C a f e M U R I W U I

トップ | お店のこと | ライブ・イベント | カフェでお稽古 | 店舗情報


10/19 アオのふたり-秋の嵐-



2017年10月19日(木)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
纐纈雅代(Sax)
板垣あすか(Dance)


『渋さ知らズで出会ったふたりが初のガチンコライブです。唯一無二の女流サックス奏者・纐纈雅代&ダンサーあすかJ板垣・ made in Cuba、どうぞお立ち寄りください☆』




ムリウイ屋上劇場

10/20, 10/21
ファビュラス姉妹 ダンスパフォーマンス
【をちこち】 ー遠近ー




2017年10月20日(金),21日(土)

【時間】
20日)開場7:30 開演8:00
21日)開場7:00 開演7:30
【料金】1800円 (1ドリンク別)
【予約】Web予約 / メール予約
【作・構成・振付・出演】
ファビュラス姉妹(岩崎一恵 秦真紀子 今村よしこ)


サエキさんの奥さんはUFOを目撃したその1週間後、家族を残していなくなってしまった。みんなUFOに連れてかれてしまったんだって言っていたけど、本当は心の奥でずっとUFOが迎えに来てくれるのを待ってたんじゃないのかな。

ここにいることを選んだ時、そこへいくことを選んだわたしがいて、 そこへいくことを選んだ時、ここにいることを選んだあなたがいる。

故郷から10000光年。

☆ファビュラス―fabulousとは、fable (寓話、たとえ話)を語源とした形容詞で、もともとの意味は「寓話的な、物語に出てきそうな」。そこから「信じられないような、嘘のような、途方もない、法外な」「素晴らしい、素敵な」の意味が出てきた☆




ムリウイ屋上劇場とは→




ムリウイ屋上劇場

10/22
ナンギャールクートゥ
南インドの古典劇「カムサヴァダム」




2017年10月22日(日)

【時間】開場6:30 開演7:00
【料金】3000円(1ドリンク別)
【予約】メール:abhilabo@yahoo.co.jp(アビナヤラボ)


出演:入野智江ターラ
ミラーヴ伴奏:畑板智保、岩田豊美
ターラム:石山聖子、小野美智子

協力:NPO法人 JML音楽研究所
企画制作:アビナヤラボ


ユネスコの世界無形文化遺産に登録されている古典劇「クーリヤッタム」
女優がひとりで物語を演じるものは、特に「ナンギャールクートゥ」と言われます
光り輝く神々と、邪気あふれる荒ぶるもの達の綾なす物語が、女優の身体を通して、わたし達の眼前に立ち現れます
今回のストーリーは、人々を苦しめている魔王カムサと対決するために、クリシュナと兄のバララーマがカムサの国にやってきたところからはじまります
壺型の太鼓「ミラーヴ」の音色に誘われてやってきた神様や魔物たちと一緒に、クリシュナ神の物語を楽しみませんか?


ムリウイ屋上劇場とは→




10/26 野奏(三)



2017年10月26日(木)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
ゲスト 長沢哲(drums)
川村祐介(trumpet)
細谷拓馬(contrabass)


「二人の即興演奏家による「野奏」。
第三回は長崎から長沢哲をゲストにお迎えして。
色とりどりの響きを奏するドラム奏者と秋の野を歩みます。」





ムリウイ屋上劇場

10/27, 28
柴崎正道 舞踏公演 『MAN OF FLOWER』



2017年10月27日(金), 28日(土)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】2000円(ドリンク別)
【予約】メール:info@ms48sk.com

【出演】
舞踏 柴崎正道
映像 片岡陽太


花が開花する様を非常にゆっくりとしたスピードで観察をすると、 じんわりと厳かに花びらが開いていくなか、時に花全体が小刻みに震え、 わななく瞬間がある。その後、その刹那的な震えが終わるとまた じんわりとした開花の儀式は続けられる。その刹那的な震えは、 花の周囲をそよ吹く風によって急激に引き起こされるものなのか、 それとも花の内部で開花を促すために自らを震わせるエネルギーの 発動のどちらなのかはわからない。そのような開花時に起きる花の震えを、 舞踏を通じて体現するのが本作品の目的である。

