C a f e M U R I W U I

トップ | お店のこと | ライブ・イベント | カフェでお稽古 | 店舗情報


ムリウイ屋上劇場

9/22 朗読×ダンスーズ企画『黄色い壁紙』



2017年9月22日(金)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】前売2000円 当日2500円 (共に1ドリンク別)
【予約】メール:m.meco.mer@gmail.com(メル)

【出演】
宮本荊(LifeR)
メル(Mer)


朗読と踊りと共に小説シャーロット・パーキンス・ギルマン著作の短編『黄色い壁紙』を上演します。

”それでもこれだけは自信を持って言える。この屋敷にはどこか奇妙なところがあると。”

語り出す口上に、踊りに、ムリウイの風に、秋のはじまりを堪能してください。

* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




muriwui presents

9/23 窓 vol.3



2017年9月23日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:muriwui@gmail.com(ムリウイ)

【出演】
新宅一平(ダンス)
ダレンムーア(ドラム)
高岡大祐(チューバ)
小暮香帆(ダンス)


<窓> はカフェムリウイが定期的に主催する、音楽とダンスの即興ライブイベントです。毎回2名のミュージシャンと2名のダンサーをお招きします。窓の外に広がる風景と窓の中に広がる風景をお楽しみください。


<窓>の紹介とスケジュールはこちら→

_________________________

新宅一平:
初めて観た彼のソロ作品には「笑撃」を受けました。物語をしゃべりながら踊るのですが、滑稽なまでに洗練された動きと類まれな言語感覚に釘付けでした。唯一無二のダンサー。

ダレンムーア:
オーストラリア出身、東京在住のドラマー。坦々と世界中を旅してきたようにどんな舞台でも即座に自分の居場所を見つける。見つけたと思ったらまた探す。即興音楽の終わりなき探求者。

高岡大祐:
ムリウイに「即興」の文化を芽生えさせ根付かせたのはこの男。会うたびにアップデートされてゆく好奇心と表現。その圧倒的な「聞く力」は、外から入る街の雑音すら「よい音」に変える。

小暮香帆:
ムリウイ初登場。新宅さんのご紹介で今回の出演となりました。まだ映像でしか彼女のダンスは見ていないのですが、とにかく素晴らしいです。身体、という楽器から音が聞こえてくるようなダンス。






9/24 日野良一&高屋敷庄一ライブ vol.3



2017年9月24日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
日野良一(ギター、歌)
高屋敷庄一(マリンバ)

「マイペースながらも3回目のデュオライブ。マリンバ&ギター&歌のアンサンブルをお楽しみください。 ムリウイならではの至近距離でのマリンバ!お勧めです。 オリジナルやクラシック作品も演奏します。。」




9/29 よろこびのバザール



2017年9月29日(金)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2000円(ドリンク別)
【予約】メール:tomomi.paromita@gmail.com (佐藤友美)

【出演】
Tomomi Paromita(佐藤友美)
 (エクタラ、ドゥギ、グングル、ドタラ)

「よろこびのバザールを行け バザールに腰を据え 形にひそむ真の姿に 心よ狂ってしまえ」

放浪の吟遊詩人とも呼ばれるバウル、ベンガルの修行者たちにとって、歌は人生を導くみちしるべです。天を貫くような高い声は、赤子が母を求めるように。一弦琴「エクタラ」と「小鼓ドゥギ」を奏でつつ、足につけた「グングル」で鈴を鳴らして舞い歌う、伝統的な一人で完結するスタイルを学ぶ 佐藤友美が、ムリウイで2回目の公演をします。





9/30 宿された時間への幻想 -無国籍音楽の夕べ-



2017年9月30日(土)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
Kayo Kamishima(vocal)
中西文彦(guitar)

「パリの路地裏、ブロカントの古いメトロノーム、色褪せた絵本...。欧州の風景に隠れていた『時間』を想いながら、フランス、イタリア、ブラジル、中南米、さらには北米へと想いを馳せ、音楽で旅をします。ガットギターと唄で紡ぐ、いつかの物語。」




