C a f e M U R I W U I


トップ | お店のこと | ライブ・イベント | カフェでお稽古 | 店舗情報



屋上劇場
since 2017



5/25 & 5/26
今村よしこソロダンス2【ZOO】

imamura_yoshiko3.jpg(91176 byte)

2018年5月25日(金)/26日(土)

【時間】
25日 開場7:30 開演8:00
26日 開場7:00 開演7:30

【料金】1800円(ドリンク別)
【予約】メール:tobisarudayo@gmail.com(今村)
 ※二日連続公演ですのでご希望の日程を明記ください

【作・出演】今村よしこ

【衣装】佐京督子
【音響】岩崎一恵


昨年はカフカ(カラス)が舞っていたムリウイの森。今年さらに奥に進んでみたらちょっと変わった「ZOO」があるんだって…ふらっと こっそり覗きに来てください。 お会いできるのを楽しみにしております。




5/31 6/1
pinkamoeba live vol.1 『a doll』

tomonaga_korie.jpg(162727 byte)

2018年5月31日(木) 6月1日(金)

【時間】開場7:00 開演7:30

【料金】3000円(1ドリンク込)
【予約】メール:pinkamoebalive@yahoo.co.jp(ピンクアメーバライブ)

【作・演出】
友永コリエ

【出演】
大西多摩恵(エンパシィ)
まつい綾
倉田楽

屋上からの景色が素敵なカフェで
素敵な役者さんたちとLiveをします
朗読、ドラマ、生演奏、歌、ダンス、トークコーナー
なんでもありのpinkamoeba live
のんびり一杯飲みながらの楽しいひととき
お気軽に遊びきてください お気軽に遊びきてください

友永コリエ
演劇ユニット ピンクアメーバ主宰
pinkamoeba live 係長




6/8
Aerial×Contemporary 松山奈未ダンス企画 -VISION- vol.2

matsuyama_nami1.jpg(95346 byte)

2018年6月8日(金)

【時間】
@開場5:30 開演6:00
A開場8:00 開演8:30
【料金】3000円(1ドリンク別)
【予約】メール:matsuyamanami.conte@gmail.com(松山)


【出演】
松山奈未(ダンス)
Dancer: Mai


“VISION” コンセプトとは。踊っているfloorや取り巻くairや流れるtimeから見出す存在価値。コンテンポラリーと向き合ってきた期間、エアリアルと向き合ってきた期間、其々を経て私が辿り着いた表現とは。 私が今見ているvisionとは。松山奈未




6/14 15 16
NERI project.
音楽人形劇『海辺のちさ little marine』


nagai_nozomi2.jpg(161427 byte)

2018年6月14日(木)/15日(金)/16日(土)

【時間】
14日 @開場7:30 開演8:00
15日 A開場4:00 開演4:30 B開場7:30 開演8:00
16日 C開場4:00 開演4:30 D開場7:30 開演8:00

【料金】
予約:大人2500円(こども1500円)
当日:大人3000円(こども2000円)
 ※全て1ドリンク別途オーダー

【予約】メール:neri.project2018@gmail.com


【作・出演】
北井あけみ(人形遣い)
長井望美(人形遣い)
横手ありさ(唄い手)


「…わたしはどこからきたのでしょうか?」
だれもが一度はいだく、小さくて大きな謎。
夏の日、少女ちさは不思議をさがす旅にでる…。


現代美術家イケムラレイコ氏の詩集『うみのこ』を創作の衝動とし、人形とオブジェクト、身体と手のひら、言の葉と音色、天候と空気と…、 東京の片隅でひそやかに語られる、小さく壮大な、海の末裔たちの物語。いつか大人になる子どもたち、かつて子どもだった大人たち…、全ての世代に捧げる音楽人形劇。


海辺のちさ 特設ページ→




6/17
koten

tokunaga_mai.jpeg(119453 byte)

2018年6月17日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30

【料金】2000円(1ドリンク込)
【予約】ウェブ予約:https://maitominaga.com/news/

【出演】

富永眞衣(踊る)


部屋干しの服です。乾いた後、イスの背もたれに丁寧に重ねられた服達は、時を重ねると共に地球の重力と私の背圧により深くシワが刻まれ、いざという時に着れたものではありません。でも昨晩水につけっぱなしで放置した食器達は、時を重ねたおかげでカピカピになった米粒の残骸が柔らかさを取り戻し、洗いやすくなってよかったわと思っています。そういえば関係ないですが、私の部屋には、ゴミ箱が無い。

切り取る。世界をよいしょと切り取ると、それだけで、世界はあっという間に、私のものになる。私のものになった世界を、一つ一つ並べていくと、その世界はまた、誰かに切り取られて、誰かのものになっていく。切り取って、並べて、みる。私の目で、誰かの目で。切り取ったものを切り取ってまた並べて切り取られて切り取ってって、ただただ切って切って切りまくってるだけなのに、切り取る位置が1mm違うだけで、切り取る角度が0.3度違うだけで、例えそれが取るに足らない小さな何かだったとしても、とても独創的なものだと思うのです。

切り取った世界で、個展をひらきます。展示物は、身一つです。




6/23 はるかなる今日vol.2

rameesha3.jpg(214158 byte)

2018年6月23日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30

【料金】3500円(1ドリンク別)

【予約】メール:rose.rameesha@gmail.com


【出演】
Rameesha(踊り)
小林貴子(唄)
伊藤雅昭(Guitar)
前田仁(Per)


『はるかなる今日』から丁度一年。新にドラマーの前田仁さんをお迎えしてVol.2としてお送りいたします。 遠くの天体から放たれる光は、長い年月をかけ、宇宙空間を旅し、地球にたどり着く。 即ち、遠くを見ることは過去を見ること。今日という日は、はるかなる時を経て存在する。 遠くの光が今の自分に届く間に幸福や絶望を
幾度となく通過する。今日という日はとても尊い。 生きている限り、希望はある。 どんな時もパフォーマンスをし続けてきた私たちそれぞれが、今日も全身全霊でお届けいたします(Rameesha)




ムリウイ屋上劇場

7/7
青柳ひづるソロダンス
万象連歌vol.4 〜あいにゆく〜


aoyagi_hizuru2.jpg(82595 byte)

2018年7月7日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2500円(1ドリンク込)
【予約】メール:tobuturu@hotmail.co.jp(青柳)


【出演】
青柳ひづる(ダンス)


2つあったものの1つの姿が見えなくなった、7月
姿の見えなくなったもののために踊った、3月
消えたものからの始まりを受け入れた、4月
そして再びの、7月
あなたにあいにゆく、と思っていた
けれどどうやらそうではないらしい
あなたのむこうと、わたしのむこうが
豊かに出会うこと、出会い続けてゆくことを願って


ムリウイ屋上劇場とは→




7/14 /15
この大都市の茂みの日蔭で

mochida1.jpg(132166 byte)

2018年7月14日(土)/15日(日)

【時間】
@14日 開場7:00 開演7:30
A15日 開場7:00 開演7:30

【料金】2000円(1ドリンク込)
【予約】メール:pantheaundpausanias@gmail.com


原作:石川達三『日蔭の村』

演出:持田睦(PuP

出演:古屋敬洋・レイカ

映像:古屋敬洋・山崎大輔・持田睦


「馬鹿にしてもらうまい、この村には娘を売る者は一人もないんだ、畜生……」(石川達三『日蔭の村』より)



