C a f e M U R I W U I

トップ | お店のこと | ライブ・イベント | カフェでお稽古 | 店舗情報


3/29 プチだおん『春の目覚め』



2017年3月29日(水)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
多田葉子(アルトサックス、バスクラリネット、鍵盤ハーモニカ)
中尾勘二(ソプラノサックス、クラリネット、トロンボーン)
関島岳郎(リコーダー、テューバ)

ふと気がつけば、長いあいだ付かず離れず、共にいる3人。かと言って、お互いにまだまだわからないことだらけだし、そうは言っても、しかし何かの拍子にじんわり滲み出る、 機微なども、ひょっとしたらあるのかも知れない。要するに、徒然に、あるがままに歩き続けてきた、そのまんまの、人となりの音楽。

ムリウイを吹き抜ける春の風に誘われて、今日も、気持ちいい音をつぶやきます。




3/30 yojikとwanda in Cafe Muriwui 2017 春の訪れ



2017年3月30日(木)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
yojikとwanda
 yojik(歌と色々なもの)
 wanda(歌とガットギターや色々)

yojikとwandaは2人組のミュージシャン。今回はムリウイで皆さんと一緒に2017年の春の訪れを祝いたいと思います。以前来ていただいたことがある方もはじめての方も、たくさんの曲や試みを用意しておきますので、ぜひいらしてください!




3/31 moeizu



2017年3月31日(金)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
カムラアツコ(Vo, Electorics, Key)
金子雄生(Cornet, 各種民族楽器)
竹田賢一(エレクトリック大正琴)
園田游(舞踏)
レンカ(踊り)

‘萌え/燃えいづ’ 芽が伸びだしてゆくように。または燃えはじめるような。イギリスより帰国中の、ボイスパフォーマー・カムラアツコ(ex.水玉消防団,フランクチキンズ)を迎えての、即興演奏と踊りのGIG!!

イベントページ




〜カフェムリウイ屋上劇場〜

4/1 NICEPLAN第15回公演「フール・エイプリル」



2017年4月1日(土)

【時間】開場6:45 開演7:30
【料金】1800円(ドリンク別)
【予約】
メール:niceplan.home@gmail.com(NICEPLAN)
チケット予約フォーム:こちらより

【出演】
NICEPLAN
作・演出 奥田満
出演 原弘、山内理沙


一組の男女。別れてから3年の月日が流れた、4月1日。違う道を選んだ2人は、その日、偶然出会った。懐かしさと、微かにざわめき立つ心は嘘と本心を纏い、交わす言葉はアルコールと混ざりながら、互いの輪郭を滲ませてゆく。彼処に立っているのは、いつか視た、もう居ない2人のこれから。


【NICEPLANとは】
2005年発足の演劇プロデュース・ユニット。活動は主にカフェやギャラリーで行っている。NICEPLANの作品は少人数で繰り広げられる会話劇が主である。 描かれる世界は日常の片隅の、ごくありふれた一コマであることが多い。留めておけない風景、抗えない時の流れ、離れてゆく人の繋がり。生きることは哀しみに他ならないが、その哀しみを取り込んだ先に対峙する「日常」の美しさ。その瞬間に立ち会いたいという想いが、作品づくりの動機になっている。

* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




4/2 テルミンとギターのデュオ




2017年4月2日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
トリ音(テルミン)
前原孝紀(ガット・ギター)

「テルミンは約100年前に物理学者テルミン博士によって発明された電子楽器です。本体に触れずに、空間にかざした手の位置によって音程と音量を制御するという演奏方法のため、音楽が紡ぎ出される様子はまるで魔法のようです。草笛のような優しい音色と、管弦楽器のような芯のある音色を合わせ持ち、電子楽器とは思えない人間味ある多彩な表現を可能にした楽器です。ギタリスト前原孝紀さんの柔軟できめ細やかなアレンジは、聴く人の心をつかみ、多くの共演者から絶大の信頼を得ています。まったく別の2つの楽器が重なって、新しい音楽がうまれます。」