ムリウイ屋上劇場

10/1
NICK-PRODUCE#22---wordlabo.2 珈琲店行脚戯曲読
明日晴れたとしてもピクニックには行かない。



2017年10月1日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2200円(1ドリンク別)
【予約】こちら
【お問合せ】メール/電話090-1254-7765(NICK)

【作・演出】村野玲子
【出演】加古みなみ
 9/24 佐藤拓之[※会場=Sweets Bar Melty100g
 10/1 猪熊恒和(燐光群)
【作曲・チェロ演奏】五十嵐あさか
【スーパーバイザー】中谷路子松本永
【企画】NICK-PRODUCE


都内2店舗のカフェでリーディング。女性キャストは演劇企画集団THE・ガジラのワークショップを経た加古みなみ。作曲・チェロ演奏は、アルゼンチンでの活動を経て日本で活躍中の五十嵐あさか。男性キャストは、9/24:佐藤拓之、10/1:猪熊恒和(燐光群)と、魅力的なゲストをお招きします。
[※9/24の会場は代官山Sweets Bar Melty100gとなります]

STORY
コンビニ経営に失敗した夫婦。これまでにも何度も起業に失敗してきた夫とその妻は、娘の強い勧めで離婚しようとしている。夫婦が寝起きするのは、他でもないその娘の一人暮らしの部屋。生活が維持できず、転がり込んだのだった。 夫の負債が家族にまで及ぶのを避けるため、離婚せざるを得ない現状ではあるものの、離れる必要を自覚すればするほど、互いへの想いが深まっていってしまう。共同経営者、父母、夫婦、男女――役割の仮面をひとつずつ剥がして行き、人間としての互いの素顔に再び出会い直す、ほんのり淡い対話劇。



* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




10/5 session、からだと音



2017年10月5日(木)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】1800円(ドリンク別)
【予約】メール:green333mary@yahoo.co.jp (小椎尾)

【出演】
小椎尾久美子(ダンス)
平田祐一(ムビラ・パーカッション)
木村裕之(ベース)
MORIO(ギター)


10月大安吉日の夜、
この空間、ここにだけ、
走る、たたずむ、からだと、音と、
即興でsessionします。





10/6 日本語ボサノヴァ三国志[



2017年10月6日(金)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
東輝美(Vo, G)
OTT(Vo, G)
heli(Vo, G)


『日本語ボサノヴァ担当のOTTさん、三国志担当の東輝美さん、事務局担当のheli(私)がお届けする「日本語ボサノヴァ三国志」の第八回目です。ボサノヴァは自分が音楽をやり始めて以来、大きな柱の一つであり続けてきましたが、にもかかわらず一方で、何となく距離を置こう、遠ざかろう、みたいな気持ちもあったことは否めません。近親憎悪みたいな感じでしょうか。そんな自分の引き裂かれた気持ちに橋を架けてくれる貴重な機会として、日本語ボサノヴァ三国志は自分にとって重要なイベントであり続けてきました。なんて、そんな自分語りは抜きにしても、単純に面白く楽しいイベントであることは間違いなく、私もOTTさんや東さんの演奏を見るのが楽しみで仕方がありません。多くの方のお越しをお待ちしています。』




10/8 BASSE PLANTE
〜1st Album Release LIVE at Cafe MURIWUI




2017年10月8日(日)

【時間】開場6:30 開演7:30
【料金】
チケットのみ
 予約2000円(1ドリンク別)
 当日2500円(1ドリンク別)
CD付きチケット
 予約3800円(1ドリンク別)
 当日4300円(1ドリンク別)
【予約】メール:katsurarecords@gmail.com
Tel:090-7016-5463 (Katsura Records カツラレコード)

【出演】
BASSE PLANTE(コントラバス)