* * *

※劇場スタイルのイベント時フードはお出ししていません


カフェムリウイ屋上劇場とは→





終わった公演


5/20 はじまり

iwata_toyomi.jpeg(96341 byte)

2018年5月20日(日)

【時間】開場6:30 開演7:00

【料金】2000円(1ドリンク別)

【予約】メール:
toyokerala@gmail.com(岩田)
abhilabo@yahoo.co.jp(入野)

【出演】
岩田豊美
【伴奏】
入野智江ターラ(壺型太鼓ミラーヴ)
小野美智子(ターラム)


南インド・ケーララ州に古くから伝わるヒンドゥー教の古典劇「ナンギャールクートゥ」は、女性ひとりで演じるお芝居です。

今回上演する「プラッパードゥ」は、舞台の初日に演じられるもので今年1月インドにて、この演目で初舞台を踏んでまいりました。 ムリウイではいつも伴奏者としてミラーヴを叩いておりますが、 今回初めて演者として舞台に立ちます。




5/19
Nao Tsutsumi/Nritya Angan Presents "Session_01"



2018年5月19日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30

【料金】予約1500円、当日2000(共に1ドリンク別)

【予約】メール:info@nritya-angan.com

【出演】
堤菜穂(ダンス)
坂ノ下典正(ギター)


インドとか古典とかの枠を飛び出して、様々なジャンルの素敵な人たちと空間をつくりたい。

決まりごとの多いインド古典芸能のなかでも即興性と柔軟性あふれるカタックの特性を活かして、もっと自由に空間と瞬間を共有したいと立ち上げたのが、北インド古典舞踊カタックのダンサー堤菜穂の我がままプロジェクト"Nritya Angan"です。

企画第一弾は、程よい距離感で時に繊細に、時に大胆に寄り添うギタリスト、坂ノ下典正さんと4年ぶり?5年ぶり?に共演します。 ギターの音色とともに、変わった自分と変わってない自分を探しに。すこしコンテンポラリー寄りの雰囲気で皆さんをお迎えします。




4/27
ダンス×音楽 即興ライブ『みちてくる』



2018年4月27日(金)

【時間】開場7:30 開演8:00

【料金】】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:komeokome@gmail.com

【出演】

ダンス: Atachitachi(飯森沙百合、西山友貴)

ゲストミュージシャン: 3日満月(佐藤公哉、権頭真由)

協力: 上田晃之



みちてくる

ざわざわと

呼吸する春が 聴こえる



【Atachitachi 】(アタチタチ)
飯森沙百合、西山友貴によるダンスユニット。共にCo.山田うんに所属。 2015年には処女作となる「Attachment」を発表。 その後も黒田なつ子とのトリオ「flue-flue」(2016)、「凸と凸」(2017)などの作品を発表すると共に即興パフォーマンスなども行う。 これまでは2人での活動を個人名で続けてきたが、この度ユニットを結成。 身体を通して共感することを軸に自分たちのテンポで活動を展開する。 今回は念願だった3日満月との即興セッションが実現。2人が共有してきた身体の言語と2人が奏でる音楽。春の夜にふわふわザワザワするような時間を。

【3日満月】
権頭真由(アコーディオン/ピアノ/歌)、佐藤公哉(ヴァイオリン/パーカッション/歌)によるデュオ。2011年9月、チェコ共和国プラハの満月を長引かせて結成。不思議な縁で覚えた伝統音楽や、ある場所、ある作品、ある人、ある夢のためのオリジナル曲を演奏する。子どもたちと創る音楽サーカス「音のてらこや」を主宰。音楽の箱舟「表現(Hyogen)」のメンバー。ビデオアート・映画等のサウンドトラック制作や、 チェコ共和国での美術家、パペット作家等との共演、ダンス公演の生演奏など国内外の様々なアートシーンで活動している。





4/21 ドッキン☆ズッキュン!春らんまんだもの



2018年4月21日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール予約 konazu3@gmail.com

【出演】
池間由布子(歌)
岩見継吾(bass)
桑原史香(踊り)
長谷川宝子(踊り)


はじめまして。お久しぶりです。こなーずです。
こなーずのこなは粉のこなです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
真冬に雪見だいふく食って
あの白い粉を口の周りにいっぱいつけて
舞い散るような踊りがしたいなぁ。
なんて、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と、始まったこなーずです。
真冬の屋上、水着でかき氷を食べたり
真夏にはラッパーに憧れたりしました。
そんな季節はまた遠くへ行って今は疑う余地もなく春らんまん!
何度も出会っているはずなのにどうして毎度こう全身くすぐったいのか?
春の香りよ、風よ、音よ!とつっこみ入れています。

らんまんでなくてもらんまんであっても
らんまん風な夜を過ごす事をしてみます。




4/8 外ニ入ル



2018年4月8日(日)

【時間】開場5:30 開演6:00
【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:http://solarloops.com/contact.html

【出演】
菊地びよ(ダンス)
太陽光発電音響装置計画 HIRA(シンセシスト)


さいきん、私は啓示を受けたのです…。「君がしていることは、外に出ることではなく、入ることなのだ!」と。逆説的には、「内に出ること」ともとれます。まだ、この言葉の意味を説明するにはいたらないのですが、挑戦してみることにしました。

太陽光発電音響装置計画のメイン活動場所は、「外」です。あの日いらい、自分で楽しむことにも様々なモノゴトが絡みあっているのに気づきました。だったら、必要なものは、できる限り自分でつくっちゃえばいいじゃんと思ったのです。そして、システムの外側に出ちゃえばいいんじゃない?と公園や森で音だして楽しむことを思いついたわけです。

菊地びよさんとの出会いは、「外でおどる人」として紹介されました。そして、雨のなかに部屋から飛びで、おどる姿が心に焼きついてしまい、いつかチャンスがあれば一緒になにかしたいなぁと思っていた人です。

そして、初めてカフェムリウイの「窓」という舞台をみたとき、あぁ探していた場所がここにあった。と思いました。なにかが生まれている。ここだったらできる。そして、外。と直感的に感じたのです。

そんなわけで、みなさまには、カラダと音と場を通して、私たちの内に眠っている「外」を感じていただけたらなぁと思い企画いたしました。日常からはなれて、ボーッと時を眺めていただけたら幸いです。(HIRA)




4/1



2018年4月1日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2000円(1ドリンク別)
【予約】メール:
fev3kalaaptal@gmail.com(藤井)
makiseakane@gmail.com (牧瀬)

【出演】
牧瀬茜(おどり)
FUJI(サズ)


サズと踊りの即興的な試みです。牧瀬さんとは何度か共演させていただきましたが、その自由な踊りはこちらの演奏までも自由にしてくれるようでした。今回は、私の過去のトルコ体験記の朗読を交え、時にストーリー風に、時に即興的に表現してみたいと思います。とはいえ、どんな舞台になるか予想もつきません。文明の物欲にまみれ、かえって弱体した生命欲の高らかな讃歌となることを願うのです。(FUJI)




