トップページ  長崎近郊の珍鳥

アカアシチョウゲンボウ

全長: 雄 25cm, 雌 30cm
学名:Falco amurensis 
英名:Amur Falcon
繁殖地:東アジア(中国,モンゴル,朝鮮半島)
冬季: 東および南アフリカ,南および南西アジア
観察場所: 諫早,森山干拓地
観察時期: 10月初旬〜11月初旬

全国でも珍しい鳥で春と秋の渡りの季節に主に西日本で見ることが多いようです.記録は幼鳥が多く成鳥雄はなかなか見れませんが,2007年5月5,6日に長崎県西海市雪の浦で観察されています.
諫早,森山干拓地では1999年10月,2002,3,7年以降は毎年10,11月に複数の幼鳥が観察されています.
2007,8年10月には成鳥雌1羽も観察されています.
幼鳥はチゴハヤブサに似ていますが脚が橙色,爪が肌色なので区別することが出来ます.

幼鳥
 
成鳥 雌
 
成鳥 雌
 
幼鳥
 
幼鳥