4/7 Tumo+中山晃子




2017年4月7日(金)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
Tumo
 竹下勇馬(selfmade-electro-bass)
 石原雄治(drums, percussion)
中山晃子(Alive Painting)

Tumoは東京を拠点に実験音楽ユニットです。メンバーは竹下勇馬(selfmade-electro-bass)と石原雄治(Drums, Percussions)です。今回はゲストに中山晃子さんをお迎えします。

中山晃子|AKIKO NAKAYAMA 画家。液体から固体までさまざまな材料を相互に反応させて絵を描く「Alive Painting」というパフォーマンスを行う。科学的、物理的な法則に基づくあらゆる現象や、現れる色彩を、生物や関係性のメタファーとして作品の中に生き生きと描く。




〜カフェムリウイ屋上劇場〜

4/8 ホトトギスと精霊たち



2017年4月8日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2000円(ドリンク別)
【予約】メール:sango369@gmail.com(Sango)

【出演】
月姫虹(ネイティブアメリカンフルート,真琴)
佐藤仙人文弘(ドンドコニスト)
Asaha(ダンス)
Shadi(ダンス)
Sango(ダンス)
印南真帆(朗読)


鳴くことに、飛ぶことに、生きることに疲れたホトトギス。
疲れた羽を休めていると、精霊たちが現れ、
生きるために必要なコトを与えてくれました。
その必要なコトとは。。。


イベント紹介ページはこちら

* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




4/9 春風に誘われてベリーダンス




2017年4月9日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
Rameesha(ダンス)
FUJI(サズ、歌)
宮澤夏起(レク、ハンドパン)

ベリーダンスとトルコ音楽ライブ。それぞれの充電期間を経て、久々の顔合わせでお 送りします。新しい曲もあり、おなじみの曲もありますが、たぶん、かなり斬新な響 きに変わっていることでしょう。ベリーダンサーの枠を越えたRameeshaの渾身の踊り が、混沌とした時代を映し出します。今、ここでしかできない表現の旅へ。




〜カフェムリウイ屋上劇場〜

4/14 & 4/15 今村よしこソロダンス【カフカ】



2017年4月14日(金)/15日(土)

【時間】14日 開場7:30 開演8:00
【時間】15日 開場7:00 開演7:30

【料金】1800円(ドリンク別)
【予約】メール:tobisarudayo@gmail.com(今村)
 ※二日連続公演ですのでご希望の日程を明記ください

【作・出演】今村よしこ

【照明】平地康浩
【衣装】黒井岬


「今村よしこ、初のソロダンス公演。
題の『カフカ』は村上春樹さんの小説から拝借。
カフカとはチェコ語でカラス。
カラスの様に舞いたいとおもいます。
カフカ舞うムリウイという森の中に是非いらしてください。
お会いできるのを楽しみにしております。」


今村よしこ
ダンサー。幼少よりクラッシックバレエを習い、現在はモダンダンスを吉沢恵に師事。ヴァリアス・マダム・カプセル、吉沢恵作品などに多数出演。 近年は個人の活動やソロやグループ(canari)作品の創作に意欲的に取り組む。また、音楽好きが高じて音楽とカフェダンスの会「Yの部屋」を主催。満員御礼の人気イベントとなっている。 今回、ずっと目標にしてきた初の単独ソロダンス公演に挑む。

* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




4/16 「音返し」 藤巻鉄郎 solo



2017年4月16日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】藤巻鉄郎(Drums, Per)


初めてのソロをムリウイでやらせていただきます。 打楽器のソロです。 題の音返しは恩返し、という意味もありますが、どちらかというと音に返すという意味合いが強いかなと思います。少し前までは自分が音楽をする理由として絶対に格好良い音楽を作りたい、という執念に似たものが胸にありました。 その気持ちも消えてはいませんが、格好良いと感じるものは何だろうから始まり、人をアッと言わせるリズムなのか、信じられない音色を奏でる事なのか、これはリズムだって感じるのは何なのか、これは音楽ですがあれは雑音ですって感じてしまう差は何なのか。出した音はどこに消えていくのか(これはムリウイで特に感じている)。 考えれば考えるほどキリはないですが、答えは出なくていいとも思っています。しかし考える事が無駄ではなかったという事をようやく少しずつ感じ始めてもいます。 この日も練ったものを演奏するのか、その場で作りあげて出すのかまだわからないですが、大好きなムリウイで大切にじっくり、バッサリ、と音を出したいです。 藤巻鉄郎