3/26 27
泣き虫男は明日来る



2018年3月26日(月)、27日(火)

【時間】
@3/26 開場7:30 開演8:00
A3/27 開場4:30 開演5:00
B3/27 開場7:30 開演8:00
【料金】3000円
【予約】メール:aiandkuma@gmail.com

【出演】
熊谷拓明
 (踊る「熊谷拓明」カンパニー)
宮河愛一郎
 (劇団ピンクドクロ)


カフェムリウイで今年に入り3回目の本番を迎える宮河です。祖師ケ谷の商店街を歩くとホーム感すら覚えます。春のあたたかな風とコーヒーの匂いに誘われて3/26.27 カフェムリウイの大きな窓を背に、熊谷拓明と宮河愛一郎 2人のダンス劇『泣き虫男は明日来る』を上演させて頂きます。 熊谷が書き下ろした脚本に踊りとアイデアをふんだんに盛り込んだ新作は、北海道と埼玉に生まれた1979年生まれの2人が作る、どこか昭和感の漂う感動作。 是非、会場で僕らのダンス劇を体感してください。(宮河)




3/17 18
Do Dance without Die



2018年3月17日(土)、18日(日)

【時間】
@3/17 開場7:00 開演7:30
A3/18 開場7:00 開演7:30

【料金】2000円(1ドリンク別)
【予約】メール:the.mellow.suicides@gmail.com
(お名前、ご連絡先、お日にち、枚数をご記載下さい)


【出演】
作・演出:畑中研人
音楽:めめ
出演:
 畑中研人(俳優)
 めめ(ミュージシャン)
ゲスト
 松室隆教(写真家)
 田路紅瑠美(ダンサー)


The Mellow Suicidesは、俳優・畑中研人とミュージシャン・めめによるライブパフォーマンスユニット。
今回は写真家とダンサーをゲストに迎えて、複合的演劇パフォーマンスを。

「覚えているのに、思い出せない」こと、を窓の向こうに見えるナニカに向かって。




2/23 24 25
柿崎麻莉子
「個人と社会の境界としての身体」



photo:yukinori tokoro


2018年2月23日(金)、24日(土)、25日(日)

【時間】
@2/23 開場7:30 開演8:00
A2/24 開場7:00 開演7:30
B2/25 開場7:00 開演7:30

【料金】3000円(1ドリンク別)
【予約】メール:muriwui@gmail.com(ムリウイ)



【出演】
柿崎麻莉子(ダンスとお話)


「規範化された身体は『修正された』身体であり、身体の隷属は意識そのものの隷属化を引き起こす」〜A.コルバン 身体の歴史より


ダンサーとしてのツアー生活のなかで考えるようになった2つのことについて、考えていることをお話ししたり、実際に踊ってみたりします。
@ツアーでいろんな国を見るうちに環境(気候、マナーなど)によって人々の身体の扱い方が異なることに気がつきました。今回は身体に影響を与える様々な要因のなかでも、場のもつテンポに注目します。テンポを変化させることによって、身体や意識にどのような影響があるかを考えます。
A様々な国でワークショップをするなかで、受講者(観客)が「踊る身体」からえている情報と「与えられる言葉」からえている情報の差について興味がわきました。今回は観客のみなさんに、踊りをみてもらい、私が踊るときにヒントにしている言葉のネタばらしをし、また踊りをみてもらい、その印象の変化について考えてみます。(柿崎)


ダンサー柿崎麻莉子による全く新しい試み。ライブでも公演でもワークショップでもない。そのぜんぶ、みたいな。ある意味「よくばり」な企画です。ダンサーの皆さんだけでなくもちろんダンサーでない方も大歓迎です。きっと楽しい新体験になることでしょう。(ムリウイ)


ゲストミュージシャンの出演が決定しました。

23日
横手ありさ(唄)

24日
笠松泰洋(オーボエ、ズルナ、メイ)

25日
堀木俊(デジタル音源)





2/22 Requiem of the Sea



2018年2月22日(木)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】2000円(1ドリンク別)
【予約】メール:m.meco.mer@gmail.com(メル)

【出演】
Andre van Rensburg(尺八、クラシックギター)
関口大(10ホールズ・ハーモニカ)
メル(Mer)(舞踏)


2017年の夏から始まった完全即興ライヴシリーズ、今回で4回目のタイトルは"Requiem of the Sea"に転々。

尺八とクラシックギターを中心にあやつるアンドレ・ヴァン・レンズバーグと、10ホールズハーモニカを吹きひびかせる関口大、そして舞踏のメル(Mer)が、今回はカフェムリウイを舞台に奏でて踊り描きます。




2/17 穴底



2018年2月17日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:chainesproject@gmail.com

【出演】
板垣朝子(ダンス)
伊藤啓太(コントラバス)


コントラバスとダンスのDUO




1/27 踊りと音



2018年1月27日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:asakaigarashi_cello@yahoo.co.jp


【出演】
五十嵐あさか(チェロ、声など)
辻たくや(舞踏)


辻たくや:画家のきぼりおとその奥様と飲んでいたら 小さなからだにピッカピカのオーラとともに現れた五十嵐あさか。 話していても、その肉体の意思の力強さがあふれていました。 そして、演奏会に誘われた。 ひりひりとした緊張感。 そのまま力強さが音になっています。 この音と即興することがこわいようで、たのしみです。

五十嵐あさか:他ジャンルとのコラボレーションにおいて、本当の意味で成功している例というのはとても少く、 個人的にも納得できるものは滅多にありません。今年の春、初めて辻さんのソロの舞台を観て、話をして、安心感が生まれました。 音が見えたり、動きが聴こえたり、駆け引きや意地悪みたいなものが出てきたら面白い。いちいち影響し合って、 それで全く関係ないものが出来上がるのだと思います。





1/25-1/28
劇団ピンクドクロHAPPY HOUR 戌



2018年1月25日(木)、26日(金)、27日(土)、28日(日)

【時間】
@1/25 開場7:30 開演8:00
A1/26 開場4:30 開演5:00
B1/26 開場7:30 開演8:00
C1/27 開場2:00 開演2:30
D1/28 開場6:30 開演7:00

【料金】3000円(1ドリンク別)
【予約】メール:pinkdokuro@gmail.com

【出演】
劇団ピンクドクロ
 河内大和 藤井泉 宮河愛一郎


『死があるからこそ生を感じる人生、期限が切れるその日まで愛と欲望をぶつけていきたい』という信念で2010年にダンサー藤井泉と「劇団ピンクドクロ」立ち上げ、今まで5回の公演を行ってきました。

一昨年にはクラウドファンドでご支援頂き東京、名古屋、新潟のツアーも開催。

蔵や民家など身近な場所で、生活自体を作品に取り入れ、コミカルでシリアスな演劇的ダンス作品を、これまで発表してきました。




1/7 Art Drama



2018年1月7日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:tomonori.muraoka@gmail.com


【出演】
TOMONORI MURAOKA.


