フランク・ロイド・ライト
ポスターはこちら
Frank Lloyd Wright (1867-1959)
アメリカ 建築家 デザイナー
20世紀アメリカ最大の建築家。
20世紀初頭は、工場の周囲への集中化という問題が出てきた。建築は金属とガラスを好んで用い、垂直構造への傾向が強くなり、芸術家の仕事というより技術者の作品となっていった。
そんな中、フランク・ロイド・ライトは新しい理念を持っていた。建築は有機的でなくてはならないのは確かだが、同時に住む人の美的要求に応え、社会の美しさを増すものでなくてはならないとした。
初期の時代に個人住宅を建てたが、ライトの理念が顕著である。アメリカや日本の伝統から着想を得ている。
第二期には調和のとれた簡素さが少々曇ってくるが、滝の上に立つカウフマン邸のような美しい作品を残している。


1869年、リッチランド・センターに生まれる。
初めはウィスコンシン大学で土木工学を学ぶ。
シルスビーと一緒に仕事をしたのち、1888年、アドラーとサリヴァンの事務所へ入る。
1891年、サリヴァンのためにリヴァー・スプリングの邸宅を設計。
1893年独立。シカゴに事務所を開く。
1910年、ヨーロッパへ行き、数冊の著作の執筆をしながら、ベルリンでライトの設計図の展覧会の準備をする。
1916年から22年まで日本に長期滞在。東京の帝国ホテルを設計する。ロイド・ライトが建てた東京の帝国ホテルは、関東大震災でもびくともしなかったことで知られている。

ライトはアメリカ北西部の郊外住宅を設計していた。ライトの住宅は平坦な大地に、低い水平線を描くよう建てられたので、草原住宅として知られた。その中で最も完成されたものはロビー邸であった。

残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。
画像が見られる美術館にリンクしてあります。そこから、御覧下さい。
フランク・ロイド・ライトの美術館リンク
ニューヨーク近代美術館 
コートールド研究所美術館 ロンドン
シカゴ美術館
メトロポリタン美術館  ニューヨーク
ダラス美術館  テキサス
デザイン美術館  ロンドン
豊田市美術館
豊田市美術館
サンフランシスコ近代美術
アレンタウン美術館 ペンシルヴェニア
ブルックリン美術館  ニューヨーク
カーネギー美術館  ピッツバーグ ペンシルヴェニア
Currier Gallery of Art  ニューハンプシャー
ハイ美術館  アトランタ  ジョージア
セントルイス美術館  ミズーリー
大英博物館  イギリス
クリーヴランド美術館 オハイオ


ポスターはこちら


20世紀に戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学