4/20 穀雨の会
〜クロスステッチ 暦ライブシリーズ Vol.1〜






2017年4月20日(木)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
クロスステッチ 梅原貴子(ギター&ボーカル)、柿沼朋音(アコーディオン)
(リコーダー)、福島久雄(ギター)DUO


クロスステッチ
2015年春の鎌倉で結成。歌を愛するギター梅原貴子とアコーディオン柿沼朋音によるユニット。 世界各国・古今東西の良い歌とオリジナル曲をレパートリーに、ゆるやかなハーモニーで奏でています。

直(リコーダー)&福島久雄(ギター)DUO!
真っ直ぐ素朴な古楽器、リコーダーと、今昔のシンプルなメロディーから自在なリズムとアドリブを繰り出すギター〜そこは密な小宇宙♪




4/21 L/Randomscape #05
YLOライブ




2017年4月21日(金)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
YLO
Yohta Kataoka(photo+)
Liezo(dance)
Ochi Yasuhiko(bass)


写真と音とダンス
それぞれのコトバ、視線と響き
ためし、さぐりの4回目




4/22 マリンバ、アイリッシュフルート、チェロのトリオによる新しい響き





2017年4月22日(土)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
須貝知世(アイリッシュフルート)
星衛(チェロ)
高屋敷庄一(マリンバ)


ムリウイで出会った三人が、それぞれの音楽を新しい組み合わせ、新しい音で。




4/23 Alpine Loft アルプスの風



2017年4月23日(日)

【時間】開場6:00 開演7:00
【料金】大人500円 子供無料(ドリンク別)
【予約】メール予約 muriwui@gmail.com (ムリウイ)
 *日程、お名前、人数、連絡先 を明記して下さい

【出演】
原奈穂子(写真、映像)
ジャン-ジャック・ペデレッティ(音楽)

スイス・アルプスの村マットンに建つ、築250年の古い牛小屋。現在は、チューリッヒにある建築事務所、オフィス原鳥のアトリエとして改築され日本とスイスの異なる文化が交わる場所となりました。

この牛小屋が息を吹き返すまでの3年間を記録した本の出版にあわせてスイス在住の建築家と音楽家が、映像と音楽を合わせたスライドショーを行います。スライドショーの後に、本の販売もあります。お子さんも、お友達も、是非一緒にアルプスの風を感じにいらして下さい。

Jean-Jacques Pedretti ジャンジャック・ペデレッティ
1958年、スイス、ニヨン生まれ。ジュネーブ高等音楽学校で学ぶ。 トロンボーン、アルプホーン、ほら貝、サガット、他様々な楽器を奏でる。 世界中のフェスティバルで現地の音楽家と共に演奏。 好きな音楽: Steve Lacy, Paul Bley, Jimmy Giuffre

原奈穂子
1976年、東京生まれ。日本の大学を卒業後、パリ・ベルヴィル建築大学で学び、2001年からスイス在住 。2004年にチューリッヒで建築事務所「オフィス原鳥」を、ゼノ・フォーゲルと立ち上げる。 2016年に退社。現在はフリーで活動中。 好きな音楽: ふちがみとふなと, Robert Wyatt, Thelonious Monk




4/27 春色のムリウイでノラオンナひとりウクレレ弾き語り



2017年4月27日(木)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
ノラオンナ(Vo, Ukulele)

「ご予約はいりません、ふらりとどうぞ。」




4/29 純名里沙 & 笹子重治 Duo Live @昭和の日 in MURIWUI



2017年4月29日(土)