墨絵ライブペイント&アクロバットダンスパフォーマンスのショート劇です。公演時間は約30分程を予定。




12/28
Yukari OTA TERRITORHYTHMプロデュース
2017年踊り納め!!「Time to go 2017」




2017年12月28日(木)

【時間】
@開場2:30 開演3:00
A開場6:30 開演7:00
【料金】
前売\2000 当日\2500 (共に1ドリンク別)
【予約】
メール:share11project@gmail.com

【演出/振付/出演】
太田ゆかり
【出演】
依田朋子
山ア麻衣子
加瀬菜々子


痕跡・・・時間の経過。記憶を辿る。
現在過去未来・・・止められない時間・・・変わらぬもの。Time to go…



映像撮影 宮部勝之
DM Photo Takahiko Watanabe
DM Design yamasin(g)
企画制作 SHARE
主催 TERRITORHYTHM 太田ゆかり




12/22 狼眼



2017年12月22日(金)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】予約1800円/当日2300円(1ドリンク別)
【予約】メール:okibi0610@gmail.com

【演出・振付・出演】坂田有妃子
【出演】Haru 本田ヨシ子 入間川正美
【照明】笠島智


即興と「燠火」からの抜粋によるダンス公演




flyer
photo 松本和幸
design GO (go-photograph.com




12/17
Tapdancer Ippei Yonezawa企画
S.R.B conversation '17





2017年12月17日(日)

【時間】開場6:45 開演7:15
【料金】3000円(1ドリンク別)
【予約】メール:ichi.yone.tap@gmail.com(米澤)


【出演】
米澤一平(タップダンス)
愛実(エアリアル)
目黒陽介(ジャグリング)
谷口界(パフォーマンス)
市松(パフォーマンス)
笠井瑞丈(ダンス)
村田直哉(ターンテーブル)


Sound(音)、Rhythm(リズム)、Body(身体)を扱うTapdanceが、Aerial、Juggling、performance、dance、Turntable、異なる表現アーティストとDUOを中心に対話し、世界を紡いでいく

何が起こるかわからない一夜限りのセッション



「今回はじめてカフェムリウイで主催企画をさせて頂くTapdancerの米澤一平です。2013年より、これまで様々な空間やアーティストとのImprovisation(即興)によるコラボレーションを試みてきて、少しものが見えてきたと思えば、更に深みに落ちてしまい再び真っ暗になってしまうようなことが繰り返される世界ですが、つまりそこは、苦しみと楽しみが共存するすべての人達と同じごく当たり前の世界です。しかし、アートの面白さであり素晴らしいところは、その世界を、他の多くの人達と苦楽の瞬間を共有し共に冒険できるところにあります。

2017年を、ばらばらにそれぞれを生きてきた人達が、年末に同じ場所に集まって、同じ時間を共有する、それは本当に奇跡だなと思います。これから新たな年を迎える前の、特別な時間をみんなで一緒に過ごしましょう!」米澤一平




12/16 SacredGarden 声と音と舞を捧げる夜。



2017年12月16日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:kuudance@gmail.com


【出演】

荻野仁子(ウード)
立岩潤三(パーカッション)
鈴木未知子(カヌーン)

ダンス
キムウイシン
VIZRY
空kuu(minami,satomi,yuki)


「まず、息を吐くことから。吐く息は声になり、声は唄になる。息を吸うと、身体が拡がる。拡がる先に、鼓動。絶え間なく続き呼吸に乗せて、声はいつ、唄になるのだろう。身体はいつ、踊り出すのだろう。2017年の締め括りに、私達の原点に帰りたいと思います。声と身体と、歌と踊りと。絶え間なく呼吸に乗せて。」





12/9 Cor Glass Fools!番外編CorGLIVE!!



2017年12月9日(土)

【時間】
@開場4:00 開演4:30
A開場7:30 開演8:00
【料金】
大人2000円 子ども1000円 (共にドリンク別)
当日料金は大人、子ども共に+300円
【予約】
メール予約:c.g.fools@gmail.com
オンライン予約:こちら

【出演】
コルグラ
 サクノキ(道化師)
 長井望美(人形遣い)


”Cor"はラテン語で「心臓」、
”Glass"は英語で「硝子」、
”Fools"は「おばかさんたち」…!!

道化師 ×人形遣いユニット”コルグラ”のふたりが、 今度はムリウイ屋上劇場にて、ソロパフォーマンス・オムニバス・ライブ!!



サクノキ
道化師。「NPO法人 沢入国際サーカス学校」卒業。クラウン(道化師)の道を独学で追求。お客さんを巻き込みながら、温かくも滑稽で、ちょっぴりセンチメンタルなショーで各地のイベントや大道芸フェスティバル、舞台公演と国内外問わず活躍中。
長井望美
人形遣い。金沢市立美術工芸大卒。『人形劇団ネンネンネムネム!ねむり鳥』主宰。独自スタイルの人形制作・人形遣い・人形劇作演出等の活動を行う。『genre:Gray』黒谷都氏に師事。




11/26 Karte カルテ



2017年11月26日(日)

【時間】開場6:30 開演7:00
【料金】 予約2500円/当日3000円(1ドリンク別)
【予約】メール:hitoriga2017@gmail.com


【出演】
ひとりが。
 加藤綾子(ヴァイオリン)
 石川潤(電子音響&キーボード)
 Risako Ishikawa(ダンス)


法則とともに歩く男
君のステッキは
何という緊張しすぎた物笑いです

-中原中也作『(題を附けるのが無理です)』

加藤綾子によるヴァイオリン、石川潤による電子音響、そして、Risako Ishikawaによるダンス。 それぞれ、異なる手段で表現を行う3人が組み、10月に開催した初回公演【Marchen】は、中原中也の詩作『一つのメルヘン』を下地とした。
今回、2度目の公演のテーマとして選んだのは、同作家による『(題を附けるのが無理です。)』。

その詩に現れるのは、断片的なことばと、滑稽な光景だけ。
観客ひとりひとりが思い描く詩の光景と、出演者たちが思い描く詩の光景。
いくつもの『(題を附けるのが無理です。)』が、カード【Karte】の束をばらまくように交差する――単なる詩の再現にとどまらない、奇妙で美しい空間を、『カフェ・ムリウイ』で生み出していく。

-------------

加藤綾子:ヴァイオリニスト。クラシック音楽を中心に活動するかたわら、即興演奏の実践と普及をライフワークとし、ライブ・ワークショップ・セッションなども開催している。

石川潤:作曲家。即興ピアニスト。現代音楽の作曲・即興演奏・演奏企画を中心に様々な発信を行なっている。プロダクションKOOGENに所属し舞台やダンスなどの様々な企画に参加。

Risako Ishikawa (Ree):踊りながらトゥシューズで絵を描く、パフォーマンスアーティスト。踊ること・描くこと・奏でることを自由に組み合わせることに喜びを見出だし、独自の表現を追究している。




11/10, 11
オクスリ
「タカパタ タカパタ」




2017年11月10日(金), 11日(土)

【時間】
10日 @5:30 A8:00
11日 B5:30 C8:00
(30分前開場・開演後の途中入場はできません・上演時間は一時間を予定しております)
【料金】2500円(ドリンク別)
【予約】オンライン予約:こちら

