ル・コルビュジェ
ポスターはこちら
Le Corbusier (1887-1965)
スイス生まれ フランス  建築家

フランス 1920年代の「国際様式」の代表者
「住宅は住むための機械である」
機械化された生活を望んでの言葉では決してない。
機会の清潔で精密な形を賞賛しての言葉である。
◆サヴォア荘 ポワシイ・シュール・セーヌ(1929〜30年)
  当時まったく新しい形式の建物であった。
◆ノートル・ダム・デュ・オー聖堂 ロンシャン(1950〜55年)
  ル・コルビジェは自分をストーンヘンジの環状石、エジプトのピラミッド、メソポタミアのジッグラトを造った  人々の継承者であると  考えていた。
  この教会の内部は洞窟のようになっていて、扉も探さなければ中に入れない。秘密めいた内部は神聖な  古代の洞窟で、内部に入らないと教会とは実感できない。古代の呪術的な宗教信仰に対する郷愁めい  たようなものを漂わせている。まるで現代の精神状態を映し出しているようでもある。そこに芸術性がある。

残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。
画像が見られる美術館にリンクしてあります。そこから、御覧下さい。
シカゴ美術館
コートールド研究所美術館 ロンドン
ニューヨーク近代美術館
サンフランシスコ美術館
メトロポリタン美術館  ニューヨーク
ヒューストン美術館 テキサス
ジュネーブ美術館
ソフィア王妃芸術センター  マドリード
テイト・ギャラリー ロンドン
ボストン美術館
サインスバリー視覚芸術センター  ノーウィッチ イギリス
サインスバリー視覚芸術センター  ノーウィッチ イギリス


ポスターはこちら


20世紀に戻る



ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話