■プロフィール 1979年「大駱駝艦」で舞踏の構造と邂逅し、後に「ダンス・ラブ・マシーン」で舞踏の残酷さを体感する。 身体のわななきを叙情として受容し、細部から全体を投射する舞踏を構築していくことに興味がある。


ムリウイ屋上劇場とは→




10/29 イムルノリ



2017年10月29日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
崔在哲(唄、韓国太鼓、G)
越智泰彦(ベース)

チェさんは韓国太鼓チャンゴ奏者。太鼓たたきながら歌いまくる、熱い人。ルーツは韓国の伝統芸能、四物遊び「サムルノリ」。こちらもお馴染、ベースの越智さん。音楽を「身体」レベルまで掘り下げる楽しい試み。これは二物遊び「イムルノリ」ではないか!




ムリウイ屋上劇場

10/30
ロングロングアイランド




2017年10月30日(月)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】予約2500円 当日2800円(共に1ドリンク別)
【予約】Web予約 / メール予約

【出演】
板垣朝子(dance)
黒田百合(dance)
金子雄生(tp,他)
伊藤啓太(cb)
野崎くらら(perc)


「ぽつり。としまが生まれる そこから次々にしまが生まれて やがてひとつになる
五人は、ぽつりぽつりと出逢い、ひとつの時間を紡ぎます
お越し下さる皆様とともに 原点回帰を ここムリウイ島にて」


ムリウイ屋上劇場とは→




11/3 窓 vol.4



2017年11月3日(金)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:muriwui@gmail.com(ムリウイ)

【出演】
小松睦(ダンス)
藤巻鉄郎(ドラム)
林哲也(ギター)
濱田陽平(ダンス)


<窓> はカフェムリウイが定期的に主催する、音楽とダンスの即興ライブイベントです。毎回2名のミュージシャンと2名のダンサーをお招きします。窓の外に広がる風景と窓の中に広がる風景をお楽しみください。


<窓>の紹介とスケジュールはこちら→

_________________________

小松睦:
ムリウイ初出演。<窓>から入って来ます。窓から入るって表現良いですね、お行儀悪くて。森の奥にある深緑の湖のような美しいたたずまい。平原慎太郎さん率いるOrganWorksでも活躍されています。とても楽しみな、はじめまして。

藤巻鉄郎:
<窓>には2回目の出演。そう、出演者の皆さんには何度も繰り返し出演してほしい企画なのです。前回はパーカッション的なセットでしたが、今回はドラムセットで参加してくれるそうです。当たり前ですが同じ演奏は二度とありません。

林哲也:
微音カフェノイズともいうべきムリウイでのイベントに出演された時に感銘を受けました。多くのミュージシャンが「自分の実験」に没頭しがちなのに対し、その場の音に深く聴き入るような演奏。ダンスとノイズ。実は<窓>の裏の企み。裏窓。

濱田陽平:
数年ぶりのムリウイ出演です。最後に会った時は「イスラエルに行く!」と言っていました。今はどこにいるのでしょう。そしてこれからどこへ行くのでしょう。なんだか不安になるのは、中にうごめく強い愛のせいでしょう。ダンスよ!




