シモン・ヴーエ
Simon Vouet (1590-1649)
フランス バロック

パリ生まれ。父親は画家である。ヴーエは早い時期から、才能を開花させた。

1614年にローマへ行き、13年間を過ごした。

イタリアでの活躍は目覚しく、1624年にはサン・ルカ・アカデミーの代表に選ばれ、サン・ピエトロ大聖堂の仕事を請け負った。

すでに、イタリア滞在中に、ルイ13世からの年金を与えられていた。

帰国後は、パリで、華やかに、美術界の中心として活躍した。

ル・シュウールやル・ブランを育て上げた。

Father Time Overcome by Love, Hope and Beauty
1627
Oil on canvas, 107 x 142 cm
Museo del Prado, Madrid

Saturn, Conquered by Amor, Venus and Hope
1645-46
Oil on canvas, 187n x 142 cm
Musee du Berry, Bourges

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学