m(_'_)m

 毎度バカバカしいお笑い草で。

 古今の日本の芸能を、オソレ多くも語ろうというのが、本高座の趣旨でございます。

 まったく以て、前座の分際で真打ち連の芸を語ると言うこと自体が、ま、無理と言えば無理。しかし前座にも五分の魂でございまして、なにかしらお笑い頂けるところがございましたら、ありがたき幸せ。

 では、しばらくお付き合いの程を・・・。

(背景画は守屋毅『中世芸能の幻像』淡交社より)


●おでんの源流・『田楽』
●『エレキの若大将』
●勝新太郎
●小沢昭一


■お品書きに戻る