11/4 観月Bossa nova



2017年11月4日(土)

【時間】開場6:30 開演7:30
【料金】2500円(ドリンク別)
【予約】メール:bossa106@gmail.com

【出演】
Aviao
 小川やよい(g vo)
 高橋恭子(p)
Guest
マツモニカ(h)
斎藤真己(b)


「秋の夜長、ムリウイの美味しいコーヒーやお酒と共に、しっとりとしたBossa novaを聴きにいらしてください。。」




ムリウイ屋上劇場

11/5
Aerial×Contemporary ダンス企画 -VISION-



2017年11月5日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:matsuyamanami.conte@gmail.com(松山)


【出演】 松山奈未(ダンス)


踊るって、1つの生き方になるだろう。
場所なんて決まってない。
日常の中でも、夢の中にいても。
どんな空間に存在していても私は踊るだろう。

松山奈未
Aerial Dancer/Contemporary Dancer/Choreographer/Instructor
サンリオピューロランド「Miracle Gift Parade」エアリアルダンサーとして出演中
「INTERNATIONAL ASIA-PACIFIC POLE & AERIAL ACROBATIC CHAMPIONSHIP 2017」Aerial Silk(Tissu)部門1位優勝。Aerial Hoop(Ring)部門2位準優勝。
「2017 Capital of Texas Aerial Championships」Aerial Lyra - Professional部門1位優勝。Aerial Silks - Professional部門2位準優勝。


ムリウイ屋上劇場とは→




11/8 発熱音楽 気がつくとわたしは



2017年11月8日(水)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
FUJI(サズ)
伊藤アツ志(ダルブカ)


「トルコの大地は音楽の宝庫です。喜びも悲しみも全開にして生きる人々の、生命そのものです。トルコは、政治的にはいろいろ問題もあって、不自由なところもあるんで しょうが、とにかく人々は誰もが元気です。なんであんなに元気なのか。誰とでもよくしゃべりますし、毎日がお祭り騒ぎのようだといっても過言ではありません。それ と、細かいことを気にしない図太さと言おうか、日本人的に見ればいい加減にみえるんでしょうが、その気質(?)のゆえに社会の雰囲気がゆるくて助かります。そんな 雰囲気を少しでもお伝えできる音楽にしたいと思います。」




ムリウイ屋上劇場

11/9
星の巡りライブ vol.1〜山〜



2017年11月9日(木)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2000円(1ドリンク別)
【予約】メール:tobuturu@hotmail.co.jp(青柳)


【出演】
青柳ひづる(ダンス)
高橋香衣(太鼓・ヴァイオリン他)
渡辺淳(尺八・篠笛)


「この3人は、とある小さな里山で青柳ひづるが主宰する子どもたちのダンスクラスで出会いました。 その里山で、子どもたちと私たちはたくさんの小さくも美しい奇跡を体験しました。 その場から、踊ることや奏でることの原点と本質を改めて教わったような気がします。 今度は3人でそんな場を、と企画したライブのテーマは出会いの地である「山」に自然となりました。 出会った山、原風景の山、まだ見ぬ山・・・・・山はあまりにも広く、深く、多様で、果てしない。 それぞれの中にある「山」にまつわる第一章。」




ムリウイ屋上劇場とは→




ムリウイ屋上劇場

11/10, 11
オクスリ
「タカパタ タカパタ」




2017年11月10日(金), 11日(土)

【時間】
10日 @5:30 A8:00
11日 B5:30 C8:00
(30分前開場・開演後の途中入場はできません・上演時間は一時間を予定しております)
【料金】2500円(ドリンク別)
【予約】オンライン予約:こちら

【作・演出・出演・製作】
オクスリ(寿寿 菅由紀子 日向野敦子 山本健史)
※菅由紀子は当日会場にはいない形での出演となります。ご了承ください。

ショートショートユニット・オクスリがムリウイに現れる!
今回もメンバー四人が作・演出した作品がてんこもり!クスッと笑えるもの、ゾクッとするもの、ほっこりするもの、各種取り揃えておりますので、どなたさまでも気軽にお運びください。

【blog】http://okusuri.sblo.jp/
【Twitter】@okusuriiiii


ムリウイ屋上劇場とは→




11/12 勝井祐二 × パールアレキサンダー デュオ



2017年11月12日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
勝井祐二(violin)
パールアレキサンダー(contrabass)


