C a f e M U R I W U I

トップ | お店のこと | ライブ・イベント | カフェでお稽古 | 店舗情報


11/23 おっぱぱちゃん



2017年11月23日(木祝)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
yojikとwanda
 yojik(歌・小物楽器)/ wanda(ギター・歌・他)

のっぽのグーニー(歌・他)


「2011年に互いに知り合うこともなく1stフルアルバムを発表していたyojikとwanda(ドリームランド)と鬼才音楽家のっぽのグーニー(賛歌賛唱)とても楽しみな組合せ。ご期待下さい!」




11/24 坂ノ下典正 × 吉島智仁



2017年11月24日(金)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
坂ノ下典正(guitar)
吉島智仁(taiko)


「詩のように紡がれる弦の響き、風景に溶け込むほどの微音弱音を生む打楽器の振動

音と空気が混じり合う、ギターと打楽器の対話」




11/25 11月のvacation



2017年11月25日(土)

【時間】開場6:30 開演7:30
【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:yoyaku@tooyoung-records.com



【出演】
Vacation Three
中村大(vo g)、仲本興一郎(sax)、おきょん(perc)


「ネオ・アコ、フェイク・ジャズ、ボッサ等の影響をシンプルに表現する、掻き鳴らさないシティ・フォーク・サウンド。東京拠点のアコースティック・トリオVacation Three。 バンド、BANKのフロントマン中村大と、90年代から活動するバンド、Wack Wack Rhythm Bandに参加するサックス奏者・仲本興一郎、パーカッション奏者おきょんによる3人組。 もうすぐ冬、でもまだ秋の夜長のvacation!素敵な夕暮れ、美味しいハンバーガーとともにvacationはいかがですか?」




ムリウイ屋上劇場

11/26 Karte カルテ



2017年11月26日(日)

【時間】開場6:30 開演7:00
【料金】 予約2500円/当日3000円(1ドリンク別)
【予約】メール:hitoriga2017@gmail.com


【出演】
ひとりが。
 加藤綾子(ヴァイオリン)
 石川潤(電子音響&キーボード)
 Risako Ishikawa(ダンス)


法則とともに歩く男
君のステッキは
何という緊張しすぎた物笑いです

-中原中也作『(題を附けるのが無理です)』

加藤綾子によるヴァイオリン、石川潤による電子音響、そして、Risako Ishikawaによるダンス。 それぞれ、異なる手段で表現を行う3人が組み、10月に開催した初回公演【Marchen】は、中原中也の詩作『一つのメルヘン』を下地とした。
今回、2度目の公演のテーマとして選んだのは、同作家による『(題を附けるのが無理です。)』。

その詩に現れるのは、断片的なことばと、滑稽な光景だけ。
観客ひとりひとりが思い描く詩の光景と、出演者たちが思い描く詩の光景。
いくつもの『(題を附けるのが無理です。)』が、カード【Karte】の束をばらまくように交差する――単なる詩の再現にとどまらない、奇妙で美しい空間を、『カフェ・ムリウイ』で生み出していく。

-------------

加藤綾子:ヴァイオリニスト。クラシック音楽を中心に活動するかたわら、即興演奏の実践と普及をライフワークとし、ライブ・ワークショップ・セッションなども開催している。

石川潤:作曲家。即興ピアニスト。現代音楽の作曲・即興演奏・演奏企画を中心に様々な発信を行なっている。プロダクションKOOGENに所属し舞台やダンスなどの様々な企画に参加。

Risako Ishikawa (Ree):踊りながらトゥシューズで絵を描く、パフォーマンスアーティスト。踊ること・描くこと・奏でることを自由に組み合わせることに喜びを見出だし、独自の表現を追究している。


ムリウイ屋上劇場とは→




11/30 窓 vol.5



2017年11月30日(木)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:muriwui@gmail.com(ムリウイ)

【出演】
佐藤芳明(アコーディオン)
今村よしこ(ダンス)
熊谷拓明(ダンス)
北学(サックス)


カフェムリウイが主催する音楽とダンスの即興ライブイベント<窓> の5回目。


<窓>の紹介とスケジュールはこちら→

_________________________

佐藤芳明:
皆さんご存知、あの、佐藤さんです。泣く子もだまるアコーディオン奏者を<窓>にお呼びしました。即興の企画ですからちょっと意外でしょ?いや、素晴らしいのですよ。ぜひ彼の即興を聴いてほしい。音であろうがダンスであろうが「なにその対応能力!」です。

今村よしこ:
<窓>には2回目の出演。一度出た人と話すとみんな口を揃えて「今度こそ!」って言うんです。それぞれにそれぞれの挑戦と反省と喜びがある。そんな場であれたら最高です。今村さんは今回、どんな「今度こそ!」を踊ってくれるのでしょうか?

