アンディ・ウォーホル
ポスターはこちら
Andy Warhol ( 1928-87)
アメリカ  ポップアート
19世紀末、ニーチェが「神は死んだ」と言った。これは来るべき20世紀モダニズム社会への警鐘であった。

1960年代、アメリカは高度経済成長の只中にいて、モダニズムの社会だった。大量消費社会の背景にあるのは、物質文明である。人間は神など信じていない。「物」を信じ、「物」を作り出す「機械」を信じ、その機械に支配される。そんな時代が衰えていくどころか、どんどん加速していった。

「物」の中に「情報」も含まれる。すなわちマスメディアである。大量消費社会を加速させていくのは、大量に消費される情報である。「情報」がかつての「神」に取って代わったのである。

1961年、史上最年少の大統領ジョン・F・ケネディの誕生に全米がわいた。同年、ベルリンの壁が築かれ、東西ドイツ分断。
1962年、キューバ危機。同時にアメリカはベトナムに一万6500人の「ミリタリー・アドバイザー」を送りこむ。
1963年、ベトナムからの完全撤退を考えていたケネディ大統領が暗殺される。
このあとアメリカはベトナム戦争へと突入してしまう。

1962年、マリリン・モンローが謎の死をとげる。ウォーホルは同年、「ゴールド・マリリン」を制作した。金色はヨーロッパではキリスト教の宗教画によく使用される。聖母マリアやイコン画などである。マリリンはウォーホルにとって「イコン」であった。それだけではない。病めるアメリカにとって、イコン的な作品が「ゴールド・マリリン」である。

「物」が溢れている社会は、その裏で「虚無感」がつきものである。
ウォーホルはマリリン・モンローや毛沢東の顔を繰り返した。曼荼羅のように顔を並べただけ。交通事故の写真や電気椅子も繰り返した。

事故の写真も一枚だけならリアリティーを持って見ることができる。しかしマスメディアはこれを繰り返すのだ。繰り返し繰り返し情報を流す。その過程で、リアリティあるものが、虚無化してしまう。「神」が死んだ時代にふつふつと湧いてきた「虚」の世界。これをつかんだのがウォーホルの天才であった。

きらびやかな消費社会の裏側にある、どうにもならない重苦しい雰囲気、虚無感。光は強ければ強いほど、闇は暗いのである。現実を現実として見ることができない。あるのはマスメディアの情報だけ。本当は暗い闇から叫び声を上げたいのに、光あるきらびやかな世界に踊らされる。それは本当の自分ではないのだ。

ウォーホルだけではなく、20世紀芸術にはこういった虚無感の叫びがある。

    
  
1986年、亡くなる1年前の自画像。背後の闇に掻き消されていきそう。

両親はスロヴァキア共和国からの移民。 ウォーホルはアメリカのピッツバーグで生まれた。

1945-49年、ピッツバーグにあるカーネギー工科大学で絵画とデザインを学んだ。
卒業後、ニューヨークへ行き、イラストレーションの仕事をしていた。
1951年以降は商業美術の世界で多数の賞を取っていた。
このころの作品は、天使や猫のイラストが有名である。

1960年から、カンヴァスにアクリル絵具を使用し始める。ペプシ・コーラのCMや、漫画のキャラクターのポパイなどを描く。

1962年、シルクスクリーンを使用するようになる。キャンベルスープ缶、ドル紙幣などを画面全体に並べて、それを反復していく作品を作る。
またこの年に亡くなったマリリン・モンローの写真の転写を始めた。
後に「死と惨事」のシリーズとなった自動車事故などの写真の転写もこの時期から始めた。
作品をファクトリーで大量生産する方法は注目された。

1970年半ばくらいから、ポラロイド写真を使って時代の顔を集めた。

1980年代、ボッティチェリやデ・キリコなどの過去の名作を取り上げ始めた。
レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の連作が絶筆となった。

アンディ・ウォーホル 「10 マリリン 1967」

≪残念ながら著作権の関係上、画像を載せられません。下の美術館リンクで画像を参照して下さい≫
 このマークをクリック
1960 サタディズ ポパイ Ludwig Forum fur Internationale Kunst, Aachen, Germany
1962  マリリン・モンロー・リップス ハーシュホーン美術館、彫刻庭園  ワシントンD.C.
1962  キャンペルスープの缶 ニューヨーク近代美術館
1962    100個の缶 オルブライト=ノックス・アート・ギャラリー 、バッファロー
1962  丸めた札束 ニューヨーク近代美術館
1962  S&Hグリーン・スタンプ ニューヨーク近代美術館
1962  ゴールド・マリリン・モンロー  ニューヨーク近代美術館
1962   A Boy for Meg ワシントン・ナショナル・ギャラリー
1962  グリーン・マリリン ワシントン・ナショナル・ギャラリー
1963  ダブル・エルヴィス ニューヨーク近代美術館
1963  オレンジの自動車事故14回 ニューヨーク近代美術館
1963   キス (ベラ・ルゴシ)

