20

.....先週、ロイと僕はリージェントのコントロール・ルーム
で僕の5枚のソロ・アルバムからベストの14曲をつなぎ
合わせた。集めおわったらお楽しみのプレイバックが待
っている。クッション付きのコンソールの端まで椅子を
ひっぱって、それから2台のスピーカーの中間に陣取り、
ファンの振りをして音量を上げた。僕は朝早く、カントリー
サイドに向かう車に乗っている二組のカップルの内の一
人だ。誰かがGの新しいカセットを「彼、いいよね。」と
言って取り出し、「ブライト・アイズ」が始まった。と、僕ら
はみんな静まりかえり…そして本当に聴き入った(いっそ
う木々の美しさを楽しみながら)。一番の途中で、女の子
の一人が言う。「音を大きくして。」助手席のファンは思う、
「こいつが、なんだって言うんだ?」


 
 
 
 
 
ロンドン     1984年 4月
Home