【時間】開場3:00pm 開演3:30pm
【料金】3800円(1ドリンク別、この日フードはありません)
【予約】メール予約 muriwui@gmail.com (ムリウイ)
 *日程、お名前、人数、連絡先 を明記して下さい

【出演】
純名里沙(うた)
笹子重治(ギター)

「純名里沙&笹子重治コンビが久しぶりにムリウイに登場!! 昭和の日にちなんで、昭和に産まれた名曲を中心にお届けいたします。 今回は、このデュオには珍しいティータイムライブ。屋上カフェで、暮れていく美しい空を眺めながら、ギターとうた声だけに身を委ねてみませんか? ゆったり、昭和なひとときを是非ご一緒に♪ ゴールデンウィークの始まりに、都内でありながら時間(とき)の流れがどこか違う“MURIWUI”でお待ちしております。」



終わったイベント


3/26 BAROQUENA(バロッケーナ)




2017年3月26日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
岩川光(ケーナ)
ゲスト:高橋那菜(クラシック・ギター)

1492年にコロンブスがアメリカ大陸を「発見」した、と今でも歴史の教科書には書かれている。 それよりずっとずっと前から、アジアから、日本から、人々は舟で太平洋を渡り、南米大陸に旅していたし、故郷に戻れなくなって、定住したりしていた。15,000年前にはご先祖さんもたくさんこの地に来て、居心地よくなっちゃったんだから、何の不思議もない。 その中に笛吹きもいただろう。スペイン人に見つかっちゃって、あまりに上手なもんだから、拉致されたりしたんじゃなかろうか。そして、スペインの王宮に仕えて…「ケーナ吹きたいなぁ」と思いながら、我慢してリコーダーとかフルートとかを吹いていたんじゃなかろうか。その息子、孫、弟子、孫弟子…が、 ある日、親方のケーナを見つけて「おぉ!これは面白い!」となって、挙句の果てに当代随一ヨハン・セバスチャン・バッハ先生に認められ…。 という妄想から始まります。「バロック+ケーナ=バロッケーナ」




3/25 「トキメキ ワルツ」
〜三人の音が芽吹いて絡みあって思わず踊ってしまいそうな春の宵〜




2017年3月25日(土)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
磯部舞子(ヴァイオリン、他)
熊坂路得子(アコーディオン、他)
みっち。(うた、踊り、ギター、他)

昨年9月、みっち。のワンマンライブの中で大好評だった編成の再演!三人のそれぞれの音が芽吹くと、それに時めいた音や踊りが次々と花開いていきます。様々なかたちでライブを続けるベチコ×るつこ×みっち。のトリオ編成のライブです。※ワルツだけではなく、いろいろなリズムで演奏します。




〜カフェムリウイ屋上劇場〜

3/24 サロメの嘆き




2017年3月24日(金)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2000円(1ドリンク別)
【予約】メール ayanoendotanmondan@yahoo.co.jp (遠藤綾野)

【出演】
蔭山 ひさ枝(朗読) [劇団渡辺]
遠藤 綾野(踊り) [Tan*Mon Dan]


なぜ、、見てばかりゐるのだろう。
目蓋を震わせ、いヽえ 本当は解ってゐるの。

銀の大皿に載せて、いますぐ ここへ、、、
踊ってはなりませぬ。
音もしない、何も聞こえぬ、どうして。。
あたしは。

その中には潮が流れ、月の光も 波の青さも 消し去ることはできない。

(オスカーワイルド「サロメ」より)

* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




3/18 月の君 黄金の人



2017年3月18日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2000円(ドリンク別)
【予約】メール予約 tomomi.paromita@gmail.com (佐藤友美)
 *日程、名前、人数、連絡先 を明記して下さい

【出演】
Tomomi Paromita(佐藤友美)
 (エクタラ、ドゥギ、グングル、ドタラ)