「勝井祐二 × パールアレキサンダー デュオ
コントラバス奏者パールアレキサンダーさんとのデュオを久しぶりにやります。 パールさんはアコースティックで、僕はエレクトリックとアコースティックと両方使って即興演奏します。 ムリウイならではの響きの中での演奏をとても楽しみにしています。 勝井祐二」




終わったイベント


10/15 坂田明 × 勝井祐二 デュオ



2017年10月15日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
坂田明(as,cl,vo)
勝井祐二(violin)


「坂田明 × 勝井祐二 デュオ。
何度も二人で沖縄に赴き、東村高江を訪れて演奏してきたこの『坂田×勝井デュオ』 東京では久しぶりにムリウイでやらせていただきます。」




10/13, 14
YLO live公演 vol.5『透過スル』



2017年10月13日(金), 14日(土)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】2500円(ドリンク別)
【予約】メール:lrandomscape@gmail.com

【出演】
YLO
Yohta Kataoka / photo+
Liezo / dance
Ochi Yasuhiko / bass


写真家とダンサーとベーシスト、それぞれの視点から
時空を模索する5回目のライブ公演。


ムリウイ屋上劇場とは→




10/9 朗読と音楽の実験会
-赤ずきんちゃんと三匹の子豚-




2017年10月9日(月祝)

【時間】開場6:00 開演6:30
【料金】2000円(ドリンク別)
【予約】メール:lidproject2017@gmail.com

【出演】
渡辺南友(Tp)
小池勇輝(Bs)
坂本貴啓(Reading, Perc)
渡健人(Reading, Perc)

「誰もが知る「赤ずきんちゃん」「三匹の子豚」をテーマに「朗読」と「音楽」の即興パフォーマンスを行います。 裏テーマには陰と陽の対比を掲げ、誰もが知る2作品の、誰も知らない側面をお見せしたいと思います。 朗読として、音楽として、物語として、色々な視点で楽しんで頂けると嬉しいです。」




10/8 BASSE PLANTE
〜1st Album Release LIVE at Cafe MURIWUI




2017年10月8日(日)

【時間】開場6:30 開演7:30
【料金】
チケットのみ
 予約2000円(1ドリンク別)
 当日2500円(1ドリンク別)
CD付きチケット
 予約3800円(1ドリンク別)
 当日4300円(1ドリンク別)
【予約】メール:katsurarecords@gmail.com
Tel:090-7016-5463 (Katsura Records カツラレコード)

【出演】
BASSE PLANTE(コントラバス)


「クラシック、ポップス、ブラック・ミュージックへの深い造詣と、確かなテクニックがコントラバスの可能性を最大限に引き出す。たった一本のコントラバスとループステーションから生み出されるジャンルの垣根を超えた新しいサウンドがここにーー。満を持してリリースされた、ベースプラントのファーストアルバム『ONE』リリースライブ!」





10/6 日本語ボサノヴァ三国志[



2017年10月6日(金)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
東輝美(Vo, G)
OTT(Vo, G)
heli(Vo, G)


『日本語ボサノヴァ担当のOTTさん、三国志担当の東輝美さん、事務局担当のheli(私)がお届けする「日本語ボサノヴァ三国志」の第八回目です。ボサノヴァは自分が音楽をやり始めて以来、大きな柱の一つであり続けてきましたが、にもかかわらず一方で、何となく距離を置こう、遠ざかろう、みたいな気持ちもあったことは否めません。近親憎悪みたいな感じでしょうか。そんな自分の引き裂かれた気持ちに橋を架けてくれる貴重な機会として、日本語ボサノヴァ三国志は自分にとって重要なイベントであり続けてきました。なんて、そんな自分語りは抜きにしても、単純に面白く楽しいイベントであることは間違いなく、私もOTTさんや東さんの演奏を見るのが楽しみで仕方がありません。多くの方のお越しをお待ちしています。』




