18世紀

18世紀、フランスは絶対主義の時代であり、理性の時代であり、また、「女性の時代」でもあった。
最後のブルボン王家がヴェルサイユで支配的に振舞っていた傍ら、パリでは婦人主催のサロンがさかんに行われていた。婦人達は「青靴下」と呼ばれ、才色兼備であった。
サロンでは、当時、一流の哲学者、作家、芸術家、科学者なとが集い、知的な会話を楽しんでいた。この婦人達の応接間から出る思想は、王家の者や、政治的・社会的な意見、あるいは文学・芸術の趣向にまで影響を与えていった。
さらには、革命的な思想の持ち主であるジャン・ジャック・ルソー、ヴォルテール、百科全書派の人々を擁護するようになる。しかし、彼らの思想はフランスの君主政治を崩壊させただけではなく、それと共に、サロンの社会をも崩壊させた。

当時、女性は優雅な魅力が重んじられ、ミューズ(芸術家などにインスピレーションを与える女神)としての地位が与えられていた。
画家の Elisabeth Vigee-Lebrun は、その美貌と才能により成功を収めた女性の一人である。最も名高い貴族に気に入られ、1779年に、マリー・アントワネットの宮廷画家となった。 Lebrun はマリー・アントワネットの肖像画を20回以上も描いた。後に Lebrun は、当時は美しさが本当に強みになった、と語っている。

しかし、時には、その美しさが仇となることもある。 Vigee-Levrun の美貌は、時にそちらのほうが重んじられ、彼女の描く絵画は二の次にされた。彼女が1783年に、ローヤル・アカデミーへの入会の請願書を出したところ、本当は男性が彼女の絵を描いている、という噂が流れ、請願は拒否された。
そのうえ、歴史的には、階級社会の崩壊と共に、彼女が描く貴族の肖像画は、実物よりも美しく描いていて、貴族社会へのへつらいだとされた。
サロンの婦人達の運命のように、彼女の美しい絵画も、絶対主義時代の象徴になってしまった。彼女達が、革命の思想を高めていったのにもかかわらず、実に皮肉なことになっていった。、マリー・アントワネットの運命のように、女性は時に、権力を振り回す男性によって、過剰な非難を浴びてしまうことがある。

アンナ・ドロテア・テルブッシュ Anna Dorothea Therbusch ( 1721-1782 )
アンゲリカ・カウフマン Angelica Kauffmann ( 1741-1807 )
アデライド・ラビーユ=ギアール Adelaide Labille-Guiard (1749-1803)
エリザベト・ヴィジェ・ルブラン  Elisabeth Vigee-Lebrun ( French 1755-1842 )

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学