アンドリュー・ワイエス
ポスターはこちら
(1917-)  アメリカ  現代リアリスト、アメリカン・リアリズム
父親は有名なイラストレーターのニューウェル・ワイエス。

1938年ニューヨークのマクベス画廊での初個展以来、ペンシルヴェニア州、メイン州の生活風景を描いた。

全米芸術賞など数々の賞を受け、現代アメリカの作家としての地位を確立した。

残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。
画像が見られる美術館にリンクしてあります。そこから、御覧下さい。
アンドリュー・ワイエスの美術館リンク
このマークをクリックしてください
1937  漁師 ダラス美術館 テキサス
1938  キャット・オ・ナイン・テイルズ Currier Gallery of Art ニューハンプシャー
1939   キアサージュの山より インディアナポリス美術館 、インディアナ
1942  ミスター・リヴァーの庭 ボストン美術館
1945  マザー・アーチの教会 アディソン・ギャラリー  アンドーバー  マサチューセッツ
1946   冬 1946 ノース・カロライナ美術館  ローリー
1948  クリスティーナの世界 ニューヨーク近代美術館
1950  バミューダ ボードン大学付属美術館  メイン
1950   波しぶき Currier Gallery of Art ニューハンプシャー
1951  近づいてくる島 ハーシュホーン美術館
1955  ベニーのかかし サンフランシスコ美術館
1958 木のすみ ボストン美術館
1960  あの紳士 ダラス美術館 テキサス
ワシントン・ナショナル・ギャラリー
ノース・カロライナ美術館  ローリー ノースカロライナ州
ボードン大学付属美術館  メイン
スミソニアン美術館  ワシントンD.C.


ポスターはこちら


20世紀に戻る

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話   文学