時休業のお知らせ
5/11(木)~5/25(木)の間、臨時休業とさせていただきます。この間、メールオーダーの在庫・入金確認、発送業務もお休みさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがどうぞご了承くださいませ。

■「KITAKAGAYA FLEA & ASIA BOOK MARKET」に出店します

5/27(土)・28(日)の2日間、北加賀屋のクリエイティブセンター大阪(名村造船跡)で開催されるIN/SECTS presents「KITAKAGAYA FLEA & ASIA BOOK MARKET」に参加します。台湾・韓国など海外の出版社の出展もあります。
Caloの出店は5/28(日)のみですので、ご注意ください。
5/27(土)は北加賀屋から地下鉄乗り換えなしの肥後橋の店舗で営業していますので、あわせてお立ち寄りいただけましたらうれしいです。
http://kitakagayaflea.jp/

■伊藤俊治さんの講演録ができました

Calo10周年シンポジウムでの伊藤俊治さんのお話が小さな本になりました。

伊藤俊治「いかにしてともに生き、ともに学ぶか」500円+税。
オルタナティブな学びの場について、バウハウスやF.L.ライトのタリアセンなどこれまでの優れた試みを振り返りつつ、これからの芸術教育に求められるビジョンが親しみやすい言葉で語られています。迷ったときに道筋を示してくれる、お守りのような冊子になりました。
Calo店頭・WEBショップ以外にも、以下のお店でお取り扱いいただいています。お近くのお店でお買い求めください。(※印はネットショップでのお取り扱いもあり)
この冊子は卸が可能です。小部数からお送りできますので、お取り扱いご希望の場合はお気軽にお問い合わせください。
●秋田 まど枠
●仙台
book cafe 火星の庭
KANEIRI Museum Shop 6
●東京
●東京
B&B(下北沢)
IMA CONCEPT STORE(六本木)
ブックギャラリーポポタム(池袋・目白)
SHIBUYA PUBLISHING AND BOOK SELLERS(渋谷・代々木公園)
ギャラリー册(九段下)
●名古屋 ON READING(東山公園)
●京都 
書肆砂の書(堀川五条)
恵文社一乗寺店(一乗寺)
メディアショップ(河原町三条)
●奈良 とほん(大和郡山)
●大阪
BOOK OF DAYS(阿波座)※
柳々堂書店(京町堀)
いとへん Books Gallery Coffee(中崎町)
国立国際美術館ミュージアムショップ(中之島)
スタンダードブックストアあべの(あべのHoop 6F)
●岡山 Brisées(MILBOOKS) ※
●広島 READAN DEAT ※


■nakabanてぬぐい、2017新色できました!


nakabanさんと一緒に作っているてぬぐいも、もう3代目になりました。Calo以外にも以下のお店でお取り扱いいただいています。色・柄の在庫状況はそれぞれのお店に直接お問い合わせください。Caloで品切れの色柄もお取り扱い店にはまだあったりします。
まど枠(秋田)・book cafe 火星の庭(仙台)・ウレシカ(西荻窪)・本屋Title(荻窪)・スタジオマノマノ(名古屋・今池)・ON READING(名古屋・東山公園)・nowaki(京都・川端三条)・メリーゴーランド京都(京都・四条河原町)・ホホホ座(京都・浄土寺)・恵文社一乗寺店(京都・一乗寺)・とほん(大和郡山)・84(広島)・望雲(福岡)
てぬぐいは卸が可能です。詳しくはお問い合わせください。


■nakabanデザインのオリジナル包装紙をご用意しています。通常商品のラッピング・ブックカバーは無料です。ご希望の方はお気軽にお申し付けください。

→newsのページへ

   新着商品


nakaban「Suburban Portraits」
3500円+税
Calo10周年記念本として、10年前にCaloのロゴや看板を担当した画家のnakabanさんと作った本。印刷はシルクスクリーン。nakabanとCalo店主の手製本で、200部限定。エディション入り。
Calo店主の「絵の本なんだけど旅に持っていけるような、コンパクトで何度読んでも飽きない本」というリクエストに答えて作ってくれました。シンプルな手製本にしたのは、この本を手に取った人が、「これなら私も!」と、本が作りたくなるような本という裏テーマもあります。(この商品は卸が可能です。詳しくはお問い合わせください。)
Caloのオンラインショップでのお求めは、こちらへ。

オンラインショップはこちらから

   ギャラリー

4月18日(火)~5月6日(土)

最終日は17時まで。

nakaban × Title exhibition

「ことばの生まれる景色 Ⅰ」



ガルシア=マルケス 『百年の孤独』

一冊の本には、その作家の体験と結びつき、そこからしか生まれてこなかったことばがある。そんなことばの源に遡り、そこで見える景色について描かれた絵。
東京・荻窪の本屋Title店主、辻山良雄さんが12冊の本とその中の一節を選び、nakabanがそこから絵を描いた、もう一つの、ことばの景色。
Titleの開店1周年企画が、Titleと同じくnakabanがロゴを手がけた大阪のCaloへ旅をします。

展示作品(抜粋)  須賀敦子『ミラノ 霧の風景』 / パウル・クレー『造形思考』 / 星野道夫『旅をする木』 / クロード・レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』 / ガルシア=マルケス『百年の孤独』 / 石牟礼道子『苦海浄土』 / 尾崎放哉『尾崎放哉全句集』 ……and more

nakaban(なかばん)

画家。1974年、広島県生まれ。広島県在住。
旅と記憶を主題に絵を描く。絵画作品を中心に、印刷物の挿絵、絵本、映像作品を発表する傍ら、音楽家のトウヤマタケオと『ランテルナムジカ』を結成し、音楽と幻燈で全国を旅する。2013年には新潮社「とんぼの本」のロゴマークを制作。主な作品に絵本『よるのむこう』(白泉社)、『みずいろのぞう』(ほるぷ出版)、『ないた赤おに』(浜田廣介作/集英社)、『フランドン農学校の豚』(宮沢賢治作/ミキハウス)など。
www.nakaban.com

辻山良雄 (つじやま・よしお)

1972年、神戸市生まれ。大学卒業後、㈱リブロ入社。中核店舗の店長を経て、池袋本店統括マネージャー。2015年7月同店閉店後退社後、 2016年1月10日、荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店Titleをオープン。『朝日新聞』などでの書評、カフェや美術館のブックセレクションも手掛ける。著書『本屋、はじまめました』が苦楽堂より発売中。
www.title-books.com

[今後の予定]
5/9~5/27 調整中
→詳しくはギャラリー展示のページへ

ギャラリーは展示以外にも店内のスペースと組み合わせて、いろいろにお使いいただけます。詳細はこちらをご覧ください。お問い合わせはinfo@calobookshop.comまで。
→ギャラリーレンタルのページへ

   Facebook



最新情報は、Caloのtwitter(新着本やフリーペーパー情報などもあり)でもご案内しています。Calo以外のお店や展覧会などの周辺情報は店主のtwitterもあります。

→「お気に入り」に追加
→過去の日記


   今日のハナヲ


→過去のハナヲ

   今日の梱包材


到着日:2014/12/6
送り主:インド食材店 
所在地:神戸市
コメント:やっぱり外国のダンボールは味わい深くて久しぶりの更新。この梱包は箱状にはなっておらず、ぐるぐる何十にもダンボールが巻きつけてあって(このダンボールはかなりやわらかい)、開けるのに一苦労でした(笑)。

→過去ログはこちら