【作・演出・出演・製作】
オクスリ(寿寿 菅由紀子 日向野敦子 山本健史)
※菅由紀子は当日会場にはいない形での出演となります。ご了承ください。

ショートショートユニット・オクスリがムリウイに現れる!
今回もメンバー四人が作・演出した作品がてんこもり!クスッと笑えるもの、ゾクッとするもの、ほっこりするもの、各種取り揃えておりますので、どなたさまでも気軽にお運びください。

【blog】http://okusuri.sblo.jp/
【Twitter】@okusuriiiii




11/9 星の巡りライブ vol.1〜山〜



2017年11月9日(木)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2000円(1ドリンク別)
【予約】メール:tobuturu@hotmail.co.jp(青柳)


【出演】
青柳ひづる(ダンス)
高橋香衣(太鼓・ヴァイオリン他)
渡辺淳(尺八・篠笛)


「この3人は、とある小さな里山で青柳ひづるが主宰する子どもたちのダンスクラスで出会いました。 その里山で、子どもたちと私たちはたくさんの小さくも美しい奇跡を体験しました。 その場から、踊ることや奏でることの原点と本質を改めて教わったような気がします。 今度は3人でそんな場を、と企画したライブのテーマは出会いの地である「山」に自然となりました。 出会った山、原風景の山、まだ見ぬ山・・・・・山はあまりにも広く、深く、多様で、果てしない。 それぞれの中にある「山」にまつわる第一章。」





11/5
Aerial×Contemporary ダンス企画 -VISION-



2017年11月5日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:matsuyamanami.conte@gmail.com(松山)


【出演】 松山奈未(ダンス)


踊るって、1つの生き方になるだろう。
場所なんて決まってない。
日常の中でも、夢の中にいても。
どんな空間に存在していても私は踊るだろう。

松山奈未
Aerial Dancer/Contemporary Dancer/Choreographer/Instructor
サンリオピューロランド「Miracle Gift Parade」エアリアルダンサーとして出演中
「INTERNATIONAL ASIA-PACIFIC POLE & AERIAL ACROBATIC CHAMPIONSHIP 2017」Aerial Silk(Tissu)部門1位優勝。Aerial Hoop(Ring)部門2位準優勝。
「2017 Capital of Texas Aerial Championships」Aerial Lyra - Professional部門1位優勝。Aerial Silks - Professional部門2位準優勝。




10/30
ロングロングアイランド




2017年10月30日(月)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】予約2500円 当日2800円(共に1ドリンク別)
【予約】Web予約 / メール予約

【出演】
板垣朝子(dance)
黒田百合(dance)
金子雄生(tp,他)
伊藤啓太(cb)
野崎くらら(perc)


「ぽつり。としまが生まれる そこから次々にしまが生まれて やがてひとつになる
五人は、ぽつりぽつりと出逢い、ひとつの時間を紡ぎます
お越し下さる皆様とともに 原点回帰を ここムリウイ島にて」




10/27, 28
柴崎正道 舞踏公演 『MAN OF FLOWER』



2017年10月27日(金), 28日(土)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】2000円(ドリンク別)
【予約】メール:info@ms48sk.com

【出演】
舞踏 柴崎正道
映像 片岡陽太


花が開花する様を非常にゆっくりとしたスピードで観察をすると、 じんわりと厳かに花びらが開いていくなか、時に花全体が小刻みに震え、 わななく瞬間がある。その後、その刹那的な震えが終わるとまた じんわりとした開花の儀式は続けられる。その刹那的な震えは、 花の周囲をそよ吹く風によって急激に引き起こされるものなのか、 それとも花の内部で開花を促すために自らを震わせるエネルギーの 発動のどちらなのかはわからない。そのような開花時に起きる花の震えを、 舞踏を通じて体現するのが本作品の目的である。

■プロフィール 1979年「大駱駝艦」で舞踏の構造と邂逅し、後に「ダンス・ラブ・マシーン」で舞踏の残酷さを体感する。 身体のわななきを叙情として受容し、細部から全体を投射する舞踏を構築していくことに興味がある。




10/22
ナンギャールクートゥ
南インドの古典劇「カムサヴァダム」




2017年10月22日(日)

【時間】開場6:30 開演7:00
【料金】3000円(1ドリンク別)
【予約】メール:abhilabo@yahoo.co.jp(アビナヤラボ)


出演:入野智江ターラ
ミラーヴ伴奏:畑板智保、岩田豊美
ターラム:石山聖子、小野美智子

協力:NPO法人 JML音楽研究所
企画制作:アビナヤラボ


ユネスコの世界無形文化遺産に登録されている古典劇「クーリヤッタム」
女優がひとりで物語を演じるものは、特に「ナンギャールクートゥ」と言われます
光り輝く神々と、邪気あふれる荒ぶるもの達の綾なす物語が、女優の身体を通して、わたし達の眼前に立ち現れます
今回のストーリーは、人々を苦しめている魔王カムサと対決するために、クリシュナと兄のバララーマがカムサの国にやってきたところからはじまります
壺型の太鼓「ミラーヴ」の音色に誘われてやってきた神様や魔物たちと一緒に、クリシュナ神の物語を楽しみませんか?




10/20, 10/21
ファビュラス姉妹 ダンスパフォーマンス
【をちこち】 ー遠近ー




2017年10月20日(金),21日(土)

【時間】
20日)開場7:30 開演8:00
21日)開場7:00 開演7:30
【料金】1800円 (1ドリンク別)
【予約】Web予約 / メール予約
【作・構成・振付・出演】
ファビュラス姉妹(岩崎一恵 秦真紀子 今村よしこ)


サエキさんの奥さんはUFOを目撃したその1週間後、家族を残していなくなってしまった。みんなUFOに連れてかれてしまったんだって言っていたけど、本当は心の奥でずっとUFOが迎えに来てくれるのを待ってたんじゃないのかな。

ここにいることを選んだ時、そこへいくことを選んだわたしがいて、 そこへいくことを選んだ時、ここにいることを選んだあなたがいる。

故郷から10000光年。

☆ファビュラス―fabulousとは、fable (寓話、たとえ話)を語源とした形容詞で、もともとの意味は「寓話的な、物語に出てきそうな」。そこから「信じられないような、嘘のような、途方もない、法外な」「素晴らしい、素敵な」の意味が出てきた☆





10/13, 10/14 YLO live公演 vol.5『透過スル』



2017年10月13日(金), 14日(土)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】2500円(ドリンク別)
【予約】メール:lrandomscape@gmail.com

【出演】
YLO
Yohta Kataoka / photo+
Liezo / dance
Ochi Yasuhiko / bass


写真家とダンサーとベーシスト、それぞれの視点から
時空を模索する5回目のライブ公演。




10/1
NICK-PRODUCE#22---wordlabo.2 珈琲店行脚戯曲読
明日晴れたとしてもピクニックには行かない。



2017年10月1日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2200円(1ドリンク別)
【予約】こちら
【お問合せ】メール/電話090-1254-7765(NICK)

【作・演出】村野玲子
【出演】加古みなみ
 9/24 佐藤拓之[※会場=Sweets Bar Melty100g
 10/1 猪熊恒和(燐光群)
【作曲・チェロ演奏】五十嵐あさか
【スーパーバイザー】中谷路子松本永
【企画】NICK-PRODUCE