10/5 session、からだと音



2017年10月5日(木)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】1800円(ドリンク別)
【予約】メール:green333mary@yahoo.co.jp (小椎尾)

【出演】
小椎尾久美子(ダンス)
平田祐一(ムビラ・パーカッション)
木村裕之(ベース)
MORIO(ギター)


10月大安吉日の夜、
この空間、ここにだけ、
走る、たたずむ、からだと、音と、
即興でsessionします。





ムリウイ屋上劇場

10/1
NICK-PRODUCE#22---wordlabo.2 珈琲店行脚戯曲読
明日晴れたとしてもピクニックには行かない。



2017年10月1日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2200円(1ドリンク別)
【予約】こちら
【お問合せ】メール/電話090-1254-7765(NICK)

【作・演出】村野玲子
【出演】加古みなみ
 9/24 佐藤拓之[※会場=Sweets Bar Melty100g
 10/1 猪熊恒和(燐光群)
【作曲・チェロ演奏】五十嵐あさか
【スーパーバイザー】中谷路子松本永
【企画】NICK-PRODUCE


都内2店舗のカフェでリーディング。女性キャストは演劇企画集団THE・ガジラのワークショップを経た加古みなみ。作曲・チェロ演奏は、アルゼンチンでの活動を経て日本で活躍中の五十嵐あさか。男性キャストは、9/24:佐藤拓之、10/1:猪熊恒和(燐光群)と、魅力的なゲストをお招きします。
[※9/24の会場は代官山Sweets Bar Melty100gとなります]

STORY
コンビニ経営に失敗した夫婦。これまでにも何度も起業に失敗してきた夫とその妻は、娘の強い勧めで離婚しようとしている。夫婦が寝起きするのは、他でもないその娘の一人暮らしの部屋。生活が維持できず、転がり込んだのだった。 夫の負債が家族にまで及ぶのを避けるため、離婚せざるを得ない現状ではあるものの、離れる必要を自覚すればするほど、互いへの想いが深まっていってしまう。共同経営者、父母、夫婦、男女――役割の仮面をひとつずつ剥がして行き、人間としての互いの素顔に再び出会い直す、ほんのり淡い対話劇。




ムリウイ屋上劇場とは→




9/30 宿された時間への幻想 -無国籍音楽の夕べ-



2017年9月30日(土)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
Kayo Kamishima(vocal)
中西文彦(guitar)

「パリの路地裏、ブロカントの古いメトロノーム、色褪せた絵本...。欧州の風景に隠れていた『時間』を想いながら、フランス、イタリア、ブラジル、中南米、さらには北米へと想いを馳せ、音楽で旅をします。ガットギターと唄で紡ぐ、いつかの物語。」




9/29 よろこびのバザール



2017年9月29日(金)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2000円(ドリンク別)
【予約】メール:tomomi.paromita@gmail.com (佐藤友美)

【出演】
Tomomi Paromita(佐藤友美)
 (エクタラ、ドゥギ、グングル、ドタラ)

「よろこびのバザールを行け バザールに腰を据え 形にひそむ真の姿に 心よ狂ってしまえ」

放浪の吟遊詩人とも呼ばれるバウル、ベンガルの修行者たちにとって、歌は人生を導くみちしるべです。天を貫くような高い声は、赤子が母を求めるように。一弦琴「エクタラ」と「小鼓ドゥギ」を奏でつつ、足につけた「グングル」で鈴を鳴らして舞い歌う、伝統的な一人で完結するスタイルを学ぶ 佐藤友美が、ムリウイで2回目の公演をします。





9/24 日野良一&高屋敷庄一ライブ vol.3



2017年9月24日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
日野良一(ギター、歌)
高屋敷庄一(マリンバ)

「マイペースながらも3回目のデュオライブ。マリンバ&ギター&歌のアンサンブルをお楽しみください。 ムリウイならではの至近距離でのマリンバ!お勧めです。 オリジナルやクラシック作品も演奏します。。」




muriwui presents

9/23 窓 vol.3



2017年9月23日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:muriwui@gmail.com(ムリウイ)

