20世紀の絵画
20世紀、絵画の流れは、一つの主流を追う、というわけにはいかない。いくつもの流れが湧き出し、その流れのいくつかを、たどっていくしかない。

20世紀絵画には定義がない。あえて言えば、定義のないのが、20世紀絵画の定義ともいえる。科学が我々の生活を変えただけではなく、潜在意識の発見が我々の視点を変えた。心理学はいまだ、新しいものだが、絵画の世界にも当然、反映してくる。

どの流れが、重要性を帯びてくるのかは、時間を待ち、歴史を待つしかない。まだまだ、不確実なのである。

20世紀絵画を紹介していく上で、タイムラインは無視せざるを得ない。几帳面な人にとっては、苛立ちを覚えるかもしれない。しかし、我々は、自由な冒険に出るのである。その自由を楽しみたい。

できごと
1876−1914
植民地主義最盛期
1881-1882
ロシア、最初のユダヤ人大虐殺
1897
テオドール・ヘルツル提唱
第一回シオニスト会議
1898
米西戦争 アメリカが
フィリピン、グアム、プエルトリコ獲得、ハワイ併合
1900 フロイト「夢判断」
1901 ノーベル賞設立
1901 ペルシャ、最初の油田開発
1901-1910
880万人の移民がアメリカに到着
1905
ロシア内乱、第一革命
1905 
アインシュタインの相対性理論
1905-06
マティス「生の喜び」
1905-07 
ガウディ カサ・ミラ バルセロナ
1907 
ピカソ「アヴィニヨンの娘たち」
1909 フォードが流れ作業による自動車生産開始
1909 ライト、ロビー邸 シカゴ
1911
中国辛亥革命、共和国へ
1911 
マティス 「赤いアトリエ」
1912 
タイタニック号沈没
1914 
ヴァン・デ・ヴェルデ 
ドイツ工作連盟展の劇場 ケルン
1914-18
第一次世界大戦
1917
アメリカ参戦
1917
ロシア革命
1918
ドイツと単独講和
1880年代から1920年代
イラストレーションの黄金時代
テニエル / ウォルター・クレイン / パリッシュ / ポター / ビアズリー / フィッシャー
1898-1908
フォーヴィズム 野獣派    
マティス / ヴラマンク / ドラン / デュフィ / ルオー
1890年代から1910年 ヨーロッパ
アール・ヌーボ
シェレ | ガレ | ガウディ | スタンラン | ミュシャ | クリムト | ロートレック | ビアズリー | カッピエロ
19世紀末〜1920年代半ば
エコール・ド・パリ
シャガール | モディリアーニ | ド・スタール | 藤田嗣治 | ユトリロ | ルオー
1908年から1913年 アメリカ ニューヨーク
アッシュカン派
1905年-1940年代
表現主義
アンソール / ムンク / シュトゥック / ヤウレンスキー / カンディンスキー / ノルデ / ファイニンガー / クレー /
1905-1913 ドレスデン
(表現主義)  ブリュッケ 
シュミット=ロットルフ / キルヒナー / ヘッケル / ノルデ /
1908-1920 ヨーロッパ
キュビズム
ピカソ / グリス / ブラック / ファイニンガー / マレーヴィッチ / レジェ / セヴェリーノ / ドローネー /
1909-1914  イタリア
未来派
ボッチオーニ / セヴェリーニ / バッラ / カッラ
1911-1914 ミュンヘン
(表現主義) ブラウエ・ライター(青騎士)
カンディンスキー/ クレー / マッケ / マルク / ヤウレンスキー
1911年
カムデン・タウン・グループ 
1913年 ロシア
構成主義
マレーヴィッチ / ベン・ニコルソン / ポポーヴァ
1914年
ヴォーテシズム
1916-1924 ヨーロッパ
ダダ 
デュシャン / マン・レイ / エルンスト/ イッテン / ピカビア
第一次大戦後
カンジー、インド独立戦争
1920
アメリカ、女性参政権獲得
1920
ラジオ放送開始(アメリカ)
1921
アイルランド自由国成立
1922
イタリア、ムッソリーニ ファシスト内閣
1923
トルコ共和国成立
1924
リートフェルト 
シュレーダー邸、ユトレヒト
1928
ソ連、スターリン5ヵ年計画
1928
イギリス、女性参政権獲得
1933
ドイツ、ヒトラー政権
1933
ルーズベルト、ニューディール政策
1936
ムッソリーニ、エチオピア併合
1936-39
スペイン内乱、フランコ勝利
1938
ヒトラー、オーストリア併合
1939−45、第二次世界大戦
1945
広島、長崎に原子爆弾投下
1945
フランス、女性参政権獲得
1945
国際連合発足
1918-1933 ドイツ
(表現主義) 新即物主義(ノイエ・ザハリヒカイト) 
ディックス / グロス / ベックマン /
1919-1933  ドイツ ヴァイマル
(表現主義) バウハウス  
1920年代〜1940 オランダ
新造形主義
 
