アッシュカン派  アメリカ ニューヨーク
1908年から1913年
19世紀後半、アメリカでは自然の風景を描くのが好まれた。
そんな中、都会生活を描き始めたアッシュカン・スクールは衝撃的であった。

「ジ・エイト(8人組)」とも言う。
アッシュカンはタバコの吸殻を入れる缶のことで、「醜悪なものの信奉者」と呼ばれた。
庶民的な世界を伝統的な写実主義で描いているのだか、社会批判的な正確もあった。
しかし、むしろ、貧困や惨めな生活には目をつぶり、そんな中にある活力や豊かさというものを発見していった。

その主題の選択などは、アメリカ的なものを確立した。
 
ロバート・ヘンライ  Robert Henri
ウィリアム・グラッケンズ  William Glackens
ジョン・スローン  John Sloan
モーリス・プレンダーガスト  
ジョージ・ウィスリー・ベローズ George Wesley Bellows


20世紀に戻る



ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話