昆虫採集のススメ STAFF

ピエール菅藤

 当「昆虫採集のススメ」管理人。「福島昆虫ファウナ調査グループ」会員。最近はカミキリを始めたらしいとの報告あり。ガロアムシに手を出そうと思っているが、甲虫に未練があり未遂。オサ屋久保主任と「お笑い虫の会」を結成し、虫屋らしからぬ虫屋を目指し奮闘中。夏は夏眠し冬に採集にでかけるのが生きがい?

ジョージ久保

福島昆虫ファウナ調査グループ」会員。30半ばにして菅藤と出会い虫に目覚める。専門はオサムシ、とは過去の話で、最近はタマムシに転向。目につく昆虫は片っ端から採集する貪欲さは特筆もの。「お笑い虫の会」名誉会長だけあり、フィールドでは笑いが絶えない?

ロドリゲス齋藤

福島昆虫ファウナ調査グループ」代表であり「お笑い虫の会」総長。ゾウムシやカッコウムシを求めて県内の山々に出没。単独での採集ではかなりの成果をあげるらしいが、複数で採集に出かけると、同行者は「涙、涙、涙。」常にホットな話題を提供する。

ロータリー三田村

福島昆虫ファウナ調査グループ」会員。堀ちえみとモーニング娘。をこよなく愛するドクター。商売はガ、趣味はトンボとのことだが、脚が6本生えていれば何でもOK。雑昆虫の三田村としてその名は全国に響き渡る。「お笑い虫の会」に混ざってて本当にいいのか!