C a f e M U R I W U I

トップ | お店のこと | ライブ・イベント | カフェでお稽古 | 店舗情報


8/24 窓 vol.14

mado_vol14_member.jpg(210489 byte)

2018年8月24日(金)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:muriwui@gmail.com(ムリウイ)

【出演】

相川瞳 vibraphone
向島ゆり子 viola, violin
酒井直之 dance
川合ロン dance


ムリウイが主催する音楽とダンスの即興ライブ企画。
<窓>の第14回目です。


<窓>の紹介とスケジュールはこちら→


相川瞳:
「パーカッショニスト」の相川瞳さん。実はムリウイではヴィブラフォンしか演奏されたことがありません。音楽に向かう姿勢が真っすぐで本当に美しいです。 即興を主戦場にされている訳ではないので、今回はどんな窓を開いてくれるのでしょう。非常に希少なダンスとの共演もお楽しみに。恋しますよ?

向島ゆり子:
バイオリンと言えばもちろん向島ゆり子さんですが、実はビオラと言ってもゆり子さんなのです。彼女とはもう数えきれないくらいお仕事させてもらっています。 世界中どこへ行っても楽器一本で「楽しく食っていける」サバイバーだと思う。かっこいい。ありとあらゆるシーンで活躍する、生きたレジェンドです。

酒井直之:
Co.山田うんのメンバーである酒井さん、ムリウイ初登場です。先日初めてお会いしましたがとってもさわやかな方です。カンパニーだけでなく個人の作品も精力的に 発表されているようです。見られる意識でなく見る意識をもって舞台に立つとき、どんなダンスが酒井さんの身体から発せられるのかとても楽しみです。

川合ロン:
ずっと前からお名前は存じ上げていました、川合ロンさん。ダンス業界では全くの新参者であるムリウイがお呼びするのはどうか・・と思いましたがエイヤ!と お誘いしたところ気持ちよく出演に応じて下さいました。ダンス界を牽引する一人、ロンさんをお迎えして、皆さんと暑く楽しい夏の夜を過ごせたらと思います。




ムリウイ屋上劇場

8/25
原田拓巳ソロ舞踏公演
「Crash- 途切れ途切れに絶え間なく」
Brokenly incessant crash


harada_takumi.jpg(77026 byte)

2018年8月25日(土)

【時間】開場7:00pm 開演7:30pm
【料金】3000円(1ドリンク込)

【予約】
takumi-xxx@grace.ocn.ne.jp
件名を『8/25予約』としてください。
本文にお名前とご希望枚数を明記してください。
返信をもってご予約確定になります。

【出演】
出演 原田拓巳
写真/他 片岡陽太


ムリウイ屋上劇場とは→




8/31 オープンマイク『 canto 』

yoshida_keiko5.jpg(120956 byte)

2018年8月31日(金)

【時間】7:00pm
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
ナビゲーター 吉田慶子(vo, g)


canto(カント)は、ポルトガル語で、歌。 そして、すみっこ、片隅のこと。 ひそやかに歌、音を楽しみ愛する方のためのちいさなオープンマイク、開催します。 あなたがいつもリビングで口ずさむ歌やそっと練習している美しい曲をこの夜、どうぞムリウイで聴かせてください。 (ジャンル、楽器は限定しません) ただ聴くだけ、ただお話しを、という方ももちろん大丈夫です。(フリートークの時間もあります)ギターコードの押さえ方をもっと楽にできたら… 歌うキーのことが…例えばそんなこともここで一緒に解決できたらいいな、と思っています。夏の終わり、8月最後の日にオープンマイク『canto』へぜひお越しください。 (吉田慶子)




9/1 想奏

tainaka_kei3.jpg(98472 byte)

2018年9月1日(土)

【時間】7:00pm
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
田井中圭(gt、effect)
熊坂路得子(Accordion)


