**これから去る100年に捧ぐ(笑)**

とある図書館にて・・・

来客:おい!貴様っ!
   このコーナーはいったい何なのだ!もう時は2000年なのだ!
   なあにが、今さら“戦後”だっ!(-"-)

司書:ふぁ〜(-;;-)。困っちゃったでちゅぅ〜〜(恐い客ぅ〜)。
   だってボクぅ、“戦前・戦中・戦後”にこだわりたい司書なんだもぉ〜〜ん。(*^^*)

来客:いまさら「欲しがりません、勝つまでは!」などを思い出す場合ではない!
   健全な赤子・・・いや、日本国民は未来に乾坤一擲!
   過去にかまうべきではないのだ!(-"-)

司書:ふにぃ〜〜 あなたみたいなお爺ちゃんからそう言われると、困っちゃぅ〜^^;。
   ボクはぁ、ただ戦争関係の本や資料が大好きなんでぇ、
   このコーナーにそんな本を詰めただけなんでちゅ〜〜(*^0^*)

来客:爺さんとはなにごとだ!・・・これでもかつては匪賊討伐で・・・

司書:・・・ほらぁ〜、やっぱり隠してるぅ〜(ニヤリ)。

来客:畏れ多くも大元帥ぃ・・・ん?(-ー;
   いいのだ!そういうことは!もうすべて終わったことなのだ!
   “上官”の命令だ!明るい“未来の話”を棚に並べるのだっ!(-#-)

司書:いやぁ〜〜だもぉ〜〜〜ん。
   “過去の話”、一杯並べちゃうんだもぉ〜〜ん(ムフッ)
   だって、過去を識らずして未来はないんでちゅ〜〜(/ー\)ポッ

来客:き、貴様ぁ!!!非国民があ!・・・・-_-;)=●)゚o゚)バキ!

・・・というわけで、本棚の臨検が始まったのだった。

米軍資料『日本空襲の全容』

『武装SS』

『ヒトラー独裁下のジャーナリストたち』

『日本ニュース映画史』

映画『saving private ryan』

交戦中

交戦中

交戦中

交戦中

交戦中

交戦中

交戦中


お品書きに戻る