ルフィーノ・タマヨ
ポスターはこちら
Rufino Tamayo (1899-1991)
メキシコ  インディオ出身の画家

12歳でメキシコシティへ移住。
美術アカデミー卒業後、考古学博物館に勤務する。
そこでメキシコ古代美術に影響を受ける。
それに加えてシュルレアリズムや表現主義、キュビズムなどの影響が混じり合い、独特のものになっている。

残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。
画像が見られる美術館にリンクしてあります。そこから、御覧下さい。
ルフィーノ・タマヨの美術館リンク
ロサンゼルス警察 盗難絵画 情報サイト
タイム 表紙
サンフランシスコ美術館
グッゲンハイム美術館  ニューヨーク 
ヒューストン美術館  テキサス
メトロポリタン美術館  ニューヨーク
Art Collection of the Biblioteca Luis Angel Arango  コロンビア
クロッカー美術館  カリフォルニア
ルフィーノ・タマヨ美術館  メキシコシティ 
オルブライト=ノックス・アート・ギャラリー  バッファロー ニューヨーク州
アリゾナ州立大学付属美術館
Arthur Ross Gallery  ペンシルヴェニア大学  
コロンビア美術館  サウス・カロライナ
ハーシュホーン美術館  ワシントンD.C.
Hofstra Museum at Hofstra University  Hempstead  ニューヨーク
Meadows Museum at Southern Methodist University  ダラス テキサス
ベルギー王立美術館データベース
サンタ・バーバラ美術館
スミソニアン・アメリカ美術館  ワシントンD.C
ウォーカー・アート・センター  ミネソタ


ポスターはこちら


20世紀に戻る



ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話