1年前に作ったソロ音源「たゆたう」。それ以降ソロはやめていましたが、音を響かせたい気持ちが起こりました。その気持ちを大事にして完成から1年越しのレコ発を企画しました。 アコーディオンの熊坂路津子さんをお誘いして二人ともソロで演奏をします。 路津子さんの音はまるで春の訪れから暴風雨まで。 僕の音はきっと小雨から深海まで。 1年越しの想いを奏でます。耳をすましにいらしてください。




9/2 テルミンとギターの演奏会



2018年9月2日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
トリ音(テルミン)
前原孝紀(ガット・ギター)


『最古の電子楽器の一つといわれるテルミン。本体に触れずに、空間にかざした手の位置によって音程と音量を制御するという演奏方法のため、 音楽が紡ぎ出される様子はまるで魔法のよう。草笛のような優しい音色と、管弦楽器のような芯のある音色を合わせ持ち、 電子楽器とは思えない人間味ある多彩な表現を可能にした楽器です。ギタリスト前原孝紀さんの柔軟できめ細やかなアレンジは、聴く人の心をつかみ、 多くの共演者から絶大の信頼を得ています。まったく別の2つの楽器が重なって、新しい音楽がうまれます。』





ムリウイ屋上劇場

9/6-9/9

nakazawa_you.jpg(303248 byte)

2018年9月6日〜9月9日


スペースノットブランク
舞台らしき舞台されど舞台



【時間】
9月6日(木) 20:00
9月7日(金) 20:00
9月8日(土) 17:00 / 20:00
9月9日(日) 17:00 / 20:00

受付開始は開演の40分前。開場は開演の30分前。
※開演後はご入場いただけない場合がございますのであらかじめご了承ください。

【料金】
全席自由 一般 2800円(1ドリンク込)
U24(24歳以下・要証明)2300円(1ドリンク込)
当日券 各500円増
※未就学児はご入場いただけません。
※U24は当日受付にて証明できるものをご提示いただきます。
※車椅子でご来場のお客様や、お伝えすべき事前事項があるお客様は、ご予約の際に備考欄に必ずその旨ご明記ください。

【予約】
予約フォーム こちら
ウェブサイト こちら


出演 荒木知佳 石倉来輝 古賀友樹 近藤千紘
演出 小野彩加 中澤陽
協力 プリッシマ
主催 企画 製作 スペースノットブランク


「舞台らしき舞台されど舞台」というタイトルの舞台芸術作品に表れる、混沌の中にある小さな小さな物語たちとその作者たち。表れるいくつかの事象を、作者たちの独創性と、物語たちの虚構性を交えて、モキュメンタリーとして描く新作です。人間対人間の表現手法を探求し、迷いながら、舞台らしき舞台、されど舞台となる前提を受け容れ、抗い、観客と共有を果たすための、シンプルで豪然なドラマを描きます。


nakazawa_you1.jpg(247787 byte)



ムリウイ屋上劇場とは→




終わったイベント


8/19
ウード・オーボエ・パーカッションによる中東の響き
〜ズルナの系譜オーボエによるマカームの響き〜


tateiwa_junzou5.jpg(124097 byte)

2018年8月19日(日)

【時間】開場6:30 開演7:30
【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:muriwui@gmail.com(ムリウイ)

【出演】

常味裕司(ウード)
tomoca(オーボエ)
立岩潤三(パーカッション)


日本におけるアラブ音楽の先駆者である常味裕司、 バリと日本で活動中のオーボエ奏者tomoca、 多方面多ジャンルで活躍中の立岩潤三による、 アラブ〜トルコ音楽の夕べ。

ウードは日本に伝わって琵琶となった音色豊かな撥弦楽器。 そしてトルコ軍楽等で使用されるダブルリード楽器のズルナは、 西洋クラシックでソロ楽器としても使われるオーボエや チャルメラの先祖にあたる。 まず普段は一緒に演奏する事の無い、 それでいて相性の良い楽器のアンサンブルを どうぞお聞き逃しなく!!