熊谷拓明:
「ダンス」って一言で言っちゃいけないんじゃないか?熊谷さんのダンスを見るとそんな気持ちにさせられます。お芝居、エンターテイメント、コント、全部が詰まったダンスです。でもそうですね、これは丸裸の熊谷さんが見れる貴重な機会かもしれませんよ。

北学:
<窓>に音楽家をお呼びするとき「ダンスと共演してない人」というざっくりとした自分ルールがあります。今回それが壊れました。パリ在住の北さん。東京ではあまり知られていませんが、まるで美術作品のような即興演奏。環境に筆を這わすように丁寧に音を描きます。




12/1 Tomi live



2017年12月1日(金)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
Tomi(Vo, G)

「ウッディな空間に響くガットギターの音色と歌。
オリジナルの曲、ブラジルの曲も演奏致します!
素敵なカフェ、ムリウイさんに久々の出演です〜♪
お天気が良ければ、綺麗な月や、星が見れますよー!!
是非皆さま聴きにいらして下さい!」




12/2 鈴木亜紀ライブ



2017年12月2日(土)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
鈴木亜紀(Vo, P)
越智泰彦(B)
向島ゆり子(Vln)


鈴木亜紀と越智泰彦と向島ゆり子のトリオ、チーム旅の空。亜紀さんはひたすら自分を歌いあげてるはずなのに、聴いていると「女」の代弁者であり、はたまた「人間」の代弁者であることが分かります。人間であるがゆえその中に「男」すら含まれていて、気が付くとみんなに愛される、そんな不思議な魅力の持ち主です。鈴木亜紀のゆくところ祭りあり。最高に楽しいライブ。




12/3 宮崎幸子、冬の夜空に幸せを



2017年12月3日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
宮崎幸子(ボーカル)
日野良一(ギター&ボーカル)
高屋敷庄一(マリンバ)


「ニューヨークレコーディングのファーストアルバムが好評を得ている宮崎幸子が、初組み合わせのメンバーで、新たな試みを。冬の夜空に、笑顔あふれる幸せの風を吹かせます。」




12/8 たこラボ



2017年12月8日(金)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
吉田慶子(vo, g)
田庫秀樹(tb, per)


アントニオ・カルロス・ジョビンの命日に 田庫秀樹さんと静かでちいさな花のような ジョビンの名曲の数々を演奏します。 寒い冬の夜、吉田の歌とギター、そして 田庫さんの笑顔とあたたかなトロンボーン。 ちいさなロースターで少しずつ焙煎する ムリウイのコーヒー(とびきり美味!)と 一緒にぜひこの夜を楽しんでいってください。 (吉田慶子)




ムリウイ屋上劇場

12/9 Cor Glass Fools!番外編CorGLIVE!!



2017年12月9日(土)

【時間】
@開場4:00 開演4:30
A開場7:30 開演8:00
【料金】
大人2000円 子ども1000円 (共にドリンク別)
当日料金は大人、子ども共に+300円
【予約】
メール予約:c.g.fools@gmail.com
オンライン予約:こちら

【出演】
コルグラ
 サクノキ(道化師)
 長井望美(人形遣い)


”Cor"はラテン語で「心臓」、
”Glass"は英語で「硝子」、
”Fools"は「おばかさんたち」…!!

道化師 ×人形遣いユニット”コルグラ”のふたりが、 今度はムリウイ屋上劇場にて、ソロパフォーマンス・オムニバス・ライブ!!



