リージョナリズム(地域主義) アメリカ
1930年代

1929年、ニューヨークのウォール街から始まった株価大暴落。続く大不況の時代。
ルーズヴェルト大統領が1933年、ニューディール政策を実施して、対処していった。

そんな大不況の最中、華々しいアメリカン・ドリームなどは影を潜めた。その代わり、失われつつあった古きよきアメリカを求める風潮が高まった。

リージョナリズムはアメリカ中西部の田舎を題材にして、ノスタルジックな風景を描いている。
*エドワード・ホッパー
チャールズ・バーチフィールド
トマス・ハート・ベントン
グラント・ウッド
ベン・シャーン
*アンドリュー・ワイエス

戻る



ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話