「クラシック、ポップス、ブラック・ミュージックへの深い造詣と、確かなテクニックがコントラバスの可能性を最大限に引き出す。たった一本のコントラバスとループステーションから生み出されるジャンルの垣根を超えた新しいサウンドがここにーー。満を持してリリースされた、ベースプラントのファーストアルバム『ONE』リリースライブ!」





10/9 朗読と音楽の実験会
-赤ずきんちゃんと三匹の子豚-




2017年10月9日(月祝)

【時間】開場6:00 開演6:30
【料金】2000円(ドリンク別)
【予約】メール:lidproject2017@gmail.com

【出演】
渡辺南友(Tp)
小池勇輝(Bs)
坂本貴啓(Reading, Perc)
渡健人(Reading, Perc)

「誰もが知る「赤ずきんちゃん」「三匹の子豚」をテーマに「朗読」と「音楽」の即興パフォーマンスを行います。 裏テーマには陰と陽の対比を掲げ、誰もが知る2作品の、誰も知らない側面をお見せしたいと思います。 朗読として、音楽として、物語として、色々な視点で楽しんで頂けると嬉しいです。」




10/13, 10/14 YLO live公演 vol.5『透過スル』



2017年10月13日(金), 14日(土)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】2500円(ドリンク別)
【予約】メール:lrandomscape@gmail.com

【出演】
YLO
Yohta Kataoka / photo+
Liezo / dance
Ochi Yasuhiko / bass


写真家とダンサーとベーシスト、それぞれの視点から
時空を模索する5回目のライブ公演。




10/15 坂田明 × 勝井祐二 デュオ



2017年10月15日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
坂田明(as,cl,vo)
勝井祐二(violin)


「坂田明 × 勝井祐二 デュオ。
何度も二人で沖縄に赴き、東村高江を訪れて演奏してきたこの『坂田×勝井デュオ』 東京では久しぶりにムリウイでやらせていただきます。」




10/19 アオのふたり-秋の嵐-



2017年10月19日(木)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
纐纈雅代(Sax)
板垣あすか(Dance)


『渋さ知らズで出会ったふたりが初のガチンコライブです。唯一無二の女流サックス奏者・纐纈雅代&ダンサーあすかJ板垣・ made in Cuba、どうぞお立ち寄りください☆』




ムリウイ屋上劇場

10/20, 10/21
ファビュラス姉妹 ダンスパフォーマンス
【をちこち】 ー遠近ー




2017年10月20日(金),21日(土)

【時間】
20日)開場7:30 開演8:00
21日)開場7:00 開演7:30
【料金】1800円 (1ドリンク別)
【予約】Web予約 / メール予約
【作・構成・振付・出演】
ファビュラス姉妹(岩崎一恵 秦真紀子 今村よしこ)


サエキさんの奥さんはUFOを目撃したその1週間後、家族を残していなくなってしまった。みんなUFOに連れてかれてしまったんだって言っていたけど、本当は心の奥でずっとUFOが迎えに来てくれるのを待ってたんじゃないのかな。

ここにいることを選んだ時、そこへいくことを選んだわたしがいて、 そこへいくことを選んだ時、ここにいることを選んだあなたがいる。

故郷から10000光年。

☆ファビュラス―fabulousとは、fable (寓話、たとえ話)を語源とした形容詞で、もともとの意味は「寓話的な、物語に出てきそうな」。そこから「信じられないような、嘘のような、途方もない、法外な」「素晴らしい、素敵な」の意味が出てきた☆



* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




終わったイベント


ムリウイ屋上劇場

9/17 "Endoru Mohana"
モヒニヤッタム 岡埜桂子 ソロ公演




2017年9月17日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:keiko.okano0327@gmail.com(岡埜)