【出演】
新宅一平(ダンス)
ダレンムーア(ドラム)
高岡大祐(チューバ)
小暮香帆(ダンス)


<窓> はカフェムリウイが定期的に主催する、音楽とダンスの即興ライブイベントです。毎回2名のミュージシャンと2名のダンサーをお招きします。窓の外に広がる風景と窓の中に広がる風景をお楽しみください。


<窓>の紹介とスケジュールはこちら→

_________________________

新宅一平:
初めて観た彼のソロ作品には「笑撃」を受けました。物語をしゃべりながら踊るのですが、滑稽なまでに洗練された動きと類まれな言語感覚に釘付けでした。唯一無二のダンサー。

ダレンムーア:
オーストラリア出身、東京在住のドラマー。坦々と世界中を旅してきたようにどんな舞台でも即座に自分の居場所を見つける。見つけたと思ったらまた探す。即興音楽の終わりなき探求者。

高岡大祐:
ムリウイに「即興」の文化を芽生えさせ根付かせたのはこの男。会うたびにアップデートされてゆく好奇心と表現。その圧倒的な「聞く力」は、外から入る街の雑音すら「よい音」に変える。

小暮香帆:
ムリウイ初登場。新宅さんのご紹介で今回の出演となりました。まだ映像でしか彼女のダンスは見ていないのですが、とにかく素晴らしいです。身体、という楽器から音が聞こえてくるようなダンス。






ムリウイ屋上劇場

9/22 朗読×ダンスーズ企画『黄色い壁紙』



2017年9月22日(金)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】前売2000円 当日2500円 (共に1ドリンク別)
【予約】メール:m.meco.mer@gmail.com(メル)

【出演】
宮本荊(LifeR)
メル(Mer)


朗読と踊りと共に小説シャーロット・パーキンス・ギルマン著作の短編『黄色い壁紙』を上演します。

”それでもこれだけは自信を持って言える。この屋敷にはどこか奇妙なところがあると。”

語り出す口上に、踊りに、ムリウイの風に、秋のはじまりを堪能してください。

* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




ムリウイ屋上劇場

9/17 "Endoru Mohana"
モヒニヤッタム 岡埜桂子 ソロ公演




2017年9月17日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:keiko.okano0327@gmail.com(岡埜)

【出演】
岡埜桂子


「南インド・ケーララ州の女性舞踊 モヒニヤッタム」
椰子の木が鬱蒼と繁る緑豊かな南国の地、南インド・ケーララ州。芸能の宝庫と呼ばれ、様々な芸能や儀礼が育まれたケーララで「モヒニヤッタム」は女性舞踊として伝承されてきました。
「この上なく魅惑的な踊り」と称されるこの踊りは、ゆったりとした優雅な動きと、豊かな感情表現で観客を神話の世界に誘います。
2010年より毎年ケーララに半年ほど滞在し、ナタナカイシキ研究所のグル・ニルマラ・パニッカルの指導のもと、この芸能を学ぶ岡埜桂子。カフェムリウイで日本初のソロ公演を行います。
ステップ中心の踊りに始まり、自然の美しさを歌ったもの、神様の物語を演じる演目など、物語の解説もふまえながら、間近でじっくりご鑑賞いただきます。
東京の秋の夜、空に近いカフェムリウイ屋上劇場に、南国ケーララを感じにお越しください。



* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




9/16 白い翼と黒い鰭、バビロンを離れるための





2017年9月16日(土)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
新美内閣
 新美博允(Vo, G) 久米貴(As) 吉田茂生(G
KOOMOON
 久米貴(Vo, G) 吉田茂生(G) ひろたえみ(Vo)

「木下ときわのパートナーとして活動する新美博充の久々となるソロプロジェクトをKOOMOONが少しお手伝いします。」