バウハウス
1919-1933(表現主義)
バウハウス ドイツ ヴァイマル 

1919年、ワイマールに、ヴァルター・グロビウスにより、設立された芸術学校。
ドイツ・モダニズムの中心となる。建築中心の総合造形学校だが、絵画、彫刻、建築が調和よく結びつき、組織的なまとまりを得るため、それぞれの芸術活動の協調性が求められた。特に建築と結びつくことにより、職人的な作品を芸術的な高みにしていくことが求められた。

1925−26年、保守派の圧力があり、デッサウに移転。さらにベルリン移転。
1933年、ナチスの弾圧により閉鎖。

弾圧により、多くの芸術家たちがアメリカへ移住した。
1937年モホリ=ナギはシカゴにニュー・バウハウスを設立した。

ヴァルター・グロビウス
ヨハネス・イッテン  スイス  デザイナー
オスカー・シュレンマー 
バウマイスター 
ルートヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエ
ラースロー・モホリ=ナギ
ジョゼフ・アルバース
カンディンスキー
パウル・クレー
ライオネル・ファイニンガー

戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学