サクノキ
道化師。「NPO法人 沢入国際サーカス学校」卒業。クラウン(道化師)の道を独学で追求。お客さんを巻き込みながら、温かくも滑稽で、ちょっぴりセンチメンタルなショーで各地のイベントや大道芸フェスティバル、舞台公演と国内外問わず活躍中。
長井望美
人形遣い。金沢市立美術工芸大卒。『人形劇団ネンネンネムネム!ねむり鳥』主宰。独自スタイルの人形制作・人形遣い・人形劇作演出等の活動を行う。『genre:Gray』黒谷都氏に師事。


ムリウイ屋上劇場とは→




12/10 小濱明人 尺八 Solo Solo Live Vol.35



2017年12月10日(日)

【時間】開場5:50pm 開演6:30pm
【料金】予約3000円(1ドリンク別) 当日3500円(1ドリンク別)
【予約】Tel&Fax:03-3867-8303/akihitoobama+info@gmail.com(オバマ)

【出演】
小濱明人(尺八)
ゲスト:小湊昭尚(尺八)


「尺八奏者小濱明人によるソロライブ第35弾。1部は尺八の古典「本曲」を中心にお送りします。2部はゲストに尺八の小湊昭尚さんをお迎えして、尺八DUOをお聴き頂きます。今をときめく小湊さんとの共演、こうご期待ください!!」




12/14 情熱ではない何か



2017年12月14日(木)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
申愛聖(ヴァイオリン)
五十嵐あさか(チェロ、作編曲、声など)


「ヴァイオリンとチェロのための曲、というものは数がないので、私の独断で選曲&編曲&作曲しました。アルメニアやスペインの古い舞曲、アルゼンチンの民謡、王道クラシックはヘンデルのソナタ、その他デュオのために作曲した曲をお送りします。約束をしない音楽、そしてどこまでも脱力したい。ムリウイの響きの中で弦2本どう音を作るのか、謎と興味の時間。五十嵐あさか」




12/15 冬のムリウイでノラオンナひとりウクレレ弾き語り



2017年12月15日(金)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
ノラオンナ(Vo, Ukulele)


「季節ごとウクレレだけもってうたいにいく大切な場所。町の屋上にある海の家ムリウイ。大きな窓から星や月が綺麗にみえる冬のムリウイライヴ。静かにお待ち致しております。」ノラオンナ




ムリウイ屋上劇場

12/16 SacredGarden 声と音と舞を捧げる夜。



2017年12月16日(土)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:kuudance@gmail.com


【出演】

荻野仁子(ウード)
立岩潤三(パーカッション)
鈴木未知子(カヌーン)

ダンス
キムウイシン
VIZRY
空kuu(minami,satomi,yuki)


「まず、息を吐くことから。吐く息は声になり、声は唄になる。息を吸うと、身体が拡がる。拡がる先に、鼓動。絶え間なく続き呼吸に乗せて、声はいつ、唄になるのだろう。身体はいつ、踊り出すのだろう。2017年の締め括りに、私達の原点に帰りたいと思います。声と身体と、歌と踊りと。絶え間なく呼吸に乗せて。」




ムリウイ屋上劇場とは→




ムリウイ屋上劇場

12/17
Tapdancer Ippei Yonezawa企画
S.R.B conversation '17





2017年12月17日(日)

【時間】開場6:45 開演7:15
【料金】3000円(1ドリンク別)
【予約】メール:ichi.yone.tap@gmail.com(米澤)


【出演】
米澤一平(タップダンス)
愛実(エアリアル)
目黒陽介(ジャグリング)
谷口界(パフォーマンス)
市松(パフォーマンス)
笠井瑞丈(ダンス)
村田直哉(ターンテーブル)


Sound(音)、Rhythm(リズム)、Body(身体)を扱うTapdanceが、Aerial、Juggling、performance、dance、Turntable、異なる表現アーティストとDUOを中心に対話し、世界を紡いでいく

何が起こるかわからない一夜限りのセッション



「今回はじめてカフェムリウイで主催企画をさせて頂くTapdancerの米澤一平です。2013年より、これまで様々な空間やアーティストとのImprovisation(即興)によるコラボレーションを試みてきて、少しものが見えてきたと思えば、更に深みに落ちてしまい再び真っ暗になってしまうようなことが繰り返される世界ですが、つまりそこは、苦しみと楽しみが共存するすべての人達と同じごく当たり前の世界です。しかし、アートの面白さであり素晴らしいところは、その世界を、他の多くの人達と苦楽の瞬間を共有し共に冒険できるところにあります。