都内2店舗のカフェでリーディング。女性キャストは演劇企画集団THE・ガジラのワークショップを経た加古みなみ。作曲・チェロ演奏は、アルゼンチンでの活動を経て日本で活躍中の五十嵐あさか。男性キャストは、9/24:佐藤拓之、10/1:猪熊恒和(燐光群)と、魅力的なゲストをお招きします。
[※9/24の会場は代官山Sweets Bar Melty100gとなります]

STORY
コンビニ経営に失敗した夫婦。これまでにも何度も起業に失敗してきた夫とその妻は、娘の強い勧めで離婚しようとしている。夫婦が寝起きするのは、他でもないその娘の一人暮らしの部屋。生活が維持できず、転がり込んだのだった。 夫の負債が家族にまで及ぶのを避けるため、離婚せざるを得ない現状ではあるものの、離れる必要を自覚すればするほど、互いへの想いが深まっていってしまう。共同経営者、父母、夫婦、男女――役割の仮面をひとつずつ剥がして行き、人間としての互いの素顔に再び出会い直す、ほんのり淡い対話劇。





9/22 朗読×ダンスーズ企画『黄色い壁紙』



2017年9月22日(金)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】前売2000円 当日2500円 (共に1ドリンク別)
【予約】メール:m.meco.mer@gmail.com(メル)

【出演】
宮本荊(LifeR)
メル(Mer)


朗読と踊りと共に小説シャーロット・パーキンス・ギルマン著作の短編『黄色い壁紙』を上演します。

”それでもこれだけは自信を持って言える。この屋敷にはどこか奇妙なところがあると。”

語り出す口上に、踊りに、ムリウイの風に、秋のはじまりを堪能してください。




9/17 "Endoru Mohana"
モヒニヤッタム 岡埜桂子 ソロ公演




2017年9月17日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:keiko.okano0327@gmail.com(岡埜)

【出演】
岡埜桂子


「南インド・ケーララ州の女性舞踊 モヒニヤッタム」
椰子の木が鬱蒼と繁る緑豊かな南国の地、南インド・ケーララ州。芸能の宝庫と呼ばれ、様々な芸能や儀礼が育まれたケーララで「モヒニヤッタム」は女性舞踊として伝承されてきました。
「この上なく魅惑的な踊り」と称されるこの踊りは、ゆったりとした優雅な動きと、豊かな感情表現で観客を神話の世界に誘います。
2010年より毎年ケーララに半年ほど滞在し、ナタナカイシキ研究所のグル・ニルマラ・パニッカルの指導のもと、この芸能を学ぶ岡埜桂子。カフェムリウイで日本初のソロ公演を行います。
ステップ中心の踊りに始まり、自然の美しさを歌ったもの、神様の物語を演じる演目など、物語の解説もふまえながら、間近でじっくりご鑑賞いただきます。
東京の秋の夜、空に近いカフェムリウイ屋上劇場に、南国ケーララを感じにお越しください。





7/28 わたなべあきこ ひとり芝居 『束縛』 2日目



2017年7月28日(金) 2日目

【時間】
7/28 開場7:15 開演8:00
【料金】2000円(1ドリンク別)
【予約】ウェブ予約:こちら

【作・演出】杉田鮎味
【出演】わたなべあきこ
【音楽・演奏】Byaku

【HP】http://w-akiko.jimdo.com/
【お問合せ】w.a.seisaku@gmail.com


果たしてあれは、嘘だったのか、それとも。

その昔、母屋の傍らにあるボロボロの物置に、
奇妙な男が住んでいた。

母にとって、姉にとって、私にとって、
一体あいつは何者だったのか。

結び目がゆるんだ隙に、真実を確かめておきたい。

***

所属する劇26.25団の主宰、杉田鮎味に作・演出をお願いしまして、ひとり芝居をやることになりました。
さらにアコーディオン弾きByakuさんの生演奏で彩っていただきます。
初めてのひとり芝居。ぜひお越しくださいませ。
(わたなべあきこ)




7/22 わたなべあきこ ひとり芝居 『束縛』 1日目



2017年7月22日(土) 1日目

【時間】
7/22 開場6:45 開演7:30 【料金】2000円(1ドリンク別)
【予約】ウェブ予約:こちら

【作・演出】杉田鮎味
【出演】わたなべあきこ
【音楽・演奏】Byaku

【HP】http://w-akiko.jimdo.com/
【お問合せ】w.a.seisaku@gmail.com


果たしてあれは、嘘だったのか、それとも。

その昔、母屋の傍らにあるボロボロの物置に、
奇妙な男が住んでいた。

母にとって、姉にとって、私にとって、
一体あいつは何者だったのか。

結び目がゆるんだ隙に、真実を確かめておきたい。

***

所属する劇26.25団の主宰、杉田鮎味に作・演出をお願いしまして、ひとり芝居をやることになりました。
さらにアコーディオン弾きByakuさんの生演奏で彩っていただきます。
初めてのひとり芝居。ぜひお越しくださいませ。
(わたなべあきこ)




7/20, 7/21
所作



2017年7月20日(木)、21日(金)

【時間】
7/20 (マチネ)開場5:30 開演6:00 (ソワレ)開場8:00 開演8:30
7/21 (マチネ)開場5:30 開演6:00 (ソワレ)開場8:00 開演8:30 【料金】前売1500円/当日2000円(共に1ドリンク別)
【予約】予約フォーム こちら

【出演】川原茜、葛原敦嘉、木下毅人
【振付】山口静
【企画制作】川原茜、山口静


日々は所作に溢れている。
あの人の歯を磨く姿や、わたしの顔を洗う様子は、ただ無意識に、体の記憶にまかせて淡々と、なにかの目的の為に行うだけ。
この、特別な意味を持たない純度の高い行為を、この所作を、ダンスの中でどう再現できるだろうかと考える。
非日常な体と、意識や作為がちらつく行為の中で、日常と非日常、無意識と意識を行き来しながら、より多くの美しい所作を集めたい。




7/7, 7/8, 7/9
荒悠平と大石麻央
(人間なんて空想上の生き物だと思っていた)





2017年7月7日(金)、8日(土)、9日(日)

【時間】
7/7 開場7:30 開演8:00
7/8 (マチネ)開場2:00 開演2:30 (ソワレ)開場6:30 開演7:00 7/9 開場6:30 開演7:00
【料金】前売2000円/当日2500円(共に1ドリンク別)
【予約】メール:ara.to.oishi@gmail.com(山辺)

【美術】大石麻央
【振付・出演】荒悠平


嘘じゃないのです。
たとえば、今、これが現実でなくて、
僕もあなたも誰かの夢の中にいる
登場人物に過ぎなかったとしても、
いろんなこと、すべて。
この記憶も、忘れちゃったことさえも、
全部、本当のことという気がするのです。
クルックー。彫刻とダンスの公演です。


演出助手:長谷川暢
宣伝美術:阿部航太
写真:K田菜月
制作:山辺千秋


ウェブサイト




6/25 Jinkan



2017年6月25日(日)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:asukaitagaki@gmail.com(板垣)

【出演】Asuka J. Dance Project
須藤剛
広瀬暁子
宮保恵
りょう
あすかJ.


