カルロ・カッラ
ポスターはこちら
Carlo Carra (1881-1966)
イタリア 未来派
1881年、クァルニエント(アレクサンドリア地方)に生まれる。
装飾家として出発。ロンドンやパリを何度も訪れる。
1904年、ブレラへ行き、チェーザレ・ファルローネと共に絵を学ぶ。
初めはロンバルディア・ロマン主義に傾倒し、次いでディヴィジョニスム(点描派)に影響を受ける。
1910年、バッラ、ボッチオーニ、セヴェリーニ、ルッソロらとともに「未来派画家宣言」に署名。
前衛雑誌「ラチェルバ」や「声」の編集に参加。
1916年、フェラーラでサヴィニオやデ・キリコが始めた「形而上絵画」に加わる。
1919年からは「造形的価値」のグループに参加。
1920年以降はルネサンス絵画のジョットに学び、具象の単純化へと進んだ。

残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。
画像が見られる美術館にリンクしてあります。そこから、御覧下さい。
このマークをクリックしてください
1908 美術館画像はこちら 黙示録の騎手 シカゴ美術研究所
1909 美術館画像はこちら サリアーノの午後 Museo del Territorio Biellese, Biella イタリア
1911 美術館画像はこちら 無政府主義者ガッリの葬列 ニューヨーク近代美術館
1911 美術館画像はこちら 市街電車が私に語ったこと ベルガミー・コレクション 、ミラノ
1916 美術館画像はこちら ロマンティックなもの
1916 美術館画像はこちら  辻馬車 フルーア・コレクション  ミラノ
1916 美術館画像はこちら  コンポジションTA R・ユッカー・コレクション 、ミラノ
1919 美術館画像はこちら ルツの娘
1937 美術館画像はこちら 赤い家 ブエノスアイレス美術館  アルゼンチン
1929 美術館画像はこちら 雨降りの海 Museo d'Arte della Citta di Ravenna イタリア
1930 美術館画像はこちら 海と木
1932 美術館画像はこちら 泳ぐ人たち スカルヴィーニ・コレクション ミラノ
1938 美術館画像はこちら サン・トロヴァーソ Museo d'Arte della Citta di Ravenna イタリア


ポスターはこちら


和書

洋書

20世紀に戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学