2017年を、ばらばらにそれぞれを生きてきた人達が、年末に同じ場所に集まって、同じ時間を共有する、それは本当に奇跡だなと思います。これから新たな年を迎える前の、特別な時間をみんなで一緒に過ごしましょう!」米澤一平


ムリウイ屋上劇場とは→




ムリウイ屋上劇場

12/22 狼眼



2017年12月22日(金)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】予約1800円/当日2300円(1ドリンク別)
【予約】メール:okibi0610@gmail.com

【演出・振付・出演】坂田有妃子
【出演】Haru 本田ヨシ子 入間川正美
【照明】笠島智


即興と「燠火」からの抜粋によるダンス公演




flyer
photo 松本和幸
design GO (go-photograph.com

* * *

カフェムリウイ屋上劇場とは→




終わったイベント


11/12 勝井祐二 × パールアレキサンダー デュオ



2017年11月12日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
勝井祐二(violin)
パールアレキサンダー(contrabass)


「勝井祐二 × パールアレキサンダー デュオ
コントラバス奏者パールアレキサンダーさんとのデュオを久しぶりにやります。 パールさんはアコースティックで、僕はエレクトリックとアコースティックと両方使って即興演奏します。 ムリウイならではの響きの中での演奏をとても楽しみにしています。 勝井祐二」




ムリウイ屋上劇場

11/10, 11
オクスリ
「タカパタ タカパタ」




2017年11月10日(金), 11日(土)

【時間】
10日 @5:30 A8:00
11日 B5:30 C8:00
(30分前開場・開演後の途中入場はできません・上演時間は一時間を予定しております)
【料金】2500円(ドリンク別)
【予約】オンライン予約:こちら

【作・演出・出演・製作】
オクスリ(寿寿 菅由紀子 日向野敦子 山本健史)
※菅由紀子は当日会場にはいない形での出演となります。ご了承ください。

ショートショートユニット・オクスリがムリウイに現れる!
今回もメンバー四人が作・演出した作品がてんこもり!クスッと笑えるもの、ゾクッとするもの、ほっこりするもの、各種取り揃えておりますので、どなたさまでも気軽にお運びください。

【blog】http://okusuri.sblo.jp/
【Twitter】@okusuriiiii


ムリウイ屋上劇場とは→




ムリウイ屋上劇場

11/9
星の巡りライブ vol.1〜山〜



2017年11月9日(木)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2000円(1ドリンク別)
【予約】メール:tobuturu@hotmail.co.jp(青柳)


【出演】
青柳ひづる(ダンス)
高橋香衣(太鼓・ヴァイオリン他)
渡辺淳(尺八・篠笛)


「この3人は、とある小さな里山で青柳ひづるが主宰する子どもたちのダンスクラスで出会いました。 その里山で、子どもたちと私たちはたくさんの小さくも美しい奇跡を体験しました。 その場から、踊ることや奏でることの原点と本質を改めて教わったような気がします。 今度は3人でそんな場を、と企画したライブのテーマは出会いの地である「山」に自然となりました。 出会った山、原風景の山、まだ見ぬ山・・・・・山はあまりにも広く、深く、多様で、果てしない。 それぞれの中にある「山」にまつわる第一章。」




ムリウイ屋上劇場とは→




11/8 発熱音楽 気がつくとわたしは



2017年11月8日(水)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
FUJI(サズ)
伊藤アツ志(ダルブカ)


「トルコの大地は音楽の宝庫です。喜びも悲しみも全開にして生きる人々の、生命そのものです。トルコは、政治的にはいろいろ問題もあって、不自由なところもあるんで しょうが、とにかく人々は誰もが元気です。なんであんなに元気なのか。誰とでもよくしゃべりますし、毎日がお祭り騒ぎのようだといっても過言ではありません。それ と、細かいことを気にしない図太さと言おうか、日本人的に見ればいい加減にみえるんでしょうが、その気質(?)のゆえに社会の雰囲気がゆるくて助かります。そんな 雰囲気を少しでもお伝えできる音楽にしたいと思います。」




ムリウイ屋上劇場

11/5
Aerial×Contemporary ダンス企画 -VISION-



2017年11月5日(日)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】2500円(1ドリンク別)
【予約】メール:matsuyamanami.conte@gmail.com(松山)


【出演】 松山奈未(ダンス)


