構成主義
1913年 ロシア
20世紀初めのロシアは、ヨーロッパのモダニズムを牽引するほどだった。

第一次世界大戦の数年前、ロシアでは「立体=未来派」が成立した。これは形はピカソのキュビズムで、理論は未来派であった。といっても、イタリアの未来派のように機械賛美、戦争の道具とはならない。

ロシアの大地では「自然」とは戦いである。そこで進歩する工業は、その「自然」を克服する手段として、加えて社会の基盤として歓迎されたのである。

ロシアのモダニストたちの理論は、男女の役割も定義しなおしていった。ロシアで女性が芸術上の地位を獲得するのは、他の西欧やアメリカよりも早かった。リュボーフィ・ポポーヴァはその中の一人であった。

純粋なロシア美術となると、マレービッチのシュープレマティスムである。
ここからロシア・アヴァンギャルドの構成主義的な前衛芸術へと向かった。。

しかし1917年10月革命が起こり、初めはロシア・アヴァンギャルドの芸術家たちはロシア革命を支持した。革命政府も西側のブルジョアジーに対抗する芸術として、擁護した。

しかし、このロシア・アヴァンキャルドがヨーロッパの資本主義国に支持されはじめた。
そうなると、革命政府は、このアヴァンギャルドは資本主義的な芸術だとされ、社会主義的ではない、という雰囲気が出てきて冷遇されるようになる。

そんな雰囲気を敏感に感じたカンディンスキーやシャガールはロシアを離れた。
そうして1920年代に亡命した芸術家たちによって広がっていったのが構成主義である。

*カジミール・マレーヴィッチ Kasimir Malevich (1878-1935) ロシア シュプレマティスム
ラリオノフ Mikhail Larionov 1881-1964
ウラディーミル・タトリン Vladimir Tatlin 1885-1953
*リュボーフ・ポポーヴァ Liubov Popova 1889-1924 ロシア(女性)
エル・リシツキー El Lissitzky 1890-1941 
ナウム・ガボ Naum Gabo 1890-1977
アレクサンドル・ロドチェンコ Alexander Rodchenko 1891-1956 ロシア
ラースロー・モホリ=ナギ Laszlo Moholy-Nagy 1895-1946
*ベン・ニコルソン Ben Nicholson (1894-1982) 
N.カポ
A・ペヴスナー

戻る