1920〜1960年代
グループ・オブ・セヴン カナダ
1920年代〜1930年代
プレシジョ二ズム  アメリカ
1920年代〜1930年代
アール・デコ  
1920年代始めから1930年代
ハーレム・ルネサンス  
1924年から1950年代 ヨーロッパ 
シュルレアリスム 
1930年代  アメリカ
リージョナリズム(地域主義)
1930年代
社会派リアリスム アメリカ
第二次大戦前のアメリカ
1943〜1950年代
マジック・リアリスム
1948
イスラエル独立
1948
南アフリカ、アパルトヘイト
1949
NATO結成
1949
毛沢東、中華人民共和国
1946年から 1960年代  アメリカ ニューヨーク  
抽象表現主義  
第二次大戦後のフランスが中心
アンフォルメル芸術
第二次大戦後のイタリアが中心
空間主義   
1948年から51年 ヨーロッパ各地
コブラ
1950-53
朝鮮戦争
1954
アメリカ最高裁
公立学校の人種差別に違法判決
1957
ヨーロッパ経済共同体発足
1957
アフリカ植民地の独立始まる
1959
キューバ革命、カストロ新政府
1950年代半ばから60年代半ば アメリカ
ネオ・ダダ
(コンバイン・アート、アッセンブリッジ) 
1950年代半ばから60年代末
カラー・フィールド・ペインティング、色彩派    
1950年代〜1960年代  アメリカ
ポップ・アート  
1950年代〜1960年代
オプ・アート(オプティカル・アート) 
1950年代初めから半ばにかけて イギリス
インディペンデント・グループ 
1969 アメリカ
人種差別に対する座り込み抗議
1961
ベルリンの壁、築かれる
1963
ジョン・F・ケネディ大統領暗殺
1965
ジョンソン大統領、
ベトナム干渉強化
北爆開始
1965-68
中国、プロレタリア文化大革命
1968
キング牧師暗殺
1968
ソ連、チェコスロヴァキアに侵攻
1970 アメリカ
オハイオ州ケント州立大学で、
デモ参加の学生、大量虐殺
1972−73  
パキスタン内乱後、バングラデシュ人民共和国 誕生
1973
ベトナム戦争終結
1974
ニクソン大統領
1975
スペインの独裁者フランコ死亡
1979
イラン革命
1981
フランスで銀行国営化
1983
ポーランド「連帯」指導者レフ・ワレサ、ノーベル平和賞受賞
1985
ソ連、ゴルバチョフがペレストロイカ「改革」とグラノスチ「情報公開」を開始
1989
天安門事件
東ヨーロッパで改革の波広がる
ルーマニア、チャウシェスク失脚
チェコスロヴァキア、ハヴェル大統領誕生
1989
ベルリンの壁崩壊
1990
レフ・ワレサ、ポーランド大統領に就任
1990
ドイツ統一
1991
湾岸戦争
1960年
ヌーヴォー・レアリスム  フランス
1960年代
コンセプチュアル・アート(概念芸術)
1960年代から1970年代
アルテ・ポーヴェラ イタリア 
1960年代〜1970年代
フォト・リアリズム
1960年代〜1970年代初め頃 アメリカ
コンテンポラリー・リアリズム
1960年代〜
ミニマル・アート
その他
*アレグザンダー・コールダー
*アンセル・アダムス
*テリー・ウィンターズ
*M.C.エッシャー
*ジョージア・オキーフ
*ウルフ・カーン
*キース・ヘリング
*クリスト
*ジャン=ミシェル・バスキア
*ソール・スタインバーグ
*スチュアート・ディヴィス
*ピエール・スーラージュ
*ルフィーノ・タマヨ
*ドアノー(写真家)
*ノーマン・ロックウェル
*ビュッフェ
*マックス・ビル
*フランク・ロイド・ライト
*フランシス・ベーコン まだ
*テリー・フロスト
*フンデルトヴァッサー
*ル・コルビュジェ
*エドゥアルド・チリダ


ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話