踊るって、1つの生き方になるだろう。
場所なんて決まってない。
日常の中でも、夢の中にいても。
どんな空間に存在していても私は踊るだろう。

松山奈未
Aerial Dancer/Contemporary Dancer/Choreographer/Instructor
サンリオピューロランド「Miracle Gift Parade」エアリアルダンサーとして出演中
「INTERNATIONAL ASIA-PACIFIC POLE & AERIAL ACROBATIC CHAMPIONSHIP 2017」Aerial Silk(Tissu)部門1位優勝。Aerial Hoop(Ring)部門2位準優勝。
「2017 Capital of Texas Aerial Championships」Aerial Lyra - Professional部門1位優勝。Aerial Silks - Professional部門2位準優勝。


ムリウイ屋上劇場とは→




11/4 観月Bossa nova



2017年11月4日(土)

【時間】開場6:30 開演7:30
【料金】2500円(ドリンク別)
【予約】メール:bossa106@gmail.com

【出演】
Aviao
 小川やよい(g vo)
 高橋恭子(p)
Guest
マツモニカ(h)
斎藤真己(b)


「秋の夜長、ムリウイの美味しいコーヒーやお酒と共に、しっとりとしたBossa novaを聴きにいらしてください。。」




11/3 窓 vol.4



2017年11月3日(金)

【時間】開場7:00 開演7:30
【料金】1500円(1ドリンク別)
【予約】メール:muriwui@gmail.com(ムリウイ)

【出演】
小松睦(ダンス)
藤巻鉄郎(ドラム)
林哲也(ギター)
濱田陽平(ダンス)


<窓> はカフェムリウイが定期的に主催する、音楽とダンスの即興ライブイベントです。毎回2名のミュージシャンと2名のダンサーをお招きします。窓の外に広がる風景と窓の中に広がる風景をお楽しみください。


<窓>の紹介とスケジュールはこちら→

_________________________

小松睦:
ムリウイ初出演。<窓>から入って来ます。窓から入るって表現良いですね、お行儀悪くて。森の奥にある深緑の湖のような美しいたたずまい。平原慎太郎さん率いるOrganWorksでも活躍されています。とても楽しみな、はじめまして。

藤巻鉄郎:
<窓>には2回目の出演。そう、出演者の皆さんには何度も繰り返し出演してほしい企画なのです。前回はパーカッション的なセットでしたが、今回はドラムセットで参加してくれるそうです。当たり前ですが同じ演奏は二度とありません。

林哲也:
微音カフェノイズともいうべきムリウイでのイベントに出演された時に感銘を受けました。多くのミュージシャンが「自分の実験」に没頭しがちなのに対し、その場の音に深く聴き入るような演奏。ダンスとノイズ。実は<窓>の裏の企み。裏窓。

濱田陽平:
数年ぶりのムリウイ出演です。最後に会った時は「イスラエルに行く!」と言っていました。今はどこにいるのでしょう。そしてこれからどこへ行くのでしょう。なんだか不安になるのは、中にうごめく強い愛のせいでしょう。ダンスよ!




ムリウイ屋上劇場

10/30
ロングロングアイランド




2017年10月30日(月)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】予約2500円 当日2800円(共に1ドリンク別)
【予約】Web予約 / メール予約

【出演】
板垣朝子(dance)
黒田百合(dance)
金子雄生(tp,他)
伊藤啓太(cb)
野崎くらら(perc)


「ぽつり。としまが生まれる そこから次々にしまが生まれて やがてひとつになる
五人は、ぽつりぽつりと出逢い、ひとつの時間を紡ぎます
お越し下さる皆様とともに 原点回帰を ここムリウイ島にて」


ムリウイ屋上劇場とは→




10/29 イムルノリ



2017年10月29日(日)

【時間】6:30
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
崔在哲(唄、韓国太鼓、G)
越智泰彦(ベース)

チェさんは韓国太鼓チャンゴ奏者。太鼓たたきながら歌いまくる、熱い人。ルーツは韓国の伝統芸能、四物遊び「サムルノリ」。こちらもお馴染、ベースの越智さん。音楽を「身体」レベルまで掘り下げる楽しい試み。これは二物遊び「イムルノリ」ではないか!