ベラ・ルゴシ:ドラキュラ役で有名なスター。
シカゴ美術研究所
1963  オレンジの凶事

(電気椅子の像を連続させている)
ニューヨーク・グッゲンハイム美術館
1963   Ethel (Redner) Scull ポール・ゲッティ美術館  ロサンゼルス
1964   花 ハーシュホーン美術館、彫刻庭園  ワシントンD.C.
1964  電気椅子 ダラス美術館  テキサス
1964  リズ (エリザベス・テーラー) サンフランシスコ美術館
1964  花 サンフランシスコ美術館
1964  untitled, plate on p. 112 in the book, 1¢ Life サンフランシスコ美術館
1964  untitled, plate on p. 113 in the book, 1¢ Life サンフランシスコ美術館
1964   Birmingham Race Riot サンフランシスコ美術館
1965  ジャクリーン・ケネディ サンフランシスコ美術館
1965  ジャクリーン・ケネディ サンフランシスコ美術館
1965  ジャクリーン・ケネディ サンフランシスコ美術館
1966  自画像 ニューヨーク近代美術館
1967  自画像 デトロイト美術研究所
1967  The Velvet Underground and Nico サンフランシスコ美術館
1967  マリリン・モンロー(マリリン) シカゴ美術研究所
  マリリン・モンロー(マリリン) シカゴ美術研究所
  マリリン・モンロー(マリリン) シカゴ美術研究所
  マリリン・モンロー(マリリン) シカゴ美術研究所
  マリリン・モンロー(マリリン) シカゴ美術研究所
  マリリン・モンロー(マリリン) シカゴ美術研究所
  マリリン・モンロー(マリリン) シカゴ美術研究所
  マリリン・モンロー(マリリン) シカゴ美術研究所
  マリリン・モンロー(マリリン)
1968   キャンベル、トマトスープ サンフランシスコ美術館
1969  キャンベル・スープU ヴェジタリアン・ヴェジタブル メトロポリタン美術館
1970   デニス・ホッパー Kemper Museum of Contemporary Art,
Kansas City, Missouri
1973   毛沢東 シカゴ美術研究所
1974  ヘレン/ ハリー・モラレス(ドラッグ・クイーン)

ドラッグ・クイーン:女装するホモ(差別語)
ポール・ゲッティ美術館  ロサンゼルス
1975  ロイ・リキテンシュタイン ポール・ゲッティ美術館  ロサンゼルス
1977  ライザ・ミネリ ポール・ゲッティ美術館  ロサンゼルス
1979   自画像 ポール・ゲッティ美術館  ロサンゼルス
1979   ポール・ジェイキンス
1979  150のマリリン ビルバオ・グッゲンハイム美術館、 スペイン
1980   Winston Man シカゴ美術研究所
1981  ロバート・ラウシェンバーグ ポール・ゲッティ美術館  ロサンゼルス
1981  Kimiko Powers, 1971-1972 サンフランシスコ美術館
1981  女装の自画像 ニューヨーク・グッゲンハイム美術館
1981  女装の自画像 ポール・ゲッティ美術館  ロサンゼルス
1982   ジャン・ミシェル・バスキア ポール・ゲッティ美術館  ロサンゼルス
1983   キース・ヘリングとJ・デュボース ポール・ゲッティ美術館  ロサンゼルス
1983   ロバート・メイプルソープ ポール・ゲッティ美術館  ロサンゼルス
1983   プリンセス・カロライン、モナコ

(グレイス・ケリーの娘)
ポール・ゲッティ美術館  ロサンゼルス
1984  グレイス・ジョーンズ ポール・ゲッティ美術館  ロサンゼルス
1986  自画像 ニューヨーク・グッゲンハイム美術館
1986   自画像 ハーシュホーン美術館、彫刻庭園  ワシントンD.C.
1986   自画像 ポール・ゲッティ美術館  ロサンゼルス
美術館リンク (作品の画像を見ることができます
ヒューストン美術館  テキサス
ボストン美術館
オーストラリア国立美術館  キャンベラ
オーストラリア国立美術館  キャンベラ
カナダ国立美術館  オタワ
ノートン・サイモン美術館  パサデナ カリフォルニア
イェール大学美術館  コネティカット ニュー・ヘヴン
オークランド大学美術館  ノースカロライナ
オークランド大学美術館  ノースカロライナ
デイトン美術館  オハイオ

ウォーホル ポスター一覧



20世紀絵画へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学