8/18
ムリウイ特別企画
「タブラ三舞」


tabla_zanmai_s.jpg(61569 byte)


2018年8月18日(土)

【時間】6:30pm
【料金】1800円(1ドリンク別)
【予約】メール:muriwui@gmail.com(ムリウイ)

【出演】

立岩潤三 タブラ
石田紫織 タブラ
池田絢子 タブラ


tabla_zanmai_vol1_s.jpg(105936 byte)


●ごあいさつ

「ああ、タブラが聴きたい
しかも、マイク無しの生音で聴きたい
だんぜん、暑い気だるい夜に聴きたい
できたら、床にごろんと座って聴きたい
したら、インドのもの飲み食いしながら聴きたい
ぜったい、タブラが聴きたい」


これらの妄想すべて叶えます。ムリウイの新企画、タブラ三舞は「タブラざんまい」と読みます。だって3名も素晴らしいタブラ奏者をお呼びするんですもの。 三つのタブラソロが順番に宙を舞います。テーブルもイスもぜんぶ外に出しちゃって広い床を作るので、奏者もお客さんもスタッフもみんな床です。 敷物とお座布の上でリラックス。おんなじ高さでタブラの生音聴きましょう。聞こえ辛かったらうんと近くへ寄っちゃえばいい。ムリウイでヨーガを 教えてる京子さんがインドの軽食とかスナックを用意します。その他にも、演奏者自身や関係者などインドに明るい方による手料理のサプライズもあるかもです。 もちろんこの日はエアコンなんて停めて窓全開で静かに風を通します。ああ、いい予感しかしないやつだこれ。東京の熱帯夜を楽しく過ごす新しいスタイルをまじでご提案。
ムリウイ、たけし




タブラ三舞のページ→こちら




ムリウイ屋上劇場

8/10 /11
おんなのこのための習作

nakayashikiminami.jpg(63749 byte)

2018年8月10日(金)/11日(土)

【時間】
@10日 開場7:30pm 開演8:00pm
A11日 開場4:30pm 開演5:00pm
B11日 開場7:30pm 開演8:00pm

【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:chacolate81@gmail.com


作・出演:中屋敷 南
照明:伊藤 侑貴


愛しても 憎んでも
抱きしめても 傷つけても
どうしても どうしようもない
‘おんなのこ’ というものを
ほとほと 持て余して
未だ つかみきれないけれど
この舞台をとおして
ふんわりとでも そのかたちを
たしかめられたら

ーーーーーーー
「素敵な空間に、美味しいお飲み物で、 あたたかくお立会いいただけましら、嬉しいです 」中屋敷 南



ムリウイ屋上劇場とは→


8/5
東 唄〔あずまうた〕
完全生音ライブ


azma6.jpg(156198 byte)

2018年8月5日(日)

【時間】6:30pm
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】

東ヒデ(唄、三線、ギター、クワトロ)


祖師谷出身シンガーソングライター。 30年以上に渡り、日本語による、多数の無国籍ミュージックを作曲し、各地でLiveを行う。 ソニーミュージック30-35 沖縄特集の収録曲〈ニライカナイ〉楽曲提供。

「団地育ちで旅好きな私の曲は、閉じこもる事と旅する事が混在した表現になっていると思います。 祖師谷通り抜けて気軽にお立ち寄り下さい。」




7/29 ニトリヒロヤス アコースティックライブ

nitori_hiroyasu.jpeg(69344 byte)

2018年7月29日(日)

【時間】6:30pm
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
ニトリヒロヤス(Vo, G)
 サポート 間宮工(G)
SACHI(Vo, Ukl)