「月の君 黄金の人 よろこびの中で、あなたと共に 楽の音に合わせて 踊りましょう」

放浪の吟遊詩人とも呼ばれるバウル、ベンガルの修行者たちにとって、歌は人生を導くみちしるべです。天を貫くような高い声は、赤子が母を求めるように。一弦琴「エクタラ」と「小鼓ドゥギ」を奏でつつ、足につけた「グングル」で鈴を鳴らして舞い歌う、伝統的な一人で完結するスタイルを学ぶ 佐藤友美が、師の許しを得て今回、初めて日本で公演します。




3/3 短冊 桃月の演奏会



2017年3月3日(金)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
短冊
 今西玲子(箏)
 児嶋佐織(テルミン)

「邦楽を代表する楽器とも言える箏と、ロシア発の世界最古の電子楽器テルミン。その一見奇天烈な組み合わせから紡ぎ出される即興的で歌心あふれる響きは幽玄かつ遊び心に満ちて、聴く人を魅了する。もとは大阪の同じ市内に住むご近所ユニットだったが、箏の今西玲子が近年活動の拠点を東京に移し、それぞれが活動の場を広げ、ユニットの演奏もより深化し、好評を博している。」




3/2 平井正也、おおいにうたう



2017年3月2日(木)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
平井正也(うた・ギター)

「心臓にギターをつなぎ、毛穴でうたうようなライブはたった一人でも大音量のバンドに匹敵するほどのテンション。不良性のかけらもないたのしくて美しいロックンロール。」




〜カフェムリウイ屋上劇場〜

2/26 It's a playbacktheatre #1



2017年2月26日(日)

【時間】開場6:30 開演7:00
【料金】前売り2000円/当日2500円/学割1500円(ドリンク別)
【予約】リトルアス・プレイバックシアター usual_tone_of_voice0205@hotmail.com に件名を「2月26日公演予約」と明記のうえご連絡ください。折り返し詳細をお送りいたします。

【出演】
リトルアス・プレイバックシアター
久保田智之(くぼ)
飯田玄洋(げんよう)
菅野真理子(まりんか)
石関さえ(さえちゃん)
藤得顕(べ)
渡辺亮(りょう)


商店街の片隅に、ひっそりとたたずむカフェムリウイ
日が暮れるころ、雑居ビルの屋上に離島の隠れ家を思わせる趣のカフェは劇場へと変わる。

リトルアス・プレイバックシアターの旗揚げは屋上劇場からはじまります。日常の生活音から少しだけ離れた地上約10メールの空間で行われる日常の中に埋もれていた自分自身を見つけ出すプレイバックシアターの旅が幕を開けます。

プレイバックシアターは台本もない打ち合わせのない、偶然と出会いが積み重なって紡がれるちょっぴり不思議な舞台空間。
忙しい自分のメンテナンスに 人生の振り返りに 明日の扉に触れるために ドラマチックな出来事から 何気ない日常の片隅の物語まで グラスを片手にしながら人が生きていく中で紡ぎ出すストーリーの奇跡に触れる体験にゆるりと心揺らす

屋上劇場で会いましょう。

* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




2/19 前原孝紀 ソロギター



2017年2月19日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
前原孝紀(ガット・ギター)

「ジャズ、ロック、ブラジル音楽、クラシックなどに影響を受けたオリジナル曲を中心に演奏します。ムリウイでは、美味しいハンバーガーと屋上からの景色が楽しめます。よろしくお願いします!」




2/18 矢野あいみ×中田真由美 with 村木充『ぬくもりのうた』







2017年2月18日(土)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
中田真由美(うた・ギター)
矢野あいみ(アイリッシュハープ弾き語り)
村木充 (コントラバス奏者)

中田真由美:「感じたままに歌声と遊ぶ人」映画や絵描きなど芸術とのコラボや、見つけた日常の"愉快"を独自の詩世界とともに広げてゆく。
矢野あいみ:「自ら”物語を書いて、語り、ハープを弾き、歌う”という独自の「音語り」スタイルで演奏活動を行っている。
村木充:「表現するクラシック音楽」をテーマに、映像も駆使したライブを展開し、演劇や朗読、ダンスなどの公演にも数多く参加。