【出演】
岡埜桂子


「南インド・ケーララ州の女性舞踊 モヒニヤッタム」
椰子の木が鬱蒼と繁る緑豊かな南国の地、南インド・ケーララ州。芸能の宝庫と呼ばれ、様々な芸能や儀礼が育まれたケーララで「モヒニヤッタム」は女性舞踊として伝承されてきました。
「この上なく魅惑的な踊り」と称されるこの踊りは、ゆったりとした優雅な動きと、豊かな感情表現で観客を神話の世界に誘います。
2010年より毎年ケーララに半年ほど滞在し、ナタナカイシキ研究所のグル・ニルマラ・パニッカルの指導のもと、この芸能を学ぶ岡埜桂子。カフェムリウイで日本初のソロ公演を行います。
ステップ中心の踊りに始まり、自然の美しさを歌ったもの、神様の物語を演じる演目など、物語の解説もふまえながら、間近でじっくりご鑑賞いただきます。
東京の秋の夜、空に近いカフェムリウイ屋上劇場に、南国ケーララを感じにお越しください。



* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




9/16 白い翼と黒い鰭、バビロンを離れるための





2017年9月16日(土)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
新美内閣
 新美博允(Vo, G) 久米貴(As) 吉田茂生(G
KOOMOON
 久米貴(Vo, G) 吉田茂生(G) ひろたえみ(Vo)

「木下ときわのパートナーとして活動する新美博充の久々となるソロプロジェクトをKOOMOONが少しお手伝いします。」




8/27 双子のように



2017年8月27日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
田島隆~タンバリン博士~(タンバリン、ギター、etc)
みっち。(踊り、うた、ギター、ピアニカ、etc)


見えない糸でつながれたように。
小さな音や小さな動きも。
聴き逃さず、見逃さず。
夏の終わりにタンバリン博士とみっち。が
濃厚な瞬間瞬間を重ねていきます。
双子のように。




muriwui presents

8/26 窓 vol.2



2017年8月26日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:muriwui@gmail.com(ムリウイ)

【出演】
荒悠平(ダンス)
石原雄治(ドラム)
平多理恵子(ダンス)
徳永将豪(サックス)


<窓> はカフェムリウイが定期的に主催する、音楽とダンスの即興ライブイベントです。毎回2名のミュージシャンと2名のダンサーをお招きします。窓の外に広がる風景と窓の中に広がる風景をお楽しみください。


<窓>の紹介とスケジュールはこちら→

_________________________

荒悠平:
暮らしという単位からダンスを見つめ様々なシーンを作っています。圧倒的に踊れる肉体が「自由」という制限の中でどんな音を奏でるでしょう。

石原雄治:
東京の満員電車で大きなドラムセットを運べるのは才能です。真ん中にある自分に向かって一途な様がそのまま音になった素晴らしいドラマーです。

平多理恵子:
通称、リエゾウ。長年舞踊の世界で活躍されてきました。彼女のダンスを言葉で表すと丸い直線です。その長い手足を伸ばして即興の扉を開けます。

徳永将豪:
「いわゆる音楽の才能ありません、ただしつこいだけです」は自身の言葉。彼のロングトーンが針の穴を抜けた時そこに広がる世界に目を奪われます。






8/6 南米をめぐるギターの冒険3〜バッハと南米音楽



2017年8月6日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
森井英朗(ギター)
橋本淳史(ギター)


『南米音楽をギターでめぐるテーマの第3弾。今回はバッハの音楽、そしてバッハに影響を受けた南米作曲家を中心にギターソロとデュオでお届けします。』




8/5 中田真由美×椎名琴音「歌と魔法のファンタジア」





2017年8月5日(土)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
中田真由美(ギター・うた)
椎名琴音(ウクレレ・うた)


ツーマンライブです。ソロ活動で歌ってるいるオリジナル楽曲を交互に弾き語りします。この日にしか聴くことができない貴重なセッションも行ないます。心地よい歌声と魔法にかけられたような素敵な世界観をぜひお楽しみください。


中田真由美:
「感じたままに歌声と遊ぶ人」映画や絵描きなど芸術とのコラボや、見つけた日常の"素敵"を独自の詩世界とともに広げてゆく。片岡翔監督、猫目映画作品に楽曲提供。