舞踊家、振付家のAsuka J.がおもしろ愉快な仲間たちとくり広げるダンス活動のすべて。今回は、整体師、日本舞踊家、箏奏家、コンテンポラリーダンサーと、さまざまな専門性をもつ身体表現者が織りなす舞台となります!

あすかJ板垣Profile
2003年キューバ国立舞踊学校卒業。 舞踊家タンヒン・フォン・マトスに師事。 帰国後、舞踏ユニット雫や、ダンスグループねねむのクリエーションに関わる。 また、和栗由紀夫、東野祥子、大橋可也などの作品へ出演。 2012年より、ジャズバンド”渋さ知らズオーケストラ”でのパフォーマンスに




6/10 坂田有妃子ダンス公演

「燠火」(おきび)





2017年6月10日(土)

【時間】
昼公演 開場3:00 開演3:30
夜公演 開場7:00 開演7:30
【料金】予約2000円/当日2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:okibi0610@gmail.com
※一日2回公演となります。昼公演、夜公演のご指定をお願いします

【演出・振付・出演】坂田有妃子
【出演】笠島智 Haru
【音楽】本田ヨシ子
【朗読】伊藤千鶴(アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ「生首」より抜粋)


夢の世界でみるようなものを 現実の世界でおしつけられるように見てしまったため

その記憶からいつまでも逃れられないひと。

彼女は 苦しんでいるわけでもないが なにもかもが余分のものに 見えてきてしまった。

Cafe MURIWUIの 窓からみる風景は どこか別の空間につながっているように 見えるときがあり

この場所で

彼女の行き場のない かといって絶望もしていない そんな心情を風景のように再現したいのです


flyer : model 羊屋白玉 costume 笠島智 stylist るう(ROCCA WORKS) photo, design GO (go-photograph.com)




5/28 よみびとしらず





2017年5月28日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30

【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:kuroimisaki.cape@gmail.com(黒井岬)

【出演】
黒井岬(ぬう)
Satomimagae+桜井智広(うたう)
黒井汐美(おどる)
藤田北人(いる)


ムリウイという不思議なカフェに、するすると呼ばれるようにして催し物をすることになりました。衣装作家による、ライブでもファッションショーでもない別の場所へ行くような試みを。言葉によって、作り出したものによって、音楽によって、眼差しによって。名前のない時間を、訪れる人と共にできたなら。

黒井岬
2016年より衣装作家として活動。コンテンポラリーダンサーや舞踏家の衣装のほか、ミュージックビデオや映画、ショートフィルムなど映像作品に向けた衣装も製作。衣装以外の服の製作も行う。

Satomimagae+桜井智広
Satomimagaeは東京を中心に活動を続けているソロアーティスト。2012年に初のアルバム「awa」をリリース後、映画「耳をかく女」の音楽担当。2014年12月にWhite Paddy Mountainよりセカンドアルバム「Koko」をリリース。本公演ではギタリスト桜井智広とのデュオ編成で出演する。




5/25 サルノオンガエシ





2017年5月25日(木)

【時間】開場6:00 開演7:00
【料金】2500円(軽食付き)+1drink(別)

【予約】
メール:ticket.charco@gmail.com
カルテットオンライン:https://www.quartet-online.net/ticket/sarunoongaeshi

【出演】
エンターテイメントパフォーマンス集団 チャコールモンキー
HP / ブログ

中宅間敏彰
斉藤健
大串潤也


チャコールモンキー主宰3人からいつも応援してくださる皆様へ感謝の気持ちを込めて、一夜限りのスペシャルイベントを開催いたします!某テレビ局に出れた喜びも添えて、N(なんか)H(ほんと)K(感謝)祭り。チャコモン特製軽食、主宰3人にそれぞれによる新作短編一人芝居、BelkaStrelkaによるスペシャルLiveと盛り沢山!初めての人も大歓迎です!

≪チャコールモンキーとは≫ 2012年に中宅間敏彰、斉藤健、大串潤也の3人を主宰として結成されたエンターテイメントパフォーマンス集団。テーマは「チャコールモンキーが歩けば世界が笑う」作家大串の薄暗い過去から湧き上がる人への「愛」が散りばめられたヒューマンコメディーを上演。その題材は深海、豆腐屋、原始人など多岐にわたる。演劇という枠にとらわれず、チャコモンレンタルと称し舞台を飛び出してのイベント活動も行っている。素敵な時間、記憶を作る。




5/19 すこしあかりて




2017年5月19日(金)

【時間】開場7:30 開演8:00

【料金】予約2000円/当日2200円(1ドリンク別)
【予約】メール:contrabassism@gmail.com(池上)

【出演】
飯森沙百合(dance)
池上秀夫(contrabass)


コントラバスという楽器
その大きい楽器を奏でる自らの体と向き合ってきた奏者と
ダンスという行為に向かって自らの体を研ぎ澄ましてきた踊り手とが はじめて邂逅する、その一夜のできごと




5/7 ウルトラマリン





2017年5月7日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30

【料金】前売2000円 当日2500円 (共に1ドリンク別)
【予約】メール:m.meco.mer@gmail.com(若狭)

【出演】 山岡ミヤ×メル(Mer)

山岡ミヤー朗読
メル(Mer)ー踊り


"「こな」と映画館であだ名をつけられているのに気づいたのは、チラシを集めはじめて一週間足らずのことでした。"

2014年9月公演、朗読×踊り×音楽〈ミー〇面相〉からふたりでの活動をはじめ、踊り《メル(Mer)》と文筆・朗読《山岡ミヤ》のかけあわせによって五感の言語からうまれる空間を立ちあらわす。




4/14 & 4/15 今村よしこソロダンス【カフカ】



2017年4月14日(金)/15日(土)

【時間】14日 開場7:30 開演8:00
【時間】15日 開場7:00 開演7:30

【料金】1800円(ドリンク別)
【予約】メール:tobisarudayo@gmail.com(今村)
 ※二日連続公演ですのでご希望の日程を明記ください

【作・出演】今村よしこ

【照明】平地康浩
【衣装】黒井岬


「今村よしこ、初のソロダンス公演。
題の『カフカ』は村上春樹さんの小説から拝借。
カフカとはチェコ語でカラス。
カラスの様に舞いたいとおもいます。
カフカ舞うムリウイという森の中に是非いらしてください。
お会いできるのを楽しみにしております。」


今村よしこ
ダンサー。幼少よりクラッシックバレエを習い、現在はモダンダンスを吉沢恵に師事。ヴァリアス・マダム・カプセル、吉沢恵作品などに多数出演。 近年は個人の活動やソロやグループ(canari)作品の創作に意欲的に取り組む。また、音楽好きが高じて音楽とカフェダンスの会「Yの部屋」を主催。満員御礼の人気イベントとなっている。 今回、ずっと目標にしてきた初の単独ソロダンス公演に挑む。




4/8 ホトトギスと精霊たち



2017年4月8日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2000円(ドリンク別)
【予約】メール:sango369@gmail.com(Sango)

【出演】
月姫虹(ネイティブアメリカンフルート,真琴)
佐藤仙人文弘(ドンドコニスト)
Asaha(ダンス)
Shadi(ダンス)
Sango(ダンス)
印南真帆(朗読)