〜カフェムリウイ屋上劇場〜

2/17 YYY vol.1【トキメキ】


2017年2月17日(金)

【時間】開場7:20 開演8:00
【料金】2000円(オーダー別)
【予約】こちらのサイトから

【出演】
新宅一平(ダンス)
徳島はっちー(ジャグリング)
ソらと晴れ女(パフォーマンス)
yu-ki(ダンス)
今村よしこ(ダンス)


ムリウイが屋上劇場はじめたってよ!
何かやろうよ!とわらわら集まった3人
マルチパフォーマー ”ソらと晴れ女”
ダンサー ”yu-ki” ”今村よしこ”
Yを名前に持つ3人が開催する初イベント!
初回のお題は【トキメキ】
トキメキと言っても乙女チックなものばかりとはかぎりません。太字で書くようなどっしりとしたトキメキもあるし、自分にしか分からない密かなトキメキもある
さてどんなトキメキが繰り広げられるのか…
さらにゲストもお二方お迎えして豪華見ごたえ満点!
ご予約優先、30席限定となります。
2月のキーンと冷えた冬の空にホットなトキメキパフォーマンスを体感しにいらしてください。夕刻、カフェから劇場に変身する”ムリウイ屋上劇場”で皆様をお待ちしております。

イベント詳細ページはこちら

* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




2/12 KOOMOON



2017年2月12日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
KOOMOON
 久米貴(As,G,Vo) 吉田茂生(G) ひろたえみ(Vo)
田村みどり(Ts)

「前半は主にバッハの曲をサックスで演奏し、後半はいつものKOOMOONという構成にしようと思っています。」




2/11 日野良一&高屋敷庄一ライブ



2017年2月11日(土)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
日野良一(ギター、歌)
高屋敷庄一(マリンバ)

「ムリウイで出会った日野と高屋敷。聞けば同い年だしムリウイに特別な想いもあるし、当然のようにライブした夜から半年。当然vol.2します。初回よりももっと濃いマリンバとギターの絡みをご期待ください。」




2/10 カフェマイム ヘルシー松田



2017年2月10日(金)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
ヘルシー松田(Pantomime)
おおたゆみこ(Accordion)

「みんな大好き、ヘルシー松田さん再びカフェマイム登場です。 絶妙でシンプルなヘルシーさんワールドをぜひ…」




2/9 田中邦和 バリトンサックスソロ



2017年2月9日(木)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
田中邦和(バリトンサックス)

「田中邦和、バリトン一本かついでのライブ!低音楽器ならではの音曲玉手箱!真冬の透き通った空気に真鍮の倍音が響きます。」




2/5 真冬のムリウイでノラオンナひとりウクレレ弾き語り

2017年2月5日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
ノラオンナ(Vo, Ukulele)

「声とウクレレの存在感。ふらりと触れてください。」




2/4 イムルノリ



2017年2月4日(土)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
崔在哲(唄、韓国太鼓、G)
越智泰彦(ベース)

チェさんは韓国太鼓チャンゴ奏者。太鼓たたきながら歌いまくる、熱い人。ルーツは韓国の伝統芸能、四物遊び「サムルノリ」。こちらもお馴染、ベースの越智さん。音楽を「身体」レベルまで掘り下げる楽しい試み。これは二物遊び「イムルノリ」ではないか!




2/3
トンデ空静空中カフェシリーズvol.7
サウンドホールズ




2017年2月3日(金)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
松原東洋(butoh/舞踏団トンデ空静、渋さ知らズ)
舩橋陽(saxophone)

「カラダがぽっとあって、サックスが部屋の四隅に反響するのを感じれるような、静かに張りつめた会にしたいと思います。あちらとこちら、身体の内と外、シンプルな素材でいくつかの心震わす空間を作ります。踊りの舞台作品への楽曲提供や演奏に携わる舩橋陽氏を迎えてお贈りする、見たことも聞いたこともないシリーズ第7弾。」