ムリウイ屋上劇場

10/27, 28
柴崎正道 舞踏公演 『MAN OF FLOWER』



2017年10月27日(金), 28日(土)

【時間】開場7:30 開演8:00
【料金】2000円(ドリンク別)
【予約】メール:info@ms48sk.com

【出演】
舞踏 柴崎正道
映像 片岡陽太


花が開花する様を非常にゆっくりとしたスピードで観察をすると、 じんわりと厳かに花びらが開いていくなか、時に花全体が小刻みに震え、 わななく瞬間がある。その後、その刹那的な震えが終わるとまた じんわりとした開花の儀式は続けられる。その刹那的な震えは、 花の周囲をそよ吹く風によって急激に引き起こされるものなのか、 それとも花の内部で開花を促すために自らを震わせるエネルギーの 発動のどちらなのかはわからない。そのような開花時に起きる花の震えを、 舞踏を通じて体現するのが本作品の目的である。

■プロフィール 1979年「大駱駝艦」で舞踏の構造と邂逅し、後に「ダンス・ラブ・マシーン」で舞踏の残酷さを体感する。 身体のわななきを叙情として受容し、細部から全体を投射する舞踏を構築していくことに興味がある。


ムリウイ屋上劇場とは→




10/26 野奏(三)



2017年10月26日(木)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
ゲスト 長沢哲(drums)
川村祐介(trumpet)
細谷拓馬(contrabass)


「二人の即興演奏家による「野奏」。
第三回は長崎から長沢哲をゲストにお迎えして。
色とりどりの響きを奏するドラム奏者と秋の野を歩みます。」





ムリウイ屋上劇場

10/22
ナンギャールクートゥ
南インドの古典劇「カムサヴァダム」




2017年10月22日(日)

【時間】開場6:30 開演7:00
【料金】3000円(1ドリンク別)
【予約】メール:abhilabo@yahoo.co.jp(アビナヤラボ)


出演:入野智江ターラ
ミラーヴ伴奏:畑板智保、岩田豊美
ターラム:石山聖子、小野美智子

協力:NPO法人 JML音楽研究所
企画制作:アビナヤラボ


ユネスコの世界無形文化遺産に登録されている古典劇「クーリヤッタム」
女優がひとりで物語を演じるものは、特に「ナンギャールクートゥ」と言われます
光り輝く神々と、邪気あふれる荒ぶるもの達の綾なす物語が、女優の身体を通して、わたし達の眼前に立ち現れます
今回のストーリーは、人々を苦しめている魔王カムサと対決するために、クリシュナと兄のバララーマがカムサの国にやってきたところからはじまります
壺型の太鼓「ミラーヴ」の音色に誘われてやってきた神様や魔物たちと一緒に、クリシュナ神の物語を楽しみませんか?


ムリウイ屋上劇場とは→




ムリウイ屋上劇場

10/20, 10/21
ファビュラス姉妹 ダンスパフォーマンス
【をちこち】 ー遠近ー




2017年10月20日(金),21日(土)

【時間】
20日)開場7:30 開演8:00
21日)開場7:00 開演7:30
【料金】1800円 (1ドリンク別)
【予約】Web予約 / メール予約
【作・構成・振付・出演】
ファビュラス姉妹(岩崎一恵 秦真紀子 今村よしこ)


サエキさんの奥さんはUFOを目撃したその1週間後、家族を残していなくなってしまった。みんなUFOに連れてかれてしまったんだって言っていたけど、本当は心の奥でずっとUFOが迎えに来てくれるのを待ってたんじゃないのかな。

ここにいることを選んだ時、そこへいくことを選んだわたしがいて、 そこへいくことを選んだ時、ここにいることを選んだあなたがいる。

故郷から10000光年。

☆ファビュラス―fabulousとは、fable (寓話、たとえ話)を語源とした形容詞で、もともとの意味は「寓話的な、物語に出てきそうな」。そこから「信じられないような、嘘のような、途方もない、法外な」「素晴らしい、素敵な」の意味が出てきた☆




ムリウイ屋上劇場とは→




10/19 アオのふたり-秋の嵐-



2017年10月19日(木)

【時間】7:00
【料金】投げ銭制(+席料500円)

【出演】
纐纈雅代(Sax)
板垣あすか(Dance)


『渋さ知らズで出会ったふたりが初のガチンコライブです。唯一無二の女流サックス奏者・纐纈雅代&ダンサーあすかJ板垣・ made in Cuba、どうぞお立ち寄りください☆』