鳴くことに、飛ぶことに、生きることに疲れたホトトギス。
疲れた羽を休めていると、精霊たちが現れ、
生きるために必要なコトを与えてくれました。
その必要なコトとは。。。


イベント紹介ページはこちら




4/1 NICEPLAN第15回公演「フール・エイプリル」



2017年4月1日(土)

【時間】開場6:45 開演7:30
【料金】1800円(ドリンク別)
【予約】
メール:niceplan.home@gmail.com(NICEPLAN)
チケット予約フォーム:こちらより

【出演】
NICEPLAN
作・演出 奥田満
出演 原弘、山内理沙


一組の男女。別れてから3年の月日が流れた、4月1日。違う道を選んだ2人は、その日、偶然出会った。懐かしさと、微かにざわめき立つ心は嘘と本心を纏い、交わす言葉はアルコールと混ざりながら、互いの輪郭を滲ませてゆく。彼処に立っているのは、いつか視た、もう居ない2人のこれから。


【NICEPLANとは】
2005年発足の演劇プロデュース・ユニット。活動は主にカフェやギャラリーで行っている。NICEPLANの作品は少人数で繰り広げられる会話劇が主である。 描かれる世界は日常の片隅の、ごくありふれた一コマであることが多い。留めておけない風景、抗えない時の流れ、離れてゆく人の繋がり。生きることは哀しみに他ならないが、その哀しみを取り込んだ先に対峙する「日常」の美しさ。その瞬間に立ち会いたいという想いが、作品づくりの動機になっている。




3/24 サロメの嘆き




2017年3月24日(金)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2000円(1ドリンク別)
【予約】メール ayanoendotanmondan@yahoo.co.jp (遠藤綾野)

【出演】
蔭山 ひさ枝(朗読) [劇団渡辺]
遠藤 綾野(踊り) [Tan*Mon Dan]


なぜ、、見てばかりゐるのだろう。
目蓋を震わせ、いヽえ 本当は解ってゐるの。

銀の大皿に載せて、いますぐ ここへ、、、
踊ってはなりませぬ。
音もしない、何も聞こえぬ、どうして。。
あたしは。

その中には潮が流れ、月の光も 波の青さも 消し去ることはできない。

(オスカーワイルド「サロメ」より)




2/26 It's a playbacktheatre #1



2017年2月26日(日)

【時間】開場6:30 開演7:00
【料金】前売り2000円/当日2500円/学割1500円(ドリンク別)
【予約】リトルアス・プレイバックシアター usual_tone_of_voice0205@hotmail.com に件名を「2月26日公演予約」と明記のうえご連絡ください。折り返し詳細をお送りいたします。

【出演】
リトルアス・プレイバックシアター
久保田智之(くぼ)
飯田玄洋(げんよう)
菅野真理子(まりんか)
石関さえ(さえちゃん)
藤得顕(べ)
渡辺亮(りょう)


商店街の片隅に、ひっそりとたたずむカフェムリウイ
日が暮れるころ、雑居ビルの屋上に離島の隠れ家を思わせる趣のカフェは劇場へと変わる。

リトルアス・プレイバックシアターの旗揚げは屋上劇場からはじまります。日常の生活音から少しだけ離れた地上約10メールの空間で行われる日常の中に埋もれていた自分自身を見つけ出すプレイバックシアターの旅が幕を開けます。

プレイバックシアターは台本もない打ち合わせのない、偶然と出会いが積み重なって紡がれるちょっぴり不思議な舞台空間。
忙しい自分のメンテナンスに 人生の振り返りに 明日の扉に触れるために ドラマチックな出来事から 何気ない日常の片隅の物語まで グラスを片手にしながら人が生きていく中で紡ぎ出すストーリーの奇跡に触れる体験にゆるりと心揺らす

屋上劇場で会いましょう。




2/17 YYY vol.1【トキメキ】


2017年2月17日(金)

【時間】開場7:20 開演8:00
【料金】2000円(オーダー別)
【予約】こちらのサイトから

【出演】
新宅一平(ダンス)
徳島はっちー(ジャグリング)
ソらと晴れ女(パフォーマンス)
yu-ki(ダンス)
今村よしこ(ダンス)


ムリウイが屋上劇場はじめたってよ!
何かやろうよ!とわらわら集まった3人
マルチパフォーマー ”ソらと晴れ女”
ダンサー ”yu-ki” ”今村よしこ”
Yを名前に持つ3人が開催する初イベント!
初回のお題は【トキメキ】
トキメキと言っても乙女チックなものばかりとはかぎりません。太字で書くようなどっしりとしたトキメキもあるし、自分にしか分からない密かなトキメキもある
さてどんなトキメキが繰り広げられるのか…
さらにゲストもお二方お迎えして豪華見ごたえ満点!
ご予約優先、30席限定となります。
2月のキーンと冷えた冬の空にホットなトキメキパフォーマンスを体感しにいらしてください。夕刻、カフェから劇場に変身する”ムリウイ屋上劇場”で皆様をお待ちしております。

イベント詳細ページはこちら




1/24 柿崎麻莉子の「来週ライブできますか?」満席


photo zohar ralt


2017年1月24日(火)

【時間】開場7:20 開演8:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)
【予約】満席となりました

【出演】
柿崎麻莉子(Dance)
TOJO(afrontier)
横手ありさ Arisa Yokote

イスラエルのダンスカンパニーL-E-V Sharon Eyal|Gai Behar所属の柿崎麻莉子の出演が急遽決まりました。過去にも何度かムリウイに出演していますが、本当に素晴らしいダンサーです。こんな店で踊ってもらっていいのかしら?とも思う訳です。でも、こんな店でも世界中のどんな場所でも、彼女は彼女の踊りをしているのでしょうし、空の景色がそうであるように二度と同じ踊りはないのでしょう。もしかしたら、人と景色が日々や違う形で出会うことを「コンテンポラリー」というのかもしれませんし、または「ダンス」というのかもしれません。どうぞお見逃しなく。




1/22 真冬まみれ物語



2017年1月22日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2000円(オーダー別)
【予約】メール予約 muriwui@gmail.com (ムリウイ)
 *日程、名前、人数、連絡先 を明記して下さい

【出演】
池間由布子(歌)
桑原史香(踊り)
長谷川宝子(踊り)


ひょんなところでそれぞれ出会った3人で
一晩、いっしょにいよう。物語をしようということになった。


* * *
池間由布子:2013年8月、ミニ・アルバム『エクスキューズ、ミイ』をテニスコーツが運営するmajikickレーベルから発表。2015年1月、フル・アルバム『しゅあろあろ』を自主リリース。2016年、サードアルバム制作中

桑原史香:踊っています。最近はお芝居にも出演しています。クリウィムバアニーの踊り子。衣装ユニットKAKOのデザイン担当でもある。

長谷川宝子:渋さ知らズオーケストラ、舞踏団トンデ空静の舞踏手として活動する他、ジャンル問わず様々な音楽や美術、語り等とのセッションを多々行う。舞踏を軸としながらも、広がりのある在り方を目指し踊っている。



* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→