ニトリヒロヤス
日光市出身シンガーソングライター。栃木・東京を中心に活動を行っている。 自身の代表曲「夢追い人」は、2017 うつのみや花火大会テーマソングや とちぎテレビ「とちぎ発!旅好き!」のエンディングテーマに起用された。 この「夢追い人」は、「恋するフォーチュンクッキー」作曲者である伊藤心太郎が ニトリヒロヤスのために書き下ろした曲である。 ソロ活動のほか、バンド編成時はTHE TIMERSのドラム杉山章二丸・ウッドベースうのしょうじと共に 「ニトリヒロヤストリオ」としても活動している。 毎週木曜夜8時からレディオベリーで「ニトリヒロヤス ゼロスピリット」のパーソナリティー、 日光アイスバックスや栃木ゴールデンブレーブス開幕戦の国歌斉唱など、活躍の場を広げている。 2018年6月16日に、New Album「信じること」をリリース。サウンドプロデューサーに間宮工を迎え入れた渾身の一作となっている。

SACHI
北海道出身"苫小牧観光大使" 言葉と声を紡ぐボーカルアーティスト。 10歳からのダンサー経験を経て得た"音楽感性"や"共感覚"を大切にしながら、ライヴ活動やダンサー講師など精力的に活躍中! 個性の強い人たち、自閉症者やダウン症者とのまぐわいを求め、全国、全世界、呼ばれるがままに何処へでも出向く天真爛漫な男前女子。 2018年からは仲良しのウクレレ"Rera"と共に (アイヌ語で"風"を意する)

sachi.jpg(104208 byte)




7/28 鈴木亜紀ライブ ※台風の影響で中止となりました



2018年7月28日(土)

【時間】7:00pm
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
鈴木亜紀(Vo, P)
越智泰彦(B)
向島ゆり子(Vln)


鈴木亜紀と越智泰彦と向島ゆり子のトリオ、チーム旅の空。亜紀さんはひたすら自分を歌いあげてるはずなのに、聴いていると「女」の代弁者であり、はたまた「人間」の代弁者であることが分かります。人間であるがゆえその中に「男」すら含まれていて、気が付くとみんなに愛される、そんな不思議な魅力の持ち主です。鈴木亜紀のゆくところ祭りあり。最高に楽しいライブ。(ムリウイ、たけし)




ムリウイ屋上劇場

7/26 & 7/27 【Yの部屋 vol,5】〜真夏の夜の夢 in ムリウイ〜

imamura_yoshiko4.jpg(274628 byte)

"第一夜"
2018年7月26日(木)

【時間】
開場7:30pm 開演8:00pm
【料金】2800円(ドリンク別)
【予約】
メール:tobisarudayo@gmail.com
 ※二日連続公演ですのでご希望の日程を明記ください
ウェブ:こちら

佐藤芳明(アコーディオン)
朗読:わたなべあきこ〔劇26.25団〕+演奏・音楽: Byaku
小原美紗(人形劇団プーク)
今村よしこ(dance)

"第二夜"
2018年7月27日(金)

【時間】
開場7:3pm0 開演8:00pm
【料金】2800円(ドリンク別)
【予約】
メール:tobisarudayo@gmail.com
 ※二日連続公演ですのでご希望の日程を明記ください
ウェブ:こちら

佐藤芳明(アコーディオン)
朗読:わたなべあきこ〔劇26.25団〕+演奏・音楽: Byaku
今村よしこ(dance)