椎名琴音:
俳優とシンガーソングライターとして活動中。映画監督岩井俊二さんと作曲家桑原まこさんと組んでいるヘクとパスカルというユニットでヴォーカルも担当している。




8/4 なつのつぶ



2017年8月4日(金)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
GOFISH(sing,guitar)
池間由布子(sing,guitar)
荒川淳(guitar)
藤巻鉄郎(drums)


『7/10に素晴らしい音源『肺』をリリースする(された)名古屋在住の「GOFISH」、聴く人たちの心を奪い去りながら、音楽の上を自由に散歩しているかのような魅力を放つ「池間由布子」、ソロやジャンプスなどで幅広く且つ奥深く丁寧に音の世界を広げている郡山在住の「荒川淳」、という3名の素晴らしいミュージシャンをお招きして企画しました。その日演奏してみないと、何がどうなるかわからないのがムリウイのライブ。そこが面白くて怖くもあります。なつのあつい日にビール、音楽、ジンジャーエール、音楽、アイスコーヒー、音楽をぜひ。』




8/3 ジャンプス/パルシヴ





2017年8月3日(木)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
ジャンプス
鈴木良典gt 荒川淳viola

ギター鈴木良典(s.u.z.u.k tultuuga ockestla)、ビオラ荒川淳(ReddTemple)によるアコースティックブラックロマンス。2016年5月結成。

PULSIVE(パルシヴ)
高岡大祐tuba 藤巻鉄郎ds

今回から始めるduo-trio。 フィールドレコーディングされた音をランダム再生した音を もう一人のメンバーとして扱う。 高岡の各種アルバムと連動する「借景トリオ」




muriwui presents

7/30 窓 vol.1



2017年7月30日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:muriwui@gmail.com(ムリウイ)

【出演】
藤巻鉄郎(ドラム)
今村よしこ(ダンス)
竹下勇馬(自作電子ベース)
飯森沙百合(ダンス)


<窓> はカフェムリウイが定期的に主催する、音楽とダンスの即興ライブイベントです。毎回2名のミュージシャンと2名のダンサーをお招きします。窓の外に広がる風景と窓の中に広がる風景をお楽しみください。


<窓>の紹介とスケジュールはこちら→

_________________________

藤巻鉄郎:
すごいドラムはあっても美しいドラムはなかなかありません。先日のムリウイでのソロは圧巻でした。この若手ドラマーの進化は止まりません。

今村よしこ:
長年ダンスに携わってきた経験が独特な佇まいとなって指先にまで宿ります。作品、振付、という枠をこえて新たに即興の世界へ一石を投じます。

竹下勇馬:
彼の手作り楽器に完成の文字はありません。唯一無二の音をアップデートし続けるベーシスト。意思まで想起させるノイズがダンスと出会います。

飯森沙百合:
通称、おこめちゃん。観る人の心を一瞬に捕まえてしまうダンス。音楽と時間と自分に向き合う姿勢が外へと向かって輝き放たれるかのようです。






ムリウイ屋上劇場

7/28 わたなべあきこ ひとり芝居 『束縛』 2日目



2017年7月28日(金) 2日目

【時間】
7/28 開場7:15 開演8:00
【料金】2000円(1ドリンク別)
【予約】ウェブ予約:こちら

【作・演出】杉田鮎味
【出演】わたなべあきこ
【音楽・演奏】Byaku

【HP】http://w-akiko.jimdo.com/
【お問合せ】w.a.seisaku@gmail.com


果たしてあれは、嘘だったのか、それとも。

その昔、母屋の傍らにあるボロボロの物置に、
奇妙な男が住んでいた。

母にとって、姉にとって、私にとって、
一体あいつは何者だったのか。

結び目がゆるんだ隙に、真実を確かめておきたい。

***

所属する劇26.25団の主宰、杉田鮎味に作・演出をお願いしまして、ひとり芝居をやることになりました。
さらにアコーディオン弾きByakuさんの生演奏で彩っていただきます。
初めてのひとり芝居。ぜひお越しくださいませ。
(わたなべあきこ)

* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→