「久々の開催となりました【Y の部屋】 今回も素晴らしい方々をお呼びすることができました!そして初の2 days! 初日ゲストはプーク人形劇団のベテラン人形劇役者、小原美紗さん。出逢った際に彼女が操っていた自作人形と短い小品を披露してくださいます。プーク人形劇団は子供向けの公演が多いですが子供が飽きないってレベル高い!必見です! そして才気と才能ほとばしる女優、わたなべあきこさん。作曲も手掛け自在に楽器を操る Byaku さんによる朗読と演奏のユニットをお呼びしました。26日には2作品。27日にはプラス1の計3作品の上演、いずれも新作です。 両日とも今村よしこのダンスとのコラボ作品となります。そして27日のみに上演する作品は…夏に相応しいものになりますよ…ふふふ そしてそして、素晴らしいアコーディオ二スト佐藤芳明さんのアコーディオンソロ演奏! ソロ3rdアルバム《稜線》も発売したばかり。ノリに乗った芳明さんのソロを存分にお楽しみください。聞いたことない方もこの機会に是非! 芳明さんには今村よしこのダンスとduoもお願いしております。 バラエティーに富んだ2日間。 ご予約お待ちしております! ムリウイ屋上劇場で皆様にお会いできるのを楽しみにしております! 主催 今村よしこ」

Facebookイベントページ

imamura_yoshiko5.jpg(286310 byte)

* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




7/22 窓 vol.13

mado_vol13_member.jpg(218451 byte)

2018年7月22日(日)

【時間】開場7:00pm 開演7:30pm
【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:muriwui@gmail.com(ムリウイ)

【出演】

奥野美和 dance
高岡大祐 tuba
久下惠生 drums
YASUCHIKA dance


ムリウイが主催する音楽とダンスの即興ライブ企画。
<窓>の第13回目、1周年記念です。


<窓>の紹介とスケジュールはこちら→


奥野美和:
主催のダンスユニット、N///Kの活動等でますます大忙しの中、窓にはその「身」一つで出演してくれます。奥野さんのダンスが圧倒的なのは技術や稽古の 賜物であるに違いないのですが、それよりも何よりも「信念」にあるような気がします。疑いがない。決して容易く答えを教えてくれるような表現ではありませんが、 つい、遠くを見る彼女の視線の先を追ってしまうのです。

高岡大祐:
マイブラザー、2回目の窓出演です。飼い主とペットが似てくるという話はよく聞きますが、演奏者と楽器が似てくるということは・・・。この人のチューバ演奏を聴くと 思うのは「ああ、人間って管で出来てるんだなあ」ということです。人間の体の延長が楽器であるということを、空気の振動で教えてくれます。対応する瞬発力、発想、 忍耐力、ずば抜けています。

久下惠生:
マイヒーロー、2回目の窓出演です。先日久下さんのドラムを聞いてて思ったんです。いい音を聴かせる人やいいビートを聴かせるドラマーは沢山いるでしょう。 でも、「文化」を聴かせるミュージシャンはいない。明らかに彼の音はその中心にいて、いつでも人より一歩か二歩先を転びながら進んできてくれたんだなと。 カルチャーショックですよ。

YASUCHIKA:
「奥野さんともう一人のダンサーは?」と自問自答して2週間。苦しみ抜いてもう白旗を上げようとしたその瞬間、12年前にムリウイで見たこの男のダンスが目の前に 立ち上がりました。(旧)金野泰史さん。改めて映像観ましたが、相変わらずすばらしく孤高です。舞踏ともコンテンポラリーとも言い切れない、世界にただ1つのダンス。 YASUCHIKA、電光石火の「窓」初出演決定。




7/21 ザ・ゴヤスレイ+長谷川宝子

goyathlay5.jpg(149079 byte)

2018年7月21日(土)

【時間】7:00pm
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
辰巳光英(tp)
青山健一(絵)
松原東洋(舞踏)

長谷川宝子(舞踏)


「背中向きに突っ走ってるランデブー。 The Space Baa他、宇宙を旅するトランペッター辰巳光英と CHAiroiPLINなど数々の舞台美術でも活躍する青山健一、舞踏団トンデ空静の松原東洋の極少マルチトリオに こなーず、あったずもナイトの舞踏手 長谷川宝子が加わります。」




7/20 カフェマイム夏のうわごと



2018年7月20日(金)

【時間】7:00pm
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
ちゅうサン(pantomime)
おおたゆみこ(accordion)


からだで
そうブツブツ言われても…
うーん
じゃあ眼で聞いてみるか
おお きこえるきこえる…




ムリウイ屋上劇場

7/19
"踊り×彫刻×音楽"
PINKBLUE×宮澤清日子×DAN


nakahara_yurika.jpg(139230 byte)

2018年7月19日(木)

【時間】
@開場4:30pm 開演5:00pm
A開場7:30pm 開演8:00pm
【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:pinkblue0526@gmail.com
(ご予約の際は、タイトルに7/19予約、本文にお名前・枚数・ご希望の回を明記の上、お送り下さい。確認メールの返信で確定となります。)

【出演】
中原百合香(ダンス)
矢嶋美紗穂(ダンス)
新宅一平(ダンス)
DAN(アコーディオン)


コンテンポラリーダンスカンパニーPINKBLUEによるスピンオフ企画、1日限りのプチ美術館があらわれます。 踊り手3体、音楽家1体、彫刻が数体、さまざまなからだが展示されます。 愛ある目線で不変とユーモアを彫る宮澤清日子氏の作品とともに。 音楽は、アコーディオン奏者のDAN氏をお迎えします。

いましかない、いまのこのからだで、おおいなるものへ、ほんのすこし触れてみたい。 初夏の風。おたのしみください。 お酒片手に、ふわりとメラメラと、たゆたう時間をご一緒できたら幸せです。


記録写真:大洞博靖
企画:PINKBLUE
協力:カフェムリウイ

nakahara_yurika1.jpg(214783 byte)
ムリウイ屋上劇場とは→




ムリウイ屋上劇場

7/14 /15
この大都市の茂みの日蔭で

mochida1.jpg(132166 byte)

2018年7月14日(土)/15日(日)

【時間】
@14日 開場7:00pm 開演7:30pm
A15日 開場7:00pm 開演7:30pm

【料金】2000円(1ドリンク込)
【予約】メール:pantheaundpausanias@gmail.com


原作:石川達三『日蔭の村』

演出:持田睦(PuP

出演:古屋敬洋・レイカ

映像:古屋敬洋・山崎大輔・持田睦


「馬鹿にしてもらうまい、この村には娘を売る者は一人もないんだ、畜生……」(石川達三『日蔭の村』より)


ムリウイ屋上劇場とは→




7/13 小松 大 × 高橋 創 Irish Music Live!

komatsu_dai5.jpg(107119 byte)

2018年7月13日(金)

【時間】7:00pm
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
小松 大(フィドル)
高橋 創(ギター、バンジョー)
Guest 水上えり子(イーリアンパイプス)


「ムリウイへは3年ぶりの登場となる実力派フィドル奏者の小松大と 7年間のアイルランドでの活動から次のステージを日本に移し、 活躍を続けるギター/バンジョーの高橋創の初デュオライブ。 個性をむき出しにした二人のアイルランド伝統音楽を真夏の夜に。 ゲストは次世代のシーンを担うイーリアンパイプスの水上えり子。」

mizukami_eriko.jpg(244652 byte)




7/12
狂いの果てに夢を見た
演劇トルコ音楽第二章 瞑想と拷問のはざまに


fujii11.jpg(160676 byte)

2018年7月12日(木)

【時間】7:00pm
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
藤井良行(サズと語り)


「京都の山中でとある瞑想道場に通った私は、そのあまりの肉体的苦痛に、古今東西拷 問を受けて死んでいった人々に思いをはせたのでした。そしてこんなものではすまな かったろう、と。拷問という人類最悪の文化は、今もほとんどの国にはびこってやむ ことがありません。この修行の最中奇妙な夢を見ました。とても生々しい、近未来社 会の生活がそこにありました。同じ時期に刑務所を脱走した事件が世間をにぎわして いたようです。自分のささやかな体験をもとに、音楽と語りで演じおろしてみたいと いう誘惑にかられました。どんなことになるのか、自分でもよくわかりません。」